【獣医師監修】ペキニーズの平均・最高寿命は?長生きのコツや飼育方法を徹底解説!

【獣医師監修】ペキニーズの平均・最高寿命は?長生きのコツや飼育方法を徹底解説!-サムネイル画像

ペキニーズ の平均寿命は12〜15歳で、他の小型犬と比べても平均的な寿命です。ペキニーズは健康的で犬種特有の遺伝性疾患が少ないため、飼い主の方の健康管理次第では寿命を平均以上に伸ばしてあげることができます。かかりやすい病気や長生きのコツについても解説します。

ペキニーズの平均・最高寿命は?

ペキニーズという犬種をご存じでしょうか。
ペギニーズはつぶらな瞳で、自由奔放で走りまわるのが特徴の小型犬です。

また、このペギニーズは日本でも人気の犬種で、飼ってみたいと思う人も多いと思います。

もし飼うとなったらどのくらい生きられるのか、気を付けるべき病気は何か気になりませんか?

そこで今回「MOFFME」では
  • ペキニーズの平均寿命は?
  • ペキニーズの注意すべき病気は?
  • 飼い方の注意点やコツは?
これらについて分かりやすく解説します。

この機を読んでいただければ、より深くペキニーズのことを知ることができるでしょう。

最後まで、ぜひご覧ください。

MOFFMEではペット保険のランキングについても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ペキニーズの平均寿命は12〜15歳で、最高齢は18歳!


昔に比べ医療の発達や動物病院増加により犬の平均寿命は延びています。


一般的に小型犬の方が大型犬よりも数年ほど平均寿命が長いといわれていますが、ペギニーズの平均寿命のはどのくらいなのでしょうか。


ここでは、ペキニーズの寿命について取り上げます。

ペキニーズの平均寿命は12〜15歳

ペキニーズの平均寿命は12〜15歳です。


小型犬の平均寿命は13歳前後なので、ほぼ平均的な寿命ですよね。


ペキニーズは犬種特有の先天性の病気も少ないので、飼い方に気を付ければもっと寿命を延びる可能性もあります。

ペキニーズの最高寿命はなんと18歳!

正式な記録ではないですが、ペキニーズの最高寿命はなんと18歳という情報がありました。


犬が15歳まで生きることは珍しくなくなってきましたが、18歳まで生きる例は非常に珍しいです。


このことからも平均寿命は目安であり、個体差にもよりますが、環境を整えれば長生きできる可能性もあります。

ペキニーズの年齢を人間に換算すると?

犬の成長スピードは人間よりもすごく早いです。


具体的に1年間でどのくらい成長するかご存じですか?


生後半年から20歳までのペキニーズの年齢換算表です。

ペキニーズの年齢換算した年齢
生後半年8歳
1歳11歳
2歳23歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳76歳
16歳80歳
17歳84歳
18歳88歳
19歳92歳
20歳96歳

11歳の段階で人間に換算すると60歳の還暦なのですごく成長が早いのが分かりますよね。


2歳まで成長スピードは速く、2歳以降は1年で人間の4年分の歳をとります。

ペキニーズのシニア期・高齢期はいつから?

それでは、ペキニーズのシニア期・高齢期はいつからなのでしょうか?

一般的にペキニーズのような小型犬は6歳からシニア菌11歳から高齢期に入るといわれています。

シニア期からは身体機能も衰えてしまいます。

具体的に
  • 歯周病による口臭
  • 足が小刻みに震える(筋力の低下)
  • 目や耳が悪くなる
  • 運動量の低下(体力の低下)
などの老化のサインがあります。

シニア期からは食事も年齢に合わせて変える必要があります。

詳しくは飼い方のコツの項目で解説しますので、参考にしてください。

ペキニーズがかかりやすい病気やその治療・治療費は?

ペキニーズは寿命は平均的であり、犬種固有の遺伝性疾患は少ないです。


しかし、気をつけななければならない病気もあるので注意しましょう。


かかりやすい3種類の病気についてここでは解説します。

病名と治療法①:椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、椎間板物質である髄核が逸脱して脊髄が圧迫されてしまう状態を指します。


原因

ペキニーズの場合、生まれつき軟骨異栄養症の遺伝子を持つ軟骨異栄養性犬種に分類されます。


この遺伝子を持った犬種は、ハンセン1型の椎間板ヘルニアの発症になる可能性がほかの犬種より高いです。


2歳~8歳の成長期に発症することが多いです。


症状

初期症状は、

  • 歩き方がいつもと違う
  • 足をかばいながら歩く
  • 排泄を失敗する
  • 動けなくなる(足の感覚まひのため)

歩き方に違和感がある段階で病院に連れて行くのをおすすめします。


放置してしまうと、手術が必要になり治療が困難になる場合があります。



予防

遺伝的な部分が大きいですが日常から気を付けるべきこととは何なのでしょうか。


日常生活の原因の多くは肥満です。


肥満の状態で激しい運動は腰も骨にも負担が大きいので、食事管理を徹底して肥満に気を付けましょう。


また、段差の飛び越えや飛び降りることは腰に負担をかけるので家の中の家具の配置も工夫しましょう。


治療

内科的治療法と外科的治療法があり、状況に応じて対処します。

  • 内科的治療法:痛み止めや内服薬などを使用して、脊椎の負担を軽くする
  • 外科的治療法:手術をして、突出してしまった椎間板を摘出する

基本的に進行してしまっている場合は手術を行います。


治療費

万が一、手術が必要となった場合、20万〜35万円前後が必要です。

病名と治療法②:鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

鼻腔狭窄とは、ペキニーズのように小型犬の短頭種がかかりやすいです。

短頭種の多くはのどが凝縮されている構造であり、呼吸がしにくい状況も多く呼吸困難になる可能性もあります。

症状

症状は、
  • 鼻水をよく飛したり、
  • 寝ているときに口を開けて呼吸している
  • 呼吸が荒い
このような場合は注意が必要です。

少しの運動量で酸欠になり呼吸困難になる可能性もあります。

症状が出たらすぐに病院に連れて行きましょう。

予防

予防は先天性の病気なので具体的な方法はありません。

少しでも早期発見・早期治療ができるようにしましょう。

治療

治療は内科的治療法と外科的治療法があります。
  • 内科的治療法:酸素吸入やステロイド剤、鎮静剤などの内服薬
  • 外科的治療法:のどの気道を広げる手術
状況に応じてこれらの治療が行われます。

治療費

内科的治療法の場合は、
  • ステロイド剤などの薬:5,000円前後
  • 酸素吸入(1回):3,000円前後
かかります。

内科的治療法の場合は、
  • 手術:60,000円前後(進行段階で異なります)
他にも検査費、入院費を合わせると合計で80,000円前後であることが多いです。

病名と治療法③:白内障

白内障とは、目の水晶体が白く濁ることによって、視力が落ちてしまいます。


症状が進行してしまうと失明してしまう病気です。


手遅れになってしまうと回復しないこともあるので注意しましょう。


原因

原因として考えられるのは、

  • 先天的
  • ケガなどの外傷
  • 加齢
  • 緑内障などの続発
があります。

仮に先天性要因でなくても加齢により白内障になる可能性もあるので油断しないようにしましょう。


症状

症状は
  • 目が白く濁る
  • 目が充血している
  • 物にぶつかる
  • 段差につまずく
など直接目にあらわれる場合と行動にもあらわれる場合があります。

予防

白内障を防ぐには、
  • サプリメント
  • 目の周りを清潔にする
などがあります。

散歩の後は花粉や汚れが付いているので目薬やぬれタオルなどで清潔にしてあげましょう。

また、定期的な健康診断で発覚することもあるので成長期には年に1回、シニア期以降は年に2回ほどの健康診断をおすすめします。

治療

状況に応じて内科的治療と外科的治療の2つを判断して治療します。

  • 内科的治療:内服薬を使い進行を遅らせ、水晶体の混濁を減らす
  • 外科的治療:濁った水晶体を取り除き、代わりに人口レンズを挿入する手術
内科的治療は完治を目指すわけでないので、根本的な解決をするには外科的治療である手術が必要です。

症状が進行してしまうと、この手術ができない可能性もあるので注意してください。

治療費

仮に片目の手術を行った場合、手術費のほかに検査や入院費を合わせると30万円前後の費用が必要です。

ペキニーズが長生きする3つのコツ・飼育法を解説!


日常から気を付けるべきことはいくつかあります。


ペキニーズの平均寿命は平均的ですが、あくまで目安なので飼い主の方の育て方次第で長くも短くもなります。


生活環境を整えて、少しでも元気に長生きをさせてあげましょう。


ここでは、3つコツをご紹介します。

長生きのコツ①:食事管理

体の基礎を作る食事はとても重要です。


栄養のバランスの取れた食事を心がけて少しでも肥満にならないように気を付けましょう。


栄養が偏ってしまうと、肥満になるだけではなく、骨ももろくなってしまい腰痛や骨折もしやすくなってしまいます。


骨や間接に良い栄養素であるグルコサミンやコンドロイチン、リンなど適切な量を摂取させてあげましょう。


また年齢に合わせて、硬さや量も調節してあげましょう。


成長期はあごの力も十分あり歯も丈夫ですが、シニア期以降は力も弱まり歯周病、歯槽膿漏などで硬いドッグフードなどがとれないこともあります。


シニア期以降はシニア期以降用の柔らかい食事など気を配るようにしましょう。

長生きのコツ②:毎日のお手入れ

ペキニーズは毛も長く2段構造になっているので毎日の手入れも必要です。


毎日のブラッシングと定期的なシャンプーは忘れないようにしましょう。


毎日、ブラッシングをすることで皮膚の状態のチェックと皮膚炎の予防と早期発見につながります。


毛が長いので通気性も良くなく熱がこもってしまうので、夏の暑い日は熱中症になってしまうかもしれません。


また、毛の生え変わりの時期は抜け毛も多く、2段構造なので毛が絡まりやすく毛玉ができやすいです。


毛の生え変わりの時期と暑い日はこまめにブラッシングをやってあげましょう。


月1回ほどトリミングをしてもらうとよいのかもしれませんね。

長生きのコツ③:飼育環境の整備

室内の温度に注意しましょう。


犬は呼吸を用いて体温調節をしますが、ペキニーズのような短頭種は呼吸がしにくいので、飼い主の方が室内の温度調節をする必要があります。


扇風機などではあまり効果が無いのでおすすめしません。


26度~28度ぐらいに保てるようにクーラーなどを使用してください。


また、ヘルニアの原因にもなりますが、フローリングなどの滑りやすい床は腰に大きな負担をかけます。


マットやカーペットを使用して対策をしましょう。

ペキニーズのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

ペット保険にまだ加入していない人も多く全国の加入率も高くないです。


多くの人は存在を知っていても内容までは詳しく知らないからではないでしょうか?


ペット保険は、毎月保険料を支払うことで、治療費が発生した際に一部を負担してくれます。


最近は保険会社とプランが充実しているので

  • フルカバータイプ:手術・入院・通院をカバーするプラン
  • 手術特化タイプ:手術に対する手当が充実しているプラン
  • 通院特化タイプ:通院に対する手当が充実しているプラン
があり、その家庭・犬種・状況に合わせて選ぶことができます。

フルカバータイプの多くは、治療費の50%70%、プランの中には90%を補償するプランもあり保険会社により全く違います。


基本的に毎月の料金設定は、犬種のサイズでカテゴリー化されています。


10歳までの年間保険料の目安の表を作成したので参考にしてください。

年齢70%補償プラン50%補償プラン
0歳26,440円20,650円
1歳24,730円19,480円
2歳23,950円18,940円
3歳25,150円19,770円
4歳28,370円21,980円
5歳33,060円25,200円
6歳38,830円29,160円
7歳45,960円34,050円
8歳54,750円40,090円
9歳63,440円46,050円
10歳73,150円52,710円

※各保険会社で差があるので、注意が必要です。


またペット保険は基本補償だけではなく賠償責任特約等があり、特約等も付帯できます。


賠償責任特約等は、他の人や愛犬を咬んでしまったり、人の持ち物を破損してしまいトラブルになったときに生じる損害賠償金を補償してくれます。


賠償責任特約があれば、最大1,000万円まで補償が下りるので安心できますよね。


加入の際の注意点

ペット保険の加入のほとんどは申告義務があり、加入には審査に通る必要があります。


申告項目には、

  • 年齢
  • 品種(犬種、猫の種類など)
  • 今の健康状態(持病や治療中の病気など)
  • 既往歴

などが審査されます。


場合によっては健康診断書が必要なケースもあります。


ほとんどのペット保険には年齢制限があり、病気になってからでは加入ができないことや条件付きでの加入になってしまうので注意が必要です。


また、虚偽申告はやめましょう。


しっかりと調査されるので発覚した場合は、故意でなくても解約処分があり得るので注意してください。


MOFFMEではペキニーズの保険についても取り扱っておりますので、ぜひご覧ください。

まとめ:ペキニーズの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて

ここまでペキニーズの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • ペキニーズの平均寿命は12歳~15歳である
  • かかりやすい病気も存在するので注意が必要である
  • 毎日の手入れ温度調節など日ごろから注意すべきことがある
以上の点です。

少しでも元気に寿命を長くできるように、毎日のケア、食事に気を付けてあげましょう。

定期的な健康診断も病気やけがの早期発見にもつながるのでおすすめです。

また、ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。

MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング