プードルの平均・ギネス最高齢は何歳?長生きのコツや飼い方を紹介!

プードルの平均・最高寿命は何歳なのでしょうか?この記事ではプードルの平均・ギネス最高寿命や、人間への年齢換算、犬の寿命ランキングからプードルの平均が他の犬種に比べて長いのか短いのかを検証、またかかりやすい病気やその治療法・治療費と長生きのコツを紹介します。

プードルの平均・最高寿命は?ギネス記録や長生きのコツも紹介!

カットで様々な表情を見せてくれる可愛い姿が特徴のプードルですが、プードルがどのくらいの寿命なのか知っていますか。


プードルを飼育する前に把握しておきたいことです。


今回の記事では

  • プードルの寿命
  • かかりやすい病気
  • 寿命を伸ばすための飼育のコツ
  • プードルの保険

について解説します。


この記事を最後まで読めば、プードルの寿命を伸ばすためにしなければいけないことについてわかります。


ぜひ、最後までご覧ください。



プードルの平均寿命は12~15歳!ギネス記録は?

プードルの寿命を伸ばすためには飼い主がプードルの特徴や性格を理解し、適切な環境下での飼育が必要となります。


ここでは

  • プードルの平均寿命
  • プードルの最高年齢
  • 人間でいうと何歳になるのか
  • 寿命ランキングでは何位か
について解説します。

プードルの平均寿命は12~15歳

プードルの平均寿命は12歳~15歳です。


小型犬の平均寿命が13歳といわれているので、小型犬の中でも長寿であるほうではないでしょうか。


寿命は遺伝的な部分が大きいですが、普段の管理でも十分伸ばすことが出来ます。


寿命を伸ばすことにおいて大事なことは飼い主がプードルについて理解をし、適切な飼育をすることなのです。


プードルにぴったりな飼育方法を把握して寿命を伸ばしましょう。

ギネス最高齢プードルは何歳?

プードルの最高寿命はアメリカで生活していた20歳のトイプードルであるといわれています。


人間の年齢でいうと96歳です。


小型犬なので寿命が長い傾向はありますが、それにしても長寿です。

【プードルの年齢換算表】人間でいうと何歳?

プードルは人間が1歳年をとる間に何倍ものスピードで年を重ねていきます。


プードルの年齢を人間でいうと何歳になるのか表にまとめました。


以下が0歳~10歳までの人間換算表です。

犬の年齢人間の年齢
0歳赤ちゃん
3ヶ月4歳
6ヶ月6歳
1歳
15歳
2歳24歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳

参考にしてみてください。


2歳以降は1年にだいたい4歳ずつ年をとっていきます。


シニア期は7歳からです。


シニア期に気をつけること

  • 床をフラットにする
  • 食事管理
  • 運動管理
運動管理 
 
シニア期になると体の不調が増えて、動くのを嫌がるペットも多いです。

無理に運動させる必要はありません。
 

日のあたる場所で日光浴させてあげるだけでも気分転換になります。
 

熱中症に注意して毎日、短時間日光浴することをおすすめします。 

また、自宅では足腰が衰えた老犬が怪我をしないように段差を少なくし、床も滑り止め加工しましょう。 

老犬の怪我は治りづらく、大怪我になりやすいです。 

飼い主が気をつけてあげましょう。

食事管理 

歯が悪くなり食欲が落ちてきた老犬には、 
  • フードをふやかしてあげる 
  • ボイルした鶏胸肉をトッピングする  
など工夫し、食事量が落ちないようにしてあげてください。

逆に食欲旺盛な場合は足腰に負担がかからないよう、肥満に注意が必要です。

対策としては
  • キャベツなどヘルシーな食材をトッピング 
  • 早食い防止の凸凹した食器を使用 
満足感を得られない理由は早く食べ終わってしまうためです。 

ゆっくりと食べることができるように、早食い防止の食器を使用してみてください。

もしかしたら満足してくれるかもしれません。

飼い主が食事量をコントロールし適切な食事量を与えましょう。    

犬の平均寿命ランキング、プードルは何位?

プードルの寿命が分かりやすいように小型犬の寿命ランキングを作成しました。


以下がプードルの平均寿命を14歳とした場合の10位までのランキングです。

ランキング犬種平均寿命
1位イタリアングレーハウンド15歳
2位トイプードル14歳
3位カニンヘンダックス14歳
4位パピヨン14歳
5位ジャックラッセルテリア14歳
6位ウエストハイランドホワイトテリア14歳
7位ミニチュアダックスフント14歳
8位ヨークシャテリア13歳
9位チワワ13歳
10位
シーズー13歳

となりました。


プードルは2位です。


小型犬の中でも長寿な犬種です。

プードルが長生きするコツ・飼い方を紹介!

プードルの寿命を伸ばすためには、飼い主による毎日の健康チェックと、獣医師による定期的な健康診断がとても重要になります。


ここでは

  • プードルの食事管理
  • プードルのオーラルケア
  • プードルの環境管理

について解説します。

長生きのコツ①:食事に気を付ける!

  • 肥満に注意
  • 人間の食べ物を与えない
  • おやつを与えすぎない
トイプードルは膝蓋骨脱臼になりやすい犬種のため、足に負担のかかる肥満には十分注意してください

人間の食べ物は犬にとって味が濃く美味しいものです。

1度与えてしまうとドッグフードよりも美味しいため、自分のごはんを食べなくなる可能性があります。

人間の食べ物は犬にとって塩分の摂りすぎになってしまい、高血圧腎臓病の原因にもなります。

人間の食事は与えないようにして、フードを適切量与えてください。

満足感を得られる食事のコツ

  • ヘルシーなものをトッピング
  • 早食い防止の食器を使用
満足感を得られない原因として早く食べ終わってしまうためです。

要はゆっくりと食べられるようにしてあげれば、満足感を得ることができます。

早食い防止の凸凹した食器が販売されているので、そういったものを利用してみてください。

それでも足りない場合は、キャベツや鶏胸肉など犬が食べられるヘルシーなものをトッピングしてあげるなど工夫をしてみてください。

長生きのコツ②:オーラルケアは大切に

老犬になっても、ごはんを美味しく食べられるようにするためには、子犬のころからのオーラルケアが大切です。


成犬から始めることも可能ですが、子犬の頃から毎日の日課にしてしまえば、当然のことのように歯磨きを受け入れてくれます。


慣らし方

  1. 口の周りを触ることに慣らす
  2. ガーゼで手前を磨いてみる
  3. ガーゼで奥を磨いてみる
  4. 口を開けてみる
  5. 裏側をガーゼで磨いてみる
  6. 抵抗がないようなら歯ブラシに変えてみる
慣らし方として以上になりますが、口周りを触らせる、ましては口をあけるなど、嫌がる犬が多いため一筋縄ではいきません。

歯ブラシに変える工程までかなりの期間を要する犬も多いでしょう。

コツは飼い主が諦めないことです。

もし、どうしても出来ずに悩んでいる方は、犬のしつけ教室などで相談してみてください。

実際にやり方を見て、改善点など指導してくれるはずです。

歯周病からの病気に注意

歯垢や歯石をそのままにしていると細菌がまわり、臓器の病気に影響があることがわかっています。

臓器の病気は歯石が原因になってしまうこともあるんです。

影響を及ぼす前に、歯石除去をおこない、日々のオーラルケアを怠らないようにするのが長寿にためにも必要なことです。

長生きのコツ③:快適な環境づくり

  • 床を滑らないように工夫
  • 段差を出来るだけないように工夫
  • 暑さに注意する
膝蓋骨脱臼防止のために、自宅は滑って怪我をしない・段差で躓かない工夫をしてあげましょう。

骨が細く、高さのある場所からジャンプしただけでも骨折の可能性があります。

自宅は、プードルにとって安全に過ごせる場所にしてあげることが大切です。

日本の夏の暑さはトイプードルにとって厳しいものです。

室内は快適に過ごせるように室温調節をしてあげてください。

特に季節の変わり目は体調不良を起こしやすいので要注意です。

長生きのコツ④:ストレスをためない!

ストレスも寿命に大きく関係します。

以下がプードルがストレスを溜めやすい原因です。
  • 運動量が足りない
  • 飼い主がかまってくれない
  • 思い通りにならない
プードルは活発で遊ぶことが大好きな犬種です。

運動量が足りないとかなりのストレスが溜まります。

一緒に遊んであげれば自宅でも運動できる犬種です。

散歩に行けるのが1番ではありますが雨天や夏などいけない日は、家の中で遊んであげるか、涼しい室内施設を検討してみてください。

甘えん坊な犬種なので、飼い主にかまってもらうだけでもかなり喜びます。

また、学習能力が高く賢い犬種なので、自分の思い通りにいかないことに対してかなりのストレスを溜めます。

子犬のうちからいけないことはいけないと諦めが良くなるしつけをおこなうことが犬にとっても生活しやすくなります。

長生きのコツ⑤:病気の早期発見!

基本的に病気には早期発見、早期治療が重要なことです。

そのためには、飼い主の毎日のチェックが大事なものとなってきますが、飼い主は症状が現れないと内部までの不調はわかりません。

内部まで調べるためには獣医師による健康診断が必要となります。

早く見つけて早く治すことで完治できる病気もあります。

寿命を伸ばすためには、飼い主と獣医師が協力し、飼い主の毎日の健康チェックと獣医師による定期的な健康診断がとても重要なものとなります。

プードルがかかりやすい病気やその治療法・治療費は?

プードルがかかりやすい病気は以下になります。

  • 外耳炎
  • 膝蓋骨脱臼
  • 気管虚脱
  • 水頭症
外耳炎

外耳炎とは、耳の入り口から鼓膜までが炎症をおこす病気です。 

原因 
  • 耳垢が多く溜まる
  • 感染症
  • 耳ダニ 
プードルは垂れ耳で耳の中の毛が生える犬種なので汚れがたまりやすく、非常に発症しやすい病気です。 

自宅では、定期的に確認し、汚れがあるようなら軽くふきとるなどのケアをしてください。 

症状
  • 耳垢が増える 
  • かゆがる 
  • 頭を振る 
  • 床にこすりつける 
  • 耳がくさい
しきりに耳を気にする様子があれば、外耳炎を疑いましょう。
 
治療方法 
  • 耳の洗浄や抗生剤や点耳薬の投薬 
軽度な場合は点耳薬の処方だけとなります。

重度な場合は完治するまで通院して耳の洗浄をおこないます。 

治療費 
  • 月に1万程

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨が正しい位置からずれてしまうことで発症します。 

原因 
  • 高い場所からの飛び降り 
  • 上下にジャンプする 
  • 床で滑って転倒する 

症状  

膝蓋骨脱臼のグレード 
  • グレードⅠ:普段は無症状、時々違和感のある歩き方をしている 
  • グレードⅡ:時々足を浮かせている、伸ばすと戻る 
  • グレードⅢ:常に脱臼している、飼い主が手を加えれば戻せる 
  • グレードⅣ:常に脱臼している、自分では戻せない。  
グレードⅡまではそれほど見た感じで違和感が現れないため、飼い主が気づかないことがあります。  

グレードⅢになると常に脱臼して、足を引きずることもあるので多くの飼い主が気づきます。  

グレードⅣになると骨が変形をし、歩行困難になる場合があります。 

 
治療方法
  • 内科的治療:投薬治療か半導体レーザー治療 
  • 外科的治療:手術をします。
飼い主の判断に委ねられますが、多くの場合はグレードⅡまでは内科的治療、グレードⅢからは手術を検討する飼い主が多いです。
 

また、痛めている方の足をかばって歩くため、もう片方の足も痛めてしまう可能性があります。

そのようなことにならないためにも早めに通院・治療することをお勧めします。
 

治療費 
  • 通院:1回1万程 
  • 手術費:30万~40万程 

気管虚脱 

気管がつぶれて呼吸ができなくなる病気です。 

原因 
  • 遺伝的なもの 
  • 吠えすぎること 
  • 首輪の負荷 

症状 
  • ガチョウのような呼吸音 
  • 咳き込む 
  • チアノーゼ 
  • 失神
  • 呼吸困難
ガーガーという呼吸や咳から始まり、重症化すると、呼吸不全によりチアノーゼを起こし、呼吸困難、失神して窒息死に至ります。 

興奮時に症状が現れやすく放置すると悪化しやすい病気です。 

治療方法 
  • 完治には手術が必要です。 
つぶれた気管を広げる手術をおこないます。 

投薬治療も可能ですが、、炎症を落ち着かせるだけの対症療法なので、完治には手術が必要になります。 

治療費 
  • 40万~50万程

水頭症

脳室に脳脊髄液が過剰に溜まることによって脳が圧迫されます。 

原因 
  • 先天性のもの
  • 事故による外傷 
  • 脳炎 
  • 脳腫瘍
     
以上の原因により、脳脊髄液の生産が多くなる、流れが妨げられる、吸収が阻まれているなど理由に発症します。

症状 
  • 常に呆然としている 
  • 触るとパニックになる 
  • 痙攣発作がある 
  • 旋回運動をする 
  • 視力低下のため物にぶつかる 
見た目にも  
  • おでこがドーム型に出っぱっている 
  • 両目が外側を向いている 
  • 頭の上を触ると空洞がある 
などの症状があります。
 

治療方法 
  • 内科的治療:投薬治療 
  • 外科的治療手術:手術 
軽度の場合は、投薬治療をおこない、脳脊椎液の生産を抑えて様子をみます。

重度な場合は、過剰な脳脊髄液を抜く手術をおこないます。 

治療費 
  • 通院費:1回1~2万円 
  • 手術費:40万~50万程

プードルのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!

プードルのペット保険のプランや加入条件は知っていますでしょうか。


ペット保険の審査は基本的には申し込み時に飼い主が記載した項目から審査がおこなわれます。


既往症がある、または現在通院中であっても条件付きで加入できる場合があります。


申告時は偽りがないように、正直にありのままを記入しましょう。


嘘が発覚した場合は告知義務違反となり、強制的に契約解除となります。


当然、今まで支払ってきた保険料の返還もないので今まで支払ってきた分のお金が無駄になってしまいます。


申告する際は注意してください。


ペット保険のプラン

  • 通院・入院・手術をトータルで補償
  • 通院のみを補償
  • 手術のみを補償

補償割合も90%70%50%と選択できるようになっている保険会社が多いです。


保険会社によっても変わりますので、検討中の保険会社に確認が必要です。


家庭の負担にならないように加入することも可能なので、ペット保険について検討してみてください。


プードルのペット保険


プードルは小型犬としてのプランで出している保険会社が多いです。


保険会社によっても変わりますので確認してみてください。


以下がある大手保険会社のプードルの0歳~10歳までの年間保険料です。

年齢年間保険料
0歳32,740円
1歳33,250円
2歳33,600円
3歳37,620円
4歳41,940円
5歳46,450円
6歳51,200円
7歳57,050円
8歳66,070円
9歳75,560円
10歳85,610円

参考にしてみてください。


特約について


主となる保険内容に無料または有料で付帯することによってさらに保険内容を充実させることができます。


例としては、ペットが亡くなった場合の葬儀費用をカバーする火葬費用特約や、補償期間中に保険金の支払いが無かった場合の無事故特約などがあります。


特に加入しておくと安心なのが、賠償責任特約です。


賠償責任特約とは?


管理下にあるペットが他人やペットに怪我を負わせる、または他人の物を破損した場合にかかる費用を保険金でカバーすることができます。


プードルは小型犬でありながらも活発でいたずら好きな面もあるので、万が一のために加入しておくと安心です。


ペットショップに勧められた保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。

まとめ:プードルの平均・最高寿命や長生きのコツについて

ここまでプードルの平均寿命や寿命を伸ばすためのコツを解説してきましたが、いかがでしょうか。


今回のポイントは

  • プードルの寿命は12歳~15歳
  • 犬の中で長寿な犬種
  • 毎日の健康チェックや定期的な健康診断はとても重要なもの
  • 病気は早期発見、早期治療が重要
でした。

ペットとより長くいられるように飼い主による日常の管理はとても重要なものとなります。

元気に長生きしてもらえるよう、徹底した管理をおこないましょう。

ほけんROOMではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ、参考にしてください。

ランキング