アメリカンコッカースパニエルの平均・最高寿命について徹底解説!

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12〜15歳で他の中型犬に比べると寿命が長いです。アメリカンコッカースパニエルは目や耳の病気になりやすいため日頃のケアが欠かせません。アメリカンコッカースパニエルがかかりやすい病気や長生きのコツについて詳しく解説します。

アメリカンコッカースパニエルの平均・最高寿命は?

アメリカンコッカースパニエルは、長い被毛がエレガントで大きな垂れ耳の愛らしい見た目をしており、飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。


また、もし飼うとなった場合やすでに飼っている場合はアメリカンコッカースパニエルの寿命やかかりやすい病気などが気になると思います。


そこでここでは、 

  • アメリカンコッカースパニエルの平均寿命や最高寿命 
  • アメリカンコッカースパニエルの病気と治療法 
  • アメリカンコッカースパニエルの長生きの3つのコツ 
  • アメリカンコッカースパニエルにペット保険は必要? 

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、アメリカンコッカースパニエルの寿命や長生きするためのコツについて分かります。


ぜひ、最後までお読みください。

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12〜15歳で、最高齢は19歳!

犬の寿命は小型犬が長く、体が大きくなるにつれて寿命が短くなっていく傾向があります。


中型犬に分類されているアメリカンコッカースパニエルは寿命がどれくらいなのでしょうか?


また、最高でどれくらい長生きした例があるのか気になる方もいるかと思います。


ここではアメリカンコッカースパニエルの

  • 平均寿命
  • 最高寿命
  • 人間に換算した年齢
  • シニア期・高齢期

についてご紹介します。

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12〜15歳

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は、12~15歳と言われています。


また、他の中型犬は平均寿命が10~14歳くらいと言われているため、中型犬の中では比較的寿命の長い犬種になります。


しかし、平均寿命が12~15歳ですが、飼育の環境や個体差なども影響するため、これより短い場合や長い場合もあることを覚えておきましょう。


最近ではフードの質も良くなってきており、さらに医療も発達してきているため、寿命は更に延びる可能性があります。

アメリカンコッカースパニエルの最高寿命はなんと19歳!

日本で飼われていたアメリカンコッカースパニエルの最高寿命は、19歳と言われています。


19歳は、人間の年齢に換算すると100歳を超えるほどの年齢になります。


そのため、とても長生きなアメリカンコッカースパニエルということになります。


しかし、犬種は違いますが、ギネス記録として残っている犬の寿命は29歳5ヶ月とさらに長くなります。


このように長生きをしているアメリカンコッカースパニエルがいると聞くと、長生きの秘訣を聞いてみたいと思う方もいるのではないでしょうか。

アメリカンコッカースパニエルの年齢を人間に換算すると?

犬の成長スピードは、2歳まではあまり小型犬・中型犬・大型犬によって変わることはないと言われています。


しかし、2歳を過ぎると大型犬の方が老化のスピードが速くなり、小型犬の方が老化のスピードは遅くなります


アメリカンコッカースパニエルの年齢を人間の年齢に換算したものをご紹介します。

犬の年齢人間換算年齢
1ヶ月1歳
6ヶ月9歳
1歳13歳
2歳24歳
3歳29歳
4歳34歳
5歳39歳
6歳44歳
7歳49歳
8歳54歳
9歳59歳
10歳64歳
11歳69歳
12歳74歳
13歳79歳
14歳84歳
15歳89歳
16歳94歳

平均寿命である12~15歳は人間で言うと74~89歳となるので、人に換算しても長生きな犬種といえるのではないでしょうか。

アメリカンコッカースパニエルのシニア期・高齢期はいつから?

アメリカンコッカースパニエルのシニア期・高齢期は、

  • シニア期:6歳から 
  • 高齢期:10歳から 

と言われています。


しかし、シニア期、高齢期の判断は年齢だけで分かるものでもありません。


また、個体や飼育環境によって老化のスピードが変わるので、年齢だけでなく、愛犬の行動なども含めて判断するようにしてください。


犬の老化のサインとしては、 

  • 睡眠時間が増える 
  • 段差を嫌がる 
  • 散歩の時間が減少する 
  • 食欲不振または旺盛になる 
  • 口臭がきつくなる 

などがあります。


しかし、年齢だけでなく、このようなサインも見逃さなようにしてください。

アメリカンコッカースパニエルがかかりやすい病気やその治療・治療費は?

アメリカンコッカースパニエルは比較的かかりやすい病気の少ない犬種と言われていますが、目の疾患耳の疾患にかかりやすいと言われています。


アメリカンコッカースパニエルのかかりやすい病気としては、

  • 白内障・緑内障 
  • 外耳炎 
  • 膝蓋骨脱臼 

などがあります。


ここでは、それぞれ詳しくご紹介します。

病気と治療法①:白内障・緑内障

アメリカンコッカースパニエルの白内障は、遺伝的要因が強いと言われています。


犬の白内障は、

  • 症状:視力の低下・失明 
  • 治療法:点眼・内服薬、手術 
  • 治療費:30万円程(手術の場合) 
  • 予防法:特になし 

となります。


有効な治療法などはあまり無く、点眼や内服薬などで病気の進行を遅らせるのが主な治療法になります。


若くして失明してしまった場合、目に人工のレンズを入れる手術を行う場合もあるようです。


次に緑内障です。


緑内障は眼球の眼圧が上がることで網膜や視神経が圧迫される病気です。


犬の緑内障は、

  • 症状:眼球突出、視野狭窄、失明 
  • 治療法:投薬、手術 
  • 治療費:7,000円程 
  • 予防法:になし 

となります。


緑内障は早期発見すれば目薬などで治療を行うことができますが、末期の状態だと視力が回復することはなくなってしまいます。


目が大きく見える、目を痛そうにしている、などの症状がみられたら、早めに動物病院を受診するようにしてください。

病気と治療法②:外耳炎

アメリカンコッカースパニエルは被毛が長く、さらに垂れ耳のため、外耳炎にかかりやすい犬種になります。


アメリカンコッカースパニエルだけでなく、垂れ耳の犬種は外耳炎にかかりやすくなるので注意が必要です。


犬の外耳炎は、

  • 症状:耳を痒がる・耳垢が増える 
  • 治療法:投薬 
  • 治療費:3,000~5,000円 
  • 予防法:耳の掃除・定期的なチェック 

となります。


外耳炎は症状が進行すると中耳炎内耳炎になってしまう場合もあるので、早期発見を心がけるようにしてください。

病気と治療法③:膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は膝のお皿が外れてしまう病気です。


1~4までのグレードがあり、常に脱臼してしまうような場合は手術の必要が出てくる病気です。


犬の膝蓋骨脱臼は、 

  • 症状:後肢を引きずる・痛がる 
  • 治療法:投薬、手術 
  • 治療費:25万円程(手術の場合) 
  • 予防法:体重管理、運動制限、滑りやすい床材を変える 

となります。


また、アメリカンコッカースパニエルは被毛が長いため、足が滑りやすい場合もあります。


そのため、定期的に足裏の毛をカットすることも膝蓋骨脱臼の予防に繋がります。

アメリカンコッカースパニエルが長生きする3つのコツ・飼育法を解説!

愛犬と少しでも長く一緒にいたいと願うと思います。


また、長生きしてくれるだけでなく、健康でいて欲しいとも思うのではないでしょうか?


健康に長生きしてもらうには、どのようなことをする必要があるのでしょうか。


ここではアメリカンコッカースパニエルが健康で長生きするための3つのコツをご紹介します。

長生きのコツ①:肥満に注意した食生活

アメリカンコッカースパニエルは食べることが大好きな子が多いようです。


そのため、飼い主さんもついご飯の量を増やしてしまい、肥満へと繋がってしまいます。


肥満になってしまうと、先ほどご紹介した膝蓋骨脱臼などの病気にもかかりやすくなってしまいます。


アメリカンコッカースパニエルがシニア期に入り、運動量が落ちてきたと感じたら、シニア用のドッグフードに切り替えることも肥満予防の為におすすめです。


運動量が落ちると太りやすくなり、そのまま同じフードを食べていると肥満になってしまいます。


そうならないためにも低脂肪なシニア用のフードに切り替えましょう。


また、人の食べ物を与えることは避けるようにしましょう。


自分たちが食べている姿を横でじっと見られると、ついあげたくなってしまう気持ちも分かります。


しかし、人間の食べ物は犬にとっては塩分脂肪分が高く、犬の体には合いません。


さらに、犬が口にしてしまうと大変なことになってしまう食材も多くあります。


特に玉ねぎチョコレートブドウは与えてはいけないものの代表です。

長生きのコツ②:大きな垂れ耳のケア

アメリカンコッカースパニエル特徴でもある愛らしい大きな垂れ耳です。


見た目はとても可愛らしいのですが、垂れ耳は通気性が悪く、細菌が繁殖しやすいため、外耳炎などの耳の病気にかかりやすくなります。


そうならないためにも日々のお手入れが重要になります。


まずは、毎日耳のチェックをしてあげましょう。


汚れていたらその都度ガーゼなどの乾いた布で優しく拭いてあげてください。


耳掃除は週1回ほどを目安に、イヤークリーナーを使って掃除してあげるようにしましょう。


また、耳の中の毛を減らしてあげるのも耳の通気性が良くなるためおすすめです。


自分で耳の毛をカットしてあげたり、抜いてあげられればいいのですが、難しいようでしたらトリミングの際にトリマーさんにお願いしてみて下さい。


アメリカンコッカースパニエルの大きな垂れ耳は、食事や水を飲むときにお皿の中に入ってしまう事も多いようです。


お皿の中に入ってしまうと、耳も汚れてしまいますし、衛生的に良くありません。


それを防ぐために「耳バンド」というものがあるそうです。


耳バンドを使って、可愛らしい垂れ耳が汚れてしまうのを防ぐのも、耳の病気予防の効果が期待できるかもしれません。

長生きのコツ③:ストレスの少ない飼育環境

飼育環境によっても寿命が伸びることがあるようです。


特に夏は暑さに注意しましょう。


被毛が分厚いため熱中症に特に注意が必要で、室内で飼育し室温を25度くらいに保ってあげるようにしてください。


しかし、寒さも寿命が縮む原因にもなってしまいます。


犬も体温が下がると新陳代謝も下がってしまいます。


そのため、人が寒くない程度の温度を保ってあげるようにしましょう。


また、室内飼育の場合、の素材にも気をつけましょう。


フローリングは滑りやすく膝蓋骨脱臼などの病気の原因にもなるため、フローリングにはカーペットを敷くなどして、対策をとるようにしてください。

アメリカンコッカースパニエルのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

アメリカンコッカースパニエルが病気をせずに健康に過ごしてくれるのが一番ですが、かかりやすい病気はいくつかあります。


通院程度で済めばいいのですが、病気の中には手術が必要なものもあります。


手術と聞くと、不安なのが治療費ではないでしょうか?


ペットの治療費は飼い主さんが想像しているよりも高額になってしまう事もあります。


その高額な手術でいざというときのためにおすすめするのがペット保険です。


また、ペット保険料は犬の大きさによって保険料が変わります


アメリカンコッカースパニエルの分類は、大手ペット保険会社の楽天やアイペットでは中型犬に、アニコムではA~Eに分類されるうちのEに分類されています。


ここでは、保険料の一例をご紹介します。

年齢年間保険料
0歳32,640円
1歳32,080円
2歳31,520円
3歳29,800円
4歳31,370円
5歳35,650円
6歳40,460円
7歳45,650円
8歳49,950円
9歳54,130円
10歳58,140円

こちらの保険は通院・入院・手術を補償してくれる、フルカバータイプのペット保険になります。


また、保険料が家計の負担になってしまうためペット保険への加入を躊躇している方もいると思います。


確かに、フルカバータイプの保険は保険料が高くなってしまいますが、ペット保険は種類が豊富で、フルカバータイプのもの以外にも手術だけを補償するタイプや手術と入院を補償するタイプなどの手術特化型のペット保険もあります。


このような手術特化型ペット保険は、保険料が抑えられているのが最大の特徴です。


いざというときに保険で手術費用だけでも補償してもらえると、飼い主さんの負担もかなり減るのではないでしょうか。


また、ペット保険には「賠償責任特約」を付帯することができます。


これは飼っている犬が人を噛んで傷つけてしまった場合や、物を壊してしまったときに補償をしてくれる保険になります。


アメリカンコッカースパニエル人懐っこい犬種ですが、中型犬のため噛む力やリードをひく力などはそこそこ強くなります。


そのような時のために、「賠償責任特約」を付帯することおすすめします。  

まとめ:アメリカンコッカースパニエルの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて

ここではアメリカンコッカースパニエルの寿命についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、 

  • アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12~15歳、最高寿命は19歳 
  • かかりやすい病気:白内障・緑内障、外耳炎、膝蓋骨脱臼 
  • 長生きするコツ:食事管理、耳のケア、ストレスのない飼育環境 
  • アメリカンコッカースパニエルのペット保険 

になります。


この記事を参考に、アメリカンコッカースパニエルと楽しい生活を過ごしてください。


また、もしもの時に備えて、ペット保険への加入も検討することをおすすめします。


ペットショップなどでペット保険への加入を勧められることがあるかもしれませんが、安易なペット保険への加入は避けるようにしてください。


ペット保険の種類によっては、アメリカンコッカースパニエルのかかりやすい膝蓋骨脱臼が補償対象外となっている場合もあります。


そのため、ペット保険を決めるときは、ご自身でしっかりと補償内容を検討してから決めるようにしましょう。


ほけんROOMでは他にもペット保険に関する記事を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。 

ランキング