犬の白血病とは?原因や症状、治療で治るのか等について徹底解説!

犬の白血病について紹介しています。犬の白血病の症状や原因、治療・手術方法、予防法、ペット保険で治療費が補償されるのか等を紹介しています。白血病は治療で治るのかや完治するのか、漢方の効き目等の紹介もしています。末期になる前に早期発見に努め適切な対応をしましょう。

犬の白血病とは?

この記事では、犬の「白血病」について取り上げたいと思います。

人間の「白血病」のイメージとして、やはり重い病気や治らないことが連想されますが、犬の白血病について症状や治療方法など、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

多くの方は、白血病はどうやって治療するのか、ペット保険で補償されるのかなどについて知らないと思います。

愛犬のために今この場で、基礎知識を身につけませんか?

愛犬が発症してから焦るのは嫌ですよね。

そこで今回の記事では、
  • 白血病とはどのような病気?
  • かかりやすい犬種や年齢は関係あるの?
  • ペット保険で補償されるの?
これらの点を分かりやすく取り上げていきます。

こちらの記事を読んでいただければ、基本的な犬の白血病のことから、保険の補償についてまで、様々な知識を得られるので参考になると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

がんの一種でリンパ球が腫瘍化して増殖する病気

白血病はがんの一種です。体内の血液中にのある白血球が、骨髄でがん化してしまい増加することによってなってしまう病気です。


血液中にできるがんは他にもあり、血液細胞の1つである形質細胞のがんである多発性骨髄腫、白血球の中のリンパ球ががん化したリンパ腫があります。


今回は、その中でも白血病について具体的な症状や原因について次から取り上げたいと思います。

犬の白血病の症状

ここでは犬の白血病の症状について取り上げたいと思います。


まず、白血病にも大きく分けて2種類存在します。


その種類によって症状が異なってくるので注意が必要です。


1つは、急性リンパ芽球性白血病、もう1つは慢性リンパ性白血病があります。


急性リンパ芽球性白血病とは

白血病の要因となる白血球ですが、リンパ球、単球、顆粒球の三種類が存在します。

その中のリンパ球によるがん化が犬には多いです。

急性リンパ芽球性白血病は、そのリンパ球がまだ完全の状態では無いリンパ芽球が、がん化してしまった病気であり、末期状態までの進行が早いのが特徴です。

具体的な症状として、
  • 食欲がない
  • 下痢や嘔吐をしてしまう
  • 体重の減少
  • 足を引きずる(リンパ腫の腫れによるもの)
  • 貧血症状
などが起こり、全体的に愛犬の元気が無くなり、よく眠るようになってしまいます。

慢性リンパ性白血病とは

慢性リンパ性白血病とは、不完全な状態であったリンパ芽球ではなく、完全な状態であるリンパ球ががん化して進行してしまった白血病のことを指します。

症状は急性リンパ芽球性白血病と同じですが特に注意が必要です。

その注意点は、急性リンパ芽球性白血病より進行が明らかに遅く症状がはっきりしないため、早期発見が難しく見逃してしまい、末期になってしまうと回復は難しくなってしまいます。

犬の白血病の原因は?白血球数が関係している?

この白血病の直接的な原因は分かってはいませんが、血液中の白血球数が関係していることは分かっています。

基本的に検査は、リンパ腺の腫れをチェックする触診血液検査を最初に行います。

血液検査において、それぞれ白血球数やその中のリンパ球数や、赤血球数、血小板数などが分かるようになります。

その中でリンパ球数が基準値より増加していると、白血病の疑いが生じます。

しかし、興奮状態やワクチン接種後の場合は、リンパ球数などは、病気を患っている犬でも、患っていない犬でも増加するので、なかなか判断するのが難しく、他の赤血球数や血小板数をみて判断を行ったりしています。

そこで今では、他にも検査方法があり、骨髄の一部を採取し検査したり増加の仕方から判断をしたりと技術の向上により発見しやすい環境になりつつあります。

犬の白血病は治療・手術で治る?完治する?漢方の効き目は?

次に治療方法についてです。


急性リンパ芽球性白血病における治療方法ですが、一般的には抗がん剤を使用します。


進行も早いので手遅れになると、他の赤血球や血小板の生成にも影響が出るので、輸血をおこなうケースもあります。


しかし、抗がん剤の効果は必ずしも出るわけではなく、逆にがん化した細胞を破壊してしまい、それが血液中に流れてしまう可能性もあります。


また、赤血球数の減少など細胞バランスを崩してしまい貧血が進行してしまったりと危険が生じる可能性もあります。


もう一つ治療方法はあります。それは、抗がん効果のある漢方薬です。一見漢方薬は効果は期待できなさそうですが、実際に回復し治る例はあります。


実際のケースとして、このようなものがありました。


ある日、嘔吐や食欲低下など症状がいくつも確認されたので、動物病院で受診したワンちゃんが、血液検査をすると白血球が基準値を多く上回り、血小板や赤血球は下回っている結果でした。


そこで、獣医は、急性のものと判断して点滴を行い、効果の見込みがあるステロイド剤などを投薬して様子を見ましたが、結果として逆効果となってしみました。


この結果から、「急性の白血病を患っている」との判断が下され、投薬治療から抗がん作用のある漢方薬を用いた方法に切り替えられました。


すると2日後には、症状も回復して、数日後の血液検査では白血球数も下がり、赤血球や血小板も数値が上がり、不自由なく生活が送れるようになりました。


このようなケースもあり、漢方薬には、体の負担も少なく、白血球数も下がり赤血球数も回復したりとしっかりと完治に向かう結果を残しています。


しかし、これはあくまで、慢性のものではなく急性によるものということに注意が必要です。


では、慢性リンパ性白血病ではどのような治療方法があるのでしょうか。


もちろん抗がん剤による治療もあるのですが、進行が遅いということもあり、あえてリスクを冒してまで抗がん剤を使うのではなく、経過観察するケースもあります。


抗がん剤を使わずとも1、2年は生存できる傾向にあるからです。


そこで、どちらの治療方法にも言えることですが、飼い主として気になるのは治療費についてです。

項目料金
初診料1,500
血液検査
3,000
骨髄検査7,000
染色体検査3,000
遺伝子検査20,000
CT検査60,000
薬(ステロイド剤)5,000
合計99,500

こちらは、あくまで平均価格で算出した薬を用いた場合の治療にかかる費用です。


様々な検査を用いるので検査に費用がかかります。もちろん価格は前後しますが、10万円程度はかかります。


これに、抗生剤や貧血を中和する薬なども処方されることがあるので、もっとかかる場合もあります。

犬の白血病の予防法

次に白血病の予防についてなのですが、決定的に有効な手段は見つかっていません。


特に慢性リンパ性白血病の場合は発見も遅れることが多いので、定期的な健康診断をおこなうことをオススメします。


急性リンパ芽球性白血病の場合には、進行が急でもあることから、症状が分かりやすく表れる傾向があります。


愛犬の危険信号のサインを見逃さず、早い段階で動物病院に連れていくことで結果が全く変わってくるので、よく普段から愛犬を見てあげましょう。

白血病にかかりやすい犬種や年齢は?

今までは、白血病の症状や治療について取り上げてきましたが、白血病になりやすい犬種はいるのでしょうか。


また、若いからまだ大丈夫だと安心してしまっている飼い主の方もいるかもしれません。


次からは、なりやすい犬種とともに年齢も関係しているのかについて取り上げたいと思います。

白血病にかかりやすい犬種

ここでは、犬種について取り上げていきます。


もちろん、どの犬にもなりうる可能性があるので注意は必要ですが、

  • セントバーナード 
  • シェルティー 
  • ブルドッグ 
  • マルチーズ
  • G.レトリバー
  • シーズー 
  • 雑種
これらの犬種がかかりやすい傾向があります。

逆に、ポメラニアンやダックスフンドはあまりかからないというデータもあります。

白血病にかかりやすい年齢

次に年齢についてです。


白血病にかかりやすい年齢は特にありません。


若いからといってかからない、高齢だからかかりやすいといったことは無いので、普段からよく愛犬の食欲はあるか、下痢や嘔吐は多くないかなどよく見てあげてください。

犬の白血病の治療費はペット保険で補償される?

犬のペット保険に加入されているかとも多いと思います。


実際に白血病になってしまったら補償はされるのでしょうか。


答えとして、もちろん補償の対象です。

白血病はがんの一種なので補償の対象になっているのが一般的です。


しかし注意も必要です。


その補償プランによって対象内なのか対象外なのか、またどの程度の補償を受けられるのかが変わってくるからです。


プランによって、通院補償入院補償手術補償などがあるので、何が必要なのかをしっかり把握するようにしましょう。


例えば、通院補償のあるプランの場合では、 軽いケガや病気でも補償の対象になるので、有効ですが、健康診断などの予防の場合は対象外になるので注意が必要です。


他にも今回は違うのですが、先天性によるものや、ワクチンで防げるはずの病気の場合は対象外などもありえますので、自分の加入しているプランを再確認してみてください。


また、まだ加入していない飼い主の方は、いろいろなプランがありますので、治療費を抑えるためにも愛犬の健康のためにもペット保険の加入をご検討ください。

まとめ:犬の白血病について

今回は、犬の白血病の症状やペット保険の補償について取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 白血病には2種類あり、抗がん剤や漢方薬が有効である
  • かかりやすい犬種はあるが、年齢はあまり関係ないので油断してはいけない
  • 補償対象ではあるが、一部例外の場合もあるのでぜひ確認を
以上の点です。

上で取り上げたように、進行が早く対処が遅れてしまったり、逆に症状が現れるのが遅いために発見が遅れたりと気を付けなければならない病気です。

少しでも食欲がないのが続いたり、下痢や嘔吐が続くようであれば、動物病院に連れて行ってあげましょう。

ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング