犬の脂漏症とは?原因やサプリメント、シャンプーによる治療法を解説

犬の脂漏症とは、皮脂のバランス異常で起こる疾患です。遺伝によって先天的に脂漏症になりやすい犬種がありますが、他の人や犬にうつることはありません。脂漏症の原因や、シャンプーやサプリメントによる治療法、ドッグフードに気を使い食事面を改善する予防法などを解説します。

犬の脂漏症とは?    

愛犬からフケや独特なニオイがしたり、かゆがるような仕草をして抜け毛多いなどの症状があると、とても心配になりますよね。

また、フケやニオイ、抜け毛は、一緒の空間で暮らしている飼い主さんにとっても辛いものです。

こういった症状が出たら、もしかしたら愛犬は「脂漏症」という病気になっているかもしれません。

脂漏症は、皮膚に異常がある状態で、完治が難しい病気と言われています。

もしかかってしまっていたら、早く治療し症状を改善してあげたいですね。

そこで今回のこの記事では、犬の脂漏症について、
  • 症状
  • 原因
  • 治療法・予防法
  • かかりやすい犬種や年齢
以上のことを中心に説明していきます。

この記事を読んでいただけたら、愛犬の辛い症状の改善や予防の参考になると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

犬の脂漏症とは、皮脂のバランス異常で起こる疾患です

犬の脂漏症は、皮膚の新陳代謝異常や皮脂腺の分泌過剰など、皮脂のバランス異常で起こる疾患です。

脂漏症から、犬の皮膚に常在しているマラセチアという酵母菌が異常に増加してしまう「マラセチア皮膚炎」を引き起こすことも多いようです。

脂漏症は、皮膚の脂が過剰になりべたつきやニオイなどを引き起こす「油性脂漏症」 と、皮膚が乾燥することによっておこる「乾性脂漏症」とに分けられます。
 

原因や発症部位が色々な脂漏症は、一度治っても繰り返し再発する場合も多く、完治がなかなか難しい病気です。

しかし、人や他の犬にはうつりませんので、ご安心ください。

犬の脂漏症の症状

犬の脂漏症の症状は、油性脂漏症、乾性脂漏症と、そこからさらにマラセチアという酵母菌が増加してしまい生じるマラセチア皮膚炎とで分けられます。


油性脂漏症

被毛や皮膚にべたつきかさぶた、油っぽいような体臭が強くなります。


乾性脂漏症

皮膚が乾燥し、異常にフケが増え、被毛がパサつきツヤがなくなります。


マラセチア皮膚炎

油性脂漏症や乾性脂漏症の状態から、マラセチア菌が増加してしまうことで、強いかゆみを発症し、掻きむしってしまうため脱毛する場合もあります。


また、外耳炎膿皮症(皮膚が膿んでしまい炎症が起きる)を併発し、さらに症状が重くなることもあります。

犬の脂漏症の原因

犬の脂漏症の原因は色々あると考えられています。


遺伝

特定の犬種で若い時期から発症することがあります。


アレルギー

アトピー性皮膚炎など、アレルギー体質の犬は発症しやすくなります。


食生活

偏った栄養は発症しやすくなります。年齢に合ったドッグフードかの確認やドッグフードの酸化にも気をつける必要があります。


常在菌

普段は何の症状も出ませんが、皮膚環境が悪くなると、常在菌であるマラセチアが異常増加して症状を悪化させてしまうことがあります。


環境

高温・多湿の環境はワンちゃんの皮膚が蒸れてしまい、発症しやすくなります。

室温の管理を行ったり、清潔な環境を保つことが大事です。


遺伝が原因の脂漏症を「原発性脂漏症」といい、寄生虫・細菌・真菌などの感染症やアレルギーなどの原因により二次的に発症する脂漏症を「続発性脂漏症」といいます。

治療法は?シャンプーやサプリメントも効果的

治療法としては、

  • 薬物治療
  • シャンプーを使った薬浴
  • 栄養バランスの見直し

といったことが挙げられます。


薬物治療

症状によりますが、炎症などを抑えるステロイド剤抗真菌薬抗生剤などの内服薬の投与をすることが多いようです。

体質改善のため、漢方を処方されることもあります。


シャンプー 

皮脂の汚れやマラセチアを除去するためには、専用の薬用シャンプーを使った薬浴が効果的です。症状によって、シャンプーの種類や回数が変わってきます。

シャンプー後しっかりと乾かし、保湿することも大事です。


栄養バランスの見直し  

ビタミンやミネラルの不足で発症してしまった場合などに、それを補うためのサプリメントが有効です。

ビタミンやミネラルは皮膚のバリア機能を保つ働きをしますので、予防再発防止のために、不足しがちな栄養をサプリメントで補給してもいいですね。


通院・治療費用

「脂漏症」にかかる費用として、一例を紹介します。

初診の場合

初診
診察代1,500円
検査代1,500円
内服薬代1,500円
合計4,500円
再診の場合
再診
診察代700円
内服薬代1,500円
薬浴代 4,000円
合計6,200円

他にも外耳炎などを併発してしまっている場合には、さらに費用がかさみます。


症状によりますが、週に1、2度の通院が良くなるまで続くとなると、かなりの費用になってしまう可能性もあります。

犬の脂漏症の予防法は?ドッグフードの選択など食事面の改善も重要

予防法としては、愛犬のための生活・食事環境を整え、日頃からブラッシングやシャンプーなどで皮膚の状態を観察して、ケアしてあげることが一番です。

また、愛犬が元気でいるためには、体内環境も良い状態でいることが大切です。


体内環境を良くするためには、栄養バランスの良い食事が重要です。


食事による脂質やビタミン・ミネラルの過不足が考えられる際には、食事面の改善をする必要があります。


質が良く、年齢に合ったバランスの良いドッグフードを与えられるといいですね。

脂漏症にかかりやすい犬種や年齢は?

脂漏症にかかりやすい犬種年齢はあるのでしょうか。


もし飼っている愛犬が該当している場合、予防をしたり心構えをすることができますね。


脂漏症は、遺伝が関係していると言われています。


遺伝が関係しているかによって、かかりやすい犬種や年齢が変わってくるようです。

脂漏症にかかりやすい犬種

脂漏症にかかりやすい犬種は油性脂漏症と乾性脂漏症とで違います。

罹りやすい犬種を紹介します。

油性脂漏症

  •  シーズー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • 秋田犬
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • ウェストハイランドホワイトテリア
  • バセットハウンド

乾性脂漏症

  • ドーベルマン
  • ジャーマン・シェパード
  • ダックスフンド
ただ、上記の犬種以外でも、脂漏症にかかる可能性は十分あります。

どの犬種も、普段の様子をいつも気に掛けてあげるといいですね。

脂漏症にかかりやすい年齢

どの年齢でも脂漏症にかかる可能性はありますが、遺伝が関係している場合と何かの原因が関係している場合とでは、かかりやすい年齢が違ってきます


0〜5歳前後の若い時期から発症してしまう場合には、遺伝が関係していることが多いようです。


この場合は、もともと持って生まれた体質が原因となりますので、良くなってきてもまた悪化したりと、完治はなかなか難しくなります。


6歳前後から発症した場合には、食生活や生活環境など、なんらかの原因があることが多く、その原因を見つけて治療をすることが必要になってきます。

犬の脂漏症はペット保険で補償される?

犬の脂漏症は、なかなか完治しにくい病気のため、何度も通院・治療を繰り返しているうちに、気づくと高額な治療費になっていることも少なくありません。


そんな時にペット保険に加入していれば安心です。


脂漏症は、ほとんどのペット保険で補償される病気です。


すでに脂漏症を患っていて、やはりペット保険に入りたいと思われた方は、すでにかかっている脂漏症に関しては補償できませんが、特定傷病補償対象外特約を付帯すれば加入可能なペット保険もあります。


犬の病気は脂漏症以外にもたくさんあります。


なるべく辛い思いをさせないよう、早期治療・早期回復をめざすためにもペット保険の加入を考えてみるといいですね。

まとめ:犬の脂漏症について

犬の脂漏症について説明してきましたが、いかかでしたでしょうか。

この記事でのポイントは
  • 遺伝により罹りやすい犬種がある
  • 完治は難しく通院が長引くことが多い
  • 薬物治療以外にシャンプーやサプリメントも効果的
  • 栄養バランスの整った食事が重要
  • ペット保険に入っていると安心
ということでした。

犬の脂漏症はなかなか治りにくい皮膚疾患です。

発症して時間が経ってしまうと、症状が進み、他の病気まで併発してしまうこともあり、治るまでに長期間の治療が必要となってしまいます。

愛犬が苦しんでいる状態は、飼い主さんにとってもとても辛いことです。

症状が進んだり慢性化しないよう、早期治療で症状を早く改善してあげたいですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング