秋田犬の性格や特徴は?素直だが凶暴な一面も?価格や飼い方等も解説

秋田犬は素直で冷静沈着、威厳がある犬として知られていますが、凶暴で警戒心が強い性格の子もいます。この記事では秋田犬の性格・特徴や価格、お迎え方法、飼い方のコツやしつけ方、秋田犬の病気やペット保険についても解説しています。秋田犬の性格をよく知ることができます。

秋田犬の性格や特徴は?素直で威厳がある?

「忠犬ハチ公」でおなじみの秋田犬(あきたいぬ)は、日本のみならず海外でも人気の犬種です。


飼い主に対して忠実で素直な性格の反面、熊猟犬や闘犬としての性質をもつ秋田犬は、どのような性格や特徴があるのでしょうか?


「秋田犬を飼ってみたいけど、凶暴な性格なのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。


そこで今回のこの記事では、秋田犬について

  • 秋田犬の性格や特徴
  • お迎え・購入方法と価格や選び方
  • 飼い方のコツや注意点、しつけの方法
  • 秋田犬の寿命やかかりやすい病気

以上のことを中心にご説明していきます。


この記事を読んでいただければ、秋田犬の性格や特徴について理解でき、愛犬と楽しく毎日を過ごせるはずです。


また、これから秋田犬を家族として迎え入れようとお考えの方は、お迎え・購入方法や飼い方のコツなど、迎え入れる前の事前準備として参考にしてみてください。


ぜひ、最後までご覧ください。



秋田犬は飼い主に忠実であるが、それ以外には凶暴な面があります

秋田犬は、柴犬や土佐犬と同じ日本をルーツとする日本犬で、国指定天然記念物として登録されています。


忠犬ハチ公として有名な秋田犬は、そのイメージどおり飼い主にとても忠実な性格の持ち主です。


しかし、古くから狩猟犬や闘犬として活躍していた背景もあり、飼い主以外には凶暴な面もあります。


ここでは、秋田犬の歴史や性格、特徴などについてご紹介します。

秋田犬の歴史

江戸時代以前から秋田のマタギ犬(熊の狩猟犬)として飼育されてきた秋田犬は、秋田県大館地方に生息していた犬が、他の犬種と交配することのよって生まれました。


江戸時代に入る、と土地の領主が闘犬を始めるようになり、秋田犬は闘犬として育てられるようになります。


闘犬として強くするために西洋犬との混血が進められたことで、一時は純血種の秋田犬が激減してしまいました。


その後、大正時代になってから純血種の保存運動が始まり、昭和6年に秋田犬は国指定天然記念物として登録されました。


しかし、太平洋戦争時代には、食糧難や軍用犬としての西洋種との混血が進められたことで、豚旅純血種の数が減少してしまいました。


終戦後、残っていた数少ない純血種を利用して再び保存活動が起こり、秋田犬保存のための活動が拡大しました。

秋田犬のオス・メス別の性格は?

飼い主に忠実な性格で、家族を守ろうとする意識の強い秋田犬は、番犬としても高い能力を発揮します。


一方で、狩猟犬や闘犬としての活躍していたこともあり、頑固で独立心が強く、飼い主以外には攻撃的になることもあります。


しっかりしつけされていないと、神経質な性格が現れることもあり、噛みついたり暴れたりして第三者にケガを負わせてしまう可能性もあります。


また、辛抱強い性格から、痛みやトイレを我慢する傾向もあるため、飼い主は病気の初期症状などを見逃さないよう注意が必要です。


そんな秋田犬ですが、オスとメスで性格に若干違いがあります。


オスの性格:自立心が強い

秋田犬のオスは、メスに比べて自立心が強い傾向にあります。


メスよりも活発なオスは、メスと比べてしつけが大変だといわれています。


メスの性格:おとなしくて従順

秋田犬のメスは、オスよりも落ち着いた性格で、お世話をするときもおとなしくしてくれます。


散歩のとき、飼い主の一歩前を歩くオスに対して、メスは飼い主の横を一緒に歩く傾向にあります。

秋田犬の特徴

秋田犬の主な毛色は、赤・白・虎の3タイプで、赤が最も代表的です。


体高は、オスで67cm前後、メスで61cm前後あり、体重はオスで50~59kg、メスで40~50kgほどになります。


秋田犬は、ガッチリとしたたくましい体型にスラっとした長い脚、太くてくるりとカールした尻尾が特徴的です。


体は二重の被毛に覆われていて、秋田で生まれたということもあり寒さにはとても強いです。


基本的には短毛ですが、なかには長毛の秋田犬もいます。


ただ、暑さには弱い傾向にあるので、暑さが続く地域で飼うことはあまりおすすめしません。


特徴的な三角形に近い小さな瞳や、先端に丸みのある耳は、どこか素朴で可愛らしい印象を受けます。

日本犬の種類と違い

秋田犬は、日本をルーツとする日本犬ですが、日本犬は全国で6種類しかいません。

  • 秋田犬
  • 柴犬
  • 北海道犬
  • 甲斐犬
  • 紀州犬
  • 四国犬
海外からの外来種が増えてきた現代において、これら6種の日本犬は貴重な存在になりつつあります。

日本犬は、秋田犬を含む6種すべてが国の天然記念物にも指定されており、「日本犬保存会」という団体が保存に取り組んでいます。

日本犬は、秋田犬を除くすべての犬種が中型犬に分類されます。
犬種毛色部類
秋田犬赤・白・虎超大型犬
柴犬
赤・黒・胡麻・赤胡麻・黒胡麻
中型犬
北海道犬胡麻・虎・赤・黒・黒褐色・白中型犬
甲斐犬黒虎・赤虎・虎中型犬
紀州犬白・赤・胡麻中型犬
四国犬胡麻・赤・黒褐色中型犬
日本のイメージが強い「土佐犬」や「日本スピッツ」は日本犬ではないの?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。 

土佐犬や日本スピッツも日本原産の犬種ではありますが、交配の過程で外来種の血が混じっているため、日本原産の純血種である日本犬とはいえません。 

たとえば、高知県の闘犬として有名な土佐犬は、ブルドッグやグレートデン、マスティフなどが交配されています。


秋田犬のお迎え・購入方法は?価格や選び方も紹介!

日本犬の中でいちばん大きい秋田犬ですが、家族として迎え入れる方法には下記の3つが考えられます。

  • ペットショップで購入する
  • ブリーダーから購入する
  • 里親制度を利用する
ここでは、それぞれのお迎え方法から価格や子犬の選び方をご紹介します。

秋田犬のお迎え・購入方法

ペットショップで購入する

秋田犬のペットショップでの販売価格は60,000~120,000円ほどで、相場は100,000円ほどです。 


血統や体の特徴、毛の長さなどによって価格が異なりますが、毛色による値段の違いはほどんどありません。


親がチャンピオン犬であるような付加価値が付いている場合、価格が高騰する傾向にあります。


一方で、秋田犬の犬種標準から外れている場合は、安い価格で取引されていることが多いため、犬種標準にこだわりがない方は相場より安く購入することも可能です。 


ブリーダーから購入する

仲介業者を通さずブリーダーから直接購入できるため、ペットショップで購入するよりも比較的安くで購入できます。


ブリーダーショップで購入するメリットは、親犬や兄弟犬を確認できることです。 


また、早い段階から母犬と引き離されるペットショップと違って、親犬や兄弟犬と過ごす時間が長いので社会性が身に付きやすいといわれています。


生後60日くらいまでの期間は、親犬や兄弟犬と一緒に過ごして社会性を身に付ける大切な時期であり、この時期の生活の中で、噛んだり噛まれたりしながら手加減することを覚えます。 


この時期に社会性が身に付かなかった子犬は、成犬になってから噛んだり暴れたりといった問題行動を起こしやすいといわれています。


里親制度を利用する

里親制度とは、保健所や動物愛護団体などで保護された犬を引き取って、家族として迎え入れる制度です。


ペットショップ・ブリーダーからの購入とは違い、里親として犬を引き取るには厳しい条件が設けられていたり、飼育のための講習会を受けたりする必要がある場合もあります。


里親募集に出ている犬は、様々な理由で飼い主と離れることになってしまった犬たちです。


一度辛い思いをした犬に、二度と悲しい経験をさせないようにと、保健所や動物愛護団体の配慮から生まれたのが里親制度です。


迎え入れる方法がどうであれ、「最後まで責任をもって命を預かる覚悟」が必要ですが、里親制度で引き取る際は子犬ではない場合が多いです。


飼い主に懐きにくかったり、しつけし直すのに時間がかかるなど、子犬から育てるケースとはまた違う苦労がありますが、そういった面も踏まえて育てぬくという意思を持つ必要があります。

秋田犬の価格・選び方

秋田犬の価格

迎え入れる方法価格
ペットショップでの購入120,000円程度
ブリーダーからの購入100,000円程度
里親制度の利用予防接種などの初期費用

価格は、譲渡自体は無償で行われている里親制度を利用することで一番抑えられます。


仲介業者を通しているペットショップよりも、直接ブリーダーから購入する方が比較的安価で購入できます。


しかし、ブリーダーが近くにいない場合は、そこまでの交通費などもかかるので、場合によってはペットショップで購入する方が安いケースもあります。


子犬の選び方

抱っこをしたときの嫌がり方や興奮の仕方を見てみましょう。 


抱っこを極端に嫌がったり、手を噛んできたりするような犬は、警戒心が強い性格の可能性があります。 


また、口の中を見たり首根っこをつまんでみたり、少しだけ犬が嫌がるようなことをやってみることで、神経質な性格かどうかが分かります。 


そうした傾向は、トレーニングやしつけ等で緩和させることもできますが、基本的には治らないケースが多いです。


ペットショップで購入する場合は、信用できるお店かどうかを事前に確認することです。


生後まもない子犬を販売していたり、ショーケースが清掃されていなかったりなど、飼育環境に問題がありそうなお店での購入はできるだけ避けてください。


秋田犬は、日常的に店頭で販売されている犬種ではないので、安価で販売されている場合はその理由もしっかりと確認するようにしてください。




ブリーダーから購入する場合は、愛情をもって大切に育てている秋田犬専用のブリーダーから購入する方が安心です。 


時々、利益だけを目的とした悪質なブリーダーもいるので、ネットだけで購入を決めずに、親犬や犬舎を実際に見に行ったり、ブリーダーから話を聞いたりして、どの犬を家族として迎え入れるか決定することをおすすめします。


特に、血統にこだわりたい方は、経験豊富なブリーダーを選び、飼い方のコツや良い犬の判断基準を確認しましょう。

秋田犬の飼い方のコツや注意点、しつけ方を解説!

体格もがっしりしていて、時には凶暴になってしまう一面もある秋田犬ですが、飼い方のコツや注意点を理解した上で、正しいしつけをしていれば、従順で素直な犬になるでしょう。


ここでは、しつけの仕方、適切な運動量やえさの量、ブラッシング方法についてご紹介します。


■しつけ

秋田犬を育てるにあたって、最も注意する必要があるのが「しつけ」です。 


秋田犬はとても賢く、飼い主に対して忠実な性格ですが、飼い主と認めていない人に対しては言うことをきかなかったり、凶暴になったりします。


大事なことは、「飼い主がリーダーである」ということを示すために、常に毅然とした態度で接することです。


また、秋田犬は警戒心が強いので、知らない人に対してむやみに吠えないよう無駄吠えのしつけはしっかりと行いましょう。


その他にも、ダメなことはきちんと叱る、良いことはたくさん褒めるなど、メリハリをつけて接するよう心掛けてください。


■運動量

体格が大きい秋田犬は、1日に必要な運動量が多く、お散歩が大好きです。 


毎日、朝と夕方に30分~1時間程度のお散歩が理想的で、特に室内飼いの場合は、毎日散歩の時間を確保する必要があります。


秋田犬は体が大きく力もあるので、体力に自信のある方が飼い主に向いていますが、夏の暑さにとても弱いので、夏は涼しい時間を狙って散歩をするようにしてください。


■えさの量

秋田犬は、体格が大きく運動量も多いので、他の犬種と比べて食費がかかる傾向にあります。


しかし、たくさん食べるからといって、どんどんえさをあげてしまうと、肥満の原因になることがあるので、ドッグフードに記載されている目安を参照したり、動物病院やブリーダーに相談したりしながら、適正な量を与えるように心がけましょう。


■ブラッシング

長毛の犬種に比べて、被毛のお手入れは比較的かんたんで、1週間に1回のブラッシングで大丈夫です。


体臭もほとんどありませんが、必要に応じてシャンプーをしてあげることで抜け毛対策につながります。 


ブラッシングは、被毛のお手入れになるだけでなく、スキンシップをとれる大切な時間です。 


お手入れしながらたくさんスキンシップをとることで、犬と飼い主との間に信頼関係が生まれます。


秋田犬の寿命やかかりやすい病気は?ペット保険に加入しよう

秋田犬は体が大きいので、病気にかからないイメージがありますが、他の犬種と同様に病気やケガには注意が必要です。


ここでは、秋田犬の寿命やかかりやすい病気についてご紹介します。

秋田犬の寿命やかかりやすい病気

平均寿命

秋田犬の平均寿命は10~15歳といわれています。
秋田犬が分類される大型犬の平均寿命は、13歳前後といわれているので、比較的平均的な寿命であるといえます。

かかりやすい病気

  • 皮膚病
  • へそヘルニア
  • 眼瞼内反症
  • 甲状腺機能低下症
  • 股関節形成不全症
  • ブドウ膜皮膚症候群
  • 心室中隔欠損
  • 進行性網膜委縮症
  • 胃捻転
  • 腸重積
秋田犬がかかりやすい病気のひとつでもある、甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモン薬を投与して治療を行います。 

甲状腺機能低下症は、基本的に生涯投薬を続けなければいけません。 

加えて、投薬するホルモン薬の量を確認するためにも、定期的な血液検査が必要となります。

4週間ごとの通院で薬代だけでも2万円を超えるケースがほとんどで、薬代だけでなく通院費や検査費が定期的にかかると考えてよいでしょう。

手術や入院などの高額な出費がなくても、少額の治療費を長期的に支払うことは、経済的な負担も少なくありません。

いざというときのために、費用面での負担を軽減するためにも、治療費を補償してくれるペット保険への加入をおすすめします。

秋田犬のペット保険について

ペット保険は、小型犬・中型犬・大型犬によって保険料が異なります。


ここでは、秋田犬が分類される大型犬の年間保険料の例をご紹介します。

年齢年間保険料
0歳10,680円
1歳10,400円
2歳10,040円
3歳12,070円
4歳15,810円
5歳18,510円
6歳20,890円
7歳22,380円
8歳24,270円
9歳25,520円
10歳26,580円

保険料は、保険会社だけでなく、補償の範囲(通院費・入院費・手術費のどこまでをどの程度補償するか)などによっても異なりますので、ご自身や愛犬に合ったペット保険を選ぶようにしましょう。


ペット保険の補償範囲(通院・入院・手術)や補償割合の選択肢は豊富であるので、家計に負担がないように加入できます。


ペット保険の特約について

ペット保険には、メインの補償内容の契約以外に、有料または無料で付けられるオプションのような「特約」があります。 


特約は、あくまで主契約に追加して契約できるものになりますので、特約単体で契約することはできません。


中でもポピュラーな「賠償責任特約」は、ペットが第三者やそのペットにケガをさせてしまったり、持ち物を壊したりしてしまった場合に、賠償金を出してくれたり、代わりに示談交渉をしてくれる特約です。


特に中〜大型犬においては噛みつきによる事故が増えており、賠償責任特約を付帯することをおすすめします。


その他にも、保険会社によってさまざまな特約がありますので、こちらも合わせてペット保険の比較検討の材料にしてみてください。


まとめ:秋田犬の性格や特徴について

秋田犬の特徴や性格についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 忠実で素直な性格だが、飼い主以外には凶暴になる場合もある
  • ペットショップやブリーダーからの購入、里親制度の利用で迎え入れられる
  • 子犬のうちにしっかりしつけをする必要がある
  • 秋田犬の平均寿命は10~15歳
  • 治療費が高額になるケースもあるので、ペット保険に加入しておいた方が良い

でした。 


愛犬にもしものことがあった場合、高額な費用のせいで治療を断念してしまうという事態を避けるためにも、ペット保険への加入をおすすめします。 


ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。 


ほけんROOMではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。


飼い主に対しては忠実で素直な秋田犬ですが、警戒心が強いため飼い主以外には凶暴になってしまう場合もあります。 


子犬の頃からしつけをしっかり行うことで、誰からも愛される素直な秋田犬になるはずです。 


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング