ペティーナの評判は?補償内容やメリット・デメリットを徹底解説!

ペティーナの評判は?補償内容やメリット・デメリットを徹底解説!-サムネイル画像

ペットを飼っているけどペット保険に加入していないという方も多いですよね。ペットの万が一の時に加入していると安心です。そこで今回はペティーナの評判や補償内容について詳しく解説します。またメリットデメリットや保険料の割引制度、ペット保険の必要性も紹介します。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ペティーナの評判は?口コミやメリット・デメリットを紹介

ペットを飼うことになったのでペット保険を検討しているという方がいるかと思いますが、ペット保険には数多くの商品があるので選ぶのに悩んでしまいますよね。


今回は数あるペット保険の中でペティーナについて詳しく解説します。


この記事で紹介するのは、

  • ペティーナの補償内容、特徴
  • ペティーナの口コミ・評判
  • ペティーナのメリット・デメリット
です。

またペット保険の必要性についても解説しますので、ペット保険の加入を検討している方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

割引制度が充実?ペティーナの補償内容や特徴を徹底解説!

ペティーナのペット保険はどのような補償内容なのかをご紹介します。


基本情報は以下のようになります。


対象動物犬・猫
新規加入できる年齢生後2ヵ月~8歳
加入時に必要な書類健康診断書(6歳以上の場合)


ペティーナの特徴は主に

  • 全国の動物病院で利用できる
  • 最大70%補償
  • 給付金がすぐに受け取れる
  • 割引制度が充実している
の4つが挙げられます。

診療明細書などで保険金を請求するシステムなので全国のどの動物病院も対象になります。

また給付金請求に必要な書類を確認次第、15日営業日以内に給付金が支払われます

ペティーナでは
  • 予防割引
  • 多頭割引
  • 去勢・避妊割引
  • 一括払い割引
  • 健康割引
と様々な割引制度があるので嬉しいですね。

他にもたくさんのペット保険があるので、ランキングを見て比較してみてはいかがでしょうか。

ペティーナの評判は?口コミを紹介!


ここでは、実際にペティーナに加入している方の口コミをご紹介します。


特徴や補償内容だけでは本当に良いかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

30代女性

病院に行かなくても健康割引があるので損しない!

飼って2年になる犬がいるのですが、万が一の時のためにペット保険に加入しようと探している時にペティーナを見つけました。あまり大きな病気にかかったことがなく保険を使うことが少なそうなので、保険料が無駄になるのではないかと思っていましたが、この保険は健康割引があるので保険を使わなくても損しないので嬉しいです!

50代男性

限度額がないので大きな手術でも安心できます。

何かあってからでは遅いと思い、飼い始めてすぐにペティーナのペット保険に加入しました。うちの犬は誤飲や骨折など何度か病院にお世話になりましたが、治療費の限度額がないので手術などの大きな治療の時大変助かりました。どの動物病院でも補償が効くのでかかりつけの病院に行くこともでき満足しています。

40代男性

保険適用外ばかりであまり使えない

念のためにペット保険に加入した方が安心ということでこちらに加入しましたが、去勢や歯垢除去、ワクチンなど、病院に行くのはいつも保険適用外ばかりなので、保険料を払っても使えないのでは意味がないと思ってしまいました。ペット保険はもう加入しなくて良いかな。

ペティーナのメリット・デメリットは?


ペティーナにはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。


一番合っているペット保険を見つけるためにご覧ください。

割引制度で保険料が安い?ペティーナのメリットとは

先述しましたが、ペティーナのメリットとして

  • たくさんの割引制度がある
  • 全国どこの動物病院でも利用できる
  • 給付金が支払われるまでが早い
が挙げられます。

ペットが病気や怪我をしない場合は保険料だけ支払って損するのではないかと思いますが、ペティーナでは数多くある割引の中に健康割引というものがあります。

健康割引では、1年間で一度も給付金を請求しなかった場合、継続後の保険料が5%割引かれるので保険を使わなくても損をすることはありません。

また給付金は後から請求するので、申請してからすぐに給付金が支払われるのあ嬉しいですよね。

基本的に申請に必要な書類が確認され次第、15日営業日以内に給付金が支払われるので、安心です。

窓口清算ができない?ペティーナのデメリットとは

それではペティーナにデメリットはあるのでしょうか。


デメリットとしては

  • 窓口清算ができないので申請が面倒
  • 6歳以上は健康診断の結果によっては加入できない場合がある
  • 待機期間がある
の3つが挙げられます。

全国どこの動物病院でも利用できるのはメリットではありますが、一旦自己負担して後から請求するということなので、請求手続きが面倒と感じることがあるかもしれません。

また、6歳以上の場合は健康診断書の提出が必要ですが、診断結果によっては加入できない場合があるので注意しなければなりません。

他にも、新規加入の場合は待機期間が40日あり、その間に怪我や病気で治療をしても補償されないことも考慮する必要があります。

万が一のために加入しておこう!ペット保険は必要なのか


ペットを飼い始めるのでペット保険を探しているという方の中には、本当に必要なのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。


しかし、犬や猫なども人間と同じように病気になったり怪我をします。


人の場合は健康保険に加入しているので、3割程度の負担で治療することができますが、ペットはペット保険に加入していなければ、治療費が全額自己負担となってしまいます。 


軽い風邪などであれば、治療費もそこまで高くなく自己負担で支払え場合もありますが、大きな病気や怪我の場合、手術や通院が必要になる可能性も十分にあります。


手術が必要な場合は治療費もかなり高額になり、入院や通院の費用を含めると30万円以上かかることも少なくありません


このように、万が一の時にまとまったお金を用意することができないという場合はペット保険に加入していれば安心ですね。

まとめ

今回はペティーナの補償内容や口コミ、メリットデメリットについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。


この記事でのポイントは

  • ペティーナは割引制度が充実している
  • 給付金の振込は早いが申請手続きが面倒
  • 健康診断の結果によっては加入できない場合がある
  • 高額な治療費に備えるためにペット保険は必要
です。

実際に加入している人の口コミをみると参考にしやすいので、ペット保険の加入を検討している方やペットを飼っているがペット保険に加入していないという方は、ぜひこの記事を参考にして最適なペット保険を探してみてはいかがでしょうか。

MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング