シーズーの性格や特徴は?友好的で愛情深い?病気や飼い方等を解説!

シーズーの性格や特徴は?友好的で愛情深い?病気や飼い方等を解説!-サムネイル画像

シーズーは長毛で耳が垂れており、友好的で愛情深い性格です。本記事ではシーズーのオス・メスの性格の違いや特徴、購入方法、値段、飼い方のコツ、注意点、しつけ方等を紹介しています。また、シーズーの保険等も紹介しているため最後まで見てください。

シーズーの性格や特徴は?飼い方や病気についても解説!

かわいい容姿に穏やかな性格、飼いやすい犬種として大人気のシーズー。「ぜひ飼ってみたい。」と思われる方も多いと思います。


しかし、意外とシーズーの性格や特徴、購入方法などは詳しく知られていません。


シーズーを飼う際に知っておきたいポイントが分かれば安心してシーズーを家族としてお迎えできますよね?


この記事ではシーズーを飼う時に役立つ情報について

  • シーズーの特徴
  • オス・メス別のシーズーの性格
  • シーズーの値段や購入方法
  • シーズーの飼い方のコツ・しつけ方法
  • シーズーをお迎えしたら入りたいペット保険

以上のことを中心に詳しく解説しています。


この記事を読んでいただければシーズーについて理解が深まり、シーズーと楽しい生活を送る際に役立つかと思います。


ぜひ最後までご覧ください。

シーズーは長毛で耳が垂れており、友好的で愛情深い性格


小柄で飼いやすい上に人懐っこく心あたたかいシーズー。そのかわいらしさから多くの人に愛されています。


シーズーは長毛種で体を覆うような長いつややかな毛を持ち、耳が垂れていることが特徴としてあげられます。


性格は人にも犬にも友好的で子どもがいる家庭にぴったりの犬種です。遊び好きで好奇心の強い活発な部分と愛情深く穏やかな部分をあわせ持つところも魅力的です。


ここでは人気の犬種シーズーの特徴や性格を詳しく紹介します。

シーズーの特徴は?

体長と体高がほぼ同じ長さで、少しだけ体長の方が長いです。高さは大きくとも約28cmほどで小柄でかわいらしい姿が多くの人に親しまれています。


シーズーの体は小さく小型犬に分類されますが、抱っこをしてみると意外に重くしっかりした体格であることが分かります。


シーズーは体を覆うような長い毛が特徴ですが、夏の暑さ対策やお手入れのためにカットをすることもあります。見た目もかわいらしくなるため最近ではカットする人が増えていますが、長い毛には保温の他、皮膚の保護などの役割があるので注意してカットしましょう。


毛色は多種多様でパーティーカラーと呼ばれる「ホワイト・ブラック」「ホワイト・ゴールド」など2種類の毛色を持つシーズーが多くいます。また、成長の過程で色が変わることもあります。


シーズーの顔の特徴は耳が垂れていることや菊の花のように鼻を中心に外側に向けて毛が生えていることがあげられます。目が大きいのも魅力的な特徴の一つです。

シーズーの性格は?友好的で愛情深い?

シーズーは見た目には、よく遊び元気に走り回るイメージですが、落ち着いて周りの状況をしっかりと眺めることのできる、まさに自分でオンオフを切り替えて使える、賢い犬種だとも言われています。


飼い始めたすぐはとても警戒していますが、これはどの犬でも新しい環境に慣れるまで一定の時間は必要かもしれません。


シーズーは人が大好きで特に家族には深い愛情を持つようで、神経質ではないため小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも問題ないでしょう。


好奇心が旺盛で、初めて会う人や犬に抵抗なく近づいていくため、友好的で愛情深い特徴があると言われています。


ただし、家族以外の人や犬への触れ合いが全然ないと、攻撃性が生まれてしまうとも言われていますので、散歩やドッグランなどで定期的に家族以外の人や犬に触れる機会を与えてあげましょう。

シーズーのオス・メス別の性格の違いを解説!

シーズーは穏やかで社交的な性格から初心者でも飼いやすい犬種として知られています。


ここでは詳しくシーズーの性格を見ていきます。オスとメスでは性格が違うのでそれぞれの性格を紹介します。


まず、オスのシーズーは感情をはっきりと出します。好き嫌いももありますし、喜びや怒りを分かりやすく表現します。


そしてオス特有の魅力的な性格が甘えん坊な性格です。飼っているうちにべったりと甘えてくるので「メロメロになってしまう。」という飼い主の声がよく聞かれます。


メスのシーズーは穏やかで優しい雰囲気を持っています。感情は安定し、安らぎを与えてくれます。


包まれるような優しさで寄り添ってくれるメスのシーズーの存在に多くの飼い主が癒されています。


オス・メスともにそれぞれ良さがあり、人によって好みが分かれるかもしれませんね。


もちろん個体差はあり、必ずこのような性格であるとは限りませんが、傾向をしっかり押さえてシーズーを選ぶ際の参考にしてください。

シーズーの別名は「獅子」?名前の由来や出生地等を紹介!

愛くるしいシーズー。現在は世界中で飼われていますが、出生地は中国と言われています


17世紀にチベット地方のラサ・アプソと中国の王宮で長い間飼われていたペキニーズの混血によって生まれたと考えられています。


当時シーズーは神の使いとされ特別な存在として扱われていました。そこで中国の空想上の神聖な動物「獅子」に例えられることもあり、中国では「獅子狗」とも呼ばれています。


シーズー誕生後も王宮内で外に出さないように大切に飼われました。清王朝末期には権力者であった西太后に寵愛されたことでも知られています。


チベットでは穏やかな性格ゆえ僧侶の生まれ変わりと考えられ特別大切にされました。


長い間中国の王宮内で愛されたシーズーですが、アヘン戦争の際絶滅の危機を迎えます。


中国の王宮が攻められ、多くのシーズーが命を落としてしまいました。しかし、一部のイギリス人がシーズーを保護しイギリスに持ち帰りイギリスで繁殖されることになりました。

シーズーのお迎え・購入方法は?値段や選び方も紹介!


愛らしい姿が大人気のシーズー。「ぜひわが家でも飼いたい。」と思った時、最初に気になるのが購入方法ですよね?


シーズーはとても人気がある犬種なので多くのペットショップで扱いがありますしブリーダーも数多くあります。


まずは、的確なアドバイスをくれるようなショップやブリーダーを時間をかけて探す事から始めるといいでしょう。


ここではシーズーを迎えるにあたっての注意点や、選び方、気になる値段などを詳しく紹介します。

シーズーのお迎え・購入方法

シーズーは生き物なので気軽な気持ちで飼うことはできません。シーズーをお迎えする際にいくつか必ずしなくてはならないことがあるので紹介します。

  • 1年に1回、狂犬病の予防接種
  • 保健所等への犬の登録
  • 鑑札の装着

狂犬病の予防接種は年に1回必ずしなくてはならない飼い主の義務です。予防接種が済んだら注射済票を首輪につけておきましょう。


犬の飼い主は犬を飼い始めてから30日以内に保健所や環境部環境衛生課に犬の登録を申請する義務があります。犬の申請は一度行えば大丈夫です。


犬の登録をすると送られてくる鑑札は犬の首輪につけておきましょう。


シーズーはブリーダーやぺットショップから購入するのが一般的です。飼い始めてからも折に触れて相談できるショップやブリーダーを選びましょう。


また、里親制度を利用する方法もあります。里親制度を利用すると基本的に無償で譲り受けることができるのでお迎えする時にかかる費用は予防接種などの初期費用のみになります。

シーズーの値段や選び方

シーズーをブリーダーやペットショップから購入する場合の相場はいくらくらいでしょうか?


ブリーダーから購入する場合は8万円から20万円が一般的です。体つきや親の血統により高額な値段になることもあります。


ブリーダーは特定の犬種を扱っていることが多いので、シーズーに関する専門知識が豊富で適切なアドバイスももらえます。


ペットショップで購入する場合は中間業者が入るため価格は高くなる傾向があります。


お迎えするシーズーの選び方としては

  • 抱っこしてずっしりと重い
  • 健康状態が良い
  • 色素が濃い

上記のポイントをチェックしましょう。


抱っこしてしっかりと重さを感じるスージーは体がしっかりとしています。


鼻がしっかり湿っているか?目ヤニが出ていないか?をしっかり見て健康状態も観察しましょう。


鼻や目の色素が薄いシーズーは生まれつき免疫力が弱いこともあるのでなるべく避けましょう。


どこから購入するか?どのようなシーズーを選ぶか?というポイントをしっかりと押さえてあなたにぴったりのシーズーをお迎えしてくださいね。

シーズーの飼い方のコツ、注意点、しつけ方を解説!


では、シーズーを飼う際に、シーズーならではの気をつける点などはあるのでしょうか。


ここでは、シーズーを飼うためにシーズーの特性に合わせたシーズー独特の飼い方にコツがあるのか、またはシーズーに対して特に注意する点があるのか、そして、犬を飼う時に一番大事とされるシーズーのしつけ方を解説していきます。

  • シーズーを飼う際の環境は?温度管理に要注意!
  • 運動量に注意!太りやすい体質なので運動はしっかりと!
  • シーズーのしつけ方とは?しつけの注意点も解説!
以上の項目について詳しく見ていきましょう。

シーズーを飼う際の環境は?温度管理に要注意!

まずは、シーズーを飼う際の環境について見ていきましょう。


言うまでもありませんが、シーズーを飼う場合は、室内飼いが基本です。


特に人が大好きなので、家族と一緒の空間、リビングなどに居場所を作ってあげると良いでしょう。


また、小型犬特有によくあることですが、シーズーもかなり短足気味のため、段差が多い場所や滑りやすい床の生活は足腰を痛めてしまう可能性があります。


そして、シーズーは寒さには強い犬種なのですが、暑さには弱く直射日光を嫌いますので、暑さ対策が必要となってきます。


リビングといえば比較的日当たりの良い場所だと思われますが、シーズーの過ごす室内では快適な温度に保てるように、温度管理に注意しましょう。

運動量に注意!太りやすい体質なので運動はしっかりと!

シーズーのような小型犬の場合、運動量としては比較的低くても良いと言われています。


シーズーは太りやすい体質とも言われていますから、室内で放し飼いにしたぐらいでは運動量は足りていませんので、散歩は必須です。


人もそうですが、いくら頑張っても家の中ではそこまで歩けませんよね。


犬も同じで外に散歩に行くことで、健康維持やストレス発散もできますし、適度な運動をして肥満を防止することもできます。


また、シーズーは社交性もありますので、ドッグランに遊びに行ったりすれば、他の犬と仲良く遊ぶこともできます。


ただし、夏の暑い時間の散歩は控えた方が良いですし、散歩に行って無理に走らせすぎるのは小さな体には良くないので、適度な運動ができれば終わるように気をつけましょう。

シーズーのしつけ方とは?しつけの注意点も解説!

シーズーは穏やかな性格であり賢いため、小さなお子様や年配の方がいる家庭でも、飼いやすい犬種でその上しつけやすい犬種とも言われています。


ただし、いくら飼いやすくてしつけやすいと言っても、しつけは最初にきちんとしておかなければ、取り返しのつかないことなってしまうかもしれません。


犬のトイレトレーニングは犬を飼うにあたっては一番大切なしつけの一つであり、特に仔犬の頃にしっかりとしつけを行うことが大事なので、タイミングに合わせて的確な指示を家族みんなで共有して根気よく行うことをお勧めします


人懐こい性格であるシーズーは、頭も良く覚えも良いと言われていますが、一方頑固な一面も持ち合わせていたりしますので、飼い始めてしまえば小さな子供から大人まで含めて、主従関係をはっきりさせることが大切です。


シーズーの飼い方のコツや注意点、そして一番大事なしつけ方をしっかりと肝に命じておきましょう。

シーズーの寿命やかかりやすい病気とは?ペット保険も解説!


ここまでシーズーを飼うまでや、そして飼ってからのことを解説してきましたが、当然長い間飼うとなれば一番気になるシーズーの寿命、そして病気について見ていきましょう。


シーズーの寿命は?そしてシーズーだからかかりやすい病気とはいったいどういった病気なのでしょうか。


ここでは、平均的なシーズーの寿命とかかりやすい病気について詳しく見てみましょう。


そして、シーズーならではのペット保険について、特にペット保険の必要性などは是非参考にされると良いでしょう。

シーズーの寿命やかかりやすい病気は?

シーズーに限らず犬の寿命は平均15歳ぐらいだと言われていますが、飼育環境や与えているフードなどによっては、20歳ぐらいまで生きているシーズーも今では多くなっています。


では、シーズーがかかりやすい病気は何の病気なのでしょうか。

  1. 皮膚炎
  2. 外耳炎
  3. 緑内障
  4. 角膜炎
  5. 椎間板ヘルニア
  6. 気管虚脱
代表的な6つの病気を上げましたが、シーズーは心血管系疾患も発症することもあるようですが、飼っていればシーズーに限らずどんな病気にかかるかは予測不可能です。


ただ湿度の高い夏季には、皮膚のトラブルが発生しやすく、シーズー犬などの耳が垂れているような犬に多く見られがちなのが外耳炎となっています。


また、緑内障や角膜炎は大きな目のシーズー犬だからこそなる病気かもしれません。


その他短足な犬に見られがちな椎間板ヘルニアですが、これは先に述べたようにフローリングなどの床が滑ってしまうせいで起こってしまったり、段差が多い場所で飼育されたせいで、慢性化してしまう恐れがあります。


そして、気管虚脱はシーズーのような短頭種が発生しやすい病気の一つで、遺伝や肥満が原因とされていて、喉の気管が狭くなってしまいます。


以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

シーズーのペット保険について

近年ペットの高齢に伴いペット保険の加入を検討する方が増えています。


シーズーに関して言えば、皮膚疾患や角膜炎呼吸器系の病気や膀胱結石なども多く見られていて、あまり骨折などのケガはしないと言われています。


ただし、膀胱結石などを発症してしまえば、入院して手術を行うこととなり、高額な医療費を払わなくてはなりません。


もちろん、ペットには公的な健康保険がないので、病院にかかると全額自己負担になります。


例えばシーズーが膀胱結石にかかってしまうと、医療費は入院を6日間と手術を行い約110,000円となってしまいます。


ペット保険に入っていれば治療を受けた時に契約内容に応じて負担を軽減することができます。


かわいいペットのためにぜひ入っておきたいのがペット保険であり、ペット保険の補償範囲の選択肢は豊富にあるので、飼っているシーズーに合った保険を選びたいですね。


以下の記事ではシーズーの保険を詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

まとめ:シーズーの性格や特徴について

この記事ではシーズーの性格や特徴について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?


今回の記事のポイントは

  • 長毛で耳が垂れているのが特徴
  • 友好的で愛情深い性格
  • 飼うためには予防接種や登録が必要
  • トイレトレーニングなどのしつけは仔犬の時から始める
  • もしもの時のためにペット保険が必要

です。


忠実でかわいらしいシーズー。飼いやすい犬種ですがお迎えする時に信頼できる購入先をしっかりと選んで、仔犬の時にしっかりとしつけておくことがポイントになります。


愛情深く育てれば家族の一員としてかけがえのない存在となることでしょう。


健康のために清潔な環境を整えたり、運動や食事に気を付けることも大切ですが、万が一の時のためにペット保険に加入することをおすすめします。


ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング