【獣医師監修】猫の膿胸とは?原因から症状、治療法、予防法まで解説

猫の膿胸をご存知ですか?外傷等が原因で胸に膿が溜まり、呼吸困難等の症状を引き起こします。治療法としては手術や抗生物質の投与、ドレーンの設置を行います。重症化すると死亡率も上がるため早期発見が良好な予後のためにも大切です。この記事では猫の膿胸について解説します。

猫の膿胸は生存率が高い病気?うつる・再発する病気なのか

最近、愛猫がなんとなく元気がない、えさを食べる量が減っている、または口を開けて呼吸をするなど普段と違う様子の変化を感じていませんか。


このようなとき、膿胸という病気が疑われる場合があります。何かしらの原因で膿が胸腔に溜まってしまう状態のことをいいます。


人も発症するこの病気ですが、人間より体の小さな動物が発症した場合、生存率は高いのでしょうか。また、うつったり、一度治っても再発したりするのでしょうか。


そこで今回「ほけんROOM」では

  • 猫の膿胸は完治するのか?原因や症状を詳しく知りたい!
  • 猫の膿胸の治療法や治療費、予防法は?回復を早めるため行うこととは?
  • 猫種や年齢、性別の違いで膿胸にかかりやすい差はでてくる?
  • 備えて安心!もしもの時のペット保険は加入しておくのがおすすめ!

を中心に詳しく説明していきます。


ぜひ最後までご覧になって愛猫のためにも膿胸について知識を深めていきましょう。

猫の膿胸は完治する?原因や症状を詳しく解説!

猫の膿胸は感染の後、症状が現れるまでには数週間の時間がかかります。また胸腔の片側に膿が貯まるケースと両側に貯まるケースもあります。


それでは猫の膿胸とは完治するのでしょうか。主な原因・またどのような症状がでるのでしょう。


ここからは

  • そもそも猫の膿胸とは危険な病気なの?死亡することもある?
  • 膿胸の感染症などで胸に膿が溜まってしまう、その原因とは?
  • 猫の膿胸はどのような症状がでる?呼吸困難などの症状を解説!

を詳しくご紹介します。

そもそも猫の膿胸とは?死亡することもある危険な病気なのか

猫の膿胸とは、肺の周囲には胸腔という空間があって、その胸腔に何かしらの原因にて膿がたまり起こる病気です。胸腔とは肋骨に囲まれており、呼吸したとき新鮮な空気を吸った肺が膨らむための空間のことをいいます。


そのスペースが膿で充満してしまった場合、呼吸困難となって非常に危険な状態になります。重症化した場合、治療中にて死亡することもあります。ですので早期に発見し、できるだけ早く治療を行うことがとても大切となります。


しかしこの病気は非常に難しいところがあり、早期発見をするにも膿胸を発症した初期段階では、大半は症状がでることがなく病気に気づかないというところです。


そこで普段の生活の中から、状態の変化などをよく観察しておけば、わずかな症状でも気づくことができ末期に進行する以前の早急発見ができれば生存率も高くなると思われます。


また膿胸治療の奏功率は47.8%から86%と報告されており良好な経過が得られる一方で再発の可能性もあるため注意が必要です。


(引用元:動物救急センター文京:症例)

猫の膿胸の原因とは?感染症等で胸に膿が溜まってしまう

原因や発生および感染経路が正確に解ることはまれですが、主につぎのようなことが挙げられます。

  • 外傷
  • ンカなどの咬傷
  • 感染症などによる肺炎・胸膜炎
  • 不明(多くあります)

胸部の奥まで達するような怪我によるもの、異物を飲み込んだことでそれが食道を突き破り、胸腔内に到達するなども一因になります。

そして細菌性肺炎やウイルス感染(猫白血病ウイルス感染症など)・胸膜炎などの場合にも、胸膜に細菌が入り込み感染してしまい胸腔内に膿が溜まってしまう状態となってしまいます。

猫同士のウイルス感染は、感染した猫の唾液や涙・尿や糞便などにウイルスが含まれており口や鼻から入ることで感染します。しかし人に猫の白血病ウイルスがうつるようなことは今のところ報告はありません。

猫の膿胸の症状は?呼吸困難等の症状を解説!

それでは、どのような症状がみられるのでしょうか。


初期の症状では

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 発熱

このように、どのような病気にもみられる症状を非特異的症状といい上記のような状態がみられます。


また病状が進行すると

  • 呼吸困難
  • 発咳
  • 脱水症状

さらに貯まった膿の量が増えることにより、呼吸が速くなる・息をするとき口を開けてする・チアノーゼにより舌の色が紫色になってしまうなどの呼吸困難症状が現れます。


また少しの運動でも、苦しくなってしまうというような症状もでてくるときもあり、共に進行している可能性もあることから末期症状である場合もあります。


さらに呼吸状態が悪化して体が感染に耐えられなくなってしまった場合、大変危険な状態となります。

猫の膿胸の治療法や治療費、予防法を紹介!回復を早めるには?

重度であればあるほど、膿胸の治療はリスクが高まります。このようなとき原因追及のためにはさまざまな検査が必要となり、保険上限を超えてしまうことも多くでてきます。


それではどのような治療法が行われるのでしょう。また治療費はいくらぐらいになるのでしょうか。


ここからは

  • 手術や抗生物質などの治療法は?治療費用はいくらになる?
  • 猫の膿胸の予防法を知っておこう!動物病院にて早期発見・治療をしよう!

の説明をしていきます。

猫の膿胸の手術や抗生物質等の治療法、治療費用を紹介!

疾患の原因がすぐに特定できれば治療を行うことができますが、特定するには困難なことが多いので以下のことを行います。


基本的には内科療法です。

  • 胸に針やチューブなどを刺し胸水を抜く
  • 胸腔内の洗浄を行う
  • 胸腔内の状態を改善させる
  • 全身状態を改善させる

このような治療を行っていきます。


胸腔ドレーン(チューブ)を設置し、吸引および胸腔洗浄を行う場合もあり胸水洗浄を数日行うことで呼吸も楽になるようです。


この洗浄と抗生物質の投与を積極的に治療を行った場合、予後は比較的よい状態となります。しかし子猫など全身状態が悪い場合には予後が不良になってしまうこともあります。


また炎症を長引かせることで炎症により結合織ができ、肺同士や心臓・胸腔内の内壁などと癒着することで非常に治癒を難しくさせてしまう場合があり、そのようなときには胸を開いて手術処置を行うこともあります。


治療費用は各病院の規定により異なりますが、一例では初回の場合、血液検査・レントゲン・ウイルス検査・胸水処置・抗生物質などで合計8万円ほどですが、この金額を超えるくらいの費用となる場合があるでしょう。

猫の膿胸の予防法は?動物病院に行き、早期発見・治療が大事!

まずは膿胸にならないように予防が大切となってきます。


適切な予防法とは

  • 外傷の痕跡の確認
  • 呼吸数増加がないかの確認

これらは、しっかりと普段からスキンシップをとることで何かしらの異常があった場合気づくことができます。また胸部の外傷は数日で消えてしまう場合もあり、動物病院に来院したときには傷跡が確認できないことが多いようです。


呼吸状態も一見症状だけをみて少し早いのでは、くらいの程度ですのでもう少し様子をみてもいいかな、との判断には注意しなくてはなりません。

膿胸にかかりやすい猫種や年齢、性別はある?

それでは膿胸にかかりやすい猫腫や年代はあるのでしょうか。


この病気にかかりやすい特定の猫腫や特定の年代はありませんが、さまざまな病気にかかりやすい年齢と性別の差はでてきます。


病気のかかりやすさ年齢・性別データ表

年齢オスメス
0歳
2歳
0.034%
0.025%
0.03%
0.019%
3歳
4歳
0.03%
0.011%

5歳
6歳
0.026%
0.058%

0.018%
7歳
8歳
0.085%
0.096%
0.082%
0.11%
9歳
10歳以上
0.03%
0.227%
0.07%
0.142%

(引用:アニコム損保)


このように性別・年齢によっても、病気発症の確率が違ってくることが分かります。


また、膿胸にかかりやすい例としては

  • 完全室内飼いではない場合
  • ほかの猫と同居している場合
  • 気性の荒い性格

などが挙げられます。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

公的な健康保険制度がペットにはありません。自由診療の動物病院では思わぬ高額な診療費がかかる場合があります。このようなことから近年ではペット保険に加入する人が増えています。


人間の赤ちゃんは、生まれてから健康保険に入ります。猫も大切な家族の一員ですからペット保険に入っていることで、さまざまな病気にもお金のことを気にせずにより良い治療を受けさせてあげることができます。


主に通院・入院・手術でかかる診療費を補償してもらえますが、保険会社や保険商品によっても異なってきます。細かな補償内容の違う保険商品が多くあり、どの商品を選べばよいのか頭を悩ませてしまうでしょう。


こちらの「ほけんROOM」でも

  • 【2020】ペット保険を一括で比較!犬猫の動物保険を5秒で見積もり
  • 猫におすすめのペット保険は?動物保険を比較(0歳~13歳)

など参考になるペット保険関連の記事を多数掲載しています。ぜひご覧下さい。


ほけんROOMにはペット保険に関する記事はこちらから


ライフスタイルに合わせてペット保険比較をされてみてはいかがでしょうか。

まとめ:猫の膿胸は治る病気なの?

いかがだったでしょうか。猫の膿胸は初期症状に気づきにくく、進行によっては命の危険も伴う病態であることが分かりました。


この記事のポイントは

  • 早期発見・早急治療にて完治可能になる
  • 原因や症状を詳しく知ることで慌てずに対応できる
  • 治療法や治療費の確認を行うことの必要性
  • 予防法を知って病気を防ぐ
  • 回復を早めるに適切な治療が大切である
  • 膿胸にかかりやすい猫種や年齢、性別の差はないが環境や性格の違いが関係する
  • もしもの時のペット保険加入は迅速に対応できる資金的余裕が可能になる

でした。


繰り返しになりますが、猫同士のケンカなどにより膿胸のリスクが高まります。少しでも早く膿胸を発見するためには毎日の体の傷のチェック、および呼吸状態の確認を心がけることが予防につながります。


飼い主だけが愛猫の健康を守ることができます。共に長く楽しい毎日を送るためにもしっかりと健康管理を行っていきましょう。


ほけんROOMでは、他にも様々なペットや保険に関する役立つ記事を公開しておりますのでぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 【獣医師監修】猫の角膜炎とは?症状と原因、治療法や予防法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の乳腺炎とは?原因や症状、治療法、予防法を解説!
  • 【獣医師監修】猫白血病ウイルス感染症とは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の横隔膜ヘルニアとは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫に瓜実条虫が寄生する?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫のクッシング症候群とは?原因や症状、治療法を解説
  • 【獣医師監修】猫の耳血腫とは?原因や症状、治療法について解説!
  • 【獣医師監修】猫の膿皮症は?原因から症状、治療法、予防まで解説!
  • 【獣医師監修】猫のメラノーマとは?原因や症状、治療法を解説!
  • 【獣医師監修】猫の悪性リンパ腫とは?症状や原因、治療法を解説!