猫にブロッコリーをあげても大丈夫?与え方や注意点について解説!

猫の中にはブロッコリーを好むものも少なくなくありませんがブロッコリーはあげても大丈夫な野菜です。しかし中には猫の調子を悪くしてしまうあげ方もあるので注意が必要です。今回の記事では、猫に適したブロッコリーの調理法や量、与え方の注意点などに関して解説していきます!

猫にブロッコリーあげても大丈夫!

猫は肉食で基本的には、野菜や果物は与えなくてもよい動物になります。


しかし、飼い主などがブロッコリーを食べている際に欲しがった場合、与えてもよいのでしょうか。


栄養価が高く人間にとって体によい野菜として知られているブロッコリーは、猫に対して毒性のある成分や物質は含まれておらず、与えても大丈夫な食べ物です。


このように、猫に与えることができるブロッコリーですが、この他にもメリット、またはデメリットはあるのでしょうか。


ここからは

  • ブロッコリーを与える際の効能とは?
  • 知って安心!適切なブロッコリーの与え方
  • 与える際の注意点とは?

を解説していきます。


ブロッコリーを安心して与えられるように詳しくご紹介していきます。ぜひ最後までご覧下さい。

ブロッコリーの効能

ブロッコリーに含まれる栄養素とは、どのようものなのでしょう。また、猫によい効能はあるのでしょうか。


含まれる主な成分

(引用元:食品成分データhttps://fooddb.mext.go.jp/history.pl)

  • ビタミンC:体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンであるたんぱく質をつくる
  • ビタミンE:抗酸化作用による体内の脂質の酸化を防ぎ体を守る働きがある
  • βカロテン:抗酸化作用および免疫賦活作用などの働きがある
  • グルコシノレート:この成分は消化されるとイソチオシアネートに変化する
  • イソチオシアネート:強力な抗酸化作用と殺菌作用がある

猫に与えるメリット

  • 抗酸化作用と殺菌作用がある
  • 老化の防止作用がある
  • 肝臓の解毒機能を活発にする働きがある
  • 体内の老廃物や有毒物質の排出を促す抗ガン作用がある
  • 便秘の解消
  • 貧血の予防

この他にも、体の発育に重要とされる葉酸や、猫にも病状として現れる鉄欠乏性貧血に効果的な鉄分も含くまれています。また、鉄の吸収を高めてくれるビタミンCも含まれており、適量であれば貧血の症状がある場合にもおすすめでしょう。


このように、豊富な栄養素と多くのメリットがあります。

ブロッコリーの適切な与え方


猫は、肉食動物なので動物性タンパク質の消化や吸収することは得意ですが、野菜や果物などを分解する酵素はあまりもってはいません。


そのため、生のままを大量を与え過ぎると消化不良や下痢などを起こす場合がでてきます。


それでは、ブロッコリーを与える量とは、どのくらいがよいのでしょうか。年齢や個体によっても与えてよい量も違ってきます。


また、芯などが固い野菜ですが、人間と食べる同じ茹で加減のものを与えても大丈夫なのでしょうか。


そこで、ここからはブロッコリーの調理法と、与える際の適切な量をご紹介いたします。

ブロッコリーの調理法

調理方次第でさまざまな固さになりますが、猫に与える際は固すぎない方がよいでしょう。


そこで猫が食べやすくなる調理法には、いくつかの注意点があります。


生の場合

  • 3cm程度の小さい部分をひとかけら
  • 固いので消化しやすいように細かく刻むようにする

茹でる場合

  • 3cm程度の小さい部分をひとかけら茹でる
  • この場合には、なかに含まれているビタミンが水中に溶けだしてしまうので固さを確認しながら短時間で茹で上げる

電子レンジを使って加熱する場合

  • 3cm程度の小さい部分をひとかけらレンジで加熱する
  • 固くなりすぎない程度に加熱時間を調節する

家庭用に調理した場合は、猫用に更にひと手間かけて固さ調節をしてあげるとよいでしょう。


また、細かく刻んだものをそのまま与えてもよいですが、普段の手作り料理に混ぜたりトッピングにしてもよいでしょう。

適切なブロッコリーの量

ブロッコリーは食べ過ぎたり、多くの量を与えることで消化不良などを起こしてしまいます。


それでは適切な量とは、どのくらいなのでしょうか。また、年齢などにより与えてよい量が異なりますので、以下を参考にしてください。


生後12ヶ月未満の子猫の場合

  • 消化器官がまだ未発達なため、あまり与えない方がよい
  • 多くの量を摂取すると、アレルギーを引き起こす場合もある

生後12ヶ月以上~7歳までの成猫の場合

  • 茹でて細かく刻んだものを小さじ1杯程度がよいとされている
  • 生の状態のものは繊維も多く非常に固いので、そのまま与えてしまうと喉に引っかかり窒息する危険性がある
  • 与える場合は必ず加熱して柔らかくする

7歳以上の老猫の場合

  • 消化器官が弱っているので、あまり与えない方がよい
  • 甲状腺の機能を低下させる成分であるゴイトリンが微量であるが含まれており、とくに老猫には与える際は注意が必要である

このように、さまざまな危険性もでてくるため年齢と与える量には気をつけましょう。

ブロッコリーの葉や茎は食べられる?

店頭には、葉付きで販売されているものもありますが、この葉を猫が食べても大丈夫なのでしょうか。また、固い茎は与えてもよいのでしょうか。


ブロッコリーの葉には、蕾を超えるポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用や有害物質である活性酸素を害のない物質に変える作用が期待できる成分であり、また、ビタミンC、ビタミンK、葉酸といった蕾の栄養も含まれています。


このように、体の酸化を抑える抗酸化作用成分が多く含まれる葉ですが、外葉は農薬が残っている恐れもあるため、猫に与える際はできるだけ内葉だけを与えるようにしましょう。


また、茎はとても固いため、皮を剥いて茹で上げて、与えてあげるとよいでしょう。茎は茹で上がると皮と芯の境となるところが見えてきます。皮を剥き、細かく切って与えてあげるとよいでしょう。

猫にブロッコリーを与える際の注意点


このように、与える際には多くのメリットがありましたが、注意する点とはどのようなことなのでしょう。

動物が野菜や果物を摂取した場合、アレルギーを引き起こしたり与えすぎにて病気を発症したりする場合があります。

また、ブロッコリーと同品種のカリフラワーやブロッコリースプラウトは与えて大丈夫なのでしょうか。

ここからは
  • アレルギーを持っていないか注意しよう!
  • 甲状腺機能が低下したり結石ができる可能性
  • 与えてはだめ?ブロッコリースプラウトやカリフラワー
をくわしく解説していきます

子猫のときなど、特に注意が必要になりますのでしっかりと確認していきましょう。

アレルギーを持っていないか注意する


食物アレルギーは生まれつきの体質による先天性と後から発症する後天性があります。


アレルギーをもっている場合や、またはブロッコリーに対してアレルギーをもっている場合もあります。


初めて、与える際には、万が一、下痢や吐くなどの症状が出た場合を考えて、猫の様子をよく観察しながら少しずつ与えた方がよいでしょう。


主なアレルギー症状とは

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 目の充血
  • 元気がなくなる

などのことが挙げられます。


症状の中には下痢なども含まれていますが、必ずしもアレルギーが原因ではない場合もあります。


また、食べさせた後に、その後の様子を観察することができない場合には食べさせる機会をずらした方がよいでしょう。


そして、与えたときに異変を感じたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。


その際には、どのようにどのくらい与えたかをメモなどに残しておくと獣医師に伝えやすくなります。

与えすぎると甲状腺機能が低下したり結石ができる可能性がある

ブロッコリーには、与えすぎると甲状腺機能が低下してしまう成分や、結石ができる可能性がある場合もあります。


それでは、どのような成分が機能低下結石などに繋がってしまうのでしょうか。


与えすぎるに注意する成分は


【ゴイトロゲン】

  • 甲状腺ホルモンの合成を阻害し、甲状腺の機能を低下させる物質の総称である

含まれる量は少ないため過剰に気を遣う必要はありませんが、甲状腺機能が低下した高齢の猫や、または、甲状腺疾患を持つ場合は、機能低下を強めるおそれがありますので、与えない方がよいでしょう。


【シュウ酸

  • シュウ酸が豊富に含まれおり、体内でカルシウムと結びつきシュウ酸カルシウムとなる
  • シュウ酸が結晶化すると腎臓・尿管・膀胱・尿道の中で結石となり、結晶が尿管や尿道に詰まってしまうため排尿ができず腎臓の機能が停止し、腎不全になる

少量であればメリットも多く問題はない野菜ですが、必要以上に与えることで猫の体調を悪くすることになってしまいます。

ブロッコリースプラウトやカリフラワーは避ける

スプラウトとは、英語で植物の新芽という意味になり、ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの新芽のことを言います。スプラウトの中には、成長した野菜よりも栄養価が高いものもあります。


また、カリフラワーはビタミンCやカリウムが豊富な野菜になります。


しかし、ブロッコリースプラウトやカリフラワーを与えた際、炎症や嘔吐などを引き起こしてしまう場合があります。


それでは、どのような症状を伴うのでしょうか。


ブロッコリースプラウトを摂取した場合

  • スルフォラファンという成分濃度が普通のブロッコリーの20倍も含まれており、このスルフォラファンは、イソチオシアネートの一種で、猫が食べると胃を刺激して炎症や嘔吐を引き起こしてしまいます。

カリフラワーを摂取した場合
  • ブロッコリーと同じくアブラナ科の野菜で、与えすぎると甲状腺の機能が低下したり、尿道結石のリスクが高まる場合があります。
  • また、アリルプロピルジスルフィドいう成分が含まれており、定期的に多く与えた場合、赤血球を破壊してしまうので危険です。

ブロッコリースプラウトは、摂取した際の症状を考えた場合、与えることは避けたほうがよいでしょう。


また、カリフラワーは与える量に十分注意する必要があります。

まとめ:ブロッコリーは適切な量ならあげても大丈夫!

いかがだったでしょうか。適切な量であればメリットもあり、ブロッコリーを猫に与えても大丈夫でした。


しかし、このように含まれる成分によっては、人間にはメリットとなる場合があっても、猫のような動物にはデメリットとなる場合もあります。そしてさまざまな注意点もあることが分かりました。


この記事のポイントは

  • 猫にもあるブロッコリーの効能
  • 安心・安全なブロッコリーの与え方
  • 与える際の注意点の重要性

でした。


飼い猫の体に合った総合栄養食としてのキャットフードを継続している場合は、すすんで野菜や果物などは与える必要はないといえます。


しかし、適量を守って上手に活用すれば、食事によって飼い主との絆を強くする大切な時間をつくることができます。


共に長く楽しい時間を過ごすためにも、愛猫の健康維持を行っていきましょう。


ほけんROOMでは、この他にもペットやペット保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧下さい。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • ピーナッツは猫が食べても大丈夫?与え方や注意点について解説!
  • 猫は白米(お米)を食べても大丈夫?与え方や注意点について解説!
  • 猫にとうもろこしをあげても大丈夫?与え方や注意点について解説!
  • 猫に生姜を与えても大丈夫?生姜の与え方と与える際の注意点を解説!
  • 猫に生肉を食べさせても大丈夫?正しい与え方と注意点を解説!
  • キウイは猫に与えても大丈夫?食べられる理由と注意点を解説!
  • バナナは猫が食べても大丈夫な果物!バナナの効果や与え方を紹介
  • 猫はトマトを食べられる?食べ方の注意点や適切な与え方を解説!
  • 猫に豆乳をあげても大丈夫?栄養や与える際の注意点を解説!
  • 猫はあんこを食べることができる?与え方の注意点や効果を解説!