ぺットライフジャパンの評判は?メリットデメリットも徹底解説!

ぺットライフジャパンの評判は?メリットデメリットも徹底解説!-サムネイル画像

ペット保険を選んでいる方は種類の多さにどこが良いのか悩んでしまいますよね。今回はペット保険の一つぺットライフジャパンの評判口コミやメリットデメリットを紹介します。また、保険料や補償内容の特徴、ペット保険の必要性いついても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

ぺットライフジャパンの評判や補償内容の特徴を紹介!

ペット保険に加入したいけれど、どのペット保険がいいのか分からない、という方は多いと思います。意外なほど種類が豊富にあるため、選ぶのに苦労するのではないでしょうか。


そんな中でも、ぺットライフジャパンが気になっている方もいるかと思います。どのような補償内容のペット保険なのでしょうか?


また、ペット保険を選ぶときに、評判や口コミを参考にする方もいるかと思います。事前にペット保険の評判や口コミが分かれば、自分に合っているかどうか分かりますよね。


では、ぺットライフジャパンの評判はどうなのでしょうか?


ここでは、

  • ぺットライフジャパンの補償内容
  • 評判やぺットライフジャパンの実際の口コミ
  • メリット・デメリットについて
  • ペット保険は必要なのか?

についてご紹介したいと思います。


この記事をお読みいただければ、ぺットライフジャパンはどの様な補償内容なのか、また、評判や口コミについても詳しくお分かりになるかと思います。実際の評判・口コミもご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

ぺットライフジャパンの補償内容や保険料は?

ぺットライフジャパンでは、

  • サポート55
  • プレミアム70
  • スタンダードプラン
  • スペシャルプラン

4つのプランから選ぶことのできるペット保険となります。


補償内容としては以下のようになります。

補償内容サポート55プレミアム70スタンダードスペシャル
通院1万円/日
20日/年
年間20万円まで
1万円/日
20日/年
年間20万円まで
2千円/日
25日/年
3千円/日
25日/年
入院1万円/1泊
20泊/年
年間20万円まで
1万円/1泊
20泊/年
年間20万円まで
5千円/泊
25泊/年
7,500円/泊
25泊/年
手術10万円/回
2回/年
年間20万円まで
10万円/回
2回/年
年間20万円まで
3万円/回
2回/年
4万5千円/回
2回/年
補償割合55%70%--

サポート55とプレミアム70では補償割合によって補償される額が変わってきます。保険料はペットの年齢によって変わってきます。

一方、スタンダードプラン、スペシャルプランでは月々の掛け金が一定、ペットの年齢が上がっても変わらない、という特徴があります。支払われる保険金額は少なくなりますが、保険料が一定なのは魅力ではないでしょうか。

必見!ぺットライフジャパンの口コミ・評判を紹介

ペット保険を検討する際に、その保険の評判口コミが分かれば選びやすいと感じる方も多いと思います。加入する前にそのペット保険の評判や口コミが知りたいですよね。


ぺットライフジャパンの評判を調べたところ、保険料が安いなどの評判がありましたが、保険料が安い反面貰える保険料が少ない、などの評判もありました。


では、実際の評判や口コミにはどのようなものがあるのでしょうか?実際の口コミ・評判をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

ぺットライフジャパンのメリットとデメリットは?

保険料が安いと評判のぺットライフジャパンですが、メリットデメリットも気になりますよね。メリット・デメリットもペット保険を選ぶときのポイントになるのではないかと思います。


ぺットライフジャパンのメリットには、全国の動物病院で使える、などがあります。


また、デメリットには、日数制限が挙げられるようです。


メリット・デメリットについてそれぞれ詳しくご紹介します。

全国の動物病院で補償適用!?ぺットライフジャパンのメリットとは

ぺットライフジャパンのメリットとしては、

  • 全国の動物病院で利用できる
  • 犬猫以外のペット保険も取り扱っている
  • 掛け金が一律のプランがある

などが挙げられます。


ぺットライフジャパンは全国どこの動物病院でも補償対象となります。請求方法は後日請求方式のみになりますが、どこの病院でも利用できるため心強いのではないでしょうか。


犬・猫のペット保険を取り扱っている保険会社は多いのですが、それ以外の動物のペット保険を取り扱っている保険会社は貴重です。ぺットライフジャパンではうさぎもペット保険に加入する事ができるため、メリットとなります。


また、保険料が一律なのも大きなメリットとなります。ペット保険はペットの年齢が上がると保険料が上がり、高齢になるとかなり高額な保険料となってしまう場合もあります。しかし、ぺットライフジャパンでは保険料が一律なプランを選ぶことができるため、将来設計がしやすくメリットとなります。

通院入院の日数制限がある?ぺットライフジャパンのデメリットとは

ぺットライフジャパンのデメリットとしては、

  • 日数制限がある
  • 窓口清算ができない
  • 保険料が一律のプランは保険金が少ない

などが挙げられます。


ぺットライフジャパンでは通院や入院などに日数の制限が設けられているため、支払う保険金額によっては、年間限度額に到達する前に支払いが終了してしまう場合もあります。慢性的な病気で通院が長期に渡ってしまう場合も、途中から補償を受けられなくなってしまう事もあるため、デメリットとなります。


また、全国どこの動物病院でも補償を受けることはできますが、窓口清算には対応していないため、手続きが手間に感じてしまう方もいるかもしれません。また、入院・手術の場合は診断書の提出も必要となるため、保険金受取手続きに手間がかかるというデメリットがあります。


保険料が一律のプランが選べることはメリットですが、支払われる保険金額が少額というデメリットにもなります。ただし、少ない保険金でいざというときのお守りとしては、かなり良いペット保険なのではという感じはします。

ペット保険に加入するべき?保険の必要性を解説!

ペット保険が本当に必要なのか、ペット保険検討中に考えたことのある方もいるのではないでしょうか。


ペットを飼ったことのない方は、ペットの病気などの治療費がどれくらいかかるのか分からない方も多いと思います。


犬のよくかかる病気として、外耳炎があり、外耳炎は1度の通院で3,000円程の治療費がかかります。これくらいなら特に問題はないかもしれませんが、ミニチュアダックスの良くなる椎間板ヘルニアや、小型犬に多い膝蓋骨脱臼などは治療費として20~30万円かかる場合もあります。


また、怪我などで手術が必要な場合も10~30万円程かかることもあり、思っていたよりも高額な治療費に驚く方もいるのではないでしょうか。


ペットの医療は進歩してきているため、その治療費も高額となってしまう事が多くあります。万一のためにもペット保険に加入しておくと、負担を減らすことが出来て安心となります。

まとめ

いかがでしたか?ここではぺットライフジャパンの補償内容や評判についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • ぺットライフジャパンは4つのプランから成り、全て通院・入院・手術を補償してくれる
  • 保険料が定額なプランがあるのが特徴
  • 保険料が安いという評判もある
  • メリットとしては保険料が一律のプランが選べるところ
  • デメリットとしては日数制限があること
  • ペット保険は万一の時に備えて加入しておくと安心

になります。


ぺットライフジャパンは保険料が上がらないタイプの保険が選べる珍しいペット保険になります。定額の場合、補償される金額も少なめに設定してあるため、しっかりと確認してから加入するようにしましょう。


また、評判や口コミも選ぶ際のポイントとなります。評判や口コミを確認して、自分に合っているのか、ペットに合っているのかを確認してから加入することをおすすめします。


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング