ペット保険の加入や更新に年齢制限なし?高齢でも加入できるのか解説

ペット保険の新規加入や継続更新可能な年齢に年齢制限なしのペット保険は存在しません。年齢制限なしのペット保険はありませんが、ペット保険によって新規加入年齢や継続更新可能年齢は異なります。高齢のペットでも新規加入・継続更新できるペット保険についても徹底解説します。

ペット保険の加入や更新に年齢制限なし?

ペットには人間のような公的な保険制度は存在しません。もし、飼っている愛犬や愛猫に何かあったら場合、動物病院でかかって治療費は全て飼い主が支払う必要があります。


実際に愛するペットの病気やけがを経験された方は、何とか治せないかと悩み、おすすめの動物病院から治療法、薬や治療にかかる代金まで様々調べられたと思います。そして、実際にお金がかかってくると、ペット保険を加入しておく重要性を感じられた方も多いのではないのでしょうか。


そこでこの記事では「ペット保険の加入や更新に年齢制限なし?」について

  • ペット保険の加入や更新に年齢制限はあるのか
  • 保険会社別の新規加入可能年齢と更新可能年齢は何歳か
  • 高齢、年齢制限なしでも入れるペット保険の注意点

以上の事を中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、ペット保険の加入や更新の年齢制限について参考になるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

ペット保険での高齢って何歳から?


ペット保険に加入しようと検討されている方は、高額な医療費に頭を悩ませているかもしれません。年齢が進むにつれ、病院に行くことが増えてきて、こんなに動物病院で支払うのであれば、保険に加入しようかなと考えるのが普通だと思います。


ペット保険に加入する際は、年齢が重要です。年齢が高くなるほど保険料が増えます。ペット保険はだいたい8歳から高齢とされます。思った以上に若いと思いませんか。


8歳ですと、犬ちゃん猫ちゃんともに人間でいうと50歳ぐらいですが、飼い主さんからみれば、いたずら期が落ち着いてちょっと大人になってきたと感じるぐらいだと思います。


このくらいで、ペット保険では高齢とされ、だんだんと新規加入を断られる年齢なのです。ペット保険に入りたいと考えている方は早めに準備、検討することが必要なのです。

ペット保険の加入や更新には年齢制限がある!


これからペット保険に加入したい方向けに、ペット保険の新規加入や更新について、詳しく説明していきます。


ペット保険は新規加入する際に、ペットの種類や年齢、既往症、現在かかっている病気などを保険会社に告知して、保険の加入の可否が連絡されます。その際にペットの年齢はとても重要です。


ペットの年齢が何歳以上だと入れないと保険会社ごとに決まっています。年齢自体はそれぞれ違いますが、年齢制限なしの保険会社はほとんどありません。先ほど、ペット保険では8歳が高齢だと紹介しましたが、保険会社によっては8歳ぐらいから加入自体に年齢制限があるのです。


また、ペット保険は1年ごとに更新するのですが、継続であればそのまま年齢制限なしで続けられる保険が多いですが、更新であっても年齢制限がある保険もあるのです。

年齢制限なしではないが高齢でも加入できるペット保険もある?

各社新規加入や更新継続する際には年齢による上限があることが確認してきました。


高齢になって病気しがちになってからペット保険の必要性に気が付いたけれど、思った時にはもうペット保険には入れなかった、なんてこともあり得るということです。


しかし諦める必要はありません。実は年齢制限なしのペット保険や、年齢制限なしではないけれど、高齢でも新規加入できるペット保険がいくつか存在しますのでこれから確認してみましょう。


【高齢でも新規加入可能なペット保険】

保険会社新規加入年齢更新
PB社16歳11ヶ月まで原則、継続は終身加入可
An社8歳以上~年齢制限なし原則、継続は終身加入可


PB社は16歳11ヶ月まで加入が可能であり、ほとんどの種類の犬や猫をカバーできるだけの年齢上限となっています。


An社の高齢ペット向け保険は2019年の9月からスタートした画期的なペット保険で、8歳以上から加入ができ、それ以上は年齢制限なしで加入ができます。


An社のような大きな保険会社で年齢制限なしで加入ができるペット保険は他にありません。


高齢になるほどペット保険は重要になってきます。ペッツベストやアニコム損保のような年齢制限なしやかなりの高齢でも入れるの保険会社があると、高額な治療費にも対応ができるので、高齢のペットを飼っている方は一度確認してみる価値はあると思います。

新規加入年齢の制限は?各保険会社ごとに紹介!

それでは保険会社別にペット保険の新規加入年齢について紹介していきます。


【保険会社別、新規加入年齢一覧】

保険会社新規加入年齢制限
I社12歳11ヶ月まで
Ax社8歳11ヶ月まで
An社7歳11ヶ月まで
Au社10歳11ヶ月まで
F社8歳11ヶ月まで
SP社8歳11ヶ月まで満8歳~9歳は健康診断必須
N社10歳11ヶ月まで
PF社7歳11ヶ月まで
R社10歳11ヶ月まで

保険会社によって新規加入の年齢制限がバラバラです。保険料や補償内容も各々で違いますので、加入前には一度確認をしておきましょう。


また、プランやインターネット申込などの申込方法の違いによって、加入年齢が若干変化する場合がありますので、新規加入年齢ぎりぎりの場合は注意しましょう。

継続更新可能年齢の制限は?

続いては、保険会社別にペット保険の継続更新可能年齢について紹介していきます。


【保険会社別、継続更新可能年齢一覧】

保険会社継続更新可能年齢備考
I社13歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
Ax社9歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
An社8歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
Au社11歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
F社9歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
SP社9歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
N社11歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
PF社8歳以上は継続のみ加入可
終身加入可
R社11歳以上は継続のみ加入可
20歳11ヶ月まで

なお、保険金を支払った場合や、保険金支払上限額に達した場合などは、条件が変わったり、継続ができなくなる場合もありますので注意が必要です。

更新時に審査があると継続できない可能性も

ペット保険に加入している場合、ペット保険は1年ごとに契約が更新になります。1年ごとに契約を更新することになりますが、自動で更新になる会社もありますが、更新ごとに再度審査がある会社もあるのです。


再度審査というのは、保険を使用して補償を受けていた場合、病気やけがが保険会社の指定する疾病に該当しているかどうかとか、補償の限度額を超えて補償していた場合も契約が更新できないことがあります。


高齢になってから入っていた保険が更新できないとなると、新たに別の会社で保険に入ることしかなく年齢制限なしの会社を選ぶことになり、そういった会社はほとんどありません。


継続の際に審査が厳しい保険に加入していると、更新できないことがありえるため、そうなると終身での補償をうけることができなくなってしまうので、ペット保険に加入の際から気をつける必要があります。

高齢でも加入できる保険は保険料に注意!

これまでペット保険に加入する際に、高齢になってから新規加入するのは大変ということを説明してきました。


最近では、ペットも高齢化が進んできているため、高齢でも加入できる保険はだんだんと増えてきていますので、探せば選択肢はあります。しかし、ここで注意しておきたいのが、保険料です。


年齢制限なしで高齢でも入れる保険というのは、保険料が高いです。高齢は病気になる可能性が高くなるので仕方ないことかもしれませんが、なるだけ高齢になる前に先々の保険料を考えて、保険料の支払いに無理のない保険を選びたいものです。


静岡県にあるすこやか動物病院のサイトにペットの高齢化により増える病気や老年期のケアについて詳しく記載されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

高齢のペットをペット保険に加入させるときの注意点


今後の事を考えてペット保険に新規加入する場合や、現在加入しているペット保険の見直しをかける場合に、ペットがすでに高齢であるならば加入年齢の他にもいくつか注意しておく点が存在します。


特に

  • 告知審査
  • 補償内容と保険料

については、若いうちに入るペット保険とは内容が変わってきます。


高齢であればあるほどペット保険に入るにはハードルも高くなりますので、なるべくペットを迎える段階でペット保険の加入を検討しておきたいものです。

高齢だと告知審査でひっかかる可能性も

高齢の場合、すでに何かしらの病気にかかってしまっている可能性があります。


ペット保険も人間の保険と同様に「告知事項」が存在しており、過去の病歴や投薬の種類によっては新規で加入ができない場合があります。これは年齢制限なしかありかには関係しませんので注意が必要です。


また、高齢のペットをペット保険に加入させる場合は、獣医師による健康診断書の提出が必要な保険会社もあり、審査で加入をお断りされる場合も十分にあることを知っておく必要があります。


ただし、既往歴があっても問題なく加入できる場合もあり、一部条件付きで加入できる場合もありますので、一度気に入った保険会社に申込してみることをおすすめします。

嘘の告知はバレる?告知義務違反には要注意!

ペット保険に加入する場合、告知事項があり、契約者には告知義務があります。告知事項とはペットの年齢や既往症や現在かかっている病気などですが、正しく告知しなければなりません。


契約者の告知により、保険会社が審査をして、保険に加入できるかできないかが決まります。保険に入りたいがために嘘の告知をして保険に加入できても、何かの拍子に告知義務違反だとされると、大変です。


実際、保険会社から補償を受けるためには、獣医師の診断が必要ですので、嘘をついていたのがバレてしまうと、保険をかけていたにもかかわらず、補償対象外とされてしまったり、契約解除になる可能性もあります。

加入前に補償内容と保険料を確認しておこう

これまで、ペット保険に加入する際の注意事項を確認してきました。


加入には年齢が重要ですので、なるだけ早い加入をおすすめしますが、加入する際には年齢制限なしで加入できることが重要ではありません。


高齢であればペットの年齢から加入できる保険を選んでから、補償内容を確認することを忘れないようにしましょう。また、保険料も重要です。


ワンちゃんネコちゃんに健康で長生きしてもらうために、必要な時にしっかり治療を受けさせてあげることができる保険に入り、無理ない保険料で続けられる保険を選びましょう。

まとめ:ペット保険の年齢制限について

今回の記事ではペット保険の加入や更新の際の年齢制限について紹介してきました。


今回の記事のポイントとしては、

  • ペット保険は8歳から高齢とされる
  • ペット保険の加入や更新には年齢制限がある
  • 年齢制限なしで入れる保険もある
  • 新規加入の保険会社別、年齢表
  • 高齢で加入の際の注意点

以上の点です。


これらのことを念頭において、ペット保険の加入の時期を考えてください。


ペット保険は今まで年齢制限なしものはなく、高齢のペットは加入をあきらめざるを得ませんでした。やっと年齢制限なしや年齢制限はあるものの16歳までのもの出てきましたので、高齢であっても加入をあきらめずに入れるところを探してみてください。


ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 高齢猫はペット保険に加入可能?加入の必要性や年齢制限について解説
  • ペット保険に加入できる年齢は?年齢不明・高齢でも加入できるの?
  • ペット保険は何歳まで加入可能?年齢不明の場合や更新可能年齢は?
  • ペット保険の加入率は?日本や海外の加入率の推移などを徹底解説!
  • ペットが病気になるといくらかかるの?ペット保険に加入する必要はあるのか
  • すでに病気だとペット保険に加入できない?入れる場合についても解説
  • ペット保険に入る際に健康診断は必須?加入後の健康診断は補償範囲?
  • 持病があってもペット保険に加入できる?加入条件を徹底解説!
  • アクサダイレクトのペット保険の口コミを紹介!炎上して評判悪い?
  • ペット保険は複数掛け持ちできる?メリットは?加入の注意点を解説!