犬、猫の去勢・避妊手術費用はペット保険の補償対象?詳しく解説!

犬や猫の去勢・避妊手術は望まない繁殖防止、性ホルモンの病気の予防や発情に伴う病気の予防・治療のために推奨されます。健康体に施す去勢・避妊手術はペット保険の補償対象外ですが、治療の一環として行われる去勢・避妊手術はペット保険の補償対象であることを解説します。

ペット保険で犬や猫の去勢・避妊手術は補償される?

この記事をご覧のあなたは、去勢・避妊手術におけるペット保険の補償を詳しく知りたいと思っておられるのではないでしょうか。


実際に多くの飼い主の方は、望まない出産病気を未然に防ぐため、去勢・避妊手術を受けさせることについて検討していると思います。


しかし、いくら費用がかかるのか、実際にペット保険で補償されるのかなど、前もって知っている方はあまりいないかもしれません。


そこで。今回の記事では、

  • ペット保険の補償対象なのか?
  • そもそも、この手術の特徴は?
  • 推奨されているけど、その理由は?時期は関係あるの?
について取り上げたいと思います。

この記事を読んでいただければ、これから去勢・避妊の手術を考えている飼い主さんの判断基準になると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

ペット保険で犬や猫の去勢・避妊手術は補償対象外

残念ながらペット保険では、原則として去勢・避妊手術が補償対象外になります。なぜなら、ペット保険はペットの病気やケガの治療を補償対象とするからです。


去勢・避妊手術は、もちろんペットの病気等が原因による手術と言えません。去勢・避妊手術は基本的に全額自己負担となります。


とはいえ飼い主にとって、去勢・避妊手術はペットの望まない出産・病気を未然に防ぐ、有効な手段と言えます。


こちらでは

  • ペットの去勢・避妊手術費用
  • 避妊手術費用の補助制度
について解説します。

去勢・避妊手術はどのくらいの費用がかかる?

こちらでは犬・猫の去勢・避妊手術と、その費用について説明します。


犬の場合

犬の去勢・避妊手術の場合、概ね手術前日に来院し手続き後、身体検査・血液検査等を行った上で、ペットを預けます。手術当日は麻酔を施し術式を開始します。

翌日には退院可能ですが、抜糸は10日後となります。

犬の去勢・避妊手術費用は次の通りです。年齢・体重によって多少費用は異なります。
  • オス:去勢手術18,000円前後
  • メス:避妊手術28,000円前後

猫の場合

猫の去勢・避妊手術の場合も、概ね手順は同じです。ただし、血液検査・血液生化学検査は健康状態に応じて実施されます。

猫の去勢・避妊手術費用は次の通りです。こちらも年齢・体重で多少費用は異なります。
  • オス:去勢手術13,000円~25,000円程度
  • メス:避妊手術22,000円~30,000円程度

各自治体が去勢・避妊手術の費用を補助してくれる!?

ほとんどの地方自治体では、犬猫に関して去勢・避妊手術の費用を補助する措置がとられています。


この措置は「不妊・去勢手術助成金」「不妊・去勢手術補助金」と、自治体により名称は様々です。


気になる補助金(助成金)ですが2,000円~20,000円程度と、こちらも自治体間で大きな差があります。


ペット保険で補償されなくてもこちらの制度が利用できれば、ある程度の費用負担は賄えます。


ただし、制度の利用条件も各自治体によってバラバラで、例えば

  • 動物愛護センターから譲渡された犬猫が対象
  • 飼い主のいない犬猫が対象
  • 助成対象は猫のみ 等
となっています。

補助制度を利用したい時は、お住いの自治体のホームページや窓口等で条件等を確認しましょう。

別の治療に伴う去勢・避妊手術の場合は補償対象になる可能性も

ペット保険では、原則として去勢・避妊手術が補償対象外になります。ただし、別の治療で去勢・避妊手術が必要となった場合、ペット保険の補償対象となることもあります。


そのペット保険の補償対象となるケースとしてあげられるのが、「子宮蓄膿症」「前立腺肥大」という症状です。


こちらでは、

  • 宮蓄膿症の原因と予防法について
  • 前立腺肥大の原因と予防法について
を解説します。

発情後になりやすい?子宮蓄膿症の原因や予防方法を紹介

子宮蓄膿(ちくのう)症とは、犬に多いと言われている病気です。症状としてはメスの子宮内膜が腫れて細菌感染を起こし、最悪の場合は死に至ると言われています。


当然手術は必要となり、卵巣と子宮を摘出します。この場合にはペット保険が適用されます。


子宮蓄膿症の原因

妊娠のためのホルモン(黄体ホルモン)を分泌する過程で、子宮蓄膿症を発症することが指摘されています。


人間の場合なら、妊娠が成立しないと黄体ホルモンの分泌は終了し、月経という形で排出されます。


しかし、犬の場合は妊娠が成立しなくても約2ヵ月間にわたり、黄体ホルモンが分泌され続けます。つまり、子宮内膜へドンドン蓄積されていく状態になります。


この時に子宮内膜が細菌感染する可能性もあるのです。結果として、子宮蓄膿症を発症するリスクが増えてしまいます。


子宮蓄膿症の予防方法

子宮蓄膿症は普段の食べ物や薬物等で予防できる病気ではありません。そのため、予防措置としての避妊手術が勧められています。


しかし、こちらの避妊手術の場合も、病気になったわけではないので全額自己負担となってしまいます。

去勢していない犬に多い?前立腺肥大の原因や予防方法を紹介

前立腺肥大はオスの犬に多く、犬種を問わず6歳以上の老齢で未去勢犬によく発生します。


こちらも手術が必要です。去勢手術後、ホルモン剤の投与等の治療が必要となります。もちろん、去勢手術をはじめとしたこの病気の治療にはペット保険が適用されます。


前立腺肥大の原因

ホルモンバランスの崩れで発症する危険性があります。精巣から分泌される雄性ホルモン・雌性ホルモンの量のアンバランスが原因と言われています。


その他、腫瘍性による原因、細菌性による原因が考えられます。


前立腺肥大の予防方法

前立腺肥大になっている場合、頻尿が目立ち始めます。日頃からの排便・排尿時の観察が大切です。


やはり、予防方法としては去勢手術が最善と言われています。全額自己負担となりますが、ペットが元気なうちに去勢手術を行っておきましょう。

犬や猫に去勢・避妊手術は必要?メリットとデメリットを紹介

ここまで、補償されるかについて焦点をあてていましたが、そもそも去勢・避妊手術について、詳しく理解している人はあまり多くないと思います。


改めて、メリット、デメリットをそれぞれオスとメスに分けて取り上げたいと思うので、検討するうえでの参考にしてください。

病気を防げる?犬や猫の去勢・避妊手術のメリットとは

去勢・避妊手術いずれにしても生殖を不能とする手術です。皆さんの中には「かわいそう。」「あんまりだ。」そう反発を覚える人もいるはずです。


しかしながら、この生殖を不能とする手術には次のようなメリットがあります。


オスの場合

次のような事態を未然に防ぐので、結果として寿命が延びることになります。

  • 前述した前立腺肥大をはじめ、精巣や肛門周辺の腫瘍などを予防
  • 性ホルモンに関係する病気リスクの低減
  • 性的な欲求不満から来るストレスから開放
  • 攻撃性、暴力性の低下
  • 猫エイズ等、交尾で感染する病気の予防 等

メスの場合

こちらも次のような事態を未然に防ぐので、結果として寿命が延びます。
  • 前述した子宮蓄膿症をはじめとした卵巣・子宮の病気のリスクの予防
  • 犬・猫が増えない
  • 乳腺腫瘍等、性ホルモンに関係する病気リスクの低減
  • 性的な欲求不満から来るストレスから開放
  • 猫エイズ等、交尾で感染する病気の予防 等
術後は、オス・メスいずれにしても深刻な病気予防の他、穏やかな性格になる傾向があるようです。

肥満になりやすくなる?犬や猫の去勢・避妊手術のデメリットとは

犬や猫の去勢・避妊手術のデメリットもありますが、非常にわずかと言われています。


もちろん、ペット保険は適用されず全額自己負担です。犬や猫が手術で亡くなってしまうリスクもゼロと言えません。


また、子孫の増えないことがデメリットと言えなくもありません。


その他、強いて言うなら、動物の本能的な部分が抑えられ穏やかになることで、オスもメスも肥満傾向になると言われています。


肥満予防には、飼い主さんの適切な栄養管理が必要になってくることでしょう。

去勢・避妊手術はした方が良い?

多くの獣医の方は、去勢・避妊手術を推奨します。メリットの際にも取り上げましたが、これらの理由があるからです。

  • 性ホルモンが関係する病気を防ぐ
  • 望まない妊娠を防ぐ
  • 性衝動によるストレスの軽減
  • マーキングなど問題行動を防ぐ
これらの点があげられます。

昨今では、多頭飼育崩壊の問題も深刻化しており、望まない妊娠により、助からない命も存在しております。

愛犬・愛猫自身にもストレスがかかり、未然に防げる病気へかかってしまうこともあります。そのため、去勢・避妊手術を勧める獣医の方が多いようです。

去勢・避妊手術の最適な時期はいつか


去勢・避妊手術の時期は重要で、推奨される時期があるのでぜひ押さえてください。


個体差もあり時期は少しずれますが、メスの犬の多くは、生後6~8ヶ月くらいに初の発情を迎えます。そこから小型犬、大型犬で周期は違いますが、定期的に発情期を迎えるようになります。


オスの場合は、一年ほどで生殖器が完成するといわれています。


多くの獣医の方は4ヶ月~6か月くらいの時期、最初の発情期を迎えるまでが手術の時期として理想とされています。

まとめ

ペット保険で、犬や猫の去勢・避妊手術は補償されるか否かについて解説してきましたが、いかがでしたか。


今回は

  • ペット保険では、原則として去勢・避妊手術が補償対象外。
  • 犬・猫の去勢・避妊手術は自費で13,000円~30,000円程度。
  • 各自治体で去勢・避妊手術の費用を補助する制度があり、ペット保険の代用として役立つ場合もある。
  • 子宮蓄膿症・前立腺肥大の治療で子宮や摘出・去勢が行なわれ、結果としてペット保険で補償されることになる。
  • 去勢・避妊手術をすれば、様々なリスクが軽減されペットは長生きする
でした。

病気予防のための去勢・避妊手術は、ペット保険が適用されません。しかし、深刻な病気やトラブルを未然に防ぐ最善の方法と言えます。

ペット保険の補償対象外で全額自己負担となりますが、愛犬・愛猫のため去勢・避妊手術を是非ご検討ください。

ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • パテラはペット保険の補償対象?小型犬に多く手術が必要な場合もある
  • FPCペット保険の補償内容は?補償対象外の病気や治療を徹底解説!
  • ペット保険に入る際に健康診断は必須?加入後の健康診断は補償範囲?
  • ペット保険で薬代は補償される?薬のみの場合、薬浴についても解説!
  • ペット保険の闇とは?保険料を払っているのに請求しても補償なし?
  • すでに病気だとペット保険に加入できない?入れる場合についても解説
  • 歯周病はペット保険で補償される?歯周病の症状や原因も詳しく解説
  • ドコモペット保険の口コミを紹介!補償プランや特徴も徹底解説
  • ペット保険で後悔したこと3つを解説!実際の体験談と選び方も紹介
  • 楽天ペット保険の口コミ・評判を紹介!保険料やデメリットも徹底解説