スタンダードプードルの平均寿命は?長生きのコツについても解説!

スタンダードプードルはトイプードルの原型の犬種で、平均寿命は12〜15歳です。大型犬の中では平均的な寿命です。スタンダードプードルには特にかかりやすい病気があるため、毎日の飼い主の方のケアが必要であることや、長生きするためのコツ、飼育法について徹底解説します。

スタンダードプードルの平均寿命は?ギネス最高齢は何歳?

スタンダードプードルは大型犬で様々なカットスタイルがあり、可愛いですよね。


しかし、スタンダードプードルの寿命はどのくらいなのかご存知でしょうか。


また、寿命は遺伝的なものと考えている飼い主も多いと思います。


そこで今回の記事では、

  • スタンダードプードルの寿命
  • スタンダードプードルのかかりやすい病気
  • スタンダードプードルの寿命を伸ばす飼育方法
  • スタンダードプードルのペット保険

について解説します。


この記事を読めば、スタンダードプードルの寿命を伸ばすためにはどうすればよいのかがわかります。


ぜひ、最後までご覧ください。


スタンダードプードルの平均寿命は12〜15歳です

スタンダードプードルの寿命は、遺伝的なものだけではないということをご存知でしょうか。


確かに遺伝子疾患などで亡くなる場合もあるので、遺伝的な部分は大きいものとなります。


しかし、その他の場合は、飼い主の管理によって寿命を伸ばすことができます。


ここでは、

  • スタンダードプードルの平均寿命
  • スタンダードプードルの最高寿命
  • 人間に換算する何歳になるのか
  • シニア期はいつからか

について解説します。

スタンダードプードルの平均寿命は12〜15歳

スタンダードプードルの平均寿命は、12歳~15歳です。 


大型犬の平均寿命は12歳前後なので、比較的寿命の長い犬種です。 


スタンダードプードルのサイズ違いであるトイプードルは長寿な犬ですので、大型になってもその部分は引き継いでいます。 


しかし、体が大きい分内臓に負担がかかりますので、トイプードルよりは寿命が短いです。

スタンダードプードルのギネス最高齢は28歳?

スタンダードプードルにギネス記録の記載はありませんでしたが、最高寿命としてはアメリカで暮らしてる28歳のスタンダードプードルであるといわれています。


また、犬の平均寿命は飼い主の意識向上や獣医師の情報の発信により、徐々に伸びています。


さらに、病気の研究も進んでいるので新しい治療方法も増えてきているため、さらに平均寿命が伸びることが期待されます。

スタンダードプードルの年齢を人間に換算すると?

スタンダードプードルは、人間よりも早いスピードで年をとります。


わかりやすいように人間に換算した表を作成しました。


以下が0歳~10歳までの年齢換算表です。

犬の年齢人間の年齢
1ヶ月赤ちゃん
3ヶ月保育園児
6ヶ月小学生
1歳15歳
2歳24歳
3歳30歳
4歳36歳
5歳42歳
6歳47歳
7歳52歳
8歳56歳
9歳60歳
10歳64歳

参考にしてみてください。


2歳以降は小型犬が1年に4歳ずつ年をとるところ、大型犬であるスタンダードプードルは5.6歳ずつ年をとります。


小型犬よりも年をとるのが早く、あっという間に飼い主の年齢も追い越していきます。


いつまでも子供のような存在ですが、シニアになるのも早いです。


年齢としては、

  • 1歳以前:子犬期
  • 1歳から7歳:成犬期
  • 8歳以降:シニア期

です。

スタンダードプードルのシニア期・高齢期はいつから?

スタンダードプードルのシニア期は、8歳からです。


シニア期から気をつけること

  • 食事管理
  • 運動管理
食事管理

シニアになると歯が衰えて今までの硬いフードを嫌がるペットが多いです。

シニアになっても食事量が落ちないように
  • フードをふやかす
  • ウェットフードに変える
  • 鶏むね肉をボイルしたものをトッピング
など工夫し、食事から栄養が取れるようにしてあげてください。

また、人間の食べ物は犬にとって高カロリーで塩分が多いです。

犬にとっては、味が濃く、自分の食事よりも美味しく感じるため、1度与えるとしつこく欲しがる場合があります。

糖尿病、高血圧、腎臓病の原因になりますので与えないようにしてください。

また、寿命を縮める原因となります。

工夫しても食欲が落ちてしまう場合は、獣医師に相談してみてください。

運動量の落ちるシニアの食事には低カロリーであるシニア用のドッグフードを与えましょう。

運動管理

シニアになると、体の不調が増えて動くのを嫌がるペットも多いです。

無理に運動させるのは痛みが増し、ストレスにもなるので避けてください。

体調の良い日に日光浴をさせてあげてください、日光浴をするだけでも気分転換になります。

また、痴呆による夜鳴きにも効果的です。

自宅では、視覚が衰えて物にぶつかることも多くなりますので、床は整頓し、段差はできるだけフラットにしてあげることで怪我を防げます。

スタンダードプードルがかかりやすい病気やその治療・治療費は?

スタンダードプードルは、大型犬特有の病気にかかる可能性が高いです。


飼い主が気をつけてあげることで、発症を防げる病気もあります。


遺伝子的な問題で発症する病気は予防が難しいですが、早期発見・早期治療をおこなうことで症状を遅らせ、寿命を伸ばすことができます。


そのため、日ごろから健康チェックをおこないましょう。


ここでは、

  • スタンダードプードルがかかりやすい病気
  • 原因はなにか
  • どのような症状がでるのか
  • どういった治療方法があるのか
  • 治療費はどれくらいかかるのか

について解説します。

病名と治療法①:胃捻転

これは、胃捻転とは、胃にガスが溜まることで胃が膨れて(胃拡張)、ねじれてしまう病気です。


また、体が大きく、胸の深い犬種が特に注意が必要な病気です。


原因 

  • 食後の運動 
  • 水のがぶ飲み 
  • 早食い 
  • 1回の食事量が多い 

食生活での予防

  • 食事の1回量を減らし、食事回数を増やす
  • 食後はゆっくりさせる
  • 水を一気に飲ませない
  • 早食い防止の凸凹した食器を使うなどし、早食いを防止する
飼い主が気をつけてあげることで発症率を下げることの出来る病気です。

症状 

  • 吐くものが無いのに吐きそうにする 
  • 苦しそに呼吸する
  • ぐったりしている 
  • お腹が不自然に膨れている 
  • 触ると嫌がる 

食後に苦しそうにしていて、お腹が不自然に膨れていたら胃捻転を疑いましょう。


治療法 

  • 緊急手術 

発症してしまったら出来る限り早く病院に連れて行き処置が必要です。


処置が遅れると最悪な場合、亡くなってしまう病気です。 


食後に様子がおかしい場合はすぐに受診することが大事です。


手術費 

  • 30万~40万程

病名と治療法②:脂腺炎

これは、皮膚を形成して乾燥を防ぐ役目の皮脂を出す線が炎症を起こすことで最終的には機能しなくなってしまう病気です。


原因

  • 遺伝的なもの

また、スタンダードプードルが潜在的にもっている皮膚の遺伝疾患であるといわれています。


症状

  • ふけがでる
  • 脱毛する
  • 皮膚が厚くなり乾燥する
  • 異臭がする
初期症状としては脱毛し、皮膚が乾燥します。

症状が進むと皮膚が臭ってきますので、初期段階ではなかなか気付くことの少ない病気です。

治療方法

  • 薬用シャンプーで定期的なシャンプー
有効的な治療方法はなく、定期的なシャンプーで炎症を抑えて、清潔な状態を保つことが必要です。

治療費

  • シャンプー代:月に2千円~5千円程

病名と治療法③:アジソン病

これは、副腎皮質ホルモンが不足することで発症する病気です


また、腎皮質機能低下症とも呼ばれます。


アジソン病の発症率は、7割がメスであるといわれ、理由は明らかにされていませんが、メスのほうが発症率の高い病気としています。


さらに4歳前後の発症が多いともいわれています。


症状

  • 元気がない
  • 食欲が無い

初期症状ではそれほど大きな症状が出ないので気付くのが遅くなることが多いです。


年でもないのに元気に走り回ることがなくなったなど、飼い主が元気がないと感じることがあれば受診してみることをおすすめします。


治療方法

  • 投薬治療

治療費

  • 月2万~3万円程

スタンダードプードルが長生きする3つのコツ・飼育法を解説!

スタンダードプードルの寿命を伸ばすためには、飼い主がスタンダードプードルの特徴や性格など理解し、適切な管理をする必要があります。


スタンダードプードルにとって出来るだけストレスのない生活ができるように生活環境を整えてあげてください。


ここでは

  • スタンダードプードルの運動管理
  • スタンダードプードルの飼育環境の管理
  • スタンダードプードルの毎日のケア

について解説します。

長生きのコツ①:適度な運動

  • 毎日の散歩
  • 室内運動施設の利用

スタンダードプードルは運動量を多く必要とする犬種です。


毎日2回散歩に連れて行ってあげてください。


また、活発で遊び好きのため、運動不足になるとストレスが溜まります。


雨天や、暑い夏の運動は涼しい室内施設を検討してみてください。


肥満に注意

運動不足になると肥満の原因となります。


肥満は足腰に負担がかかり、関節炎など様々な病気の原因になります。


特に、避妊手術や去勢手術をするとホルモンの影響で太りやすくなります。


肥満にならないよう運動をおこない、必要であれば食事内容も、避妊手術・去勢手術後専用の低カロリーのフードに変更してあげてください。

長生きのコツ②:飼育環境を整える

スタンダードプードルは大型犬です。


大型犬を飼育するためには

  • 頑丈なゲージ
  • 頑丈な散歩道具
  • 相当な費用
  • 広い生活環境

が必要となります。


活発な犬種なので、家でも走ってしまうことがあります。


自宅で滑って怪我をしないように、床には滑り止めを敷いて怪我を防止してください。


大型犬を飼育するということは小型犬の飼育とは違いますので、子供が1人増えたと考えるほうが分かりやすいかと思います。


飼育の費用、かかる時間の負担も多くなります。


スタンダードプードルにとってストレスのない環境を整えてあげてください。

長生きのコツ③:毎日のケア

スタンダードプードルは巻き毛のためすぐに毛玉になってしまいます。


体が大きく、ブラッシングをするのも大変ですが、毎日のブラッシングはスキンシップや健康チェックにもなりますので、ぜひ日課にしてみてください。


シャンプーは月に1回で十分な犬種ですが、特別汚れることがあれば、皮膚炎にならないようにシャンプーをしてあげてください。

スタンダードプードルのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

スタンダードプードルのペット保険についてプランや保険料をご存知でしょうか。


ペット保険加入るためには審査がおこなわれます。


基本的には審査内容は飼い主が申告した内容からになります。


既往症や現在、通院中であっても条件付きで加入できる場合もありますので、申告する際はありのままを申告してください。


嘘が発覚した場合は告知義務違反となり、強制的に契約解除となります。 


今まで支払ってきた保険金の返還もありませんので無駄になってしまいます。 


そのようなことがないよう、申告する際は注意してください。


ペット保険のプラン 

  • 通院・入院・手術をトータルで補償 
  • 通院のみを補償 
  • 手術のみを補償 

補償割合も90%、70%、50%で選択できるようになっている保険会社が多いです。 


保険会社によっても違うので検討中の保険会社に確認が必要です。 


プランや補償割合など飼い主が選ぶことができるので、家庭の負担にならないように加入することが可能です。


ペットショップで勧められた保険に安易に加入せず、ご自身で調べて納得したペット保険に加入するようにしましょう。 


スタンダードプードルのペット保険 


スタンダードプードルは大型犬のプランとして出している保険会社が多いです。


保険会社によっても変わってきますので、保険会社に確認してみてください。


以下が大手保険会社のスタンダードプードルの0歳~10歳までの年間保険料です。  

年齢年間保険料
1歳54,180円
2歳53,460円
3歳52,260円
4歳60,150円
5歳69,130円
6歳78,370円
7歳87,690円
8歳99,310円
9歳116,290円
10歳133,870円

参考にしてみてください。


特約について 


主となる保険内容に無料または有料で付帯することによって、より充実した保険内容にすることができます。 


例としては、ペットが亡くなった場合にかかる葬儀費用をカバーする火葬費用特約や補償期間に無事故だった場合の無事故特約などがあります。 


特に加入しておくと安心なのが賠償責任特約です。


賠償責任特約とは? 


管理下にあるペットが他人またはペットに対して怪我を負わす、または他人の持ち物を破損するなど、そのときの費用や治療費を保険金でカバーをすることができます。 


スタンダードプードルは活発な大型犬です。


少し飛びついただけでも怪我を負わせてしまう可能性があります。


万が一のときのために加入しておくと安心です。


この機会に、ペット保険を検討してみてください。

まとめ:スタンダードプードルの平均寿命や長生きさせるコツについて

ここまでスタンダードプードルの寿命を伸ばすために必要なことや平均寿命について解説してきましたがいかがでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • スタンダードプードルの平均寿命は12~15歳
  • ストレスがかからないような生活環境の整備
  • 病気は早期発見・早期治療を心がける
  • ペット保険を検討する

でした。


病気の早期発見・早期治療で救える命もあります。


しかし、毎日のチェックだけでは内部までのチェックはできません。


そのため、定期的な病院での健康診断を忘れないようにしてください。


また、手術となると一度に多額の出費となります。


万が一のためにペットの命を救うためにも加入しておくと安心です。


ほけんROOMではペット保険に関しての記事を多数公開していますので、ぜひ、参考にしてください。

ランキング