ペット保険で簡単な保険金の請求方法「窓口精算」について紹介!

ペット保険で簡単な保険金の請求方法「窓口精算」について紹介!-サムネイル画像

ペット保険の保険金請求方法は2種類あることをご存知ですか?この記事では、簡単な請求方法である「窓口精算」について、他の請求方法と比較しながら手続き方法などを紹介します。また、窓口精算が可能なペット保険や、窓口精算を選ぶべき人についても解説しています。

内容をまとめると

  1. ペット保険の保険金の請求方法は、窓口精算を選ぶと簡単に手続きができる
  2. 窓口精算にもいくつかデメリットはあるため注意しよう
  3. ペット保険を検討している方は、LINEで無料チャット相談がおすすめ!

ペット保険の保険金請求で簡単な方法とは?


記事モデル:空夢


一般社団法人ペットフード協会が行った全国犬猫飼育実態調査(2020年)では、犬の平均寿命は14.48歳、猫は15.45歳と、10年前の調査に比べ、犬は0.5歳、猫は1歳以上伸びています。


ペットの世界でも高齢化が進み、それにしたがいペットにかかる治療費も高額になってきています


それに備えるため、ペット保険の需要が年々高まってきていますが、実は保険金の請求方法は2つあり、窓口精算という簡単な方法が人気になっているのです!


そこで今回「MOFFME」では、

  • 簡単な請求方法「窓口精算」とは
  • 窓口精算ができるペット保険を紹介
  • 窓口精算と直接請求の手続きを比較

以上のことを中心に説明します。


ペット保険を選ぶ際に、保険金の請求方法を重要なポイントにする方も多いので、ぜひ最後までお読みいただき、請求方法についてマスターしてください。


また、MOFFMEでは「ペット保険のランキング」についても紹介しています。気になる方は一緒にお読みください。

簡単な保険金の請求方法「窓口精算」とはどういうものか?


ペット保険の保険金の請求方法は、窓口精算と直接請求に分けることができます。


窓口精算とは、治療費から補償額を引いた自己負担額のみを、動物病院で支払うという方法です。


窓口精算が可能な保険に加入すると、後日「ペット用の保険証」が送られてきます。これを動物病院に提示することで、利用することができます。


人間の健康保険のようなシステムですね。


一方直接請求の場合、一旦動物病院で治療費を全額支払い、後日保険会社に保険金の請求をする必要があります。


後日保険金が支払われるとはいえ、一旦全額を支払うことになりますので、高額な治療費になってしまった場合、大変だと思われる方もいるようです。

ペット保険の窓口精算を利用する流れ

後日保険金を請求するという手間が必要ない、窓口精算の方が手続きが簡単で嬉しいですよね。


また、一時的でも全額自己負担しなくても良いというメリットは、意外と嬉しいものです。


窓口精算の流れとしては、

  1. 動物病院の窓口でペット用保険証を提示
  2. 窓口精算可能か対応病院にて確認
  3. 窓口で、保険による補償分を除いた治療費のみを支払う

という簡単な手続きで済みます。


注意点としては、保険証を忘れると窓口精算はできないということです。その場合は、後日保険金を請求する必要があります。


しかし、保険会社によっては保険証を忘れても大丈夫という場合もあります。


例えばI社では、保険証を忘れた場合、サイト内のマイページにある契約者情報の画面をスマホで提示すると、窓口精算が可能になります。

ペット保険の窓口精算は簡単な請求方法!しかしデメリットも

窓口精算は簡単な請求方法で、良いところしかないように思えます。


メリットをまとめると、

  • 保険金請求が圧倒的に簡単
  • 支払うのは自己負担分なので、動物病院に大金を持っていく必要がない

が挙げられます。


しかし、意外とデメリットも多いので注意が必要です。


デメリットとして、

  • 窓口精算が可能なペット保険は3社しかない
  • 対応している動物病院でしか利用できない

などがあります。


まず、窓口精算が可能な3社の保険に加入しないと利用できません。日本には約15のペット保険がありますが、今のところ1/5しか対応していないということになりますね。


しかし、多くの方が便利さに気づいてきているので、これから採用するペット保険は増えてくるかもしれません。


保険金の請求方法を簡単にしたい方は、

  1. 近所の、もしくは現在通っている動物病院で窓口精算は利用可能か事前に確かめる
  2. 窓口精算が可能なペット保険に加入する
といったことが必要になります。

窓口精算に対応しているペット保険はどこ?各社を徹底比較!

人気のペット保険はいくつもありますが、実際に窓口精算に対応しているのはどの保険会社なのでしょうか?


下表で確認していきましょう。

保険会社窓口精算対応プラン
アイペット損保うちの子70%
うちの子50%
アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃ
どうぶつ健保しにあ
ペット&ファミリー損保げんきナンバーワン
(新規契約終了)
楽天ペット保険×
PS保険×
SBIいきいき少短×
イオン少短×
あいおいニッセイ同和損保×

表からも分かるように、窓口精算に対応している保険会社は以下の3社です。

  • アイペット損保
  • アニコム損保
  • ペット&ファミリー損保
それぞれ窓口精算を利用できるプランは限られているので注意しましょう。

特に、ペット&ファミリー損保で窓口精算が使えるプランは「げんきナンバーワン」のみですが、現在こちらのプランの新規契約は終了しています。

そのため、これから窓口精算に対応しているペット保険に加入したいと考える方は、アイペット損保アニコム損保の2社から選択してください。

アイペット損保とアニコム損保のそれぞれの補償内容ついては、次の項目で詳しく解説しますのでご覧ください。

窓口精算可能なアイペット損保・アニコム損保について解説!

窓口精算が可能なペット保険は、

  • アイペット損保(うちの子)
  • アニコム損保(どうぶつ健保ふぁみりぃ)
の2つです。

それぞれの会社の特徴を紹介します。

アイペット損保(うちの子)

一部の保険商品では窓口精算に対応していませんが、ほとんどの商品で対応しています。

70%50%
支払い限度日数年間22日(通院、入院)
年間2日(手術)
年間22日(通院、入院)
年間2日(手術)
支払い限度額(1回当たり)12,000円(通院)
30,000円(入院)
150,000円(手術)
12,000円(通院、入院)
100,000円(手術)
支払い限度額(年間)122.4万円72.8万円
加入可能年齢12歳11ヶ月まで12歳11ヶ月まで
待機期間なしなし
保険料支払い方法口座振替、クレジットカード口座振替、クレジットカード
ペット保険は毎年更新があるのですが、支払い限度日数や額を超過すると、次年度の更新ができなくなる可能性があるので、注意してください。

また、アイペット損保の窓口精算が使える動物病院は、全国に5,027(2021年2月現在)あります。

12歳11ヶ月まで加入が可能で、待機期間がないのも特徴です。

待機期間については他の記事で解説しているので、気になる方は参考にしてください。(待機期間についてはこちら

アニコム損保(どうぶつ健保ふぁみりぃ)

70%50%
支払い限度日数年間20日(通院、入院)
年間2日(手術)
年間20日(通院、入院)
年間2日(手術)
支払い限度額(1回当たり)14,000円(通院、入院)
140,000円(手術)
10,000円(通院、入院)
100,000円(手術)
加入可能年齢7歳11ヶ月まで7歳11ヶ月まで
待機期間ケガ:なし
病気:30日
ケガ:なし

病気:30日
保険料支払い方法口座振替、クレジットカード口座振替、クレジットカード
加入可能なのは7歳11ヶ月までですが、この会社には8歳以上のペットが加入できる商品もあるため、高齢のペットでも安心して加入することができます。

また免責金額については他の記事で解説しているので、気になる方は参考にしてください。(免責金額についてはこちら

窓口精算ができるペット保険について詳細を知りたい方は、以下のボタンからLINEで無料チャット相談が可能ですのでぜひご利用ください!

ペット保険の直接請求の手続きの方法は?意外と簡単?



窓口精算可能なペット保険に入っても、かかりつけの動物病院がペット保険会社の指定になっていなかった場合は、直接請求する必要があります。


保険金を直接請求するしかない場合、請求書類の作成に不安を感じる方もいるかもしれません。


直接請求は、確かに窓口精算よりは一手間かかってしまいますが、実はそんなに大変な作業ではなく、意外と簡単に請求書類を作成することができます。


直接請求の流れは、

  1. 動物病院で診療明細書や請求書をもらう
  2. 指定の請求書に契約内容や受取口座、診療日、症状名などを記入する
  3. 診療明細書などの必要書類を保険会社に送付する
  4. 審査後、指定口座に保険金が振り込まれる

といった感じです。


お住いの近くに窓口精算可能な動物病院がない、かかりつけの動物病院が指定ではなかったという場合などに、全国の動物病院で対応可能ということがメリットとなります。


実際、私も直接請求したことがありますが、記入内容はあまり複雑なものではなく、意外とすんなり請求書類を作成することができました。


また、治療が長引いたものに関してはまとめて請求することができ、何度も提出する必要もなかったので、思っていたよりも面倒に思わなかったです。

補足:ペット保険の保険金の請求をLINEで簡単に?

それでも請求書類の作成に不安があるという方には、手書きの記入や郵送をする必要のないペット保険がおすすめです。


上記でもご紹介したアニコム損保では、LINEでも保険金の請求が簡単にできるようになりました。


請求方法は

  1. LINE上で、契約情報の登録
  2. 請求される動物病院発行の診療明細書を準備し、手順に従って入力

となります。


診療明細書は写真の送信が必要ですが、以上の過程で請求が可能となり、とても気軽に簡単に請求できるようになっています。


これくらい簡単に請求できるなら、面倒で結局請求しないで終わるということにはならなくてすみそうですね。


また他にもアプリで保険金請求が行える日本ペット少短等のペット保険もございますので、そちらもぜひ検討してみてください。

結局ペット保険の請求方法はどちらがおすすめ?

ここまで、保険金の請求方法には、「窓口精算」「直接請求」の2つの方法があることを解説してきました。


それぞれのメリット、デメリットをまとめると、


窓口精算のメリット

  • 改めて請求する必要がなく簡単
  • 高額な費用を用意する必要がない


窓口精算のデメリット

  • 利用可能なペット保険や動物病院が少ない
  • 保険証などを忘れると利用できない


直接請求のメリット

  • どこの動物病院でも利用可能
  • 特別何か(保険証など)を持っていく必要がない


直接請求のデメリット

  • 後日保険金を請求する必要がある
  • 手術など治療費が高額になる場合、高額な費用を用意する必要がある
  • 病院で受け取った明細書などをなくすと利用できない


それぞれに良い面、悪い面があることがわかります。


ではこれを読んでいるあなたは、どちらを選んだら良いのでしょう。ここからは、私の経験からお話をします。


窓口精算がおすすめな人は、

  • 手続きを少しでも楽にしたい
  • 明細書などをすぐに捨ててしまう癖がある

私はトイプードルを飼っており動物病院にもしばしば連れていくのですが、面倒なことが嫌いなためほとんど窓口精算で済ませています。


また、小さな書類をとっておくことも苦手で、どこかに無くしてしまうというのも理由です。


一方、直接精算がおすすめの人は、

  • ペットがよく動物病院にかかる
  • 近所やかかりつけの病院が窓口精算に対応していない
窓口精算に対応しているアイペット損保とアニコム損保では、補償額や日数に限度があることは先ほど説明しました。

ペットがよく病気になり、動物病院に行く頻度が多い方が毎回窓口精算を利用すると、1年経つ前に限度を超えてしまう可能性があります。

そうなると、それ以降の治療費は補償されません。もし限度を超えた後に高額な治療費が必要になると、全て自己負担になってしまいます。

しかし直接請求を利用すれば、明細書などをためておき、1年の終わりに治療費が高いものだけ保険金を請求することができます。

まだ子どものペット、高齢のペットは動物病院にお世話になることが多いので、直接請求を選んだ方が良いかもしれません。

最終的には、ペットの健康状態を考慮して決めましょう。

ペット保険の掛け持ちもおすすめ!


ペット保険を掛け持ちできることはご存知ですか?


もちろんその分の保険料を支払う必要はありますが、掛け持ちをすることで補償割合を100%にすることが可能になります。


補償割合50%のペット保険を2つ契約すると、双方から治療費の50%ずつが返還されます。


その結果、合わせて100%の保険金を受け取ることができ、自己負担額を実質0円にすることができるのです。


ただし、実際の治療費を超える分の補償は受けられないので注意が必要です。


ペット保険には様々な会社やプランがありますが、掛け持ちをする際におすすめの組み合わせは以下のとおりです。

  1. FPC+FPCミニ
  2. FPC+楽天ペット保険「手術・入院プラン」
1つ目におすすめなのは、FPC+FPCミニの掛け持ちです。

MOFFMEだけが取り扱うFPCミニ」は入院・手術に特化したプランで、手頃な保険料で加入できるとして注目を集めています。

2つ目は、FPC+楽天ペット保険「手術・入院プラン」の組み合わせです。

楽天ペット保険「手術・入院プラン」を追加することで、FPCの手術補償の薄さをカバーすることができるため、全体的な補償の質を高める効果が期待できるのです。

補足1:ペット保険はいらない?不要?必要性を解説!

ペット保険への加入を悩む方の中には、ペット保険の必要性に疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

以下でペット保険に加入するメリットを解説しながら、ペット保険の必要性についてお伝えしていきます。

①治療費の自己負担額を抑えられる

ペットの治療費は全額自己負担になるため、金銭的な負担が大きいというデメリットがあります。

特に高額な手術の場合は、50万円以上の費用が必要になるケースも珍しくはないのです。

ペット保険に加入することで、突然の出費にも落ち着いて対応できるという安心感が得られます。

②最善の治療を受けることができる

医療技術の大幅な進歩により、ペットの様々な病気の治療や延命が可能になっています。

しかしその中で、金銭的な理由でペットに十分な治療を受けさせることができないケースも少なくはありません。

ペット保険に加入すれば自己負担額を抑えることができるので、納得のいく最善の治療を施すことが可能なのです。

③病気の早期発見が可能

ペット保険に加入することで治療費を気にすることなく、より気軽に動物病院を受診することができます

その結果、病気の早期発見が可能になるのです。

さらに早期の治療は、病気の改善や治療費の削減にも繋がります

補足2:入ってはいけないペット保険の特徴は?

入ってはいけないペット保険の特徴として、以下のものが挙げられます。
  1. かかりやすい病気が補償されていない
  2. 支払えないほど保険料が高額
犬種や猫種など、ペットごとにかかりやすい病気は異なります。

例えばチワワの場合は膝蓋骨脱臼(パテラ)、ダックスフンドでは椎間板ヘルニアなど、それぞれ備えておきたい補償に違いがあるのです。

かかりやすい病気が補償されないのであれば、ペット保険に加入する意味がありません。

ペット保険に加入する際は、自身のペットに合った補償が備わっているのかを確認しておきましょう

また、保険料はペットが高齢になるにつれ高額になります。

高額な保険料が支払えず、途中で解約するケースはかなり多いのです。

若い時の保険料が手頃であっても即決はせず、高齢になった時の保険料も予算内なのかということも併せて確認してください

さらにペット保険は、持病やペットの年齢によっては加入できない場合もあるので注意が必要です。

補足3:通院に手厚いペット保険をご紹介!

入院補償や手術補償と比べて、最も利用頻度が高いのは通院補償ですよね。

そこで、通院に強いペット保険を2つ紹介します。

①FPC

FPCは、補償範囲が広いのに保険料が手頃として利用者からも好評なペット保険です。
補償割合補償限度額補償限度日数
50%・70%1日あたり12,500円まで30日/年
補償限度が年間30日までと、他のペット保険よりも日数が多いという特徴があります。

皮膚炎など通院を繰り返す病気にかかりやすいペットは、FPCに加入すると安心です。

②いぬとねこの保険「ゴールドプラン」

日本ペット少短のいぬとねこの保険「ゴールドプラン」は、通院のみに特化したプランです。
補償割合 補償限度額補償限度日数
90%900,000円/年無制限
70%700,000円/年無制限
50%500,000円/年無制限

年間の補償限度額が高額で、その金額の範囲内であれば1日あたりの補償額や日数を気にせずに利用することができるのです。

他のペット保険では取り扱いのない唯一の通院特化型プランなので、気になった方はぜひ下記リンクから詳細をご覧ください。

補足4:シニアにもおすすめのペット保険をご紹介!

ペット保険の加入には年齢制限があり、多くの保険会社は加入可能な年齢を8~12歳までと定めています。

その中で、9歳以上でも加入できるペット保険を紹介します。
保険会社加入可能年齢
アイペット損保12歳11ヶ月まで
アニコム損保上限なし(しにあプランのみ)
日本ペット少短10歳11ヶ月まで
ペッツベスト少短12歳11ヶ月まで
au損保10歳11ヶ月まで
ただし持病を持っている場合には、ペット保険への加入を断られることもあります

中には条件付きでの加入が認められるケースもありますが、保険会社によって基準が異なるので、気になる方は各保険会社にお問い合わせください。

治療費が払えない、支払いが遅いなどトラブルの対処方法を解説!


ペット保険に加入していても治療費が支払えないというトラブルは、実はゼロではありません。

その場合は動物病院に相談し、支払いを分割にしてもらうなどの対応が可能かを確認しましょう。

また、事前に補償割合を70%以上に設定しておくことで、そのようなトラブルを回避することができます。

さらに場合によっては、保険金の支払いが遅延するトラブルも考えられます。

保険金の振り込みは、保険会社に書類が届いてから30日前後で完了することがほとんどですが、書類の不備などの理由でそれ以上の期間が必要な場合もあります。

保険会社によっては遅延利息が支払われることもあるので、指定日までに振り込みが確認できない場合は、必ずカスタマーセンターなどにお問い合わせください

補足:うさぎやフェレットなどの小動物におすすめのペット保険は?

犬や猫だけでなく、近年では小動物のペット保険需要も高まっています。

現在は以下の2社が小動物の保険を取り扱っていますので、それぞれ紹介していきましょう。

①SBIプリズム少短

SBIプリズム少短は、犬、猫、小動物だけでなく、鳥類や爬虫類にも対応しているペット保険です。

補償割合は100%とかなり手厚く、保険料の値上がりがないため利用しやすい保険だと言えるでしょう。

②アニコム損保

アニコム損保の補償割合は50%と70%が用意されているため、ご自身の予算に合わせて選択することが可能です。

また小動物でも窓口精算に対応しているため、保険金を請求する際の面倒な手続きが省けるというメリットがあります。

どちらのペット保険も加入できる年齢に制限があるので、小動物の保険を検討している方は、まずはじめに加入可能年齢を確認しておきましょう。

MOFFMEでできる、ペット保険の無料相談がおすすめ!

近年加入者が増えていっているペット保険ですが、それでも現在の加入率はペットを飼っている方のおよそ10%程度にしかなりません。


ペットの治療費は全額自己負担となりますので、突然の病気による手術等で数十万円といった高額な費用がいきなり請求されてしまうことも珍しくありません。


しかし大切なペットには最適な治療を余裕を持って受けさせてあげたいですよね


もしもの時、治療費の負担を少しでも軽減し飼い主やペットが治療に専念できるように、前もってペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは「どんな保険に加入すれば良いか分からない」・「入りたい保険がいくつかあるけど、どれが一番良いのか悩む」といった方のために、LINEでペット保険の無料相談を行っております。


ペット保険への加入を検討されている方はぜひ利用してみてください!

まとめ:ペット保険で簡単な保険金の請求方法は窓口精算

ペット保険の請求について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 保険金請求は窓口精算だと手続きが簡単
  • 直接請求は手間がかかるが、全国の動物病院に対応している
  • 窓口精算できるプランは現在3社しか扱っていない
  • どちらにもメリット・デメリットがあるため、手続きの簡単さやペットの健康などを考慮して選ぶことが重要

ということでした。


ペット保険を選ぶ際には、この記事の内容を思い出していただけると、より自分に合った保険選びができるのではないかと思っております。


MOFFMEでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング