猫の視力はどれくらいあるの?猫の視力が低下する原因なども紹介

猫の視力はどれくらいあるの?猫の視力が低下する原因なども紹介-サムネイル画像

ビー玉のように大きく、きれいな目が特徴の猫ですが、視力は良いのでしょうか?猫は止まっているものや遠くを見るのが苦手で、0.1~0.2程度と言われています。この記事では、人間と比較した猫の視力や、猫の視力の良い点・悪い点などの特徴、猫の視力が下がってしまう原因などを紹介します。

猫の視力について解説


猫の目は大きくて目が合うと、つい見とれてしまいますがその目にはどんな風に景色が映っているのでしょうか。


猫は夜目が効く生き物して知られていますが、実はあまり目の実態について知られていません。


今回「MOFFME」では、

  • 猫の視力について
  • 猫の目の仕組みについて
  • 猫がどれくらいの距離で確認できるか
  • 猫の目が認識できる色について
  • 猫の視力の低下について
  • 低下した視力の回復について
  • 視力が下がってしまう目の病気について
  • 猫の視力を観察する方法について

以上の内容について解説します。ネコは、物を見る時に視力以外でも聴覚などほかの感覚を活かして生活しているので、なかなか目の変化に気づきにくいということがあります。


この記事を読むことで、ネコの目の特性を知ることができます。特性を知ることで、目に関するトラブル回避などに繋がることでしょう。


また、MOFFMEでは猫の保険についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

猫の視力は良いのか悪いのか?


ネコは目の前に小動物が現れれば俊敏に動きますし、真っ暗な中でも迷うことなく歩き回ることができますが、実際に目は良いのか悪いのか、はたしてどちらなのでしょうか。


ここでは、

  • 猫が見えやすい物と見えにくい物の違いについて
  • 猫の目はペクタムの影響で暗闇でもスムーズな行動ができる
  • 猫が赤い色を認識できない
  • 子猫の目が青い色をしているのはメラニン色素が少ないため

といった内容について詳しく解説します。これらの内容を把握することでネコの目の仕組みが分かり、目の特徴について理解が深まることでしょう。

猫は動体視力が高く静止視力が低い

おもちゃでネコと遊んでいると、獲物を逃すまいと動くおもちゃを一生懸命に追ってくれて、その動きは飼い主として微笑ましい姿かぎりです。


ですが、ネコはどうして動くものに対して俊敏に動けるのでしょうか。それは、生きていく過程によって動体視力に優れた特徴を手に入れたという経緯があります。


古来から狩猟動物として小動物を狩るという習慣を行っており、結果として動きに反応する神経細胞が発達させることとなりました。


優れた神経細胞は現在も受け継がれており、動くものを見るとピントが合いやすくなっていて、そのため動くものに対して俊敏に対応できるようになっています。


ネコは動体視力は優れていますが目の構造上、静止視力が低くなっており動いていないものは見逃してしまうという特徴があります。

猫は暗闇の中でも行動可能

人は夜道などでは物が認識できなくなり身動きが取れなくなってしまいます。人が暗い中で苦労してしまうのに対して、ネコは難なく真っ暗な中でも昼間と同じように歩き回ることができます。


人とネコの目にはどんな違いがあるのでしょうか。ネコの目には人の目にないタペタムという器官が備わっています。


タペタムとは反射板のような役割を果たすもので、ほんの少しの光を吸収して何倍にも光を増幅させます。


暗闇の中で猫を見かけると目が光るのはタペタムが備わっているためで、そういったこともあり真っ暗な中でも物にぶつかることなくスムーズに歩き回事ができるという訳です。


ちなみに、タペタムが備わっているのはネコだけでなく、犬や牛などの目にもタペタムは備わっています。

猫は赤色を認識できない

猫は赤を認識できないということですが、ご存じでしょうか。猫の目には、人の目と同じように錐状体という色を認識する器官があります。


人の場合、その器官では赤・青・緑が認識できるのでカラフルな世界を認識することが可能です。


しかし、ネコの目に備わっている錐状体は青・黄が認識ができるようになっていますが、赤を認識することができません


ですので、猫の目には、青と黄、もしくはその2色が混じっている状態を愛で感じ取ることができます。


ネコが赤を認識できなくて困っているのか心配になりますが、青と黄しか認識できないのは進化する過程で色彩がさほど生きるために影響を及ぼさなかったためです。


対して、人は食べ物を識別するために錐状体が3色認識できるように進化したと考えられています。

参考:子猫の目が青い理由

子猫は成猫と違い猫種を問わず青い色の目をしています。それは、生まれて間もない時期は虹彩に定着するメラニン色素が少ないためです。


そのため、猫種を問わず青い色の目をしています。生後2か月を過ぎると虹際のメラニン色素が定着し始め、猫種によって目の色が変化を見せるようになります。


成猫はグリーンや琥珀色などいろいろな目の色をしていますが、それは目に定着しているメラニン色素によるものです。


ちなみに、成猫の目の色が猫種によって違うのは、それぞれの虹彩に定着しているメラニン色素の量が猫種によって違うということが原因としてあげられます。


ですので、将来どんな目の色になるかを知りたい場合は、同じ猫種の成猫の目の色を調べてみましょう。

猫の視力は人間でいうとどのくらい?


