【獣医師監修】サモエドの平均・最高寿命は?かかりやすい病気や長生きのコツも解説

【獣医師監修】サモエドの平均・最高寿命は?かかりやすい病気や長生きのコツも解説-サムネイル画像

サモエドの平均寿命は12〜13歳で他の大型犬に比べると寿命が長いです。サモエドは犬種固有の遺伝性疾患が少ないため、飼い主の方の健康管理によっては寿命を伸ばしてあげることが可能です。サモエドがかかりやすい病気や治療法、長生きのコツについても詳しく解説します。

サモエドの平均・最高寿命は?長い?

ふんわりとした長い毛のまっしろな姿が印象的なサモエドですが、サモエドの寿命をご存知ですか?


サモエドを長生きさせるためには、飼い主がサモエドの寿命やかかりやすい病気などを把握し、理解してから飼育しなければいけませんよね。


そこで今回「MOFFME」では、

  • サモエドの平均寿命
  • サモエドのかかりやすい病気
  • サモエドを長生きさせるコツ
  • サモエドの保険

について解説します。


この記事を読めば、サモエドを長生きさせるためのコツがわかります。


ぜひ、最後までご覧ください。


MOFFMEではペット保険のランキングについても紹介しておりますので、そちらもご覧ください。

サモエドの平均寿命は12〜13歳で、最高齢は17歳!


サモエドの平均寿命をご存知ですか。


サモエドを飼育する前にぜひ知っておいた方がいいですよね。


そこでここでは、

  • サモエドの平均寿命
  • サモエドの最高寿命
  • 人間に換算すると何歳か
  • サモエドのシニア期はいつからか

について解説します。

サモエドの平均寿命は12〜13歳

サモエドの平均寿命は、12歳~13歳です。


大型犬の平均寿命が10歳~13歳なので、大型犬としては平均的な寿命です。


また、運動や食事などの日々の飼育管理をサモエドに合ったものにしてあげることで、サモエドの寿命も伸びます。


さらに、年を取ってシニアになっても元気でいるためには、飼い主の管理が重要なものとなります。

サモエドの最高寿命はなんと17歳!

サモエドは、日本で17歳まで生きたという記録が残されており、人間にすると93歳です。


また、これは大型犬としてはかなりの長生きです。


サモエドの寿命が分かりやすいように大型犬のみでの寿命ランキングを作りました。


以下が5位までの大型犬の寿命ランキングです。

ランキング犬種平均寿命
1位ラブラドールレトレバー 14歳
2位シベリアンハスキー13歳
3位スタンダード・プードル12歳
4位ゴールデン・レトリーバー12歳
5位サモエド12歳

サモエドの寿命を12歳としたとき、ランキングでは5位になります


大型犬が短命な理由 

  • 臓器の大きさが小さい 
  • 年をとるスピードが早い
  • 急激な成長で関節を痛めやすい
  • 胃捻転の発症率が高い 

大型犬は、体の大きさに対して臓器が小さいので、臓器にかなりの負担かかります。 


そのため、シニアになってから臓器が悲鳴をあげ、臓器の疾患で亡くなる大型犬が多いです。
 

また、飼い主が気をつけていてもちょっとしたことで胃捻転になり、若くして胃捻転での死亡が多いことも要因です。  

サモエドの年齢を人間に換算すると?

犬の年のとるスピードは人間と比べるととても速いです。人間が1年過ごす間に、犬は何倍ものスピードで年を重ねていきます。


以下が1ヶ月~10歳までのサモエドの年齢の人間換算表です。参考にしてみてください。

犬の年齢人間の年齢
1ヶ月0歳
3ヶ月2歳
6ヶ月6歳
1歳15歳
2歳24歳
3歳32歳
4歳40歳
5歳48歳
6歳53歳
7歳58歳
8歳63歳
9歳70歳
10歳78歳

1歳までは年をとるスピードがゆっくりですが、年を重ねるごとにだんだんとスピードも速くなり、すぐにシニアになってしまうのが大型犬です。


また、大型犬の年を重ねるスピードは、小型犬よりも速いです。

サモエドのシニア期・高齢期はいつから?

サモエドのシニア期は、5歳からです。


小型犬よりも年をとるスピードの早い大型犬であるサモエドは、シニア期を迎えるのも速いです。


シニア期から注意すること

  • 食事管理
  • 運動管理
  • 健康チェック
  • 環境を整える

食事管理


食事管理をおこない、肥満にならないように注意してください。

食欲が無い場合は、
  • 食事回数を増やす
  • ふやかしてやわらかくする
  • 鶏肉などヘルシーなものをトッピングする
などの工夫をしてあげてください。

また、食欲がありすぎる場合は、
  • キャベツなどで嵩増しする
  • 食器を早食い防止のものにする
など工夫をし、人間の食べ物は与えないようにしてください。

運動管理


体の不調が増えて動きたがらないペットが増えます。


そのようなときは、
  • 天気の良いお散歩日和に日光浴
  • 散歩に誘ってみる
などをしてください。

また、無理に運動させる必要はありません。

体調の良い日に、日光が当たる場所に連れて行って日光浴をさせてあげるだけでも気分転換になります。

熱中症に注意し、様子をみながら日光浴させてあげてください。

健康チェック


毎日の健康チェックは特にシニアになり、抵抗力の弱っているペットに対してとても大事なものです。

毎日のお手入れのときに、体を触って健康チェックをしてあげてください。

環境を整える

  • 室温調整
  • 床をフラットにする
  • 滑って怪我をしないようにする
体温調節も苦手になってくるので、特に季節の変わり目など、体調を崩しやすいです。

室内温度の管理をしてあげてください。

また、シニアになり、足腰が弱ることで少しの段差でもつまずいてしまいます。

段差でつまずいて怪我をしないように、滑って怪我をしないように工夫をしてあげてください。

サモエドがかかりやすい病気やその治療・治療費は?遺伝的な病気も


サモエドを飼育する上で、寿命を伸ばすためには飼い主による毎日の健康チェックや獣医師による定期的な健康診断が大切です。


ここでは、

  • サモエドがかかりやすい病気
  • 原因はなにか
  • どういった症状がでるのか
  • どのような治療方法なのか
  • 治療費はどのくらいかかるのか

について解説します。

病名と治療法①:股関節形成不全

これは、関節部分の骨が変形し、関節がかみ合わなくなることで発症する病気です。


原因

  • 遺伝的なもの
  • 急激な成長によるもの
  • 肥満によって体重の負担

症状

  • 横座りする
  • 腰を左右にする歩き方をする
  • 不自然な歩き方をする
  • 触ると痛がる
  • 動きたがらない

治療方法

  • 内科的治療:投薬で炎症を抑える
  • 外科的治療:手術をおこなう
  • 肥満によるものの場合は、食事指導・運動指導をおこなう
骨が変形しているために起こる病気なので、完治には手術しかありません。

治療費

  • 投薬治療:月1万程
  • 手術費用:40万程

病名と治療法②:関節炎

これは、関節に炎症が起こる病気で、特に老犬の発症率が高いです。


原因

  • 加齢によるもの
  • 感染症
  • 免疫疾患
  • 肥満
  • 脱臼を繰り返す
原因としては多数あり、様々病気から招くことがあります。

また、膝蓋骨脱臼を繰り返している場合もなりやすい病気です。

症状

  • 動くのを嫌がる
  • 触ると痛がる
  • 立ち上がるのに時間がかかる
  • 不自然な歩き方をする
今まで好きだった散歩に行きたがらず、動くのを嫌がったり痛がったりする様子があれば関節炎を疑ってください。

治療方法

  • 投薬治療で炎症を抑える
日常生活としては、床で滑らないように工夫、肥満に対しての指導などをおこないます。

治療費

  • 月1万~2万円程

病名と治療法③:進行性網膜萎縮症

これは、網膜が変性・萎縮してしまい、正常に機能しなくなってしまう病気です。


原因

  • 遺伝的なもの

症状

  • 暗い場所で恐がる
  • 物にぶつかる
  • 段差でよくつまずく
  • 瞳孔が開いたまま
初期症状としては、夕方~夜など暗い場所での視力が落ちて暗い場所を恐がります。

症状が進むと明るい場所でも同様の症状がでます。

治療方法

  • サプリメントで症状の緩和
現在有効な治療法が見つかっていないため発症したら症状を遅らせることしかできません。

そのため、早期発見をし、早くサプリメントで症状を遅らせることが必要な病気です。

治療費

  • 月1万~2万円程

病名と治療法④:皮膚炎

これは、様々な原因で皮膚の基本構造が壊れて、皮膚に発疹などが起きる病気です。


原因

  • アレルギー
  • ノミ・ダニの寄生
  • ホルモン疾患
  • アトピー体質
  • 過敏症
遺伝的なものや、寄生虫によるものなど、原因は広くあります。

症状

  • 痒そうにしている
  • 皮膚が赤い
  • 脱毛
  • 足の指の間を噛む
  • 皮膚にべたつきがある
掻きすぎて怪我になる前に治療してあげてください。

治療方法

  • 投薬治療
  • シャンプー薬の処方
シャンプーの頻度や方法などの指導がありますが、アレルギーの場合はアレルギーのものを避けましょう。

治療方法

  • 投薬、シャンプー薬込みで月1万~2万円程

サモエドが長生きする4つのコツ・飼育法を解説!大型犬は大変?


サモエドが長生きするためには日々の飼育方法が大事になります。


ここでは、

  • サモエドの運動管理
  • サモエドの食事管理
  • サモエドの環境管理

について解説します。

長生きのコツ①:適度の運動

サモエドの運動のコツは、

  • 1日2回の散歩
  • 散歩の行けない夏は涼しい室内施設の利用
などがあります。

サモエドは室内の移動だけでは運動量が足りず、1日2回散歩が必要です。

また、雨天時や暑い夏など散歩にいけない日は涼しい室内施設を検討しましょう。

体の大きな犬ですので、他の犬や飼い主に威圧感を与えないようさせましょう。

長生きのコツ②:バランスの良い食事

サモエドの食事管理のコツは、

  • 人間のものを与えない
  • 適切な食事量を守る
  • おやつを与えすぎない
などがあります。

人間も食事は味が濃いため、犬にとっては自分の食事よりも美味しいものです。

しかし、塩分が多いので、高血圧や腎臓病の原因になります。

そのため、長生きするためには避け、適切な食事量を与え肥満にならないように管理してください。

満足感を得るために

  • キャベツなどヘルシーな食材のトッピング
  • 早食い防止の食器
どうしても欲しがる場合は、早食い防止の凸凹した食器を利用し、キャベツなどをトッピングして満足感を得られるようにしてあげると欲しがることも減ります。

長生きのコツ③:飼育環境の管理

サモエドに適した飼育環境は、

  • 広いスペース
  • 涼しい環境
などがあります。

サモエドは大型犬なので、飼育には広い環境が必要です。

寒さに強いため外で飼育も可能ですが、寂しがりやなため室内で一緒に生活することをおすすめします。

また、寒冷地域で生きてきた犬種なので、日本の高温多湿の環境には向いていません。

室温は暑くないよう調節し、夏の散歩も気をつけてください。

長生きのコツと④:ストレスをためない!

上記で解説した部分の管理ができていないと、サモエドはストレスを溜めてしまいます。

ストレスは、寿命にも大きく関係しています。

そのため、できる限りストレスのかからないように管理してあげてください。

ストレスによる問題行動

  • 自分の体を噛むまたはなめ続ける
  • 破壊行動
  • 攻撃行動
などがあります。

よく自分の体をなめ続けている犬を見かけますが、それはストレスから始まり、癖になってしまっている場合が多いです。

なめ続けることにより炎症がおこり、繰り返すことでなかなか完治しません。

そのため、癖になる前にサインに気づいて対応してあげてください。

また、破壊行動や攻撃行動にもつながりますので、最近いたずらが増えた、または怒りっぽくなったと感じたら思いっきり運動をさせてあげてください。

予防で簡単に治る場合があります。

サモエドのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

サモエドのペット保険のプランや加入条件などを知っていますでしょうか。


ペット保険の審査は基本的には申し込み時に飼い主が記入した項目から審査します。


既往症がある、または現在通院中であっても条件付きで加入できる場合がありますので、嘘の申告はせず、ありのままを申告してください。


嘘が発覚した場合は、告知義務違反として強制的に解約され、今まで支払ってきた保険料の返還はないので、無駄になってしまいます。


そのようなことがないよう、申告時は注意が必要です。


ペット保険のプラン

  • 通院・入院・手術をトータルで補償
  • 通院のみを補償
  • 手術のみを補償

補償割合も90%70%50%といったように選べるようになっている保険会社が多いです。


保険会社によっても変わってきますので、確認が必要です。


家庭の負担にならないように加入することも可能なので、ぜひ、ペット保険を検討してみてください。


サモエドのペット保険


サモエドは大型犬としての保険のプランとなる保険会社が多いです。


保険会社によっても変わってくるので確認してみてください。


以下がある大手保険会社の0歳~10歳までのサモエドの年間保険料です。

年齢年間保険料
0歳54,180円
1歳53,460円
2歳52,260円
3歳60,150円
4歳69,130円
5歳78,370円
6歳87,690円
7歳99,310円
8歳116,290円
9歳133,870円
10歳152,200円

参考にしてみてください。


特約について


主となる保険ないように、無料または有料で付帯することによって保険内容をさらに充実させることができます。


例としては、ペットが亡くなった場合にかかる葬儀費用をカバーする火葬費用特約や、補償期間中に保険金の支払いが無かった場合の無事故特約などがあります。


特に加入しておくと安心なのが賠償責任特約です。


賠償責任特約とは?


管理下にあるペットが、他人やペットに怪我を負わせるまたは他人の物を破損した場合にかかった費用を保険金でカバーできます。


近年大型犬による噛みつきの事故が増えているため、万が一のために加入しておくと安心です。

まとめ:サモエドの平均・最高寿命や長生きさせるコツについて

ここまでサモエドの寿命を伸ばすために必要なことについて解説してきましたが、いかがでしょうか。


今回のポイントは、

  • サモエドの平均寿命は12歳~13歳
  • サモエドのシニア期は5歳から
  • 暑さに弱い犬種のため室温管理必須
  • 病気は早期発見、早期治療を心がける
でした。

老犬になっても元気に走れるためには若い頃からの適した管理が必要です。

また、飼い主が気をつけてあげれば寿命は伸びるため、長い間一緒に生活できるよう徹底した管理をおこないましょう。

ペットショップで勧められた保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。

ほけんROOMではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング