【獣医師監修】犬の泌尿器疾患とは?泌尿器の病気の原因、治療を解説

犬の泌尿器疾患についてご存知ですか?泌尿器の病気で、おしっこが出ない、血尿、頻尿等の症状が出ることが多いです。膀胱炎や膀胱腫瘍、尿石症等がよく知られ、抗生物質等で治療されます。この記事では犬の泌尿器疾患について、病気の種類や原因、症状、予防について解説します。

犬の泌尿器疾患とは?種類とその原因、治療法等を解説!

大事な愛犬が病気になってしまうと悲しいですよね。辛い思いをしないためにも病気に関する知識を持つことが大切です。病気の種類や原因・治療法を詳しく知っておけば、予防や早期発見につなげることができますよ。


今回「ほけんROOM」では多くの病気の中から泌尿器疾患について

  • 泌尿器とはどのような器官なのか
  • 犬の泌尿器疾患の種類や原因・症状・治療について
  • 泌尿器疾患にかかりやすい犬種・性別・年齢
  • 予防のためにするべきこと
  • 万が一の時にペット保険が役立つ

以上の点について解説します。


この記事を読んでいただければ犬の泌尿器疾患について詳しく知ることができます。愛犬の健康を守るためにぜひ最後までご覧ください。

犬の泌尿器疾患とは?泌尿器や病気の種類を解説!

犬の泌尿器疾患にはどういった病気があるのでしょうか?犬を飼い始めたばかりの人でもわかるように泌尿器疾患について基本的なことから確認していきますね


そこでここではまず

  • 泌尿器はどのような器官なのか
  • 犬の泌尿器疾患にはどのような種類があるのか

についてわかりやすく解説します。


大事な愛犬が体調を崩した時に飼い主としてしっかりと対応できるように事前に詳しく知っておきましょう。

そもそも泌尿器とは?どんな器官なのか

そもそも泌尿器とはどのような器官なのでしょうか?聞いたことはあるかもしれませんが、詳しく知っている人はあまり多くないかもしれませんね。そこでここでは泌尿器について解説します。


泌尿器とは尿を作り出(分泌)して、排出する器官のことです。具体的な器官としては次のようなものがあります。

  • 腎臓:尿を作り出す
  • 尿管:尿を運ぶ
  • 膀胱:尿を貯める
  • 尿道:尿を排出する

人間にとっても犬にとっても欠かせない器官ですね。


最近では動物病院でも泌尿器を専門に診察してくれるところも出てきました。部位として分けることができないため生殖器も診療範囲としているところが多いです。


専門的な治療を望む場合は泌尿器科専門医を受診することも検討しましょう。

犬の泌尿器疾患の種類は?どんな病気があるのか

犬の泌尿器疾患にはさまざまな種類があります。主なものを紹介します。


尿石症

泌尿器に結石ができてしまう病気です。できた器官により「膀胱結石」「尿道結石」と呼ばれます。慢性化しやすい病気なので根気よく治療に当たりましょう。尿の通り道をふさいでしまう「尿路閉塞」になってしまうと外科手術などの緊急措置が必要になります。


細菌感染症

細菌が泌尿器に入り込み炎症を起こす病気です。症状がはっきりせず発見が難しい病気なので日ごろから尿の状態や回数などをしっかりと観察しましょう。炎症を起こした部位により次のように呼ばれます。

  • 腎盂炎
  • 尿管炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 前立腺炎


その他

上記の他にもいくつかの泌尿器疾患があります。

  • 膀胱・尿道腫瘍:泌尿器に腫瘍やガンができる
  • 腎臓病(慢性腎臓病):腎臓が正しく機能しなくなる
  • 子宮蓄膿症:細菌感染により子宮に膿が貯まる

犬の泌尿器疾患を種類ごとに詳しく解説!

犬は言葉が離せません。体調を崩しても症状を説明できないので飼い主が病気のサインを見逃さないことが大切です。


そこで、ここでは主な犬の泌尿器疾患の原因・症状・治療について詳しく解説します

  • 尿石症・尿路結石
  • 膀胱炎
  • 膀胱・尿道腫瘍(癌)
  • 膀胱結石
  • 腎臓病(慢性腎臓病)

以上の病気はどの犬でもかかる可能性があります。しっかりと対応できるよう参考にしてくださいね。

①:尿石症・尿路結石の原因、症状、治療について

腎臓・尿管・膀胱・尿道といった器官に結石ができてしまう尿路結石について紹介します。


原因

尿の中のリンやシュウ酸などのミネラル成分が結晶化して石になってしまうことが原因です。遺伝的な要素食事感染症により引き起こされると言われています。


症状

結石が小さい場合は無症状のこともあります。主な症状としては血尿頻尿排尿困難などです。尿路閉塞を起こしてしまうとおしっこが出なくなり命にもかかわるのですぐに病院に連れて行きましょう。


治療

主な治療法は次の通りです。

治療法内奥
外科的治療緊急性があったり感染症を引き起こしていたりする場合は手術を行います。
内科的治療結石の成長を止め、溶かす薬を与えて治療します。
尿量を増やす尿で結石を押し流します。水を大量に摂取させ尿の量を増やしますが腎臓に負担がかかるので最近はあまり行われていません。
食事療法結石ができにくい食事を与えます。

②:膀胱炎の原因、症状、治療について

膀胱炎とは膀胱の粘膜が炎症を起こしてしまう病気です。


原因

細菌感染結石膀胱腫瘍が原因だと言われています。特にメスは尿道と肛門が近いので細菌が膀胱に入りやすく病気になりやすいです。ストレスなどがもとで免疫が落ち炎症を起こしやすくなることもあります。


症状

  • 頻尿
  • おしっこが出にくい
  • 血尿・排尿痛
  • 尿の濁り

上記のような症状があります。細菌が腎臓に入ってしまうと腎盂炎を引き起こすこともありますので症状に気付いたらすぐに病院で相談しましょう。


治療

炎症を抑える薬や抗生物質・鎮痛剤を投薬します。必要に応じて飼育環境を見直してストレスを軽減させることも行います。慢性化や繰り返し発症することも多い病気なので定期的に病院で検査を受けることも大切です。

③:膀胱・尿道腫瘍(癌)の原因、症状、治療について

移行上皮癌、前立腺癌など膀胱や尿道にできる腫瘍について紹介します。


原因

原因はさまざまではっきりと特定することは難しいです。ただし、次のようなことが腫瘍の発生に関係あると言われています。

  • 遺伝
  • ホルモン
  • 環境
  • ワクチン

膀胱・尿道腫瘍は悪性のものが多く予防も難しいので初期の症状を見逃さず治療につなげることが大切です。


症状

初期の症状は次のようなものです。

  • 血尿
  • 頻尿
  • 排尿痛
  • 排尿困難

膀胱炎の症状と似ていますが、進行すると命にかかわるので膀胱炎が長引いた時には腫瘍の可能性も考えましょう。


治療

主な治療法としては次のようなものがあります。

  • 外科療法
  • 内科療法(抗がん剤など)
  • 放射線療法

それぞれにメリット・デメリットがあるので、発生部位悪性度転移の有無などを総合して治療方針を決めます。

④:膀胱結石の原因、症状、治療について

結石が膀胱にできてしまう病気で、結石症の中で一番多く起こると言われています。


原因

結石にはいくつか種類があり原因もさまざまです。主に尿路感染遺伝・カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの取りすぎが原因だと言われています。


症状

膀胱に結石ができると膀胱を傷つけてしまったり出口を詰まらせてしまったりします。そのため血尿尿が出にくいなどの症状が出ます。症状が進むと膀胱が破裂してしまうこともあるので注意が必要です。


治療

食事療法を使って結石を小さくします。食事や薬で改善しない場合は手術をすることもあります。尿道から膀胱鏡(胃カメラの膀胱バージョン)を入れ、鉗子で摘出したり吸い出したりします。体が小さかったり結石が大きかったりするケースでは開腹手術も行われます。

⑤:腎臓病(慢性腎臓病)の原因、症状、治療について

腎臓の機能が落ちた状態が続くのが慢性腎臓病です。老廃物がうまく排泄できなくなるため高齢の犬がかかると命にかかわる疾患です。


原因

原因としては次のようなものがあります。

  • 加齢
  • 遺伝
  • 食事
  • 腎疾患(腎結石・腎盂炎など)

また、シーズー・キャバリア・ホワイトテリアなど特定の犬種に多いことも知られています。


症状

初期は無症状のことが多いですが、症状が進むと次のような症状が出てきます。

  • 尿量が多い
  • 貧血
  • 毛並みが悪い
  • 痩せる
  • 嘔吐


治療

初期は食事療法生活環境の改善が行われます。症状が重くなると透析腎移植をすることもできますが、できる施設は限られます。腎臓に一度ダメージを受けると、腎臓の細胞は回復することがありません。早期に発見して病気の進行を遅らせることが大切です。

犬の泌尿器疾患にかかりやすい犬種や予防、ペット保険を解説!

犬もさまざまな泌尿器疾患にかかることを紹介してきました。


実は泌尿器疾患にかかりやすい犬種や年齢・性別があるのを知っていましたか?事前に知識があれば予防や早期発見にも役立ちます。そこでここでは

  • 泌尿器疾患にかかりやすい犬種や年齢・性別
  • 犬の泌尿器疾患の予防法
  • もしもの時に役立つペット保険

について詳しく紹介します。病気にならないように気を付けることはもちろんですが、万が一のための備えも必要ですのでぜひ参考にしてくださいね。

泌尿器疾患にかかりやすい犬種や年齢、性別はある?

人間にも年齢や性別によりかかりやすさが違う病気があります。例えば痛風に罹患するのは98%以上が男性ですし、更年期障害になるのは50歳代の女性が多いと言われています。


犬も同じように泌尿器疾患にかかりやすい犬種・年齢・性別がありますのでそれぞれ紹介します。(参考:家庭どうぶつ白書2018


犬種

泌尿器疾患にかかりやすい犬種上位5種は次の通りです。

  • パグ
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ビジョン・フリーゼ
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク


年齢

年齢が上がるとかかりやすくなります。特に腎不全は10歳を超えるとかかる割合が急激に増えるので気を付けましょう。


性別

メスの方がかかりやすい傾向にあります。

犬の泌尿器疾患の予防は?早期発見・早期治療、食事が大切!

犬の泌尿器疾患の予防法を紹介します。日頃から気を付けていれば決して難しいことではないのでしっかりと確認しておきましょう。

  • 充分な水分補給
  • 適度な運動
  • 食事内容に気を付ける
  • 定期的に健康診断を受ける
  • 健康観察

尿に関わる器官なので水分を十分採ることで細菌などを尿と一緒に排出することができます。食事以外でもいつでも水を飲めるようにしておきましょう。


泌尿器科疾患にかかわらず早期に発見することが早期治療につながり予後も良くなります。異変があればすぐに獣医師に診せることも大切です。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

どんなに予防に努めても大事な愛犬が病気になってしまうこともあります。そのような時は早めに動物病院にかかりましょう。


ペットには人と同じような公の保険制度がないので、会計の際の支払いは100%飼い主の自己負担となります。犬の泌尿器疾患では年間数万円、結石症の手術をすると10万円以上かかることもあります。


愛犬が病気になった時に金銭的な負担を減らして治療に専念できるようにペット保険に入ることも検討しましょう


ほけんROOMにはペット保険に関する記事が多くあります。ペットを飼っている人必見の記事ばかりなのでぜひ参考にしてみて下さいね。

まとめ:犬の泌尿器疾患とは?

ここまで犬の泌尿器疾患について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは

  • 泌尿器とは尿を作り排出する器官
  • 犬の泌尿器疾患には尿石症・細菌感染症・腎臓病などがある
  • メス・特定の犬種・高年齢だとかかりやすい
  • 早期発見・早期治療が大切
  • もしもの時に備えてペット保険に加入するのがおすすめ

でした。


適度な運動をさせ食事に気を付けることが病気の予防にもつながります。異常を早く見つけることも大切ですので毎日スキンシップを取りながらしっかり様子を観察しましょう。


ほけんROOMでは他にもペットや保険・お金に関する記事を多数掲載していますのでぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】犬の嘔吐とは?原因から治療、考えられる病気を解説!
  • 【獣医師監修】犬の外耳炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の白内障とは?原因や症状、治療・手術費用、予防法を徹底解説
  • 【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬が膿皮症になる原因はシャンプー?薬で治る?病気や対処方法を解説
  • 【獣医師監修】犬の急性肝炎とは?原因から症状、治療、予防まで解説
  • 【獣医師監修】犬の鼻腔内腫瘍とは?原因から症状、治療まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 【獣医師監修】犬の副鼻腔炎とは?原因から症状、治療まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の流涙症とは?原因から症状、治療、予防まで解説!