ネコの目が人とは違う特徴を持っていることを解説してきました。それでは、視力は人に例えるとどのくらいになるのでしょうか。


ここでは、

  • 猫の視力は0.1~0.2程度である
  • 猫は遠い物よりも近い物を見る方が得意
  • 猫は人間よりも動体視力が優れている

といった内容について詳しく説明していきます。ネコは決して視力の良いわけではありませんが、人が及ばないような目の良さがあります。


人と比較することで、猫の目の優れている点などを知ることができるといえるでしょう。

猫の視力は0.1~0.2程度

ネコの視力は人間に例えると0.1~0.2程度です。ですので、ネコが見ている景色は想像以上にぼやけて見えるといえるでしょう。


ネコが狩猟動物として考えるとこの数値は低いように感じられますが、この人の視力は静止視力を表すものなので、ネコの動体視力が考慮されていません。


したがって、物を見る数値は人間に置き換えると低く思えますが、ネコには動くものに対してピントが合うようになっているなど動体視力が優れています。


そのため、ネコは0.1~0.2程度と低くても日常生活に支障をきたすことはありません。

猫は近い距離のものを見るのが得意

ネコは目がとても大きく可愛らしいという特徴があります。その可愛らしい大きな目のおかげで、近くにある物を楽に見ることができるようになっています。

進化の過程で、ネコは少しの光を吸収して真っ暗な中でも難なく行動できるような目を手に入れて来ました。

そのため、光を取り込みやすくなるように水晶体や角膜の部分が大きくなってしまい、ネコの目は近視のような状態になっていると考えて良いでしょう。

そういったこともありネコは近い距離にある物を見るのが得意で、具体的な数値に表すと5~10メートルくらいです。

人は大体30メートルくらいの先のものを認識できるので、いかにネコが近い物を見ているのかが分かるのではないでしょうか。

ネコは近視のような見え方をしていますが、見える範囲は人よりも20度ほど広くなっています。近視ではありますが、広い視界と優れた動体視力を持っているので獲物に対して俊敏に行動できるのです。

人間に比べて動いてる物がよく見える

ここでは、動体視力について分かりやすく解説します。動体視力について簡単に例えると、アニメーションのコマ数が多い方が動体視力が優れているということです。


コマ数を人が60個が限界だとするとネコは240個認識することが可能で、人が見逃しているコマもネコはしっかりと認識することができるということになります。


もし、ネコが認識している視界を体験したいのであれば、デジカメなのでパソコンやテレビ画面をシャッター速度を上げて撮影してみましょう。


そうすると、撮影した画面に縦縞が映ります。これはフリッカーという現象で人には連続して光っているように見えて、実は光が点滅しているということが分かります。


これでネコが物をよく見えることが分かりましたが、実は日常でよく使用されている蛍光灯も点滅して光っているので、この強い光を目に直接当てるのは危険です。


LEDはネコの目に問題ないとよく言われていますが、LEDも点滅して光っています。いずれにしても、強い光は猫の目にダメージを与えるので気をつけるようにしてあげましょう。

猫の視力も低下することがある?


ネコは動体視力が優れている生き物ですが、人間のように視力が落ちることがあるのでしょうか。実は、ネコでも老化や腎臓病のような病気で視力が低下したり、場合によっては失明してしまうこともあるのです。


ここでは、

  • 猫は病気や老化で視力が低下したり失明することがある
  • 視力が低下する病気について
  • 猫の目の状態を確認する方法について

といった内容について解説していきます。ネコの視力の変化や失明となる原因を理解したりチェックする方法を知ることで、目の衰えを食い止めたり失明を防止することにも繋がることでしょう。

腎臓病や老化が原因で視力低下や失明することがある

ネコの視力が落ちたり失明してしまう原因になる物はいくつかありますが、主な原因としてしては老化、腎臓病、ケガがあげられます。


ネコも人間と同じように年を取ると体の機能が衰えていきますが、それは目も該当します。視力の衰えは加齢によってもたらされるであり、避けて通れないことです。


ネコの目に影響を与える病気が腎臓病を発症すると、この病気が元となり高血圧症を引き起こします。


高血圧症が悪化すると網膜剝離になってしまい、悪化すると視力低下に留まらず失明してしまう可能性があります。


ケガに関しては、ネコ同士の喧嘩や物に目がぶつかって傷つけてしまうなどといったケースが上げられますが、いずれにしても目が傷つくと視力が落ちたり失明に至ってしまうので注意するようにしましょう。

視力が下がってしまう目の病気を紹介!ペット保険とは

ブドウ膜が傷ついて炎症が起きたり、猫エイズなどの感染症が引き金となって起きるブドウ膜炎も視力が下げてしまう病気ですし、緑内障と白内障も猫の視力を下げる病気です。


緑内障は眼圧が高くなり瞳孔が常に開いた状態になり充血し視神経を圧迫してしまうという症状が出てしまいます。


白内障は目の中にある水晶体が一部もしくは全体が白く濁ってしまう症状です。発症条件としては先天性の場合や糖尿病など他の病気によって併発するということがあります。


このようにネコの目に影響を与える目の病気は様々です。治療が遅くなると失明してしまうかもしれないので、病気だと分かったら直ぐに動物病院へ連れて行きましょう。


一度、病気になると何度か動物病院に通院する必要があります。その場合、動物といえどもかかる金額は人間と大して変わりありません。


万が一に備えてペット保険に加入しておくと、金銭的な負担を減らすことができます。MOFFMEでは、猫のペット保険に関する記事を多く取り扱っているので参考にすると良いでしょう。

参考:場合によっては失明から回復することもある

ネコが失明してしまっても、場合によっては回復することもあります。視る力を回復する可能性がある病気としては網膜剝離や白内障などです。


網膜剝離と白内障は手術が行えるので、病状の進行を遅らせたり視力の回復することもあります。


手術以外の治療法としては点眼です。手術のような成果は上げられませんが、点眼が失明した目に効果を表すことも考えられます。


とはいえ目の状態を回復するために行えるためには、ある程度条件が限られているので、失明した場合の回復はかなり難しいと考えた方が賢明です。


まずは、ネコの目の視力が落ちていることを感じ取ったら動物病院に連れて行き診察を受けるようにしましょう。


医師に患部を見せることにより、必要な治療を行うことができます。それにより、病気の進行を遅らせたり、症状の改善がみられることもあります。

参考:猫の目を観察して健康や視力を確認しよう

猫が視力が低下しているかどうか判断するのは難しいといえます。ですが、健康状態や視力が変化していないか判断するためには、小まめに猫の目を観察するようにしましょう。


そうすることにより、猫の目を見るだけでも目の病気を発見することができます。例えば、瞳孔の大きさが左右違っている場合は、進行性網膜萎縮や中耳炎など様々な病気の可能性が考えられるといえます。


一例ではありますが、このように目を観察することで猫の体調管理もできますし、さらに

視力が落ちていないか知ることもできます。


視力が低下しているか確認する方法としては、音のしないような物を目の前で動かしてみるという方法があります。


その場合、猫は物の動きを聴覚で確認していることがあるので、音を立てないで物を落として目で追うかどうかで判断するようにしましょう。

猫の視力についてのまとめ

猫の視力について解説しましたが、いかがだったでしょうか。この記事を読むことで、人の目と違った特徴を持っているということが理解できます。


記事を要約しますと、

  • 猫の目は水晶体や角膜の部分が発達しているため近く物が見えやすい
  • 猫の目にはタペタムがあるため、暗闇の中でも歩ける
  • 猫の目は静止視力は低く動体視力が優れている
  • 猫は赤色が認識できない
  • 子猫は虹彩にメラニン色素が定着していないので青い目をしている
  • 生後2か月くらいからメラニン色素が定着し猫種によって目の色が変化する
  • 猫の視力は人間に例えると0.1~0.2くらい
  • 猫が視力を低下させたり失明する原因としては老化・病気・ケガなどがある
  • 失明や視力が低下しても手術や治療なので回復する場合もある
  • 猫の目を観察することによって健康や視力の状態を把握できる

といった内容になります。ネコは聴覚やひげから伝わる情報などいろいろなもので物を見る力を補っているので、なかなか視力の変化を把握するのは難しいといえます。


ですが、小まめに観察することで見逃しやすいネコの体調や目の状態の変化に気づくことができます。


小まめにネコの目を観察して、視力低下や失明から守ってあげましょう。


MOFFMEでは、このほかにも様々なペットや保険に関する役立つ記事を多数公開しておりますので是非ご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング