犬、猫の去勢・避妊手術費用はペット保険の補償対象?詳しく解説!

犬や猫の去勢・避妊手術は望まない繁殖の防止、性ホルモンの病気の予防や発情に伴う病気の予防・治療のために推奨されます。健康体に施す去勢・避妊手術はペット保険の補償対象適用外ですが、治療の一環として行われる去勢・避妊手術はペット保険の補償対象であることを解説。

ペット保険で犬や猫の去勢・避妊手術は補償される?

この記事をご覧のあなたは、去勢・避妊手術におけるペット保険の補償について詳しく知りたいと思っておられるのではないでしょうか。  


実際に多くの飼い主の方は、望まない出産病気を未然に防げたりなど、去勢・避妊手術を受けさせることを検討していると思います。


しかし、いくら費用がかかるのかや実際にペット保険で補償されるのかなどについて前もって知っている方はあまりいないかもしれません。


そこで。今回の記事では、

  • ペット保険の補償の対象なのか?
  • 補償の対象か否か、例外はあるのか?
  • そもそも、この手術の特徴は?
  • 推奨されているけど、その理由は?時期は関係あるの?
について取り上げたいと思います。

この記事を読んでいただければ、これから去勢・避妊の手術を考えている飼い主の方の判断基準になると思うので、参考にしてください。

ぜひ最後までご覧ください。

ペット保険で犬や猫の去勢・避妊手術は補償対象外

ペット保険の去勢・避妊手術は結論から言いますと補償対象外です。


ここでは、ペット保険会社として有名であるアニコムを例にして説明したいと思います。


基本的に健康体に施す処置はペット保険において補償対象外となります。なので、ワクチン接種健康診断など検査の多くは、ペット保険の補償対象外になってしまうので注意が必要です。


注意すべき例の一つとして、停留精巣という生殖器の疾患があります。


これは、年齢が一歳を経過にもかかわらず、睾丸が本来到達するべき位置まで移動していないというもので、精巣腫瘍の発生が考えられます。


しかし、この疾患は、精巣が腫瘍化するのは中年期過ぎてからが多いので、あまり早急な処置をする必要がないのが特徴があります。


そして一見、疾患なので対象内のように見えますが、対処法として停留精巣を摘出する手術、つまり、正常な去勢手術とあまり変わらないのです。


この場合は、通常の去勢手術として適用され、ペット保険の補償対象外となります。


ちなみに、去勢手術にはどのくらいの費用が掛かるかご存知ですか?


あくまで、平均なので価格は前後しますが、小型犬を例にして下記にまとめたので参考にしてください。


費用備考
去勢手術20,000~30,000円多くの場合は日帰り
避妊手術15,000~25,000円日帰り、又は1泊の入院
停留睾丸による去勢手術
25,000~50,000円1泊から2泊の入院

正常の場合の去勢手術では、短いと30分程度のため多くは、その日のうちに自宅に帰ることができます。


去勢手術に対して、避妊手術では、開腹が必要なため数時間程度の手術となり、1~2日の入院が必要となります。


停留睾丸による去勢手術は、通常より費用が掛かり、入院費や睾丸の位置によって価格の変動があるので注意してください。


今回はあくまで、小型犬を例にしたので、中型犬、大型犬の場合は、2倍から2.5倍ほどかかると考えておいてください。


ペット保険が適用されないのでこれらの費用がかかります。

治療の一環として手術を行う場合は補償対象になる可能性がある

ここまで、ペット保険の補償が対象外であることを説明してきましたが、もちろん例外のケースもあります。


それは、場合によっては死に至ることもある病気の治療の場合です。


今回は、子宮蓄膿症前立腺肥大の2つの病気について取り上げたいともいます。


これらの病気の場合は治療の一環として判断されるので、ペット保険の補償の対象になります。

子宮蓄膿症とは?

子宮蓄膿症とは、あまり聞き覚えのない病気ですよね。


この病気は、メスの犬がなる病気で、メスの子宮内膜が腫れてしまい、そこに細菌が入り感染してしまい、子宮内に膿がたまってしまうのが子宮蓄膿症です。


猫などほかの動物もなる可能性もありますが、犬に多いです。


犬の体の構造上、発情期を終えると、妊娠の準備のために黄体ホルモンというものを分泌します。


仮に、ほかの動物の場合は、妊娠が成されなかったら黄体ホルモンの分泌が止まりますが、犬の場合、2か月ほど黄体ホルモンの分泌がされたままになってしまいます。


結果的に子宮内膜が肥厚してしまい、細菌感染のリスクを増加させてしまうことから、犬に多いといわれています。


この病気が発覚した場合は、即入院して獣医による管理が必要となり、ほかの部位に問題がなければすぐに手術をして、子宮と卵巣を摘出します。


その際には、しっかりとペット保険の対象として判断されます。

前立腺肥大とは?

もう一つ例外のケースとして、前立腺肥大という病気があります。


基本的に前立腺に関する病はいくつかありますが、去勢のしていない高齢犬に多く見られます。


前立腺は膀胱のすぐ後ろで尿道の周りにあり、前立腺肥大とは精巣から分泌されるアンドロジェンエストロジェンという2つの性ホルモンが分泌異常が起こることで前立腺が肥大してしまう病気です。


症状として、排便や排尿などのトイレが困難になってしまいます。痛がったり、震えてしまったり、鳴いてしまったり血尿などサインを出すので見逃さないようにしてください。


前立腺肥大における治療方法は、去勢手術が効果的です。


この際にも、ペット保険の補償の対象内と判断されます。

犬や猫の去勢・避妊手術のメリットとデメリット

ここまで、補償されるかについて焦点をあてていましたが、そもそも去勢・避妊手術について、詳しく理解している人はあまり多くないと思います。


改めて、メリット、デメリットをそれぞれオスとメスに分けて取り上げたいと思うので、検討するうえでの参考にしてください。



犬や猫の去勢・避妊手術のメリット

まず初めに去勢・避妊手術メリットについて表としてまとめてみました。

オスの場合


手術前手術後
病気前立腺肥大などの生殖器疾患の可能性あり発症を未然に防げる
行動メスを求めて遠吠えや縄張り争いをする遠吠えもなくなり、マーキングなど縄張りの主張もなくなる
ストレス性的欲求により、ストレスがたまり寿命が縮むストレスからの解放により長寿化

表にまとめたように、去勢手術を行う前は、ストレスを大きく抱えた状態です。手術を行うことで、そのストレスから解放され、長寿化、攻撃的であった性格がおさまるといったメリットがあります。


メスの場合

手術前手術後
病気子宮蓄膿症や卵巣腫瘍など生殖器疾患の可能性あり発症を未然に防げる
行動発情によってそわそわして落ち着かない精神的にも行動的にも落ち着く
避妊望まない妊娠の可能性あり望まない妊娠を避けられる
こちらも、病気を防ぐのはもちろんのこと、精神的に安定するようになるので、問題行動が減るメリットがあります。

犬や猫の去勢・避妊手術のデメリット

メリットもあれば、デメリットも存在し、オス・メス共通のものがあります。以下の表を参考にしてください。


オス・メス共通のデメリット

手術前手術後
手術元気失敗のリスクがある
体型平均的肥満になりやすくなる
繁殖できるできない
注意点として、全身麻酔を行うので、100%成功するわけではなく、0.1%は失敗してしまい、最悪の場合、死に至るという点です。その点を抑えておきましょう。


また、性衝動がなくなり、代謝エネルギー量が減ります。

そして、その分食欲に大きく影響が出る傾向が高く肥満になりやすいです。

しっかりと食事配分を考える、十分に運動をさせてあげるなど肥満にならないように気を付けてあげましょう。

去勢・避妊手術について

ここでは、メリット・デメリットを踏まえたうえで、推奨する理由と時期について取り上げたいと思います。


推奨する理由と時期について理解をして、去勢・避妊手術を行うかの判断材料にしてください。

去勢・避妊手術の推奨理由

多くの獣医の方は、去勢・避妊手術を推奨します。メリットの際にも取り上げましたが、これらの理由があるからです。

  • 性ホルモンが関係する病気を防ぐ
  • 望まない妊娠を防ぐ
  • 性衝動によるストレスの軽減
  • マーキングなど問題行動を防ぐ
これらの点があげられます。

昨今では、多頭飼育崩壊の問題も深刻化しており、望まない妊娠により、助からない命も存在しております。

愛犬自身にもストレスがかかり、未然にも防げる病気にかかってしまうなら去勢・避妊手術をおこない防ぐことをオススメする獣医の方が多いようです。

去勢・避妊手術の推奨時期

去勢・避妊手術の時期は重要で、推奨される時期があるのでぜひ押さえてください。


個体差があり時期は少しずれますが、メスの犬の多くは、生後6~8ヶ月くらいに初の発情を迎えます。そこから小型犬、大型犬で周期は違いますが、定期的に発情期を迎えるようになります。


オスの場合は、一年ほどで生殖器が完成するといわれています。


多くの獣医の方は4ヶ月~6か月くらいの時期の最初の発情期を迎えるまでが理想として施術をお勧めしています。


まとめ:ペット保険で犬や猫の去勢・避妊手術は補償されるか

ここまで去勢・避妊手術のペット保険の補償について取り上げましたが、いかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 基本的に去勢・避妊手術はペット保険の補償対象外である
  • 治療の一環としての例外的にペット保険の補償の対象のケースもある
  • 去勢・避妊手術には様々なメリットもあるがデメリット、推奨される時期も存在する
以上の点です。

ペット保険の補償対象外でデメリットもいくつかありますが、愛犬の長生きにもつながり、日々のストレスも軽減されます。

まずは、獣医の方に質問したり相談してからでも遅くはないので、ぜひご検討ください。

ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング