猫のペット保険には終身タイプはある?加入条件や必要性も解説!

猫のペット保険には終身タイプはある?加入条件や必要性も解説!-サムネイル画像

猫のペット保険には終身タイプはあるのでしょうか。猫も年齢が上がるにつれて病気やケガのリスクも高まりますので飼い主さんは心配ですよね。この記事では猫のペット保険の終身タイプについて、終身タイプはどんなものか、保険の加入条件や必要性について解説します。

猫のペット保険に終身タイプはある?加入条件や必要性も解説!

猫を飼っていらっしゃる方、またこれから飼ってみたいと考えていらっしゃる方の中には、ペット保険の加入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。


大切な猫が万が一病気やケガをした場合の保障、また、飼い主さんにとっても高額な治療費の出費のリスクの回避など、ペット保険は大切です。


そこで、今回「ほけんROOM」では主に、

  • ペット保険の必要性
  • 終身タイプのペット保険について
  • ペット保険を選ぶ際の注意点

などについてわかりやすく解説していきます。


加入を検討されている方はもちろん、今まで考えていなかったという方にとっても、役に立つ情報を得ることができます。


是非最後までお読みいただき、ペット保険の加入について前向きに検討していただければと思います。

そもそも猫はペット保険に入るべき?必要性について解説!

ペットを飼っていらっしゃる方の中には、ペット保険なんて必要ないのでは?と思っている方も多いかもしれません。


しかしながら、もし大切なペットが病気にかかった場合、その治療費はかなり高額で、時には驚くほどの金額を請求されることもあるのです。


そこで、まずは、下記の内容についてご説明していきます。


  • ペット保険の保障内容や加入率
  • 猫がなりやすい病気とその治療費


特に猫がなりやすい病気と治療費など、ご存知ない方はしっかりご覧いただければと思います。

そもそもペット保険とは?保障内容や加入率も解説!

我々人間の場合、病気やケガなどの治療費は公的医療保険制度で3割などの負担ですみますが、ペットの場合は公的な医療保険制度がないために、全額飼い主さんの負担となってしまいます。その治療費の負担をカバーするのがペット保険です。


ペット保険の基本保障は、ペットが病気やケガになった場合の

  • 入院
  • 手術
  • 通院

などの費用が保障の対象です。このあたりは、人間の医療保険と同じですね。


ただ、人間の医療保険と異なるのは、治療費を全額保障するものは比較的少なく、最初に設定した割合のみ保障するというものが一般的です。


また、基本的な医療保障の他に、

  • 他人にケガを負わせた場合の賠償責任費用
  • ペットの葬儀費用

なども保障されるものもあります。


そして、日本のペット保険の加入率については色々なデータがありますが、概ね6%程度といわれています。


大体3割の方がなんらかのペットを飼っているとされていますが、そのうち、実際にペット保険に加入している方は非常に少ないのが現実のようですね。

猫のペット保険の必要性とは?猫がなりやすい病気と治療費を紹介

次に、猫がどんな病気にかかりやすいか、またそれらの治療費がいくらくらいなのか、ご説明していきます。


猫がかかりやすい主な病気として、

  • 膀胱炎や腎不全などの泌尿器系の病気
  • 胃炎、腸炎などの消化器系の病気
  • 結膜炎などの目の病気

が挙げられます。


そして、なんとペットを飼っている90%以上の方が、1年間に1回以上動物病院に行っているそうなのです。


また、これらの治療費ですが、目安として以下の例をご紹介します。

軽症重症
膀胱炎通院3日で9,000円~10,000円通院8日で、70,000円~80,000円
胃腸炎による嘔吐通院1日で10,000円通院3日、手術で120,000~130,000円
結膜炎通院1日で9,000円入院4日、通院11日で80,000円


いかがでしょうか。どの病気も重症になると、それなりに高額な治療費が必要になるのがわかりますね。


また、さらに重篤な病気を発症した場合など、数十万円から百万円単位の治療費がかかる場合もあるのです。


これらを全額負担するか、ペット保険で保障してもらうか、飼い主さんにとっては大きな差ではないでしょうか。

猫の保険に終身タイプはある?ペット保険の終身について解説!

ペットの病気の治療のためにはもちろん、上でご説明したように、想定外の高額な治療費のリスクを回避するためにも、ペット保険の必要性を感じていただけたのではないでしょうか。


なるべく長く安心を担保するためにも、できれば終身型のペット保険がよいと考える飼い主さんも多いことでしょう。


そこで、次に、終身タイプのペット保険があるかどうかについてご説明していきます。


具体的には、

  • ペット保険の終身タイプとは
  • 2種類の終身タイプ
  • 人間の終身医療保険とペット保険の終身タイプの意味の違い

について、見ていきます。


ペット保険の終身タイプも、一見、我々人間の終身型の医療保険と同じではないかと思いがちなのですが、ペット保険には独特の定義があるようです。


特にペット保険に加入する際には、大切なポイントでもありますので、誤解のないようにしっかり理解してくださいね。

猫の保険にも終身タイプがある!ペット保険の終身タイプとは?

上でも述べたように、ペットの場合でもできるだけ長い期間安心を確保したいと考えるのは当然ですので、ペット保険も終身タイプがあれば終身タイプを選びたいですよね。


ペット保険にも終身タイプはあるのですが、人間の終身型の医療保険とは多少異なる部分があります。


ペット保険は1年ごとなどの更新型がそのほとんどを占めているのですが、ペット保険の終身タイプとは、更新の際の年齢の制限がない、つまり一生涯更新できるというものなのです。


詳しくは、後述しますが、人間の終身型の保険とは意味合いが違うことがおわかりいただけるのではないでしょうか。


ただ、いずれにしても、ペットも高齢になると新規でのペット保険の加入は難しくなり、保険料も割高になることから、早めに加入しておくのに越したことはないでしょう。

ペット保険の終身タイプには2種類ある!

終身タイプの更新型のペット保険には、正確には、保険料が上がっていくものと、保険料がずっと変わらないものの2種類があります。


実際には前者の更新ごとに保険料が上がっていくものがほとんどなのですが、保険会社によって、

  • 毎年更新ごとに保険料が上がるもの
  • 3歳や5歳ごとに保険料が上がるもの
  • 毎年保険料が上がるが一定の年齢以降は定額になるもの

などに分かれています。このあたりは、加入の際に詳細を確認しておく方がよいでしょう。


また、後者の保険料が上がらないタイプもごく少数ですが、存在しています。


ただ、一生涯同じ保険料ではなく、一定の年齢に達するまでは保険料は変わらないが、その年齢に達すると、それまでのプランからシニア専用プランなどの高齢専用のプランに移行する形式になります。


その場合、それまでの自動更新のプランとは異なり、更新の際に健康診断が必要になったり、保険料も保障内容も異なるものとなります。

補足:人間の終身医療保険とペット保険の終身の違いは?

上の「猫の保険にも終身タイプがある!ペット保険の終身タイプとは?」のところでも、少しお伝えしましたが、ペット保険の終身タイプとは、1年ごとの更新に年齢制限なく、一生涯続くというものでしたね。この点が、人間の終身型の医療保険とは異なります。


人間の終身型の医療保険は、加入した時の保険料や保障内容が一生涯変わらず続くものですので、若いうちに加入しておけば一生涯安心を担保できるのがメリットです。


ペット保険の終身タイプにも、保険料が上がらないものも存在するとお伝えしましたが、その場合も、一定の年齢でシニア専用プランに移行することになってしまうので、やはり、人間の終身型とは多少意味合いが異なってしまいます。

猫のペット保険の選び方とは?注意点についても解説!

ペット保険の必要性、ペット保険の終身タイプの意味合いについてご説明してきました。


この記事を読む前よりも、ペット保険の加入を検討したいという気持ちになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで、次に、猫のペット保険に加入する際のポイントについてご説明していきます。


具体的には、

  • ペット保険の保障の範囲や窓口精算ができるかどうか
  • 高齢の猫の場合の加入時の審査や保険料の変化

について見ていきましょう。


実際に加入する際には、このような実務的な内容の違いによって、飼い主さんの経済的負担や使い勝手もかなり違ってきますので、しっかり確認してくださいね。

ペット保険は保障範囲や窓口精算の有無等に注意!

まず、ペット保険の保障範囲についてですが、主に入院、手術、通院であると前述しました。
ただ、これらの入院、手術、通院の全てを対象とするものと、入院と手術のみを対象とするものがあります。


また、さらに入院の保障に関しても、手術を行う入院しか保障されないものなど、その保障範囲は様々なのです。


保険料に関しては、当然、入院、手術、通院の全てを保障するものの方が、入院と手術のみのものよりも高くなってしまいます。


ただ、手術の保険金の上限に関していえば、全てを保障するものよりも、入院と手術のみのものの方が高額まで保障してくれる場合もあるようです。


飼っている猫がどんな病気になるかはわかりませんが、まずは、通院まで保障の対象に含めるかどうかについては最初に検討することが必要ですね。


また、もうひとつ注意したいのが、治療費の支払の際に病院窓口でも精算ができるかどうかということです。


通常、保険金の請求は、いったんご自身で支払い、その後保険会社に請求するという流れですが、ペット保険の場合、実際の治療費と保険金の差額だけを窓口で支払えばよいものもあります。


この窓口精算が可能だと、

  • 高額な治療費を最初に払わなくても良い
  • 保険金請求などの手続きをしなくてよい
  • 診断書を書いてもらう手数料も必要ない

などのメリットがあります。


このように、窓口精算ができるとかなり使い勝手がよいので、この点も加入の際に確認することが大切です。

高齢な猫の場合は加入時の審査や保険料の値上がりにも注意!

高齢な猫が加入する場合も注意が必要です。


ペット保険の加入年齢に制限が設けられていることを前述しましたが、概ね、10歳程度を上限としている場合が多いようです。


猫の場合も人間と同じで、高齢になれば体の機能や体力も低下し、病気やケガをするリスクが高まるので、その分、保険料も高額になってしまいます。


この時に注意していただきたいのは、高齢の猫で保険料が高いからといって、加入時の保険料だけで判断するのではなく、トータルの保険料で判断すべきということです。


ペット保険は、終身タイプの更新型で、保険料が上がっていくことをお伝えしましたが、最初の保険料が安く思えても、更新時の保険料の上昇率が高ければ、総額にすると損をしてしまう可能性もあるからです。


また、ペット保険に加入する際には告知が必要なのですが、高齢で加入する場合は、どうしても持病やそれまでの既往歴などがある可能性が高いでしょう。


その場合、告知内容によっては、条件付で加入となる、または最悪の場合、加入できないなどのリスクもあります。


高齢の猫がペット保険に加入する場合は、これらの点をしっかり確認するようにしてください。

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

猫のペット保険に関して、必要と思われる内容をご紹介してきましたが、実際にペット保険の加入を検討したいと思われる方は、実際に加入している方の口コミや評判なども気になることでしょう。


特に、具体的に興味のあるペット保険が見つかったら、その保険の評判やリアルな口コミは知っておきたいところですよね。


ほけんROOMでは、ペット保険の口コミや、具体的にペット保険を選ぶのに便利なペット保険の一括比較サービス、その他にも役立つ情報を多数ご紹介しています。


気になる方は、是非、これらの情報もチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:猫の保険の終身タイプとは?高齢な猫でも保障されるのか

最後に大切なポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

  • ペット保険の基本の保障は、入院、手術、通院
  • 猫がかかりやすいのは、泌尿器系、消化器系、目の病気などで、重症の場合は治療費は高額になる場合もあり
  • ペット保険の終身タイプとは、更新の年齢に制限がないことで、保険料は上がっていくものがほとんど
  • ペット保険に加入の際には、保障の範囲や窓口精算ができるかどうかをチェック
  • 高齢の猫の場合は、加入時の審査や保険料の総額を確認

いかがでしょうか。ペット保険の必要性や、そして、特に高齢の猫がペット保険に加入する場合は、いくつかの点に注意が必要であることがおわかりいただけたことと思います。


まだペット保険に加入していらっしゃらない方は、この機会に是非加入を検討されることをおすすめします。


ほけんROOMでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング