ペット保険に入る際に健康診断は必須?検査費用は補償範囲内かも解説

ペット保険に入る際に健康診断は必須?検査費用は補償範囲内かも解説-サムネイル画像

ペット保険へ加入する際、ペットの健康診断が必要かどうかは保険会社によって異なります。この記事では保険加入前の健康診断の必要性を主要各社ごとに紹介しています。また、加入後の健康診断はペット保険の補償対象内かどうかや、ペットの実際の健康診断費用を解説しています。

健康診断費用はペット保険の補償対象?必須なのかも解説!

人が医療保険に入る際、健康診断を受けなければならない場合がほとんどですが、ペット保険に入る際にはペットの健康診断が必要なのか?疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。


実際、ペット保険に入る際には健康チェックが必要になってくる場合が多いです。しかし、その方法は保険会社によって様々で、動物病院で健康診断を受けなければならないという義務はなく告知のみで大丈夫という会社もあります。


また、ペットの健康診断でかかる費用はペット保険の補償対象になるのかも気になりますよね。


そこで今回は、

  • ペット保険加入に健康診断は必要か
  • ペット保険加入後の健康保険は補償対象か
  • 健康診断のおおよその費用
  • ペット保険に加入すべきタイミング
についてご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、会社によってペット保険加入時に健康診断が必要なのか、また健康診断にかかる費用はどれくらいか、健康診断内容はどのようなものがあるのか、などが分かり、ペットの健康診断について多くの情報が得られます。

ぜひ最後までご覧ください。

健康診断費用はペット保険の補償対象になる?

ペットの健康診断は問診や触診の他、尿検査・検便・血液検査、レントゲン検査等もあります。検査内容は人間とさほど変わりません。


いろいろな検査を行えば、それなりに費用はかかってしまいます。では、ペットの健康診断費用はペット保険で補償されるのか、気になる飼い主さんも多いことでしょう。


残念ながら、ペットの健康診断費用はペット保険の補償対象外です。


なぜなら、ペット保険はペットの病気・ケガを補償範囲とする商品なので、原則として治療と言えない健康診断は対象外なのです。


こちらでは

  • ペットの健康診断の内容と費用
  • 保険会社の健康診断サービス
について解説します。

ペットの健康診断はどのくらい費用がかかるのか

ペットの健康診断にかかる費用は一体どのくらいかご存知ですか?このペット健康診断は場合により、人間の検査以上に金額がかかります。


健康診断には様々な内容が各動物病院で用意されており、最低限だけを調べる、全身隅々までくまなく調べる、ある程度の健康状態が分かるよう調べる等様々です。


健康診断の種類によってかかる費用も異なるので、ここでは種類別に費用を紹介します。


問診や触診

問診や触診の簡単な健康診断ではおよそ2000円前後です。

動物病院に行ったついででもできるような内容、価格のため気軽にできるのがメリットです。ただし、体内の状況が詳しく分からないのはデメリットです。

尿検査・検便・血液検査

問診や検診以外に基本的なメニューの尿検査や検便で各1000円前後、血液検査が5000円前後かかります。
特に血液検査は肝臓や腎臓、貧血などの数値が明確に出るため、何か異常があった時の早期発見にも繋がります。

また、尿検査では尿路結石の発見や予防、検便では腸内環境状態が確認できるため、今後の健康を維持するために欠かせない情報が得られます。

その他の検査

心臓の異常を調べるための心電図は2500円ほどです。また、内臓などの大きさや位置、形などを調べるレントゲンは3000円程度かかります。

眼科検診では眼圧検査をおこない、涙量検査や緑内障、白内障などを調べ、費用は5000円前後です。

歯科検診では歯のチェックだけでなく歯石除去なども行います。歯石除去が大人しくできない場合は全身麻酔を使用してケアすることになるので、1万5000円前後かかります。

健康診断の総額は

上記の検査を諸々合わせると、総額およそ3万円前後かかる計算になります。

また、ペットの健康診断にかかる費用は各動物病院で異なりますが、これは使う器具や検査薬等によって費用が違うからです。

飼い主さんが健康診断のメニューを選べる場合もありますので、健康診断を受ける前に内容を確認しておくと良いでしょう。

最近ではドッグドッグという、人間ドッグのようなメニューを取り扱っている病院も徐々に増えてきています。

人間のように絶食を行ってドッグドッグを受診する場合もあり、より細やかな検診をすることができるようです。

長寿化の進むペット社会ならではの動きでもあり、病気の早期発見にも繋がる新しいペット医療と言えるでしょう。

An社では血液検査等が無料でできるサービスがある!

ペット保険を扱うAn社では、「腸内フローラ」測定という腸内の異常等の検査を受けることができます。An社のペット保険の新規加入または継続加入を条件として利用できます。


この測定でペットの腸内健康年齢や、病気のなりやすさがわかります。このサービスの利用は次の手順となります。

  1. An社のペット保険へ新規契約または継続契約する
  2. 測定キット申込
  3. 測定キット到着後、ペットの便を採って返送
  4. 1~2ヶ月程で測定完了
  5. メールで結果報告

この測定結果によっては、無料健康診断のご案内が届きます。こちらを利用すれば、An社指定動物病院で無料健康診断(血液検査)を受けられます。

ペット保険の補償対象外には健康診断以外に何がある?

いざというときのためにペット保険に入っておくと安心です。


しかし健康診断のように対象外になる項目もあります。


対象外になる項目を把握しておくともしものときに慌てずにすみます。


それほど項目は多くないので安心してください。


対象外となる項目は

  • 保険に加入する前にかかった病気やケガ
  • 歯の治療
  • ワクチン接種
  • 不妊治療
  • 避妊手術
  • 妊娠・出産

です。


既往症がある場合は入る前に告知義務がありますので特に注意しましょう。歯の治療や不妊治療なども対象外です。


そのため歯の治療をする場合や妊娠しないように治療したり、逆に子供ができるように治療する場合は保険が使えないことを覚えておいてください。


また病気を予防するためのワクチン接種も保険は使えません。


保険の補償を受けられない理由で病院にかかるときは自費負担になります。


何に補償を受けられないのかを把握して計画的にワクチン接種や治療を受けることがペットの命を守るために、また元気に過ごせる環境を作るために大事です。

ペット保険に加入する際に健康診断は必要?


ペット保険に加入する際、健康診断を受ける必要があるのか気になりますよね。


多くの保険会社では、ペット保険加入の際の健康診断は不必要である場合が多いです。


ただし、ペット保険では、加入前に健康診断を行って健康診断書を提出する場合と、飼い主の口頭のみで健康チェックを行う場合があります。


健康診断といっても無料ではないため、加入前の健康診断が必要かどうか飼い主さんは気になるところでしょう。


こちらでは保険加入の際、健康診断が必要な場合と不必要である場合について紹介します。

加入時の健康診断は必要?各保険会社を比較!

加入時の健康診断は各保険会社で異なります。下表を参考にしてください。

保険会社原則例外
I社不要持病等がある場合に健康診断書提出
I社不要告知内容で健康診断書提出が必要な場合あり
SP社不要
犬・猫8歳以上、健康診断書提出
F社不要審査結果次第では健康診断書提出
PM社不要-
R社不要健康状態・病歴によっては健康診断書提出

※執筆時現在


概ね、ほとんどの保険会社では原則加入検診が不要となっています。ただし、ペットに持病や傷病歴がある場合、高齢の場合等は、健康診断を受け診断書提出が求められるケースもあります。


詳しくは各社のHPをご確認ください。以下のボタンから一括で見積もることができます。

ペット保険加入時に健康診断が必要な場合とは

ペット保険に加入したいときは代理店で申込むか、インターネット等を介して契約することになります。


いずれの場合も、申込書・同意書・ペットの健康告知書に記載して申し込みを行います。この段階では、健康診断書の添付は不要であるケースがほとんどです。


ただし、どのペット保険会社にも共通する告知内容である

  • ペットの種類、品種、体重、年齢
  • 持病、過去の傷病歴
  • 現在の健康状態
このいずれかの告知内容で保険会社が不安を覚えた場合は、健康診断を要求される場合があります。

健康診断を要求された場合、加入したいなら健康診断書は提出しなければいけません。

また、健康診断の結果、深刻な異常が発見されたときは、引き受けを拒否されることもあります。

ペット保険加入時の健康診断等の審査については、以下の記事でも詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい。

健康診断はどのくらいの頻度で行うべき?

健康診断は特に何の心配もない場合、基本的には年一回の診断で良いでしょう。

ですがシニア期になってくると、どうしても健康上の問題が少しずつ発生してくるため、半年に一度健康診断を受けていると安心です。

というのも、犬や猫は1歳以上になると人のおよそ4倍もの速さで年を取っていきます。そう考えると半年に一度の受診も決して多くはありません。

また、定期的に健康診断を行う事で病気の早期発見や早期の治療に臨むことができます。

症状の発見が遅れたがためにペットも苦しみ、飼い主の家計も圧迫されることも少なくありません。

定期的な健康診断を行っておくことで、結果的に医療費は軽減される事が多いのも事実です。

ペット保険はいつまでに加入する?タイミングを紹介!

ペットを飼い始めてどれくらいの時期にペット保険に加入すればいいのでしょうか。


結論から言うと、ペットを自宅にお迎えしたらすぐに入ると利点が多いのでおすすめです。


理由としては、ペットが病気を持っていると疾患によっては審査が厳しくなるからです。元気なペットなら簡単に入れますが、病気を持っていると入れなかったり条件付きになります。


ペットをお迎えしたら元気に一生を送れるように準備しましょう。


すでに病気があるペットも入れる商品はあるので心配ありません。条件で多いのは過去の病気が対象外になるパターンです。


その場合でも、他の病気に罹患してしまった場合は補償してもらえます。


そのため病気を持っていてもできるだけ早期にペット保険への加入を検討してください。大事なペットのために備えておくことが重要です。

まとめ:ペット保険と健康診断について

ペットの健康診断でかかる費用はペット保険の補償対象となるのか、について解説してきました。


今回は

  • ペットの健康診断費用はペット保険の補償対象外
  • 健康診断内容は人間とあまり変わりがない
  • 健康診断の総額はおよそ3万円前後
  • 保険会社によっては条件付きで無料健康診断サービスを行ってくれる
  • ペット保険に加入する際、健康診断は原則不要の場合が多い
  • ただし、ペットの年齢・持病傷病歴・健康状態によっては健康診断を要求されることもある
  • 健康診断は基本的に年一回、ペットがシニアなら半年に一回が理想
でした。

健康診断は高精度の検査の場合、それなりに費用はかかります。ペット保険の適用もありません。

しかし、病気の早期発見と、早期治療はペットの寿命を延ばすことに必要不可欠です。そのための検査は定期的に行うことが大切です。

ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング