【獣医師監修】犬の胃捻転とは?原因から症状、治療費、予防まで解説

犬の胃拡張・胃捻転をご存知ですか?早食いや高齢等の原因で、嘔吐やお腹が膨らむ等の症状が出る病気です。治療としては手術等が行われますが、再発することも多いです。この記事では犬の胃捻転について、兆候や原因から症状、治療費、かかりやすい犬種、予防まで解説します。

犬の胃捻転は治る?子犬や小型犬にかかりやすい病気なのか

胃捻転は胃捻転症候群の略です。胃が拡張してねじれることで引き起こされます。


人間にも赤ちゃんによく見られる胃軸捻転という似たような症状の病気がありますが、内臓の発達により自然に治るとされているので、あまり心配する必要のないものです。


しかし、犬の場合は気をつけなければなりません。処置が遅れると死ぬこともあるためです。


そこで、今回「ほけんROOM」では、

  • 犬の胃捻転で起こる症状とは
  • もしも胃捻転になってしまったら
  • 胃捻転の予防策
  • 胃捻転になりやすいのは子犬や小型犬なのか
  • 病気への備え

以上のことを中心に解説していきます。


この症状はどの犬種でも起こる可能性がありますが、とくになりやすいといわれている犬種もいますので、しっかりと知っておくといざというときに役立つでしょう。

犬の胃捻転とは?兆候や原因、症状を詳しく解説!

胃がねじれることを想像すると、すごく痛そうですよね。そんな痛みを可愛い家族には味わってほしくないものです。ただ、可能性は考えなければなりません。


ここでは、

  • 兆候があるのか
  • 原因があるのか
  • どのような症状があるのか

といったことをもう少し胃捻転について詳しく解説していきます。


発症のリスクを抑えるために飼い主さんができる対策もあります。


また、兆候が分かれば、犬が苦しむ時間を少しでも短くすることができますので、今後の犬との生活の参考にしてください。

そもそも犬の胃拡張胃捻転症候群とは?兆候についても紹介!

胃拡張・胃捻転症候群は胃拡張をきっかけに胃捻転が引き起こされてしまった状態です。
  1. 胃の出口が塞がり中のものを排出できない状態になる
  2. 胃に食べ物やガスなどが溜まり膨張する
  3. 胃がねじれる
このような流れで発症します。

胃捻転を発症すると数時間で死ぬ可能性が高く、軽症でも15%程度早く気づいて病院で診てもらい治療をしてもらうことが必要なのです。

怖い病気なのでできれば発症する前に気づきたいものです。以下のような、普段と様子が変なところがあると胃拡張・胃捻転症候群の可能性も考えましょう。
  • お腹が張っている
  • 落ち着きがなくなる
  • よだれをたくさん垂らしている
  • 吐こうとすると唾だけが出る
  • 呼吸を苦しそうにしている
食後、数時間以内に起こることが多いといわれていますので、食後5~6時間はとくに気をつけて見ておきましょう。

犬の胃捻転の原因は?早食いや再発等の原因を解説!

胃捻転の原因についてはっきりとしたデータは出ていません。


しかし、多くの症例では、

  • 一度にたくさんの食事を食べた
  • 早食いをしている
  • ストレスを感じている
  • 食後、急に激しい運動をした

などがきっかけだったのではないかといわれています。


食後は胃で消化が始まりますが、食べた量が多いとそれに時間がかかり、胃の中からなかなか食べ物が出て行きません。それによって胃が拡張しやすくなります。


また、水の摂り過ぎは、吸水性の高い食べ物と合わさって胃の中で膨らみます。


早食いストレスも消化に関係しています。早食いも急に胃の中がいっぱいになりますし、ストレスは消化の働きを悪くするからです。


食後に運動をすると、胃が揺れ動くのと胃の活発な消化活動が重なってねじれやすい状況になります。


「一度かかるともうかからない」といった病気でもないので、再発する可能性はあります。とくに、一度かかったことがあると繰り返しやすいともいわれていますので、より注意が必要です。

犬の胃捻転の症状は?嘔吐やお腹が膨らむ等の症状を解説!

兆候の中にお腹が膨らむ、嘔吐するといったことがありました。これは初期症状なので、なかなか見分けがつかないかもしれません。


お腹が膨らむのは胃の中にたくさんのガスが溜まっているためです。食後に症状が出やすいのはその理由と関係しているのでしょう。


ただ、胃が一瞬で大きく膨らむということはないですが、こまめにチェックしておかなければ気づくのが遅くなります。


嘔吐は単純に食べ過ぎや車酔いなどでもすることがありますが、胃捻転の場合は、吐こうとしているが何も出てこないという症状が出ます。


無理に吐こうとして泡状態の唾液が出ることもあります。


ここからさらに時間が経つと歩きがふらふらとしてきて危険な状態になり、その後、意識障害を起こして倒れます。ここまでの症状となるとほぼ手遅れです。

犬の胃捻転の応急処置と治療法、治療費、予防法を詳しく紹介!

愛犬が辛そうにしている姿を見ると、病院に行く前に何かできることはないかと考える方もいるでしょう。


しかし、改善のために自宅でできる処置はありません。重要なのは一刻も早く病院に行く準備をすることです。病院では犬の状態を確認し、必要な治療を進めていきます。


ここでは、

  • 胃捻転の治療法
  • その治療にかかる費用がどのぐらいなのか

をご紹介します。


また、飼い主なのに何もしてあげられることがないのも辛いですよね。


「こうすれば少しでも予防につながるのではないか」ということがあります。そちらも紹介しますので注意してみてください。

犬の胃捻転の応急処置と手術等の治療、治療費用について紹介!

犬の胃捻転は、起きてからなるべく早く(2時間以内くらい)病院で処置をしてもらうことが重要です。


胃捻転は開腹手術をしないと犬は助かりません。輸血や血液バランスの処置もされますが、犬の状態によって手術を先にするか処置が先かが判断されるようです。


開腹手術では、胃を体壁に固定します。このときに胃を切開するので胃の中の物やガスを抜く処置もおこなわれます。


胃が壊死しているときはその部分を切除するようです。


かかる費用や治るまでの期間は、

  • 治療期間は約3週間
  • 手術は1回で通院は約3回
  • 費用は約18万円(通院込み)

です。


3週間くらい様子を見ることが大切ですが、入院は3日くらいで済むようです。また、手術にかかるお金のみだと17万円くらいですが、これに通院もするため合計で18万円くらいと思っておきましょう。


状態が悪いほど期間や費用もかかり犬の命も危なくなるので、早めに病院に行って治療をしてもらうことが大切になります。

犬の胃捻転の予防法は?食後すぐの運動や早食いは控える!

胃捻転は犬の命に危険が及ぶ可能性もあるので、できればならないように気をつけることが大切ですよね。


ならないようにするための予防は、

  • 1回の食事の量に気をつける
  • 早く食べないよに見守る
  • 冬場に起こりやすいので気をつける
  • 食事の後にすぐに運動をしないようにする

です。


1回の食事の量が多いと「いっぱい食べたい」との思いから急いで食べてしまう犬も多いです。また、ほかの犬と競い合ってしまうとあまり噛まずに飲みこみ胃に負担がかかります。


よく噛んで食べてくれるように、1回のエサの量は少なめにして、回数を分けて与えるとよいでしょう。


また、ほかの犬と競い合ってしまう場合は、食べる部屋を別々にするなど工夫をするとよいですよ。


食後にすぐに散歩に行くなどの運動をしてしまうとなる確率が高くなるので、少し休憩をしてから運動するように注意しましょう。

胃捻転になりやすい犬種や年齢、性別はある?

胃捻転は大切な犬の命が危ないので、できればなって欲しくないですよね。胃捻転は犬の種類によってなりやすいものがあるようです。


なりやすいといわれている犬種は、

  • ドーベルマン
  • セントバーナード
  • ゴールデンレトリバー
  • トイプードル
  • 秋田県
  • ロットワイラー
  • ジャーマンシェパード
  • ワイマラナー
  • ミニチュアダックスフンド
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
などです。大型犬のほうがなりやすいといわれていますが、ほかの犬でもなってしまうようです。

大型犬だけでなく中型犬・小型犬でもなるので、こんな病気があるということをしっかり学び注意をしましょう。

性別は男女ともなる病気ですが、やはり高齢になるとなる確率も増えてしまいます。大型犬の場合は3歳以上からなりやすいといわれていますよ。

全犬種からいうと5~6歳から発症しやすいです。高齢になってきたら特に食事の量や回数に気をつける・食後の運動は避ける・犬の様子をこまめに確認するなどしてくださいね。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

犬が胃捻転になったら、早く気づいて病院で手術をしてもらわなくてはなりません。犬の病院は保険がきかないので、手術や入院をすると費用が高額になるのが心配ですよね。


犬が万が一病気になったときでも安心できるように、ペット保険には入っておいたほうがよいでしょう。


大型犬、中型犬など、犬の種類年齢によって保険料が違いますが、毎月3,000~4,000円くらいの支払いで保険に入ることができますよ。


人と同じように犬も病気になるので、保険は早くから入っておくと安心です。


ほけんROOMではペット保険に関する記事が多く記載されています。「どれに入ればいいか分からない」「ペット保険ってどんなもの?」と気になる方は参考にしてくださいね。

まとめ:犬の胃捻転とは?繰り返す病気なのか

犬の胃捻転についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


胃捻転は早く犬の異常に気がついて、すぐに病院で処置や手術をしなくては犬の命は助からないような大変な病気です。


今回の記事のポイントは、

  • 胃拡張が引き起こって胃が捻れてしまう病気を胃拡張胃捻転症候群という
  • すぐに処置と手術をしないと数時間で死んでしまう
  • 一度の食事の量が多い・早く食べるクセがある・ストレスがある犬になりやすい
  • 大型犬が起こりやすいがほかの犬種でもなる病気である
  • 高齢になると特になりやすいので注意する

です。


ならないようにするためには、一度の食事の量を少なくする・食後は十分休憩するなど、日々の生活で気をつけることが大切ですね。


このほかにも、ほけんROOMではペットにまつわる記事などためになる記事を多数掲載しておりますので是非御覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】犬の胸水とは?原因から症状、治療法、予防まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の眼瞼炎とは?原因から症状、治療、予防まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の膵炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介!
  • 【獣医師監修】犬の外耳炎はどんな病気?症状や原因、治療費・治療法なども紹介
  • 【獣医師監修】犬の糖尿病とは?症状・原因、治療費・治療法、予防法などを紹介!
  • 【獣医師監修】犬の急性肝炎とは?原因から症状、治療、予防まで解説
  • 【獣医師監修】犬の肝硬変とは?原因から症状、治療、予防まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の歯根膿瘍とは?原因から症状、治療費まで解説!
  • 【獣医師監修】犬の流涙症とは?原因から症状、治療、予防まで解説!