50代のための保険の見直し方法!保険のプロが教える正しい見直し方

50代のための保険の見直し方法!保険のプロが教える正しい見直し方-サムネイル画像

50代で生命保険の見直しが必要な理由を徹底解説。保険代を節約するポイントや、ライフスタイルごとに見直すべき項目について説明していますのでぜひご覧ください。記事の最後では50代男女の平均が保険にかける金額や、保証内容の平均も紹介しています。




▼この記事を読んで欲しい人

  • 保険の見直しを検討している50代の男女
  • リタイア後の夫婦生活に備えて資産形成をはかりたい方
  • 現在の生活で定年までに資産形成ができるか不安に感じている方
  • ライフスタイル別に保険見直しをする方法を知りたい方


▼この記事を読んでわかること

  • 50代で保険の見直しが必要な理由
  • 保険金額を抑えるためのポイント
  • ライフスタイルに合わせた保険の見直し方のモデルプラン
  • 男女別50代の保険金と保険料の相場

内容をまとめると

  • 50代で生命保険の見直しをするべき理由は「老後に向けての資金準備・資産形成が重要だから」「子供の成長に伴って必要な保障が変わるから」の2つ
  • 50代が生命保険を見直す際には家計の資金状況と老後の収支を把握し、「保険金額の減額」「払済保険・延長保険の利用」をすることを検討するとよい
  • 独身の場合、個人での老後の資産形成に役立つ保険へ加入しておくべき
  • 保険の見直しならまずはマネーキャリアの無料オンライン相談がおすすめ!

保険の見直しのポイントや、なんのために保険の見直しをするのかなんとなくしかわからない、という方はまずは以下の記事を読んでみてください!


生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】

50代で生命保険の見直しをするべき理由


50代は多くの場合子育てが一段落し、家庭を守らねばというプレッシャーから解放される年代です。

しかし一方で、リタイア後の生活に対する金銭的不安を感じたり、がんや生活習慣病などの病気がぐっと増えたりする時期でもあります。


よって、金銭・健康の面において不安にならないためにも保険の見直しが必要だといえるのです。


50代で生命保険の見直しをすべき理由は、主に以下の2つです。

  1. 老後に向けての資金準備・資産形成が重要
  2. 子供の成長に伴って必要な保障が変わる
しっかり生命保険の見直しを行って、老後の生活を安定させましょう。

①老後に向けての資金準備・資産形成が重要

定年が近づく50代には、老後の資産形成や準備をしっかり行っておく必要があります。


生活保険文化センターが公表した「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、老後にかかる最低日常生活費は夫婦で月額22万1,000円、夫婦でゆとりのある生活をするには、月額36万1,000円が必要だとされています。


再雇用制度などを利用せず定年退職を希望した場合、その後の生活資金は公的年金や預金、退職金に頼ることになります。


しかし、年金や退職金は年々減少傾向にあるため、60代以降には多くの方が定年退職をきっかけに収入の大幅ダウンに見舞われることになるのです。


よって、老後に健康的で豊かな生活を送るためにも、若いうちから預金をしっかり増やすことが重要だといえます。


そのためにも、50代のうちに生命保険を見直し資産の準備と形成をしましょう。

②子供の成長に伴って必要な保障が変わる

50代の方の子供はほとんどが大きくなり、社会人となっていることも珍しくありません。


子供が成長するに従い、準備が必要な教育費や生活費などは減少する傾向にあります。


子供が幼いころは自分にもしものことがあった時のため、死亡保険に加入する方も多いことでしょう。


死亡保険の役割は万が一、一家の大黒柱が亡くなったときに残された家族の生活費や教育費をカバーすることです。


子供が独立し社会人になっている場合は、死亡保険はあまり必要性がありません。


よって、現在高額な死亡保険を契約している方は保険の見直しをすることをおすすめします。


死亡保険の掛け金を減らすことで、現在利用できる資産をより増やすことができるでしょう。


子供の成長に合わせて適切な保障・保険料の商品に変更することで、自身の老後資金や保障を充実させることが可能になります。


子供が幼いころに生命保険に加入しており、その後保険を全く見直す機会がなかった方は、この機会にぜひ見直しをしてみてはいかがでしょうか。

50代が生命保険を見直す場合に知っておくべきポイント


50代で生命保険の見直しをするべき理由について解説したところで、次は50代が生命保険を見直す場合に知っておくべきポイントを紹介していきます。


50代が生命保険を見直す際には家計の資金状況と老後の収支を把握しておくことが大切です。

以下の3つのポイントをおさえ、保障をしっかり得ながら支出を極力抑えるようにしましょう。


  1. 保険金額を減額する
  2. 払済保険にする
  3. 延長保険にする
以下ではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

家計の資金状況と老後の収支を把握する

保険の見直しを行う前には、まず現在の家計の資金状況と、老後の予定収支を確認するようにしましょう。


定年以降の収入は、年金の支給額によって大きく変わります。


定期的に届く「ねんきん定期便」には、60歳まで今の働き方を持続すると受け取れる年金の金額が書かれているため、これを目安に将来の年金収入を確認しておきましょう。


公的年金のほかに老後の収入となりえるものには、私的年金や退職金などがあります。


これらの収入と貯金を合算し、その範囲内で一生涯の生活費を捻出できるか計算しておくと、老後の資産状況をしっかりと把握しやすくなります。

①保険金額を減額する

50代に差し掛かったら、減額できる保険料がないかを確認してみましょう。


子供が独立をはじめ、家族を養うプレッシャーから解放され始める方も出てくるのが50代。


よって、子供のためにかけておいた「万が一のための保険」を、自分のセカンドライフを見据えた保険に変更する必要が出てきます。


今加入している生命保険を見直し、保険料を減額する際には、以下のポイントをおさえておくのがおすすめです。


  • 生涯保険料が上がらない終身保険に切り替える
  • 死亡保険を見直し掛け金を下げる
  • 有事の際に必要になるお金を担保できる定期保険に切り替える
先述した通り、子供が自立した家庭では、死亡保険のニーズは下がります。

死亡保障を手厚くし保険料を高く払っている方は、まず死亡保険の見直しをするとよいでしょう。

②払済保険にする

「払済保険」とは、保険料の払い込みを中止し、その保険の解約割戻金で同様の保険期間の生命保険に再加入する方法のことです。


払済保険に変更すると、以下のようなさまざまなメリットが得られます。

  • 予定利率を引き継げるので、利率が高い保険を手放さずに済む
  • 解約返戻金の範囲内で補償継続できる
  • 新たな保険料の支払いがなくなる
払済保険にすることによって予定利率の面で得をしたり、支払いを減らすことができます。

ただし、払込保険にすると保険金が減額されたり、付与されていた特約が失われるデメリットもあります。

受け取れる保険金額を極力維持したい方は、デメリットも踏まえたうえで払済保険にするかどうかを決めるようにしましょう。

③延長保険にする

「延長保険」とは、保険料の払い込みを中断し、解約返戻金で保険金額が同じ生命保険に加入する方法のことです。


延長保険にすると、以下のようなメリットが得られます。


  • 期間内は同じ保険金額を維持することができる
  • 解約返戻金範囲内で補償を継続可能
  • 新たな保険料の支払いがなくなる
保険期間が短くなるというデメリットがあるため、子供がまだ幼く自立していない方に延長保険はおすすめできません。

しかし、子供がまもなく独立する予定であり、あと数年だけ従来通りの保障を受けたいという方には延長保険は最適です。

たった数年間でこそありますが、延長保険は毎月のしかかる保険料の負担をゼロにすることができます。

50代のための生命保険の見直し方法【ライフスタイル別】


ここでは、50代のための生命保険の見直し方法を、ライフスタイル別に紹介します。

保険の見直しをはかる際には、これから起こるライフイベントや考えられるリスク、保険に必要な保証やそれによって得られる金額を把握しておく必要があります。

ライフスタイル別の生命保険見直し方法の例は、主に4つです。

  1. 既婚者で子供がいない場合
  2. 既婚で独立していない子供がいる場合
  3. 既婚で独立した子供がいる場合
  4. 独身の場合
以下では、それぞれのライフスタイル別の保険見直し方法について詳しく解説します。

①既婚で子供がいない場合

子供がいない50代夫婦が保険を選ぶ際には、セカンドライフを見据え、これからのライフプランに適した保険を選ぶことが大切です。


定年を迎えた後も働くのか、それとも完全にリタイアし貯金と年金で暮らすのか、パートとして働き続けるのかなどによって今後の資産形成の形は大きく異なってきます。


今後も資産が増える見通しがあるならば資産形成ができる個人年金を利用し、リタイアするならば保険料を極力減らすなど、ライフスタイルに合わせて保険の見直しをしましょう。


子供がいない場合には、将来の介護や葬式のための費用を工面しておくことも大切です。


三大疾病にかかると一時金が支給されたり、死亡保障が付いている医療保険を選択しておいたりすると、万が一の事態にも備えやすくなることでしょう。


以上を踏まえ、50代既婚で子供がいない方が入っておきたい保険をまとめると以下の通りとなります。


  • 終身型の医療保険(一時給付金や三大疾病保障の手厚いもの)
  • 終身型のがん保険
  • 死亡保険
50代で新たに保険に加入すると、保険料は必然的に高くなります。

保険料を極力抑えるためにも、保険に加入する際には終身型を選択しておきましょう。 

②既婚で独立していない子供がいる場合

50代でまだ独立していない子供がいる場合には、まだ両親に何かあったときのための保障が必要だといえます。


子供がいる場合に最優先すべきなのは、有事の際の生活費や教育費の確保です。


死亡保険に加入し、自分に何かあったときに子供を守れるようしっかり備えておきましょう。


また、死亡保険のほかにもがん保険や医療保険に入っておけば、怪我や病気で自分が入院した時の家族の生活費や教育費に困ることが少なくなります。


以上を踏まえ、50代で既婚で独立していない子供がいる方が入っておきたい保険をまとめると以下の通りとなります。


  • 終身型の医療保険・がん保険
  • 死亡保険(貯蓄性があるとなおよい)
50代で新たに保険に加入すると、保険料は必然的に高くなります。 

保険料を極力抑えるためにも、保険に加入する際には終身型を選択しておきましょう。

③既婚で独立した子供がいる場合

50代で既婚の独立した子供がいる夫婦の場合、二人の生活を守ることと、老後に向けた必要保証を充実させることに重点を置きましょう。


50代になると、生活習慣病やがんにかかるリスクはぐっと高くなります。


まだがん保険や医療保険に加入していない方は、この機会にぜひ加入することをおすすめします。


また、将来的に支払いが続く住宅や車のローンと、保険料のバランスを見直すことも大切です。


ローンなどの支払いが少なく、生活に余裕がある方は個人年金をかけるなどして老後の資産形成を行っておきましょう。


以上を踏まえ、50代で既婚で独立した子供がいる方が入っておきたい保険をまとめると以下の通りとなります。


  • 終身型の医療保険やがん保険
  • 個人年金


なお、50代で新たに保険に加入すると保険料は必然的に高くなるため、保険に加入する際には終身型を選択しておくとよいでしょう。

④独身の場合

50代で独身の場合、個人での老後の資産形成に役立つ保険へ加入しておくのがおすすめです。


終身保険や個人年金のほか、投資性のある保険を利用しておけば、病気や怪我への保障と共に老後の資産形成をすることが可能になります。


また、万が一がんや生活習慣病にかかったときに備えて、医療保険やがん保険にも加入しておきましょう。


この際には一生涯保険料が変わらない終身タイプを選んでおくことをおすすめします。


以上を踏まえ、50代独身が入っておきたい保険をまとめると以下の通りとなります。


  • 終身タイプの医療・がん保険
  • 貯蓄性がある死亡保険
  • 個人年金保険
独り身の場合はしっかりと個人の資産形成を行い、老後の病気に確実にそなえるようにしましょう。

男女別50代の保険金と保険料の相場

保険を見直す際には、50代の方の保険料と保険加入金額の相場を見直しておくことも大切です。

50代の死亡や入院時の保険金給付額、および払込保険料の平均値は以下の表の通りです。

男性女性平均
死亡給付金1,992万円824万円 1,314万円
入院給付金11,726円9,473円10,413円
保険料 年間:約29万3,000円
月額:約24,382円
年間:約20万6,000円

月額:約17,201円
年間:約24万3,000円
月額:約20,214円

特に男性は、死亡保障を女性よりも手厚くしている傾向にあり、その分保険料もかかってくることが分かります。

一方、入院保障に関しては男女ともにあまり差はない結果となりました。

まとめ:50代は介護保障と医療保障に備えた見直しが特に重要!

いかがだったでしょうか。


50代は子育てのプレッシャーから解放されると同時に、老後の資金形成や健康面での不安を感じやすい時期です。


今加入している医療保険やがん保険などを見直すことによって、余計な保険料を支払うことがなくなり資産面の不安を少なくすることができます。


カットした保険料をそのまま医療や介護等の保障に宛てれば、老後に手厚い看護を受けることも可能になることでしょう。


特に子供が自立した家庭では、死亡保障などを薄くすることによって大幅な節約をすることができる場合があります。


各ライフスタイルに合った保険の見直しをしっかりと行い、セカンドライフを不安なく過ごせるようになりましょう。


保険の見直しを検討している50代の方は、マネーキャリアに相談することをおすすめします。
マネーキャリアでは時間や場所を選ばず、オンラインで手軽に保険プランについての相談をすることが可能です。

専門家のアドバイスを受けながら保険の見直しを検討できるので、気になった方はぜひサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ランキング