犬の水頭症とは?薬や手術による治療法や手術費用、症状、原因を解説

犬の水頭症とは、髄液が頭蓋内に過剰にたまり、脳が圧迫を受けて様々な症状が出る病気です。一度発症すると完治する可能性は低く、長期的な治療が必要になる場合もあります。投薬治療や手術の他に、トマトジュースによる犬の水頭症の症状改善の例もあります。症状や原因も解説!

犬の水頭症とは?

皆さんは「水頭症」という病気をご存知でしょうか? 


水頭症は、一度発症すると完治する可能性は低く、治療が長引く場合もある恐ろしい病気です。


そこで今回のこの記事では、犬の水頭症について 

  • 犬の水頭症の原因や症状、治療方法、予防方法
  • 水頭症にかかりやすい犬種や年齢
  • 犬の水頭症はペット保険で補償されるか

以上のことを中心にご説明していきます。


この記事を読んでいただければ、水頭症の原因や予防方法についての理解が深まり、早期発見・予防に繋げることができます。


ぜひ、最後までご覧ください。


水頭症とは髄液が頭蓋内に過剰にたまり、脳が圧迫を受ける病気

水頭症とは、脳脊髄液が頭蓋内に過剰に溜まり、脳が圧迫されて様々な症状が現れる病気です。


脳とくも膜の間には「脳脊髄液」という液体が存在しており、それによって外部からの衝撃が脳に伝わりにくくなっています。


この脳脊髄液が何らかの原因で過剰に溜まってしまうことで、脳が圧迫されて様々な障害を引き起こします。


脳脊髄液が通常の量よりも増えることで、脳が圧迫されてしまう水頭症ですが、その理由には大きく3つに分けられます。

  1. 髄液が作られすぎてしまう「産生過剰」
  2. 髄液が上手く循環しない「循環不全」
  3. 毛細血管などに吸収されるはずの髄液が吸収されない「吸収障害」

水頭症は一度発症してしまうと、完治することは難しいとされていますが、治療や手術等を行うことで、その症状を緩和させることは可能です。

犬の水頭症の症状は?レントゲン検査やエコー検査で発見可能

水頭症の主な症状として、下記のような症状があります。


外見に現れる症状

  • 頭部がドーム上に膨らんでいる
  • 両目が外側を向いている(外腹側斜視)
  • 頭を触ると穴が開いているのが分かる(泉門開存)

外見以外に現れる症状

  • 常にぼーっとしている(沈うつ)
  • なでたり、抱っこをしようとするとパニックになる
  • けいれん発作がある
  • くるくると回る
  • 物によくぶつかる
  • しつけしたことを覚えていない
  • 睡眠時間が増える
  • 元気がなくなる
  • 食欲不振
  • 感覚が鈍くなる
犬の水頭症は、増加した脳脊髄液が脳のどこの部位を圧迫しているかによって、その症状は変わってきます。

症状が重度の場合は、まっすぐ歩けなくなったり、転ぶと自力で立ち上がれなくなったりします。

動物病院では、見た目の症状からだけでなく、レントゲン検査やエコー検査で水頭症かどうかを診断します。

中には、水頭症が疑われる脳の構造をしていても無症状である犬もいますので、まずは体調の異変を感じたら、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

水頭症は、症状が深刻化すると最悪の場合死に至るケースもありますので、少しでも異常を感じたら、早目に動物病院を受診するようにしましょう。

犬の水頭症の原因

犬の水頭症の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。


先天性の原因

水頭症を発症する割合は先天性によるものが多く、犬種による遺伝的な原因がほとんどです。


主に、チワワなどの小型で短吻系の犬種が発症しやすいといわれています。


およそ生後3ヶ月~6ヶ月で、様々な症状があらわれてくる場合が多いです。


後天性の原因

事故などの何らかの理由で外傷を負ったり、脳腫瘍や脳内出血、髄膜炎などを患ったりしたことが原因で、脳脊髄液の循環経路が塞がれる、あるいは脳内に一定循環しているはずの脳脊髄液が以上に分泌されることによって、水頭症を発症する場合があります。

犬の水頭症の治療・手術方法は?薬による内科治療と外科治療

犬の水頭症には、主に内科療法外科療法を用いて治療を行います。


内科療法

脳圧を下げるたり、脳脊髄液の産生を抑えるたりするために、利尿剤やステロイド剤の投与を行います。


症状が軽い場合や初期段階の場合では一時的に症状が改善されますが、内科療法だけでは再発する場合が多いといわれています。


また、重度の場合は、内科療法での改善は期待できず、外科療法を必要とする可能性が高くなります。


外科療法

頭に直接針を刺して、溜まっている脳脊髄液を抜く処置を行います。


また、脳室と腹部にチューブを通して、余計な脳脊髄液を腹部に逃がすことで脳圧を下げる手術を行う場合もあります。


一方で、脳脊髄液が腹部に流れすぎて、逆に脳がダメージを受ける可能性もあります。


この手術によって通したチューブは、一生涯外すことができません。



いずれにせよ、外科療法は犬への負担が大きくかかってしまいます。


また、手術をしたからといって必ず完治する訳ではありません。


犬の健康状態を踏まえて、かかりつけの獣医師さんとしっかり相談したうえで、治療方法を選択してあげることが必要です。


治療費・治療期間の一例

  • 診察・検査:50,000円程度
  • 投薬治療:3,000~5,000円程度/月
  • 外科手術:200,000~350,000円程度(入院は7日間程度)

犬の水頭症は、治療が長期化する可能性が高く、術後のケアも長期間行ってあげる必要があります。


水頭症の手術は難易度が高く、通院の回数も増えるため、水頭症の治療費は高額になるケースがほとんどです。


いざというとき、高額な費用を理由に治療を断念しないためにも、水頭症の治療費を補償してくれるペット保険への加入をおすすめします。


犬の水頭症の予防法

先天的な原因による水頭症については、今のところ明確な予防方法はありません。


犬の水頭症についての原因や症状をしっかりと理解して、早期発見に繋げることが最も効果的です。


水頭症は、小型犬に発症しやすいといわれていますが、すべての犬種に発症する可能性があります。


水頭症が発症しやすいとされている犬種の飼い主の方は、特に注意が必要です。


後天的な原因による水頭症については、その原因となりそうなものを生活環境から排除することや定期健診を受けることで、予防することが可能です。


どちらの原因においても、飼い主の方が日ごろから愛犬とのコミュニケーションや健康観察を行い、異常があればすぐに動物病院を受診することが重要です。

水頭症にかかりやすい犬種や年齢は?

先天的な遺伝によるものや、ケガなどの外傷や脳腫瘍などの後天的な原因によって発症する水頭症ですが、水頭症にかかりやすい犬種や年齢はあるのでしょうか?


水頭症にかかりやすい犬種かかりやすい年齢について、それぞれ詳しくご説明します。

水頭症にかかりやすい犬種

水頭症にかかりやすいといわれているのは、主に下記のような犬種です。

  • チワワ
  • シーズー
  • ポメラニアン
  • ラサアプソ
  • パグ
  • ペキニーズ
  • マルチーズ
  • ブルドッグ
  • ボストンテリア
  • ヨークシャーテリア
  • マンチェスターテリア
  • ケアーンテリア

小型犬(特にアップルドーム型の頭をもつ犬種)がかかりやすいといわれている水頭症ですが、ケガや脳腫瘍などの後天的な原因で発症する場合もあるので、どの犬種でも発症する可能性はあります。


飼い主の方は犬種に限らず注意が必要ですが、水頭症にかかりやすいといわれてる犬種の飼い主の方は特に注意が必要です。


水頭症にかかりやすい年齢

遺伝による先天的な原因で発症する水頭症は、主に生後3~6ヶ月の間に症状が出ることが多いです。


それに対して、ケガや脳腫瘍などの後天的な原因で発症する水頭症は、いつどこでケガをしたり病気を発症したりするかは分からないため、発症しやすい時期や年齢は限定されません。


「もう子犬じゃないから、水頭症にはかからない」という油断は禁物です。


成犬になっても、思わぬケガや病気によって水頭症を発症する可能性は十分にありますので、日ごろから健康状態のチェックは怠らないようにしましょう。

犬の水頭症はペット保険で補償される?

犬の水頭症は、ほとんどのペット保険で補償の対象となります。


先天的な原因や後天的な原因によって、いつ・どの犬種に発症してもおかしくない水頭症は、治療が長期化することもあり、その費用は高額になるケースがほとんどです。


また、水頭症を発症した後にペット保険の加入を検討する場合でも、ほとんどのペット保険で特定傷病補償対象外特約」を付帯すれば加入は可能です。


高額な費用のせいで、大切な愛犬に治療を受けさせてあげられないという事態は避けたいですよね。


いざというときに、費用を気にせず治療に専念させてあげるためにも、ペット保険に加入しておくことをおすすめいたします。


水頭症は、長期的な投薬治療や術後のケアなどで、治療が長引く可能性が高い病気です。


最初から治療を諦めたり、途中で治療を断念したりしてしまうと、大切な愛犬が命を落としてしまう場合もあります。


ペット保険に加入しておくことで、しっかりと治療を受けさせてあげることができますので、ぜひペット保険への加入をご検討ください。


ペット保険は、会社によって補償内容や条件などが異なりますので、しっかりとその内容を比較検討した上で、愛犬の状態やご家族の意向に合うペット保険をお選びください。

まとめ:犬の水頭症について

犬の水頭症についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 犬の水頭症は、脳脊髄液が増えて脳内が圧迫されることで様々な障害を引き起こす病気
  • 小型犬は遺伝的な原因で発症しやすいといわれているが、後天的な原因ですべての犬種に発症する可能性がある
  • 犬の水頭症は、ほとんどのペット保険で補償の対象となる

でした。


水頭症は、発症すると完治することは難しく、治療は長期にわたる可能性もあります。

手術も難易度が高いため、治療費が高額になるケースがほとんどです。


費用を気にせず、愛犬にできる限り治療を受けさせてあげるためにも、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。


水頭症の症状や原因を理解していくことで、早期発見に繋げることができ、水頭症を未然に防いだり進行を遅らせたりすることが可能です。


水頭症にかかりやすいといわれている犬種を家族に迎え入れたいとお考えの方や飼い主の方は、特に注意してあげる必要があります。


大切な愛犬には、いつまでも元気に過ごしてほしいですよね。


日ごろからコミュニケーションをしっかり取って、何か異常があったらすぐに動物病院を受診するよう心掛けてあげてください。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング