子犬の散歩はいつから始める?子犬の散歩を徹底解説!

子犬の散歩はいつから始める?子犬の散歩を徹底解説!-サムネイル画像

犬は、動物の中でも散歩をするイメージがかなり強くあるかと思います。しかし、頻度や時間など、特に子犬の時期は疑問も多いのではないでしょうか。ここでは、犬の散歩をする理由から子犬の散歩、始める前の準備から注意点まで、細かく解説を行っていきます。

子犬も散歩をするべき?


犬と言えば、散歩が必要というイメージも強いのではないでしょうか?


実際犬自身も散歩に行く際、しっぽを振って楽しそうにしていますよね。


しかし子犬で飼い始めたばかりの場合、

  • なぜ手間のかかる散歩をさせるの?
  • いつ散歩デビューするべき?
  • 散歩前に準備などは必要?
  • 気をつけなきゃいけないことはある?

このような不安を感じるのではないかと思います。


ここでは、子犬の散歩について、解説していきたいと思います。

なぜ犬は散歩をするの?


犬を飼っている人の多くが、毎日犬の散歩をしていると思います。


しかし、実際毎日散歩をするのは大変ですよね。


ではなぜ、犬に散歩をさせる必要があるのでしょうか?

散歩はストレス解消になる!

犬にとって、散歩はストレス解消になります。


犬は散歩以外、大体同じ場所にずっといます。


しかし、代り映えしない狭い空間にずっといるのは、ストレスがたまってしまいます。


外に出て散歩をすることで、気分転換にもなり、広い空間で走り回ったり、他の犬との交流などもできます。

運動不足の解消になる!

散歩は運動不足の解消になります。


運動不足は、人間と同じように病気のリスクが上がります。



散歩は、犬の健康を維持するためにも、必要不可欠なものですね。

子犬の散歩はいつから始める?


基本的に生後3カ月程度で散歩を始めるのが一般的です。


子犬の散歩デビューは、3回目のワクチン接種を終え、2~3週間後あたりが目安になります。


早すぎても、子犬は特に免疫が弱いため、早くしすぎてもよくありません。


また一方で生後4か月を過ぎてしまうと、社会性を身に着けるのは難しくなり、他の犬や人との交流が苦手になってしまうことがあります。


適した時期から散歩をしてあげるようにしましょう。

子犬の散歩時間や回数はどれくらい?

大きさにも寄りますが、1日1~2回30分程度歩くのが良いでしょう。


また近くに公園など広く安全な場所がある場合、自由に走らせてあげるといいかもしれません。


最初は慣れさせるために、抱っこなどをして散歩をするのもおすすめです。

散歩デビューの準備と注意


散歩デビューをするにあたって、犬自身も外の世界に慣れず、すぐに散歩できないということがあります。


ここでは散歩前にしておくと良いこと、散歩で気をつけるべき注意点2つを順に見ていきます。

首輪やリードの練習をする!

散歩するときに、安全のために必要な首輪やリードですが、中には嫌がる犬もいます。


そのため、事前に家の中で練習して慣れさせておくと良いかと思います。

だっこをして散歩してみる!

ワクチンを打ち、免疫が付くまでは外を歩くことはできませんが、外の空気や雰囲気に慣れさせることが大切です。


最初は恐怖心を持っている場合も多いため、少しずつ慣れさせると良いでしょう。

無理やりは連れて行かない

最初の頃は、散歩を怖がることや前に進まないこともときどき起こります。


そのときに、無理やり引っ張ってしまうと、散歩が嫌になってしまうことも考えられます。


無理やり連れていくことはしないようにしましょう。

短い距離から歩く

先ほど散歩の時間は大体30分程度と記載しましたが、最初から30分歩かなければならないということはありません。


短い距離から少しずつ時間を延ばしたり、子犬のペースに寄り添いながら調節していくと良いかと思います。

安全な場所かどうかを確認する

まだ慣れない環境下で、交通量の多い道路や階段などは危険が伴います。


子犬にとっても、飼い主にとっても、まずはなるべく安全な散歩道を使って、散歩すると良いかと思います。

夏場は足元に注意!

犬は素足で地面を歩くため、夏場は高温の地面を歩くことになります。


アスファルトなどは特に熱くなりやすく、やけどなどをしてしまう恐れがあるので、注意すると良いかと思います。

子犬に寄り添った散歩を!


ここでは子犬の散歩について解説してきました。


まとめると、


犬の散歩運動理由は

  • 散歩はストレス解消になる
  • 散歩は運動不足解消になる

子犬の散歩は、

  • ワクチンを打ってから2~3週間後から
  • 1日1~2回、30分程度

子犬の散歩デビューの準備は、

  • 首輪やリードの練習をする
  • だっこをして散歩してみる
散歩で気を付けることは、
  • 無理やりは連れて行かない
  • 短い距離から歩く
  • 安全な場所かどうかを確認する
  • 夏場はやけど防止のため、足元に注意する

子犬の散歩は、ゆっくり子犬に合わせて調節していきましょう。


散歩は継続することが大事なので、無理ない程度に日々行うと良いかと思います。

ランキング