ペット保険は何歳まで加入可能?年齢不明の場合や更新可能年齢は?

ペット保険に加入できる年齢は各保険会社や保険商品によって違います。この記事では犬・猫・その他の動物のペット保険加入可能年齢について保険商品ごとに解説しています。また、年齢不明の場合の対処法や更新可能年齢、ペット保険に加入すべき年齢についても解説しています。

ペット保険に加入できる年齢は何歳から何歳まで?

長年ペットを飼っていると、将来の病気やケガなどのことが心配になりませんか?


しかし、「病気やケガのことは心配だけど、ペットは何歳から何歳まで保険に加入できるの?」と不安に思う方もいるでしょう。


将来に備えて、自分のペットが何歳まで保険に加入できるのか、ハッキリ知っておきたいですよね。


そこで、この記事では「ペット保険に加入できる年齢」について、

  • ペット保険に加入できる年齢は何歳までか
  • 契約の更新が可能な年齢は何歳までか
  • ペットの年齢が不明な場合の対処法

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、何歳までペット保険に加入できるのかハッキリと分かるだけではなく、ペットが年齢不明だった場合はどうしたらよいのかも知ることができます。


ぜひ最後までご覧ください。

加入可能年齢は各保険商品ごとに違う


ペット保険に加入できるのは何歳までなのでしょうか?ペットをお迎えした時には、ペット保険の必要性を感じていなくても、実際にペットを飼育していくと、途中でペット保険に加入したいな、と思うことも多いと思います。


ペット保険に加入できるのは何歳までかと言うと、8歳未満となっていることが多くなります。では、8歳以上のペットはペット保険への加入は無理なのでしょうか?


ペット保険への加入可能年齢は8歳未満となっていることが多いのですが、何歳まで加入できるかは保険会社によって違ってきます


8歳以上でもペット保険に加入できる保険会社をまとめると、以下のようになります。

保険会社加入可能年齢
R社13歳以下
PB社12歳11か月
SP社9歳未満
E社満10歳
SI社11歳11か月
F社9歳未満
Au社10歳以下
I社12歳11か月
PM社8歳11か月
これらはすべて犬・猫が対象となっています。小動物や爬虫類などは違う年齢となるため気をつけてください。

このように、8歳以上のペットでも加入できるペット保険は数多くあります。年齢が上がってしまったから無理かも、と諦めず、ご自身のペットに合った保険会社を探すことをおすすめします。

終身タイプ?更新可能年齢も確認しよう!


保険会社ごとに、何歳までのペットが保険に加入できるのかお伝えしてきました。


ここで1つ注意してほしいのが、更新可能年齢についてです。


ペット保険では、新しく契約するときの年齢制限はもちろん、契約を更新するときのペット年齢にも、「何歳まで」と制限が設けられていることもあります。


更新可能年齢があると不安だという方は、終身タイプのペット保険を選びましょう


更新可能年齢も保険会社によって異なるので、加入前によく確認しましょう。

ペット保険が継続できないのはどのような場合か

ペット保険は毎年更新して継続することが可能なのですが、中には継続ができなくなってしまう場合もあります。


ペット保険が継続できない場合として、

  • 慢性疾患にかかっている
  • 補償額を使い切った
  • 審査に通らなかった

などが挙げられます。慢性疾患は一度かかってしまうと完治しにくい病気のことです。かかってしまうとずっと治療費などで保険金を支払わなくてはならなくなるため、慢性疾患にかかってしまった翌年から継続することができなくなってしまう場合があります。


また、継続できたとしても、慢性疾患の治療費は補償対象外となってしまう事がほとんどとなります。


補償額を使い切ってしまった場合もペット保険の継続ができない場合となります。補償額を使い切ってしまった場合は、使い切った時点で契約が強制終了となってしまう事がほとんどになるようです。


ペットが高齢になってくると、継続時に保険会社で審査を行う場合が出てきます。この審査に通らないと保険が継続できません。特に前年度に何かしらの病気にかかっており、その病気が再発しやすい病気の場合、審査に通らず、継続不可となってしまう事が多くなります。

ペット保険に加入する最適な年齢はいくつ?


ペット保険の新規契約には年齢制限があるので、なるべく早めに加入しておくにこしたことはありません。


ただし、保険に加入できたとしても、高齢なペットの場合は、補償内容に制限がついてしまうこともあります。


補償内容が制限されるだけでなく、ペットが高齢になればなるほど病気のリスクは高くなるので、今特に問題がなくても、ペットが若いうちからペット保険の加入を検討しておいたほうがよいでしょう。


子犬や子猫などの場合は、室内での転倒や誤飲などのリスクがあるので、「まだペットが小さいから」といって加入をためらっていると、思わぬ費用が必要になってしまうこともあります。


そのため、ペットの種類や年齢に関係なく、早めの加入をおすすめします。

ペットの正確な年齢が不明な場合はどうなるか

ここまで、ペット保険に加入できる年齢についてご説明してきました。


しかし、友人からゆずり受けたペットや、里親として受け取ったペットなどは、年齢が正確にわからないというときもあるでしょう。


ペットの年齢が不明でも、ペット保険に加入することができます


年齢不明のペットをペット保険に加入させたいときは、一般的に、獣医から推定年齢を判断してもらう必要があります。


ペット保険を契約する際は、くれぐれも、自分で判断した根拠のない推定年齢を契約書類に書かないようにしましょう。


推定年齢に根拠がない場合、契約が無効になることもあります。

まとめ:ペット保険加入可能年齢は各保険ごとに決まっている

いかがでしたか?ここではペット保険に加入できるのは何歳までなのか、について詳しくご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • ペット保険に加入できる年齢は、保険会社ごとに決まっている
  • 多くの場合8歳未満となるが、8歳以上でも加入できるペット保険は多い
  • 加入年齢だけでなく、更新できるのが何歳までなのかも確認が必要
  • 終身タイプでも様々な理由で継続できない場合がある
  • ペット保険への加入はなるべく早めのタイミングがおすすめ
  • ペットの年齢が分からないときは、獣医さんに推定年齢を判断してもらう

になります。


飼い始めたときはペット保険に加入していなくても、途中でペット保険の必要性に気が付く飼い主さんも多いと思います。何歳までペット保険に加入できるのか、大まかに覚えておいても損はないのではないでしょうか。


ペット保険が気になり始めたら、年齢のこともそうですが、なるべく早めに契約することをおすすめします。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • ペット保険の加入や更新に年齢制限なし?高齢でも加入できるのか解説
  • ペット保険は高齢でも加入できる?年齢に応じて保険料は違うの?
  • ペット保険の加入率は?日本や海外の加入率の推移などを徹底解説!
  • ペット保険は複数掛け持ちできる?メリットは?加入の注意点を解説!
  • ペット保険に入る際に健康診断は必須?加入後の健康診断は補償範囲?
  • 持病があってもペット保険に加入できる?加入条件を徹底解説!
  • ペット保険の闇とは?保険料を払っているのに請求しても補償なし?
  • FPCペット保険の口コミや評判を紹介!加入条件や補償内容も解説!
  • ペット保険の市場規模は拡大中!?動向や加入率、将来性を徹底解説!
  • 手術のみの補償に特化したペット保険とは?補償内容や保険料を解説!