犬の血小板減少症とは?血が止まらない?症状や原因、治療法を解説!

愛犬の血便や血尿、鼻血が止まらないときは、血小板減少症かも?軽症でも吐血などの恐れがあり、重症だと入院・再発も多い難病ですが、適切な処置によって回復する可能性は大いにあります。今回はそんな犬の血小板減少症について、症状や原因、治療法を解説!

犬の血小板減少症とは?

犬の血小板減少症と聞いてピンとくる方は多くないと思います。


なんとなく漢字が多くて難しそうだなといった印象を受けるかもしれません。


愛犬の血便、血尿、鼻血が止まらないと誰だって心配になりますよね。


実際に動物病院でこの病名を聞いても、事の重大さに気付く人は非常に少ないです。


わけのわからない病気を相手にしたら、とても不安になりますよね。


そこで本記事では、

  • 犬の血小板減少症の症状、原因
  • 犬の血小板減少症の治療法
  • どんな犬がかかりやすいのか
  • 犬の血小板減少症はペット保険で補償されるのか
について解説していきます。

最後まで読んでいただき、犬の血小板減少症を理解していただければと思います。

出血が止まりづらくなる病気

血小板減少症とはどんな病気なのでしょうか。


犬の血液中には血小板という細胞が存在しています。


血小板は止血において重要な働きをしています。


すなわち、血管の破損部位に集合して、その破損部位を塞ぐことで止血並びに血液凝固に対して大切な役割を担っているわけです。


では、この血小板が少なくなると何が起こるのでしょうか。


血管を修復するための材料が少なくなってしまうので、血が止まりにくくなってしまうのです。


普段、私たちが生活している中で、例えばどこかに体をぶつけたとします。


そんな些細なことでも、体の中では毛細血管からの出血が起こっている可能性があります。


その出血が止まりにくくなってしまったとしたら……考えただけでも恐ろしいですよね。


では、どうすれば血小板減少症に早く気付いてあげられるのでしょうか。


犬の血小板減少症の症状、原因、治療について説明します。

犬の血小板減少症の症状は?吐血や血便、鼻血が多い?

血が止まりにくくなるため、出血傾向という状態に陥ります。


その症状としては、

  • 点状出血:口腔粘膜や皮膚に黒い点々が見られる
  • 紫斑:皮膚の薄い所に内出血の跡のような斑状の模様が見られる
  • 吐血・血便・下血:消化管粘膜における出血
  • 血尿:膀胱粘膜における出血
  • 鼻出血:鼻粘膜における出血
などがあります。

いずれも、出血が止まりにくいことから来る症状です。

他にも、
  • 発熱
  • 貧血
といった症状が見られることもあります。

血が止まらないという状態は最悪、命にかかわることもあるので、以上のような症状が見られた場合は速やかに動物病院を受診することをお勧めします。

犬の血小板減少症の原因は?再発する可能性も?

健康であれば体内で一定の数を保っている血小板ですが、なぜ減少してしまうのでしょうか。


血小板は骨髄で生産され、脾臓で破壊されますが、この産生と破壊のバランスが破綻してしまうと、血小板の数が減少します。


また、骨髄で作られた血小板が片っ端から体内で破壊されてしまうこともあります。


つまり、

  • 骨髄での産生低下
  • 脾臓での破壊亢進
  • 血液内での破壊亢進
に分けられます。

骨髄での産生低下

白血病リンパ腫などの腫瘍により、血小板の産生が減少することがあります。

また、腫瘍以外でも、骨髄異形成症候群などの骨髄疾患や、遺伝的に血小板の産生能が低い犬種もいます。

脾臓での破壊亢進

脾臓に発生した腫瘍などによって血小板減少が起こることが報告されています。

血液内での破壊亢進

何らかの原因で血液中を循環している血小板が破壊されてしまうことで血小板減少症を引き起こします。

免疫介在性血小板減少症は自己免疫疾患の一つで、自己の血小板を異物だと認識して攻撃してしまうことにより起こります。

また、犬ジステンパー犬パルボウイルス感染症レプトスピラ症フィラリア症などの感染症でも、血小板が破壊されることが知られています。

犬の血小板減少症の治療方法は?回復するの?

犬の血小板減少症に対する治療法を紹介します。


何が原因となっているかで治療は変わりますが、おおよそ以下のようなものがあります。

  • 基礎疾患の治療:腫瘍や感染症が原因の場合、その原因疾患を取り除くことが必要です。
  • 輸血:根本的な治療としてではなく、あくまで補助として行います。
  • 免疫抑制剤の投与:免疫介在性のものであれば、自己の過剰な免疫を抑える必要があります。
  • 抗生物質の投与:免疫抑制剤の投与によって、外からの異物の侵入に対する防御が低下してしまうので、感染を予防するためにも抗生物質は必須となります。
  • 免疫グロブリン療法:ヒトのγグロブリン製剤が自己免疫疾患に効果があることが報告されています。
これらの治療を組み合わせて行うことになりますが、長期にわたって出血が続いてしまっている場合、命を落としてしまう可能性が高いのも現状です。

また、生涯にわたって免疫抑制剤を服用しなくてはならないこともあり、投薬なしでの完治も難しい病気です。

しかし、早期発見と早期治療さえ行うことができれば、絶対に完治しない病気というわけでもありません。

日常的に何か異常がないかをよく見ることが、血小板減少症が治るか治らないかの重要な分かれ目となります。

犬の血小板減少症になりやすい犬種、年齢は?

犬の血小板減少症が恐ろしい病気だということは理解していただけたかと思います。


しかし、この血小板減少症になりやすい犬種、年齢もあります。


ご自身の愛犬が当てはまっていないか、チェックしていきましょう。

犬の血小板減少症になりやすい犬種

遺伝的に血小板減少症になりやすい犬種を紹介します。

  • ダックスフント
  • トイ・プードル
  • ヨークシャー・テリア
  • ボストンテリア
  • ペキニーズ
  • シーズー
一般的に、小型犬短頭種がなりやすいと言われています。

これらの犬種は、同じ自己免疫疾患である免疫介在性溶血性貧血も発症しやすいので注意が必要です。

犬の血小板減少症になりやすい年齢

子犬の時期は感染症に対する注意が必要です。


基本的にはワクチン接種や予防薬での予防が可能ですが、特にまだ免疫系統が整っていない生後間もない子犬は要注意です。


成犬は特発性の自己免疫疾患による血小板減少症に注意が必要です。


特発性とあるように、残念ながら自己免疫疾患はどの年齢でも発生する可能性があります。


老齢期は腫瘍に対する注意が必要です。


いずれの場合でも、定期的に動物病院での検診をお勧めします。

犬の血小板減少症はペット保険で補償される?

基本的にはペット保険での補償対象となります。


病院によって医療費は様々ですが大体以下のようになります。

  • 診断のための検査(血液検査、画像検査、骨髄検査など):3~5万円
  • 輸血(血液適合試験などを含む):5~10万円
  • 免疫抑制剤などの投与:2~3万円
  • 入院:1日当たり2~3万円
  • 退院後の定期的な検査と投薬:1回当たり1~2万円
緊急性のある疾患の場合、医療費は高額になることが多いです。

特に免疫抑制剤に関しては、ジェネリックにしても薬価が高いものが多いので、これを生涯服用し続けるとなると、医療費はかなり高額になります。

体重の大きい大型犬ともなると、1週間の薬代だけで2万円くらいかかることもあります。

特に免疫介在性の場合、はっきりとした機序がわかっていないので予防する術がありません。

万が一に備えて、ペット保険に加入しておくと安心かもしれません。

経済的な理由で治療を諦めることは避けたいですよね。

まとめ:犬の血小板減少症について

いかがでしたでしょうか。


本記事をまとめると、

  • 血小板減少症は出血が止まりにくくなる恐ろしい病気
  • 治療法はあるが、完治は困難
  • 医療費は高額になることが多い
ということを解説しました。

どの病気にも言えることですが、病気の早期発見と早期治療は予後を決定する上で重要です。

確かに動物医療は人間の医療と比較して高額ですが、ペット保険の普及によってその障壁を取り除くことが可能です。

愛犬の健康を考えて、一度ペット保険について考えてみてはいかがでしょうか。

ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング