リスの性格や特徴は?購入方法や選ぶ際のポイントなど徹底解説!

リスの性格や特徴は?購入方法や選ぶ際のポイントなど徹底解説!-サムネイル画像

つぶらな瞳とふさふさな尻尾が魅力的なリス。ペットとして飼ってみたいと思う方も多いはずです。そこで今回はリスの性格や特徴、購入方法や選び方など飼育を始める前に知っておきたい情報を紹介します!飼育を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

内容をまとめると

  1. リスの性格は個体差が大きいが、単独行動を好むため多頭飼いはおすすめしない
  2. 赤ちゃんリスを選べば飼い主になつきやすくなる
  3. 病気に備えて若いうちからペット保険に加入することが重要

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

リスの性格や特徴を紹介!ペットに向いている?


口いっぱいに餌をほおばったり、ちょこまかと動き回ったりするリス。愛らしいしぐさにくぎ付けになってしまいますね。

ペットとしての人気も高まっていますが、その性格や特徴は意外と知られていません。

実際に飼ってみてから、リスってこんな性格だったんだ、と後悔したくありませんよね。

買う前に性格や特徴は知っておきましょう。

そこで今回「MOFFME」では、
  • リスの性格や特徴
  • リスの飼いやすさ
  • リスのお迎え・購入方法
  • リスの価格や選び方
  • リスの飼い方のコツ・注意点・しつけ
  • リスの寿命
  • リスのかかりやすい病気
について詳しく解説します。

この記事を読んでいただければ、リスの性格や特徴について理解を深めることができ、飼い始める際の参考になります。

是非最後までご覧ください。

リスの性格は個体によってさまざま!

リスを家族の一員として迎えようと思った時に気になるのが性格や飼いやすさです。


一般的にリスは単独行動をするので、縄張り意識が強い個体が多いです。そのため、同じケージに入れると喧嘩を始める可能性があるので、できるだけ1匹で飼うようにしましょう。


しかしリスにはこれだといったはっきりとした性格はありません。個体によってさまざまな性格を持っているようです。


どのような性格のリスがいるかというと、

  • 人懐っこい
  • 温厚で穏やか
  • 好奇心旺盛

というように、本当に様々な性格の子がいます。


お迎えしたリスの性格に合わせて温かく見守ったり、手に取って一緒に遊んだりと人間の方で対応を変えることが大切です。


ここでは、

  • リスの特徴や飼いやすさ
  • オスとメスの性格や行動の違い
  • リスの歴史について

について詳しく解説します。


リスについて理解を深めて良い関係を築いていきましょう。

リスのの特徴・飼いやすさ

日本ではペットとしても人気の高いリス。どのような特徴があるのでしょうか?


一番馴染があるのは背に5本のラインを持つシマリスですが、実はリスには200以上の種類があります。


大きさは10gほどのものから5㎏を超えるものまでさまざまで、木の上で生活するリスもいれば、地上で生活するリスもいます。


日本で一般的に飼われているシマリスの特徴は、

  • 体長:12〜15cm
  • 体重:80〜130g


基本的に草食で木の実や草、葉っぱなどを食べます


日本でペットとして飼われているのはほとんどがシマリスです。


シマリスの性格は臆病で警戒心が強いですが、赤ちゃんの頃から飼うと人にも良く慣れて手や肩の上に乗ってくることもあります。


大きなスペースも必要なく、鳴き声もそれほど気にならないのでマンションなどでも飼いやすいペットだと言うことができます。


また、以下の記事では人気のリス5種類を紹介しています。気になる方は合わせてお読みください。

オスとメスで性格や行動に違いはある?

リスのオスとメスでは性格や行動の違いはあるのか気になりますね。実は性別の違いというよりは生育環境やもともと持っている個体差の方が大きいようです。


それでもある程度性別による性格の傾向はあるようなのでリスを選ぶ際の参考にしてください。


オス

メスに比べると穏やかだと言われています。しかし、繁殖期には攻撃的な一面も見せ、手を出すと齧られることもあるので注意が必要です。


メス

激しい性格で行動的です。運動能力も高いと言われています。繁殖期には鳴き声を上げるメスもいるようです。


どのような性格かを知るためには店頭でよく行動を観察し、スタッフに話を聞くことが大切です。オスとメスの違いは見た目からは分かりづらいので、必ず専門のスタッフに見分けてもらいましょう。

補足:リスの歴史

リスの歴史を知っていますか?


歴史は古くおよそ3600万年前から生息していると言われています。化石を調べてみると北半球の多くの場所に分布していたようです。


古代ローマ時代にはリスをペットとして飼っていた記録が残っています。


日本では野生かペットのイメージが強いリスですが、ヨーロッパではリスの毛皮が今でも広く用いられています。アメリカでは食用とされることもありました。


日本では昭和40年代にペットとしてシマリスが多くの人に飼われるようになりました。


野生のリスとしては北海道にエゾリスがいますが「鳥獣保護法」により飼うことはできません。


リスは漢字で「栗鼠」と書くこともあります。栗を食べるネズミという意味でつけられたようです。

リスのお迎え・購入方法は?


リスを購入する際のショップ選びも大切です。


特にリスを初めて飼うような場合は、信頼できるショップを探しましょう。購入後も飼い方など専門的なアドバイスしてくれるショップが良いでしょう。


最近では通販でも購入できますが、実物を確認できない上に配送の途中で弱ってしまうこともあるのでできるだけ避けた方がいいでしょう。


ここではリスをお迎えするに際に知っておきたい

  • リスの購入方法
  • リスの価格や選び方

について詳しく紹介します。

リスのお迎え・購入方法

リスはどのように購入すれば良いでしょうか?


まずは購入時期ですが、よく懐かせるためには赤ちゃんの頃から飼い始める必要があります。そのためには赤ちゃんが販売されるに購入するといいでしょう。


購入方法はいくつかありますが主なものを紹介します。


ペットショップ

リスの中でも人気のあるシマリスはペットショップでも販売されています。気軽に立ち寄ってリスを見ることができます。


ブリーダー

専門的な知識を持っているので、購入後もアドバイスがもらえます。地域によっては近くにないこともあります。


里親

里親募集を利用してお迎えすることもできます。有償・無償など条件はさまざまです。口コミやネットの募集サイトで情報を探しましょう。

リスの価格や選ぶ時のポイント

気になるリスの価格ですが、一番人気のシマリスで5000~10000円です。ホワイトシマリスといった珍しい種類のリスになると50000円前後と高額になります。


赤ちゃんリスの方が価格が高くなる傾向があります。生後3か月位のリスが懐きやすいためおすすめです。


リスを選ぶ際のポイントとしては

  • 活発に動くか?
  • 全体的に汚れはないか?
  • 食欲はあるか?
  • 毛並みは良いか?
  • 触ることはできるか?

以上の点をチェックしましょう。


ショップにいる時に人を怖がり逃げてしまうリスは、人になつかない可能性が高いです。お迎えしてからなつかせようとしてもかなり大変です。


リスとスキンシップを取りたい場合はすでに人に慣れているリスを購入したほうがいいでしょう。

リスの飼い方のコツ、注意点、しつけ方を解説!

リスの飼い方のコツ

  • 餌はペレットを中心に1日1回
  • ケージは高さのあるものを
  • 定期的にお掃除

餌はリス用に栄養バランスが整えられたペレットを中心に野菜や果実をあげるといいでしょう。


ケージはリスが十分に動けるように高さのあるものを用意しましょう。中には巣箱、床材、食器、トイレなどを入れます。


ケージ内は定期的に掃除をして清潔を心がけましょう。


注意点

  • 温度管理をしっかりする
  • 人の食べ物はあげない
  • 単頭飼いにする

特に赤ちゃんは体温調節が下手なのでしっかりと保温をしてあげましょう。20度を下回らないようにプラスチックケースで育てたりヒーターを利用したりしましょう。


人の食べ物で中毒を起こすこともあります。


野生でも単独で活動するので多頭飼いをするとケンカをしてけがをすることもあります。


しつけ方

個体差はありますがリスは犬や猫のようなしつけはできないと考えておいた方がいいでしょう


リスに何かを覚えさせるのではなく飼い主がリスに合わる方がうまくいきます。例えばリスが好んでおしっこをする場所にトイレを置いておくとそこでするようになります。

リスの寿命やかかりやすい病気は?ペット保険に加入しよう

ペットを飼おうと思ったら寿命についても気になりますよね。リスの寿命はどれくらいなのでしょうか?


リスの寿命は約10年と言われています


実際はもっと早く死んでしまうことも多いので、10年一緒にいられるように大切に飼育しましょう。


長生きさせるためには栄養バランスの整った餌を与えることが大切です。ひまわりの種は喜んでよく食べますが脂質が多いので与え過ぎに注意しましょう。


また、運動不足になるとストレスをためこんでしまいます。十分に運動できるよう広めのケージやおもちゃなどを用意しましょう。

リスのかかりやすい病気を紹介!

リスを飼い始めたら寿命やかかりやすい病気についても知っておく必要があります。

小動物は病気の症状が早く進行し、あっという間に死んでしまうこともあるので早めの対処が大切です。

不正咬合

かみ合わせが悪く歯が正常でない方向へ伸びてしまう病気です。口の中を切ってしまったり、物が食べられなくなったりすることもあります。

完治の方法はなく歯が伸びてきたらその都度病院で切るという対応をします。

カゼ

原因はさまざまですが、人間と同じように咳やくしゃみ、鼻水などの症状が出ます。季節の変わり目などにかかりやすいので、温度管理に注意しましょう。


くる病

動かなくなるとくる病の疑いがあります。原因は栄養バランスの崩れで、栄養の投与などで治療します。


日頃から栄養バランスの良い餌を与えることと、日光浴をしてビタミンDの生成を促すことで予防できます。


また、リスから人間に病気がうつることもあります。


徳島保健所のサイトに動物からうつる病気について詳しく記載されているので、一度チェックしてみましょう。

リスが加入できるペット保険を紹介!

リスは正しい飼い方をすれば10年近く生きますが、5年を過ぎたあたりから老化症状が見られるようになります。


そうなると病気にもなりやすくなり、動物病院に通う機会も増えてきます。


また、病院にかかった際ペットには公的な保険がないため治療費は100%自己負担です。思った以上に治療費がかかることもあります。


万が一に備えてペット保険に加入することをおすすめします


リスが若いうちに加入した方が、保険料は安くなりますし、病気になってからでは加入できない可能性もあります。


ペット保険に加入していれば一定の割合で治療費の負担が軽減されるため、治療に専念することができます。


リスのペット保険については以下の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください!

リスの性格や特徴のまとめ

ここまでリスの性格や特徴について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは

  • リスの性格や特徴は個体によってさまざま
  • リスの性格の違いは性別よりも個体差が大きい
  • シマリスの価格は5000~10000円
  • リスの平均寿命は約10年
  • かかりやすい病気は不正咬合・カゼなど
  • リスが加入できるペット保険に早めに加入することがおすすめ

でした。


リスを抱っこしたり肩に載せたりすることに憧れて、飼いたいと思うこともあるかもしれません。


手乗りのリスにするためには小さい頃から飼い始めて慣れさせる必要があります。赤ちゃんのリスが販売される春を狙ってお迎えしましょう。


人に慣れない場合でもしぐさがかわいらしいリスは、見ているだけで癒されるかけがえのない存在となるでしょう。


万が一に備えてペット保険に加入することも大切です。


MOFFMEでは他にも読んでおきたいペット保険に関する記事が多数掲載されていますので、合わせてお読みください。

ランキング