【獣医師監修】ミニチュアシュナウザーの平均・ギネス最高寿命は?性別での違いは?

【獣医師監修】ミニチュアシュナウザーの平均・ギネス最高寿命は?性別での違いは?-サムネイル画像

かわいい眉毛とひげ模様が特徴的なミニチュアシュナウザー、この記事ではミニチュアシュナウザーの性格と特徴、平均寿命と最高寿命のギネス記録、性別による寿命の違いや、人間の年齢への換算表、かかりやすい病気とその治療法、長生きのコツやペット保険などを紹介しています。

ミニチュアシュナウザーの平均・最高寿命は?

皆さんはミニチュアシュナウザーという犬をご存じですか?


おじいちゃんのようなひげが特徴の、愛らしい小型犬です。


ドラマにも出ていたことがあるため、見たことがある方は多いのではないでしょうか?


そんな愛らしいミニチュアシュナウザーを飼っている、飼ってみたいという方は少なくないと思います。


ミニチュアシュナウザーを飼うときに気になることの一つが寿命ではないでしょうか?


ミニチュアシュナウザーの平均寿命はどれくらいなのでしょうか?


また、寿命を少しでも伸ばす方法はあるのでしょうか?


今回「MOFFME」では、

  • ミニチュアシュナウザーの平均寿命やギネス記録
  • ミニチュアシュナウザーの病気とその治療法・治療費
  • ミニチュアシュナウザーが長生きするためのコツ
  • ミニチュアシュナウザーにペット保険は必要か?

についてです。


この記事をお読みいただければ、ミニチュアシュナウザーの寿命やかかりやすい病気について詳しくお分かりになると思います。


ぜひ最後までお読みください。


またMOFFMEでは、ペット保険のランキングについても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~15歳!


動物全体で見ると、小さな生き物よりも大きな生き物の方が寿命が長い傾向にあります。


しかし、犬だけで見た場合、大きな犬よりも小さな犬の方が寿命が長い傾向にあります。


ミニチュアシュナウザーは小型犬に分類される犬ですが、平均寿命はどれくらいなのでしょうか?


ここではミニチュアシュナウザーの寿命について、いろいろとご紹介したいと思います。

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~15歳です

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~15歳と言われています。


小型犬の中では一般的な寿命なのではないかと思います。


平均寿命はあくまで目安になります。


個体によっても寿命は変わってきますし、飼育環境やその他の要因によっても変わってきます。


ペット保険会社の大手である、アニコム損保が犬種別の平均寿命を調査した結果があります。


イタリアン・グレーハウンドの15.1歳が1位、ミニチュアダックスとトイプードルの14.7歳が2位という結果になり、ミニチュアシュナウザーは13.2歳で17位という結果だったようです。

ミニチュアシュナウザーの寿命のギネス記録は?

残念ながら、ミニチュアシュナウザーの長寿に関する「ギネス記録」というものは無いようです。


しかし、ギネス記録のような公式な記録ではないのですが、18歳まで生きたミニチュアシュナウザーの記録はあるようです。


また、17歳のミニチュアシュナウザーの記録もいくつか見られました。


しかし、ミニチュアシュナウザーの長寿や最高年齢に関する記録は他の犬種に比べあまりありませんでした。


もしかしたら、もっと長寿のミニチュアシュナウザーがいる可能性もあるかもしれません。


この記事をお読みになっている方の中にも、18歳以上のミニチュアシュナウザーを知っている、飼っている、という方がいるかもしれません。


日本動物愛護協会では、18歳以上の小型犬を表彰してくれるそうなので、もし18歳を過ぎたミニチュアシュナウザーを飼育している方は、申し込んでみてはいかがでしょうか?

オス・メスで寿命の違いは?

ミニチュアシュナウザーのオスとメスで寿命に違いはがあるのか気になる方もいるのではないでしょうか?


一般的に、大きい犬よりも小さい犬の方が寿命が長いと言われています。


ミニチュアシュナウザーはオスとメスで大きさに違いはほとんどありません。


そのため、寿命にも違いはないようです。


オスとメスでは少し性格が違うくらいになるようです。

【ミニチュアシュナウザーの年齢換算表】人間でいうと何歳?

ミニチュアシュナウザーの年齢換算表をご紹介します。

年齢人間換算年齢
6か月7歳半
1歳15歳
2歳23歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳76歳
16歳80歳
17歳84歳
18歳88歳
19歳92歳
20歳96歳

先ほどご紹介した18歳のご長寿シュナウザーは、人間で言うと88歳になるようです。


もしミニチュアシュナウザーを飼っていたら、人間年齢に換算してみるとどれくらいの年代か分かるので、試してみて下さい。


飼っているミニチュアシュナウザーが、自分より年下なのか年上なのかを比較してみるのも面白いかもしれません。

ミニチュアシュナウザーのシニア期・高齢期は何歳から?

ミニチュアシュナウザーのシニア期・高齢期は

  • シニア期 6歳から10歳
  • 高齢期 11歳から

となるようです。


ただし、犬によっても老化のスピードが違ってきます。


ミニチュアシュナウザーの年齢を目安にし、その他

  • 睡眠時間が増えた
  • 階段の上り下りを嫌がる
  • 毛づやが悪くなった
  • 壁などによくぶつかる
  • 散歩の途中で歩かなくなってしまう

など老化の症状があるかをみて、シニア期に入ったのかどうかを判断するようにしましょう。


シニア期に入ったら、前よりも健康維持に気を使うようにしてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーの性格や特徴は?

ミニチュアシュナウザーは

  • 体高 30~35㎝
  • 体重 4~8kg

の小型犬に分類される犬です。


口の周りのひげのような被毛と、長い眉毛が特徴的で、おじいちゃんにも見える愛らしい犬です。


この特徴的なヒゲは、ネズミなどの小動物からの攻撃を防ぐためのものと言われています。


名前の「シュナウザー」はドイツ語で「口ひげ」を意味するそうです。


毛色は

  • ブラック
  • ブラック&シルバー

が主な色になります。


被毛はワイヤーのようなゴワゴワした毛質をしています。


ミニチュアシュナウザーの性格は

  • 遊び好き
  • 好奇心旺盛
  • 警戒心が強い
  • 従順

などが挙げられます。


詳しくは以下の記事でも解説しておりますので、参考にしてみて下さい。

ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気やケガその治療法・治療費は?

飼っているミニチュアシュナウザーが病気にかからずに過ごせたら一番いいのですが、ミニチュアシュナウザーにもかかりやすい病気がいくつかあります。


病気になった時にいち早く気づいてあげるためにも、どのような病気にかかりやすいのかを知っておくことをおすすめします。


ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気としては、

  • 尿路結石
  • 白内障
  • 糖尿病
  • 乾燥性角結膜炎

などが挙げられます。


また、犬全体として外耳炎皮膚病にかかりやすいと言われています。


定期的なシャンプーやブラッシングを行い、皮膚病や外耳炎を予防するようにしてください。


ミニチュアシュナウザーの尿路結石


ミニチュアシュナウザーがかかりやすいと言われている病気の一つが尿路結石です。


ミニチュアシュナウザーはもともとの体質で尿路結石にかかりやすいと言われているようです。


尿路結石の原因の1つである「シュウ酸カルシウム」が他の犬種よりも11倍もできやすいと言われています。


犬の尿石症尿路結石は

  • 症状 排尿を嫌がる・血尿
  • 治療法 食事療法、手術
  • 治療費 17万円ほど(手術の場合)
  • 予防法 結石の原因となるミネラル成分の制限、水分摂取

となります。


早期に気づけば食事療法で治療することもできますが、結石ができて詰まってしまった場合は手術する必要があります。


また、尿路結石は冬に悪化しやすい病気ともいわれています。


水分摂取量が減ってしまう事が主な原因となるようです。


もし飼っているミニチュアシュナウザーが、あまり水を飲んでいないようだったら、ドライフードにウェットフードを混ぜるなどして水分を補うのもいいようです。


ミニチュアシュナウザーの白内障


ミニチュアシュナウザーは目の病気に比較的かかりやすいと言われています。


犬の白内障は

  • 症状 目が白く濁る、視力の低下、失明
  • 治療法 点眼薬で進行を遅らせる、手術
  • 治療費 30万円(手術の場合)
  • 予防法 特にない

となります。


有効な治療法や予防法の無い病気なので、早期発見を心がけ、病気の進行を遅らせるようにしましょう。


白内障の手術は、目に人工のレンズを入れるという手術になるようです。


若い個体でしか手術を行うことができないと言われています。


ミニチュアシュナウザーの糖尿病


ミニチュアシュナウザーは肥満になりやすいと言われています。


そのため、糖尿病にもかかりやすい犬種と言われています。


犬の糖尿病は

  • 症状 多飲多尿、やせる
  • 治療法 インスリン注射、食事療法
  • 治療費 2~3万円/月(インスリン注射)
  • 予防法 肥満にならないように適度な運動と食事に気をつける

となります。


糖尿病は一度かかってしまうと生涯治療を続けなくてはいけない病気です。


愛犬の体重管理をしっかり行い、適度な運動を心がけましょう。


ミニチュアシュナウザーの乾燥性角結膜炎


ミニチュアシュナウザーは涙の量が少ない場合が多く、乾燥性角結膜炎にかかりやすいと言われています。


犬の乾燥性角結膜炎は

  • 症状 目やにが増える、白めの充血
  • 治療法 点眼薬
  • 治療費 7,000円程
  • 予防法 部屋の加湿、目のマッサージ

となります。


症状が悪化すると通院の必要も出てくるので、早期発見を心がけるようにしましょう。

ミニチュアシュナウザーが健康で長生きするためのコツを解説!


ミニチュアシュナウザーと少しでも長く一緒にいたいと思う方は多いと思います。


ただ長生きするだけでなく、一緒にいる間は健康でいて欲しいとも思うのではないでしょうか。


ミニチュアシュナウザーが健康で長生きするには、

  • 食事
  • 運動
  • ストレス

に気をつけることが重要になってきます。


それぞれ詳しくご紹介します。

長生きのコツ①:食事に気を付ける

ミニチュアシュナウザーの寿命を延ばすためにも、質の良いドッグフードを与えるようにしましょう。


基本的には人間の食べ物を与えることはしないでください。


人間の食べ物は塩分脂肪分が多く、犬の体には合いません。


ドッグフードには子犬用成犬用シニア用など、年齢によって分類されているのをご存じですか?


犬は年齢によって運動量や成長量などが変わるため、必要なエネルギーや栄養素が違ってきます。


そのため、年齢に合ったドッグフードを与えることも、ミニチュアシュナウザーが長生きするためのコツということになります。


さらに、飲み水にも注意が必要です。


先ほどもご紹介しましたが、ミニチュアシュナウザーは尿路結石にかかりやすい犬種になります。


尿石症の原因の一つに、ミネラル分の取りすぎというものがあります。


ミネラルウォーターにはミネラル分が多く含まれている場合があります。


尿路結石にならないためにも、飲み水にミネラルウォーターを与えるのは避けた方がいいようです。


また、食事のあとはミニチュアシュナウザー特有の「ヒゲのような被毛」に気を使ってあげましょう。


ひげのような被毛は食事のあと汚れやすく、そのままにしておくと細菌が繁殖してしまいます。


そうならないように食事のあとは口周りの被毛をきれいに拭いてあげるようにしてください。

長生きのコツ②:十分な運動をさせてあげる

ミニチュアシュナウザーは肥満になりやすい犬種と言われています。


肥満になってしまうと、糖尿病などの病気になってしまうリスクが高くなってしまいます。


そのようなことにならないように、十分な運動をさせてあげることが、ミニチュアシュナウザーの長生きのコツになります。


また、運動不足はミニチュアシュナウザーのストレスが溜まってしまう原因にもなります。


ストレスを溜めないようにするためにも、1日2回1回30分程を目安に散歩へ連れて行くようにしてください。

長生きのコツ③:ストレス管理に気をつける

最後のコツはストレスです。


人でもストレスが溜まると寿命が縮むと言うと思いますが、犬も同じで、ストレスで寿命が縮んでしまう事があるようです。


また、ストレスが溜まってくると、皮膚のバリア機能が低下し、皮膚病にかかりやすくなってしまったり、ストレスから食欲が増し、肥満に繋がってしまう事もあるようです。


散歩でのストレス解消以外にも、飼い主さんが一緒に遊んであげることもストレスの解消になります。


毎日少しの時間でもいいので、ボールなど、飼っているミニチュアシュナウザーの好きな遊びを一緒にしてあげるようにしましょう。


たまにドッグランなどで走らせてあげるのも、ストレス解消につながります。

ミニチュアシュナウザーのペット保険とは?保険料や補償内容、特約も解説!


ミニチュアシュナウザーは比較的丈夫な犬で、病気にもかかりにくいと言われています。


しかし、体質的に尿路結石にかかりやすいなど、かかりやすい病気は存在します。


先ほどご紹介したミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気以外にも、犬がかかりやすい病気として、皮膚炎や外耳炎などの病気もあります。


1度の通院で済むような病気ならば、治療費もそれほど気にならないかもしれませんが、通院が何回か必要な場合や、手術の場合は治療費も高額なものになってしまいます。


このような場合に備えて、ペット保険へ加入することをおすすめします。


ペット保険は犬の大きさによって保険料が変わってくることがほとんどです。


また、ペット保険には「賠償責任特約」というものを付帯することができます。


これは飼っている犬が人の物を壊してしまった場合や、人に噛みついてしまい怪我をさせてしまったときに補償してくれる保険になります。


こちらも犬種によって保険料が異なりますが、小型犬のミニチュアシュナウザーの場合、保険料に80~140円程プラスするだけで加入することができます。


以下の記事でミニチュアシュナウザーの保険を詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

まとめ:ミニチュアシュナウザーの平均寿命や長生きさせるコツについて

いかがでしたか?


ここではミニチュアシュナウザーの寿命や病気についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは

  • ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~15歳
  • ミニチュアシュナウザーのシニア期は6歳から、高齢期は11歳から
  • ミニチュアシュナウザーのかかりやすい病気は、尿路結石、白内障、糖尿病など
  • ミニチュアシュナウザーが健康で長生きするコツは、食事・運動・ストレスに気をつけること
  • ミニチュアシュナウザーのペット保険について

になります。


こちらの記事を参考に、ミニチュアシュナウザーの健康長生きライフを実践してみて下さい。


ミニチュアシュナウザーを購入したペットショップなどで、ペット保険への加入を勧められることもあるかと思いますが、安易なペット保険への加入は避けてください。


ペット保険によって補償内容も違い、保険料も違ってきます。


ペット保険への加入は、ご自身でしっかりと調べてから行うようにしましょう。


MOFFMEでは他にもペット保険に関する記事を多数ご紹介しています。


興味のある方はぜひ参考にお読みください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング