30代独身・夫婦・家族の生命保険見直しポイント!いくら安くなる?

30代になると金銭面で余裕が出てくるので生命保険の見直しを検討する人が多くいます。保険の見直しをするときには、ライフスタイルによって見直しポイントが異なります。そこで今回は30代が生命保険の見直しをするときのポイントについて解説します。

内容をまとめると

  • 生命保険の見直しポイントはライフスタイル別
  • 独身の場合は老後のことも考えて保険を見直す
  • 夫婦の場合は死亡保障はほどほどでOK
  • 家族の場合は万が一のときのために子供の教育資金や生活費への備えをする
  • 保険料が高いと感じる場合は保険を見直せば保険料を下げれる
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

30代独身・夫婦・家族の生命保険見直しポイント!いくら安くなる?


将来のケガや病気に備え、多くの人が生命保険に加入しています。


30代になると健康について考え始める人や金銭的に余裕が出てくる人が増え、「もし何かあった時のために備えられるだけの保障内容か」「保険料を払い過ぎていないか」と生命保険を見直す人もたくさんいます。


今回は「30代が生命保険を見直すときのポイント」について、

  • 抑えておくべき生命保険見直しポイント
  • 払込保険料が高いと感じる場合は?
のことを主に解説します。


また、女性特有の病気への保障が手厚い保険など、30代の女性が生命保険を選ぶときのポイントに関しても参考として紹介します。 


生命保険の見直しを検討している30代の方は、この記事を読めば生命保険見直しのポイントが分かるかと思います。


また、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひご覧になってください。

【ライフスタイル別】抑えておくべき生命保険見直しポイント

同じ30代でも、ライフスタイルによって生命保険を見直すときのポイントは異なります。そこでまずは「独身」「夫婦」「家族」のライフスタイル別に生命保険を見直すときのポイントを紹介します。


生命保険を見直すときには、

  • 独身の場合:今後のライフプランも考えて保険を見直す
  • 夫婦の場合:過度に死亡保障を手厚くしていないか
  • 家族の場合:教育資金と老後の備えのバランス
が主なポイントとなるので押さえておきましょう。


それでは、詳しく解説していきます。

30代独身の方:今後の老後資金などの計画も生命保険見直しと考えよう

独身の方でも、生命保険への加入は将来のためにも大切なことではあります。


しかし、もし結婚しておらず扶養すべき家族(奥さん、子供など)がいない場合には、特に死亡保障を手厚くしておかなくても問題はないでしょう。最低でも自身の葬儀代程度が賄えれば十分といえます。


そのため死亡への保障にお金をかけるより、他に必要な保障を手厚くしたり貯蓄へまわすことをおすすめします。


もし死亡に関する保障以外の部分を手厚くカバーしたい場合は、今後のケガや病気に備えて医療保障を充実させておくと良いでしょう。


「入院したときには絶対個室がいい!」という場合は差額ベッド代金が保険で補えるように入院保障を手厚くするなど、よく考えて保障内容を検討してみてください。 


また、ケガや病気で働けなくなったときのことを考えて、就業不能保険への加入も検討するとよいでしょう。


独身だと、自分がケガや病気で働けなくなると収入がなくなり生活費に困ることになるので、就業不能になったときのために備えておくことをおすすめします。


保険を見直すときには、今後のライフプランを考え、老後の資金への備えをどうするかも含めて生命保険を見直してみましょう。


老後の資金を貯めたいときには満期の時に満期保険料が受け取れる「養老保険」や「個人年金保険」への加入も検討してみてください。


独身の人が加入する生命保険に関しては、こちらの記事でも解説していますのでご覧になってみてください。

30代のご夫婦:生命保険に死亡保障をつけすぎていませんか?


続いては30代のご夫婦の場合の生命保険見直しポイントです。


結婚している場合の生命保険の見直しポイントとして、

  • 子供はいるのか
  • 共働きか
が挙げられます。


もし子供がおらず夫婦そろって働いている場合は、万が一どちらか一方に何かあった場合でも自身の給料で生活することができるため、すぐに生活費に困ることは少ないでしょう。その場合は、死亡保障を手厚くしておく必要はありません


ただし、奥さんがパートで働いている場合や専業主婦の場合は、もし旦那さんに何かあったときに奥さんの生活費が困らないよう備えておく必要があります。


共働きの場合は、30代になると家計にも少し余裕が出てくる頃です。貯金とのバランスも考えながら医療保障を充実させておくことをおすすめします。


夫婦によっては将来的に子供が欲しいと考えている場合もあると思うので、その際に必要な資金も検討しながら保険の見直しをしてみてください。


もし、将来的に子供を作らないという場合は、老後資金に備えた保険の見直しをしてもよいでしょう。


夫婦の生命保険の選び方については、ほけんROOMのこちらの記事でも紹介していますのでご覧になってみてください。

30代のご家族:子どもの教育資金・万一の備えへのバランスは適切ですか?

30代の夫婦の生命保険見直しポイントについて紹介しましたが、それでは家族の場合はどうでしょうか。


子供の教育資金老後の資、また住宅ローンを抱えている家庭もあり、全てをパーフェクトに備えておこうとすると負担が大きくなってしまいます。


そのため、まずは今の生活を大切にして生命保険の見直しを検討することをおすすめします。


もし旦那さんに何かあった場合でも奥さんと子供の生活費、そして子供の教育費が困らないように、死亡保障や医療保障でしっかりと備えておくことが大事です。


収入とのバランスを考えて、死亡保障に重点を置きつつ医療保障を手厚くできるよう生命保険を見直してみてください。


金銭面の余裕がある方は夫婦の老後の備えとして個人年金等を始めてみてもいいと思いますが、もしそこまでの金銭的な余裕がないという人は、老後の準備は子供の教育資金の備えができてから少しずつ始めてみましょう


無理に老後の準備までしようとせず、まずは何かあったときに家族の生活費や子供の教育資金をまかなえるよう生命保険の見直しを検討してみてください。

個人で生命保険見直しのポイントは違います!保険のプロに相談を!

今回紹介したように、同じ30代でもライフスタイルによって生命保険を見直すときのポイントは異なります。さらに、それぞれ個人によっても希望する生命保険は異なってきます。


もし生命保険の見直しに迷ったり、どう見直しするのか分からないという場合は、マネーキャリア無料保険相談で保険のプロに相談してみてください。 


マネーキャリアは「保険相談」や「ライフプラン相談」、「ライフプラン診断」、「マネーセミナーの開催」などのサービスを無料で行っているお金に関する悩みを解決できるオンライン相談サービスになります。


無料保険相談は何度相談しても費用はかかりません。そのため、悩みが解決するまで何度も相談することが可能です。


さらに詳しく知りたい方は、ほけんROOMにマネーキャリアについて解説した記事があるのでぜひご覧になってみてください。

30代の方へ・生命保険の保険料が高いと感じていませんか?


現在加入している生命保険の保険料が、高いと思っている人も多いと思います。


収入とのバランスを見たときに、保険料を払い過ぎていないかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。


そこで、続いては

  • 生命保険の見直しで保険料はどのくらい安くなるのか
  • 30代の払込保険料の平均はいくらぐらいなのか
  • 保険料を減額するときには
について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

生命保険の見直しで保険料はどれだけ安くなる?

生命保険の見直しをすると保険料はどのくらい安くなるのでしょうか。今回は2人の子供がいる家族の、保険見直しの実際の事例をいくつか紹介しましょう。


まずは1つ目の家族の事例です。保険見直し前は定期付き終身保険(保険期間:10年、払込期間:60歳まで)に加入し、毎月約42,000円の保険料を支払っていました。

入院特約5,000円/日
手術給付金5・10・20万円
死亡保障6,000万円
死亡保障
(災害による)
8,000万円

まだ子供の教育資金が必要で、何かあったときには家族の生活費に加えて教育費も保障できるようにしなくてはいけません。


そこで医療保障や死亡保障を幅広くカバーできるようにし、さらに毎月の保険料の支払いも約16,000円と安く抑えられるようになりました。見直した後の保険の内容はこちらです。

終身保険保険料:約5,000円(払込期間:65歳まで)
死亡保障300万円
保険期間終身
収入保障保険保険料:約8,000円(払込期間:65歳まで)
年金月額25万円
保険期間65歳まで
支払保証期間1年
終身医療保険保険料:約3,000円(払込期間:65歳まで)
入院給付金5,000円/日
手術給付金10万円
先進医療特約2,000万円


もうひとつの事例も2人の子供を持つ家庭で、毎月28,348円の保険料を支払っています。保障内容はこちらです。

終身保険保険金額:100万円
定期特約(10年)保険金額:3,000万円
介護特約・三大疾病特約(10年)保険金額:各500万円
医療特約(10年)入院:5,000円/日
傷害特約(10年)保険金額:1,000万円

保険を見直す前から幅広くカバーされていてますが、何かあった際に子供の教育資金や生活費に困らないよう、主に死亡保障の見直しを行いました。


また、奥さんに何かあった時のことも考え、旦那さんだけではなく奥さんも同じく保険へ加入するように見直し、保険料は毎月25,427円へと少しではありますが下げることができました。

ご主人終身保険保険金額:300万円
ご主人収入保障保険(15年)
10万円/月
ご主人・奥さん医療保険(終身)入院:10,000円/日
ご主人・奥さんがん保険(終身)入院:10,000円/日

30代は生命保険の保険料をどれくらい払っている?

保険料が高いと感じている人もいるかと思いますが、では30代の人は平均的にどのくらい生命保険の保険料を払っているのでしょうか。


30代の8割以上の人が将来の病気やケガに備えて生命保険に加入しています。 


医療保険や個人年金保険などの合算にはなりますが、30代が支払っている年間保険料の平均はこちらです。

男性193,000円
女性163,000円

1ヶ月で支払っている保険料は男性で約16,000円、女性で約14,000円が平均です。


保険料ごとの割合についても紹介します。

保険料男性女性
12万円未満27.8%40.6%
12~24万円未満38.3%36.4%
24~36万円未満14.5%13.4%
36万円以上11.9%6.8%

30代は独身や夫婦、家族と様々なライフスタイルの方が混在しており、その人たちの平均値をとったものです。


そのため保険料の平均をそのまま参考にするということは難しいですが、ひとつの指標として頭に入れておくとよいでしょう。


それぞれにあったベストな保険の選び方については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

生命保険の保険料は減額や一部解約など様々な手段がある

生命保険の保険料は万が一のときの備えのために必要となりますが、保険料が家計を圧迫していては元も子もありません。


保険料は毎月支出する固定費となるので、収入とのバランスが悪い場合はぜひ保険の見直しをしてみてください


保険料を下げるためには、

  • 特約を外す
  • 一部の保険を解約する
など様々な方法で保険料を安くすることができます。


生命保険を見直し保険料を安くしたいという場合は、ぜひ無料保険相談で保険のプロに相談してみてください。


ライフスタイルや今後のライフプランを考慮したうえで、あなたにあった保険を提案してくれるでしょう。

参考:30代女性の生命保険の選び方・女性疾患についてなど


30代・女性が生命保険を選ぶときのポイントについて紹介します。


性別に関わらず、それぞれのライフスタイルによって生命保険を選ぶポイントが異なるのは変わりません


「結婚しているのか?」「子供がいるのか?」「シングルマザーなのか?」によって、加入すべき生命保険は異なります。

もし結婚していて子供がいる場合は、夫婦のどちらか片方に何かあっても生活が困ったりしないように医療保障は手厚くし、子供の教育資金への備えもしっかりと準備しておく必要があります。


子供がおらず夫婦のみの場合は、主に収入が多い方(旦那さん)の保障を手厚くしておくようにしましょう。


シングルマザーの場合には自分に何かあった時のことを考え、医療保障や死亡保障、所得補償など手厚い医療保険への加入をおすすめします。


女性の場合、既婚・未婚に関わらず考えておく必要があるのは、子宮や卵巣などで発症する女性特有の病気についての保障です。


例えば、

  • 子宮がん、子宮頸がん、卵巣がん、乳がん
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 乳腺症
などが女性特有の病気として挙げられます。


女性特有の病気は治療が長引くものが多いので、万が一の時のために保険へ加入しておくと良いでしょう。


30代の女性が加入するべき生命保険については、こちらの記事でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は30代の方が保険を見直すときのポイントについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 生命保険の見直しポイントはライフスタイル別
  • 独身の場合は老後のことも考えて保険を見直す
  • 夫婦の場合は死亡保障はほどほどでOK
  • 家族の場合は万が一のときのために子供の教育資金や生活費への備えをする
  • 保険料が高いと感じる場合は保険を見直せば保険料を下げれる
  • 保険について相談事がある場合は無料保険相談を試してみるのがおすすめ
になります。


ライフスタイルのみではなく、個人それぞれによって適切な保険は異なります。ぜひ今回の記事を参考にして保険の見直しをしてみましょう。


もしどんな保険が自分に適切なのか分からないという場合は、保険無料相談ほけんROOMには他にも保険を見直す際に役立つ記事がたくさん掲載されているので参考にしてみてください。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

ランキング