猫にレモンを与えても大丈夫?中毒症状や苦手な理由について解説!

猫にレモンを与えても大丈夫?中毒症状や苦手な理由について解説!-サムネイル画像

猫にレモンを与えても大丈夫かご存知ですか?猫はレモンを食べると下痢や嘔吐等の中毒症状を起こしてしまうので与えてはいけません。また猫はレモンの匂いを嫌うとも言われています。この記事では、猫にレモンを与えてはいけない理由や中毒症状、ペット保険について解説します。

猫がレモンを食べるのは大丈夫?匂いが嫌いな理由とは


記事モデル:ソラ


猫を飼っている人はレモンに用心しなければなりません。


レモンには猫が嫌いなツンとする匂いがします。


しかしただ嫌いなわけではありません。


レモンに限らず、猫はツンと鼻につく香りが嫌いです。


皮の部分には猫の体調が悪化する恐れのある成分が含有しています。


記事のポイントは

  • 猫の体にレモンが入ってしまったときの影響
  • 引き起こす中毒の危険と現れる症状
  • ビタミンCを摂る必要性
  • レモンの香りが嫌いな理由
  • 猫のしつけに使えるレモンスプレー
  • レモンを食べてしまったときの対処法

です。


人間にとっては体に良いレモンがなぜ、なぜ猫には毒なのかを把握しましょう。


念頭に置いて猫を飼うことで健康や安全を確保できます。


大事なペットのためにも最後までご覧ください。

猫にレモンを与えてはダメ!


私達人間も生のまま齧ることはあまりないレモンですが、猫によっては命を危ぶまれることもあるので避けて欲しい食べ物です。


ここでは猫が

  • レモンの皮に含有するリモネン・ソラニンが毒になる
  • 引き起こす中毒症状
  • なぜハーブのレモングラスは猫の体に大丈夫なのか

を解説します。


どうして猫にがあるのか認識して予防してください。


念頭に置いて気をつけるだけで飼っている猫の安全が守れます。


安心して猫が過ごすために飼い主は知っておくことが大切です。

レモンに含まれるリモネンやソラレンは猫にとって毒!

レモンの皮にはリモネンソラレンという物質が含有されています。


このリモネンとソラレンが猫にとって大敵です。


猫を飼っている人は猫にレモンをそのまま食べさせないでしょう。


その上でレモンの皮の部分が入っている食品にも気をつけてください。


例えば本来、猫が食べない人間のお菓子に猫の毒になる皮の部分が入っていることがあります。


また柑橘類の皮にも含まれているので注意してください。


猫が間違って食べないように普段から用心することが大事です。

レモンを食べると下痢や嘔吐等の中毒症状を起こす可能性がある

万が一、猫がレモンを食べてしまうとどういう症状が出てしまうのでしょうか。


皮の部分を体に入れると猫は下痢嘔吐といった中毒症状をきたします


また剥いたり絞ったときに飛んだレモンの汁でも症状が出ることもわかっています。


ごく微量であっても体の小さい猫にはとても危ないとわかるでしょう。


下痢や嘔吐をすると脱水に傾くので子猫や老猫は弱りやすいです。


そのためレモンや柑橘類の皮を含んだものを使うときには慎重に作業してください。

参考:レモングラスは害がない!ただオイルには要注意!

匂いがレモンに似ているレモングラスも危険なのでしょうか。


匂いが酸味のあるレモンに近いですが、レモングラスは猫に害をもたらす成分は入っていません。


猫は酸っぱいものを毒だと本能的に避けるためレモンの匂いも嫌いです。


しかし似た香りにも関わらず喜んで齧る猫がいます。


レモンと比べると甘い匂いなので好む猫が多いのかもしれません。


ただし注意してほしいのがレモングラスを含んだエッセンシャルオイルです。


あますところなくレモンの成分が凝縮されています。


要するにエッセンシャルオイルを猫が口にすると中毒を引き起こす危険があります。


レモングラスそのものは猫が体に入れても大丈夫です。

レモンの果肉ならば猫に与えても大丈夫!



猫はレモンの皮の部分が中毒の原因になる成分が含有されているので危険です。


猫は体内で作れるため飼い主が意識してビタミンをあげなくても健康に過ごせます。


ただ猫の状態によっては与えたほうが元気に過ごせる場合があります。


果肉の部分や絞り汁なら量を加減すれば問題ありません


そこで

  • 猫にレモン汁や果肉を与えるとビタミンCが摂取できる
  • なぜレモンの匂いが嫌いなのか

を解説します。


猫を飼う上で正しい知識を身につけて健康を管理することが重要です。

猫にレモンを与える効果は?ビタミンCが摂れる!

猫は自分の体内でビタミンCを作れます。


そのため猫にビタミンCを含有する食品を食べさせる必要はありません。


しかしビタミンCが自分の体内で作れる猫でも不足することがあります。


ビタミンCが不足する主な理由は

  • 成長期
  • 老猫
  • 妊娠中

です。


人間と同じで成長している最中や年齢を重ねたとき、妊娠中は体内で作ったものだけでは足りなくなります。


だから意図的に食べさせる必要があります。


ビタミンCを与えることで免疫力がUPします。


つまり病気の予防にも凄く大切な役割を担っています。


ただし猫はレモンの匂いが嫌いなので分からないように工夫する必要があります。

猫にレモンを与える方法とは?匂いが好きではないので注意!

猫にレモンを与えるときはエサにごく少量のレモン汁をかけましょう。


その上でエサを混ぜて気づかないように工夫すると食べてくれます。


猫はレモンのツンとした香りがとにかく嫌いです。


そのため敏感な猫だと感づかれてエサを食べなくなってしまいます。


匂いでさとられないように工夫してください。


また少量混ぜるときに気をつけて欲しいのがレモンの皮です。


レモンの皮までエサに混入すると猫の体調に悪影響を及ぼします。


そのためレモン汁をかけるときに細心の注意を払うことが重要です。

どうして猫はレモンの香りが苦手なの?

猫はレモンの匂いが嫌いなのは理由があります。


猫にとって体に毒となる成分が含まれているので拒絶すると考える人が多いです。


しかし実は違う理由があります。


理由はツンとした香りは腐敗していると認識しているからです。


レモンは味も酸っぱいですが匂いも酸っぱいです。


猫はツンと鼻につく匂いがすると腐敗が進んでいると認識します。


猫は大元をたどると砂漠で暮らしていました。


気温が高い地域は食べ物の腐敗が進むのが早いです。


猫は気温の高い地域に生息していた関係で生臭くてツンと鼻につく匂いに敏感です。


酸っぱい匂いを放っている食料は食中毒の原因になることがあります。


つまり猫は生きるために身につけた知恵がツンと鼻につく匂いを嫌う理由です。

猫のしつけ用のレモンスプレーの作り方を紹介!

レモンスプレーは主に猫のしつけに使います。


レモンの匂いが嫌いな猫にはレモンスプレーを用意してしつけに使うと効果があります


猫のしつけをしようと叩いたりしても効果はありませんし、良くないので止めましょう。


特にレモンスプレーが効果的なのは

  • 爪とぎ
  • トイレ

です。


家の中で爪とぎをされてしまって困っている人や猫がトイレではない場所で用を足してしまって悩んでいる人は試してみてください。


スプレーは簡単につくれます。


500mlくらいのお水に大さじ1杯のお酢を混ぜてください。


以上で完成です。


レモンスプレーは霧吹きに入れて使うのがおすすめです。


お酢の他にもレモン汁やオレンジ汁、グレープフルーツ汁でも効果が期待できます。


またハッカも猫は苦手なので代替品になります。


自宅にあるものやスーパーで安く売っているもので十分、効果はあります。


猫のしつけに苦戦中の人は一度、トライしてみてください。

もし猫がレモンを食べて中毒を起こしたら?ペット保険も紹介!

もしも猫がレモンを食べてしまい、中毒を引き起こしてしまったときの対処法も紹介します。


猫が誤って食べた場合、まずは落ち着いて様子をみましょう。


ただし痙攣などの酷い症状があるときはすぐに病院に連れて行きましょう。


症状が悪化してしまったり改善の兆しがみえないときもできるだけ早めに動物病院に連れて行って専門家の診察を受けてください。


そのときにいつ、何をどれくらい食べてしまったのかをできるだけ正確に獣医に伝えると対応しやすいです。


また万が一に備えて誤飲やアレルギー、中毒を引き起こしてしまった場合に保障してくれるペット保険に入っておくと安心です。


MOFFMEでは他にもペットに関する記事を多数取り揃えていますので参考にしてください。

まとめ:猫にレモンを与えてはダメ!

レモンの皮が猫の健康に影響する理由を説明しました。


ポイントをまとめると

  • レモンの皮に含まれるリモネンとソラレンが下痢・嘔吐などを引き起こす
  • レモングラスは安全だが、エッセンシャルオイルは危険なので注意しよう
  • レモン汁や果肉は少量なら与えても良い
  • エサに混ぜて与えよう
  • レモンの匂いは猫にとったら腐った匂いだと感じてしまう
  • レモンスプレーはしつけに効果がある
  • 食べてしまったときのためにペット保険に加入しよう

でした。


皮の部分は猫には本当に危険です。


万が一のときは病院で専門家に処置をしてもらう必要があります。


そうならないために飼い主が意識して気をつけてください。


MOFFMEでは他にもペットに関する記事がたくさんありますので参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング