アメリカンショートヘアの平均・最高寿命は?長生きのコツ等も解説!

アメリカンショートヘアの平均寿命は12〜13歳で他の猫より平均寿命が短いです。この記事ではアメリカンショートヘアの平均寿命や最高寿命、人間の年齢への換算、かかりやすい病気や治療法・治療費、長生きのコツなどを紹介しています。本記事を見て理解を深めましょう。

アメリカンショートヘアの平均・最高寿命は?長生きさせるコツも解説!

体の模様が特徴的なアメリカンショートヘアは、愛らしい見た目で活発でやんちゃな性格をしており、すでに飼っている人やこれから飼ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。


また、もし飼うとなったらアメリカンショートヘアの寿命やかかりやすい病気などについて知りたいですよね?


そこで今回は、

  • アメリカンショートヘアの寿命
  • かかりやすい病気と治療法について
  • 長生きしてもらうためのコツ
  • アメリカンショートヘアのペット保険
について解説します。

この記事を読んでいただければ、アメリカンショートヘアの寿命や長生きさせるコツについて理解することができます。

ぜひ、最後までご覧ください。

アメリカンショートヘアの平均寿命は12〜13歳!最高寿命は?

アメリカ産のアメリカンショートヘアはしっかりとした体つきが特徴ですが、どのくらい生きるのかご存じですか?


どのくらい一緒に過ごせるかは、飼育する上でとても大切なことですよね。


こちらでは、

  • アメリカンショートヘアの平均寿命
  • アメリカンショートヘアの最高寿命は何歳?
  • アメリカンショートヘアの年齢を人間の年齢に換算すると?
についてご紹介します。

アメリカンショートヘアの平均寿命は12~13歳です

アメリカンショートヘアの平均寿命は、12~13歳といわれています。


また、猫全体での平均寿命は14年~15年といわれていますので、他の猫よりも少し寿命は短いです。


しかし、飼育する環境や食事、猫が持っている生命力などで寿命は大きく変わります。


長生きしてもらうためには、普段から健康に気を付けたり、快適に過ごせる環境を提供することが大切です。


また、平均寿命を知っておくことでいつからが成猫で、いつからが高齢猫なのかなどの目安にすることができます。

アメリカンショートヘアの最高寿命は?22歳?

ギネス記録などの正確な情報ではなく口コミによるものですが、日本で飼われていたアメリカンショートヘア最高寿命は22歳だそうです。


また、平均寿命が12歳~13歳といわれていますので、そこから10年も長生きしていることになります。


大切な愛猫が平均寿命よりも10年長く生きてくれたら、とても嬉しいですよね。

【アメリカンショートヘアの年齢換算表】人間でいうと何歳?

アメリカンショートヘアの年齢を人間の年齢に換算した場合、何歳になるのかについて紹介します。


猫にとっての1年間は、人間にとっての1年間とは違い何倍ものスピードで年を重ねていきます。


ここでは、人間の年齢に換算した場合に何歳になるのか、表で紹介します。

猫の年齢人間に換算した年齢
1歳20~21歳
2歳27歳
3歳33歳
4歳39歳
5歳45歳
6歳50歳
7歳55歳
8歳60歳
9歳65歳
10歳70歳
11歳74歳
12歳78歳
13歳82歳
14歳86歳
15歳90歳
16歳93歳
17歳96歳
18歳99歳
19歳102歳
20歳105歳

そのため、19歳になる頃には100歳を超えます。


アメリカンショートヘアは、成長段階を以下の5つに分類できます。

  • 幼少期(1歳まで)
  • 成人期(1歳~5歳)
  • 中高年期(6歳~10歳)
  • 高齢期(11歳~15歳)
  • 老齢期(16歳以降)
成長段階を知っておくことでより人間ではどれくらいの年齢層になるのか把握しやすいかと思います。

また、老齢期まで長生きしてもらうためにも、健康管理には気を付けて限りある時間を大切にしたいですね。

アメリカンショートヘアがかかりやすい病気やその治療法・治療費は?

寿命を伸ばすためには、飼い主による健康状態の把握や定期的な健康診断が大切になります。


また、アメリカンショートヘアを飼育する上で、かかりやすい病気について詳しく知っておきたいですよね。


かかりやすい病気の原因や症状を知っておくことで、様子がおかしいときにすぐ対応できます。


ここでは、アメリカンショートヘアがかかりやすい5つの病気について解説します。


また、治療方法やおおまかな費用についてもご紹介しますのでぜひご覧ください。

病気と治療法①:尿石症

尿石症は、おしっこの通り道の腎臓、膀胱、尿道などに結石や結晶ができて尿道につまってしまう病気です。


原因

  • おしっこのpH値のバランスが崩れる
  • マグネシウム、リン、カルシウムなどのミネラル成分が尿中に増えすぎる
  • 水を普段からあまり飲まない
尿石症は尿中のpH値のバランスが崩れることによって起こりやすく、通常は中性を保っていますが、酸性やアルカリ性に傾くことによって結石ができやすくなります。

尿石症にはいくつか種類があり、よくある結石症としては
  • ストルバイト結石
  • シュウ酸カルシウム結石
があります。

ストルバイト結石は尿中のpH値がアルカリ性に傾くことでできやすく、シュウ酸カルシウム結石は酸性に傾くことでできやすいです。

症状

  • トイレに行く回数が増える
  • 血尿
  • トイレに行くのにおしっこが出ない
何回もトイレに行ったり、血尿が出始めたら早めに動物病院に連れて行きましょう。

結石でおしっこが詰まって数日で死に至る怖い病気なので、早期発見が大切です。

治療方法

  • カテーテル洗浄
  • 手術
  • 療法食
結石ではなく尿管を通らない尿石がある場合は手術で取り除きます。

カテーテル洗浄や手術で結石や尿石を取り除いた後は薬や療法食でpH値を中性に戻す治療をします。

治療費

  • カテーテル洗浄の場合:1万円以上
  • 手術の場合:10万円以上
症状の重さによって価格は大きく変わります。

病名と治療法②:脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、体に常在しているありふれた菌であるマラセチアが異常に増えることによって起こる皮膚炎です。


原因

  • 食生活
  • アレルギー
  • ホルモンの異常
原因はさまざまですが、何かがきっかけでマラセチア菌が異常に増えることが大きな原因です。

症状

  • 体をかゆがる
  • フケがたくさん出る
  • 体がべたつく
  • カビっぽい独特の体臭がする
体を掻くことによって皮膚が赤くなったり脱毛し、ひどく掻きすぎた場合そこから炎症を起こすことがあります。

治療方法

  • 内服薬
  • 専用のシャンプー
  • 療法食
かゆみを抑えるために内服薬の使用と、専用シャンプーで皮膚の状態を整えます。

治療費

  • 治療費:5,000円以上
症状のひどさや病院に通う頻度によって治療費は異なります。

病名と治療法③:糖尿病

糖尿病は、血液内の糖分を吸収する働きをしているインスリンというホルモンが不足したり、体が反応しないことによって起こる病気です。


原因

  • 肥満
  • 食事
  • 年齢によるもの
肥満になることで糖尿病になる確率はぐんと上がるため、食事管理はとても大切です。

症状

  • 多飲多尿
  • 食べているのに痩せてくる
  • 元気がなくなる
  • 嘔吐
初期の段階ではよく食べて元気そうに見えますが、徐々に痩せてきて最終的には食欲不振になったりぐったりしてきます。

治療方法

  • インスリンの注射
  • 療法食
不足しているインスリンを注射によって補います。

また、普段の食事から糖質を制限した糖尿病用の療法食に切り替えます。

治療費

  • 治療費:毎月3万円以上
インスリン注射は毎日打ち、食事も糖尿病専用の療法食になるため1か月にかかる費用は高くなり、完治も難しい病気です。

病名と治療法④:肥大型心筋症

肥大型心筋症は、心臓の筋肉が分厚くなることによって起こる心臓病です。


原因

  • 高齢によるもの
  • 遺伝
この病気にかかりやすい品種が決まっていることから遺伝の可能性も高いといわれていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

また、高齢になってから発症することが多いです。

症状

  • 食欲がなくなる
  • 舌が紫色になる(チアノーゼ)
  • 口を開けて呼吸する
初期段階では心臓に雑音が聞こえる程度で元気そうに見えますが、徐々に症状が進行して咳や苦しそうなそぶりを見せ、最終的には死に至ってしまう怖い病気です。

治療方法

  • 内服薬
  • 手術
  • 療法食
初期段階では内服薬だけで治療が可能ですが、血栓ができた場合などは手術が行われることもあります。

治療費

  • 内服薬のみの場合:月5000円以上
  • 手術の場合:20万円以上かかることもある
また、難しい手術のため費用は高くなる傾向にあります。

病名と治療法⑤:関節炎

関節炎は、関節に炎症がおこる病気です。


原因

  • 肥満
  • 高齢によるもの
ほとんどの場合は高齢になって起こる場合が多く、年を取ったから動きがゆっくりになったと思っていたら関節炎だった場合などもあるため気付きにくい病気です。

症状

  • ジャンプする機会が減る
  • 普段と違う歩き方をしている
  • 毛づくろいしなくなる
  • 触ると怒る
猫は家具の上やキャットタワーにジャンプして飛び乗ることも多いですが、動きがぎこちなくなり、あまりジャンプしなくなります。

また、触られると痛むため怒ったり、普段聞かないような声で鳴いたりすることもあります。

治療方法

  • 内服薬
  • サプリメント
  • 体重管理(ダイエット)
肥満の場合は関節の負担を減らすためダイエットも必要になります。

治療費

  • 治療費:毎月3000円以上
関節炎は再発することも多いため、継続してサプリメントを飲ませたりする場合もあります。

アメリカンショートヘアを長生きさせる3つのコツ・飼い方を解説!

どんな人でも、大切なペットには長生きしてほしいと考えていると思います。


長生きしてもらうため何かしてあげられることはあるのでしょうか。


こちらでは、アメリカンショートヘアに長生きしてもらうためのコツを3つご紹介します。


また、日々の管理をちょっと変えるだけでも、愛猫が気持ちよく過ごせたりなど長生きに繋がりますのでぜひ実践してみてください。

アメリカンショートヘアの長生きのコツ①:室内で飼うこと

最近では完全室内飼いをしている飼い主さんも増えてきましたが、犬と違い猫では屋外と室内を自由に行き来させている方も少なくありません。


屋外飼育のすべてが悪いわけではありませんが、以下の問題が起こります。

  • 交通事故にあいやすい
  • 他の猫との縄張り争いによるケンカ
  • 感染病にかかりやすい
しばらく帰ってこないと思ったら交通事故にあって亡くなっていたこともよくあると思います。

命が助かったとしても、歩けなくなってしまったり事故の衝撃で植物状態になってしまうなど、猫にとってつらい状況になってしまいます。

また、野良猫との縄張り争いに巻き込まれケガを負ってしまったり、感染症をもらってしまうことも少なくありません。

このようなことから、完全室内飼育の猫の方が長生きする傾向にあることがわかっています。

そのため、猫のためを思うなら、完全室内飼育を強くおすすめします。

また、猫の糞尿問題はご近所トラブルの代表的な問題になっています。

自分の猫はそんなことないと思っていても、ずっと見ているわけではありませんから、知らない場所で排尿排便を済ませていて迷惑をかけているかもしれません。

そういう観点からも完全室内飼育にすることで、トラブルを防ぐことができますよ。

アメリカンショートヘアの長生きのコツ➁:食事管理

体は、食べ物から出来ているといっても過言ではありません。


そのため、食事管理はとても重要です。


特にアメリカンショートヘアは食いしん坊な子が多いため、太りやすいです。


1日に決まった量のキャットフードを与える分には問題ないですが、軽量せずに空になっていたらエサを足すという方も多いのではないでしょうか。


猫も人間と同様に食べたいときにたくさん食べると確実に太ってしまいます。


肥満はさまざまな病気の原因にもなるため、どんなにほしがっても1日の決まった量を与えるようにしてください。


また、キャットフードによって与えてよい1日量は変わりますので、キャットフードの種類を変える場合はその都度パッケージに書いてある与える量を確認してください。


与えているフードは総合栄養食?

キャットフードのパッケージの裏を見た時に、"総合栄養食"と書かれているものもあれば、"一般食"や"療法食"など、実はさまざまな表記があります。


下記の表は、それぞれの表記とその説明になります。

表記目的
総合栄養食そのフードと水のみで健康を維持できる栄養バランスが整っているキャットフード
一般食おかずのようなもので総合栄養食と一緒に与えるべきもの。
これだけでは栄養バランスが偏ってしまう。
療法食主に病院で扱っているフードで、病気の治療や再発予防のために使うキャットフード
スナックおやつ。与えすぎると肥満につながることが多い。

実は一般食と知らずにメインの食事として与えていることも少なくありません。


猫はグルメな仔が多いため一般食も充実して売られており、見た目も総合栄養食とほとんど同じなためパッケージの裏の表記を確認しましょう。


お店によっては総合栄養食と一般食を同じ売り場に並べていることも多いです。


栄養バランス的にも、基本的には総合栄養食と書かれているキャットフードをメインに与えるようにしてください。(療法食の場合は獣医師と相談して与えるようにしてください)

アメリカンショートヘアの長生きのコツ③:定期的な健康診断

長生きしてもらうためには、病気の早期発見が重要です。


早く発見することで治療の負担も軽減でき、費用も抑えられます。


そのためには、日頃から飼い主が健康状態をチェックし、動物病院で定期的な健康診断を受けましょう。


しかし、猫は怖がりな仔が多く、動物病院に行くことはかえってストレスになってしまうこともあるため、年に1度ぐらいがベストでしょう。


また、猫は病気にかかっていて体調が悪くても元気に見えるように振る舞う仔も多いです。


元気そうに見えても、いつもと少しでも違うと思ったら動物病院に相談してください。


ほとんどの病気は初期の段階では症状が無かったり、軽いことが多いため、血液検査などで早期発見することが大切です。


アメリカンショートヘアのペット保険や保険料、補償内容、特約を解説!

最近では、ペット保険に勧められるケースや見かける機会も増えてきました。


ペット保険とは、あらかじめ健康なときに加入しておくことによって、病気になった時に保険会社から医療費の一部を負担してもらえる制度になります。


また、動物医療費は全額負担のため、高額になるケースが多いことから最近では加入している方も増えつつあります。


さらに、ペット保険にはそれぞれの会社やプランの内容によって補償内容が異なります。


補償内容に関してはおおまかにわけて、

  • 手術に特化したプラン(手術とそれに関わった入院のみ補償)
  • 通院・入院・手術全てに対して補償してもらえるプラン
がありますが、ほとんどの会社では全額補償してくれるわけではなく、かかった医療費の一部(50%や70%など、会社によって異なります)を補償してくれるものが多いです。


また、掛け金の基準としましては、

  • 年齢
  • 猫の品種
  • 補償割合(プラン)
  • 保険会社
によって大きく異なります。

参考までに以下の表は、ある保険会社のアメリカンショートヘアの保険料です。

年齢月払い年払い
0歳1,550円17,180円
1歳1,550円17,200円
2歳1,550円17,240円
3歳1,620円17,970円
4歳1,740円19,290円
5歳1,880円20,940円
6歳2,070円22,990円
7歳2,030円25,550円
8歳2,590円28,790円
9歳
2,960円32,900円
10歳3,430円38,160円

上記のプランは通院・手術・入院に対して50%負担してもらえるプランになります。


保険料につきましては、各保険会社によっても異なりますので、色んな保険会社とプランを比較して決めることをおすすめします。


また、ペットには賠償責任特約等の特約をつけることができます。


賠償責任特約とは、飼い猫が他人に対してケガや物を壊したりなどの被害を与えた際に、法律上の損害賠償責任が生じた場合は補償してくれる特約になります。


猫は散歩に行かないため通りすがりの人にケガを起こす心配はありません。


しかし、警戒心が強いため家に誰かが訪問した場合に引っ掻いてしまったりすることもあるため、気になる場合は加入をおすすめします。

まとめ:アメリカンショートヘアの平均・最高寿命や長生き方法について

ここまで、アメリカンショートヘアの平均寿命や長生きの方法などについて解説してきましたが、いかがでしたか。


今回の記事のポイントは、

  • 平均寿命は12~13歳
  • 尿石症や糖尿病などのかかりやすい病気がある
  • 完全室内飼育をすることで寿命は延びる傾向にある
  • 食いしん坊なので肥満に注意する
  • ペツト保険に加入しておくことで医療費の負担を減らせる
でした。

また、ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。

ほけんROOMではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

ランキング