猫はブルーベリーを食べられる!メリットや与える際の注意点を解説

猫はブルーベリーを食べられる!メリットや与える際の注意点を解説-サムネイル画像

キャットフードにも含まれるブルーベリーの成分。しかし、猫に餌として果物のブルーベリーを与えても大丈夫なのでしょうか。猫はブルーベリーを食べられてメリットもありますが、注意すべき点もあります。ここでは猫とブルーベリーについて解説します。

内容をまとめると

  1. 猫はブルーベリーを食べても大丈夫!
  2. 与えるときは加工されていない生のブルーベリーを、皮をむいて、数日に1~3粒ほど!
  3. アントシアニンをはじめ、様々な栄養素が健康を促進してくれる
  4. ブルーベリーの木や葉に注意して、尿路結石持ちや胃腸の弱い子には与えないように
  5. ペット保険を検討している方は、LINEで無料のチャット相談がおすすめ

猫はブルーベリーを食べられない?与えるメリットや注意点とは

そのままでも、ケーキやジャムにしてもおいしいブルーベリー。育てやすいことから、近年では家庭で栽培されている方も多いようです。


そんなブルーベリーですが、


「ペットの猫ちゃんが、目を離しているうちにブルーベリーを食べてしまって心配!」


ぶどうやレーズンは猫にとって有害だと知っているけれど、ブルーベリーは食べられるのかわからない」


このように思ったことのある方も多いのではないでしょうか。


今回「MOFFME」では猫がブルーベリーを食べられるのかを以下の観点から徹底解説します。

  • 猫にブルーベリーを与えても大丈夫!上手な与え方・頻度・量について
  • 猫にブルーベリーを与えるメリットや栄養素について
  • ブルーベリーを与えるときの注意点
  • ブルーベリーを与えてはいけない猫

これからブルーベリーも餌であげてみようと考えている方は最後までご覧ください!


またMOFFMEでは、「ペット保険のランキング」についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

猫はブルーベリーを食べられる!与え方についても解説!


猫はブルーベリーを食べられるのでしょうか
?また、与えるとしたらどのように与えればよいのでしょうか?


ブルーベリーの知識がある方は多くないと思われますが、猫ちゃんのためにもしっかりと理解しましょう!


この項では、

  • 猫にブルーベリーを与えても大丈夫!
  • ブルーベリーの与え方、適度な頻度や量
について詳しく解説します。

猫にブルーベリーを与えても大丈夫!

そうなんです!猫はブルーベリーを食べられます!


猫に害のあるぶどうはぶどう科の植物で、ブルーベリーはツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される植物、要はぶどうとブルーベリーは分類が違います。


そのため、ぶどうに見られるような中毒反応はブルーベリーでは起きないのでとりあえずは安心できます。


好き嫌いはありますが、意外と好んで食べてくれる子も多いんですよ♪


しかし、猫とブルーベリーの研究の例が乏しいため、絶対に安全とは言えないので注意を払いながら与えましょう!

ブルーベリーの与え方、適切な頻度や量

それでは一緒にどのようにブルーベリーを与えればよいのかを学びましょう!


ブルーベリーの与え方


基本的に生のブルーベリーをあげるのが一番です。暑い季節には冷凍ブルーベリーをあげると喜ぶこともありますが、摂取しすぎると体調不良の原因にもなるので、ほどほどにしましょう。

そして、与えるときには必ず皮をむきましょう!皮をむかないとそもそも食べてくれません!

適切な頻度や量


猫にえさを与える際、どんな食べ物にも言えることですが、たくさん摂取すると下痢を起こしたりと体調を崩してしまいかねないので、少量にしましょう。また、本来猫の主食ではないため、たまにのおやつ程度にしましょう。

具体的には数日に1~3粒程度でよいと思われます。

ブルーベリーに含まれる栄養素や効果も詳しく解説!


「猫にブルーベリーを与えてもいいのはわかったけれど、実際どんな効果があるの?」と気になる方もいるはず。実はブルーベリーは栄養豊富で、猫にとっても良い影響がたくさんあるんです!


ここでは、

  • ブルーベリーの栄養素
  • 与えることで生じるメリット

この内容について解説していきます。

主なブルーベリーの栄養素

アントシアニン


アントシアニン!これはブルーベリーとセットでよく聞く言葉ではないでしょうか?


ブルーベリーにはなんと15種類ものアントシアニンが含まれているそうです。


アントシアニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用や視力・視覚機能の改善、眼精疲労の予防に効果があるとされています。


しかし、猫の目にも効果があるのかはまだ実証されていません


ビタミン


ブルーベリーにはビタミンA、C、Eなどビタミンが豊富に含まれており、これらのビタミンにも抗酸化作用やアンチエイジング作用、血流促進効果などがあります。

食物繊維


食物繊維は皆さんもご存知の通り便通を促し、腸内環境を整える役割があります。

βカロテン


βカロテンも抗酸化物質の一つで、免疫機能の維持をサポートしてくれます。

健康にもよく、病気の予防にもつながる

これらの栄養素が実際に猫にとってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。


まず、先ほど取り上げたように抗酸化作用が豊富なため、細胞や組織がダメージを受けるのを防いでくれます


そして血流促進作用、腸内環境の改善、免疫機能の維持


さらには低カロリーであるため肥満予防にもなり、尿路感染症を防ぐ効果もあるそうです!

ブルーベリーの注意点とは?与えてはいけない猫も!


ここまでブルーベリーの与え方やメリットについて解説してきましたが、もちろん気を付けなければならないこともあります。


何も考えずに猫にブルーベリーを与えてしまうと健康を害してしまう恐れがあるので気を付けましょう!


注意すべき点を解説するのでしっかりと頭に入れておきましょう。

  • 悪影響を及ぼすブルーベリー製品
  • ブルーベリーを与えてはいけない猫

加糖・加工されたものには注意!木や葉も食べさせないように!

人間もそうですが、特に猫は砂糖の取りすぎは体に悪いため、無糖のブルーベリー・ブルーベリー製品を与えるようにしましょう。


ヨーグルトが大好きな子もいると思いますが、市販のブルーベリーヨーグルトは加糖されたものが多いため、あげるとしても生乳100%のプレーンな無糖のものにしてください。


前提として猫は甘味を感じないので、せっかく甘いブルーベリー製品を与えても、そもそも意味がないのです。


また、ブルーベリーの木や葉にも要注意です。実は先ほどから記述しているように大丈夫ですが、木や葉は食べると中毒症状を起こしてしまいます


ブルーベリーが身近にあるという方は猫ちゃんが食べないように何か対策を施しましょう!

ブルーベリーを与えてはいけない猫とは?

様々なメリットがあるブルーベリーですが、中には与えるのを避けた方がいい猫もいます


尿路結石を患ったことのある猫


ブルーベリーはビタミンが豊富なゆえに、摂取しすぎると尿のPHバランスが崩れてしまい、結石ができやすくなります。そのため、既に尿路結石になったこのある子には与えない方がいいでしょう。

胃腸が弱い猫


先ほどブルーベリーのメリットとして、便通をよくすると書きましたが、裏を返せば、胃腸の弱い子には下痢を引き起こしやすくなるデメリットとなります。

アレルギー持ちの猫


ブルーベリーに限った話ではありませんが、初めての食べ物を与えるときはまずは少量だけ与えて様子を見ましょう。もしも何か異変を起こしたらすぐに病院に行って診てもらってください。

MOFFMEの無料LINE相談サービスを利用するのもおすすめ


近年加入者が増えていっているペット保険ですが、それでも現在の加入率はペットを飼っている方のおよそ10%程度にしかなりません。


ペットの治療費は全額自己負担となりますので、突然の病気による手術等で数十万円といった高額な費用がいきなり請求されてしまうことも珍しくありません。


しかし大切なペットには最適な治療を余裕を持って受けさせてあげたいですよね


もしもの時、治療費の負担を少しでも軽減し飼い主やペットが治療に専念できるように、前もってペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは「どんな保険に加入すれば良いか分からない」・「入りたい保険がいくつかあるけど、どれが一番良いのか悩む」といった方のために、LINEでペット保険の無料相談を行っております。


ペット保険への加入を検討されている方はぜひ利用してみてください!

まとめ:猫にブルーベリーを与えても大丈夫!確認も忘れずに!

ここまで猫はブルーベリーを食べられるのか、適切な与え方、メリット、注意点について紹介してきました。


改めてこの記事のポイントをまとめます。

  • 猫はブルーベリーを食べられ、好んで食べる子も多い
  • 皮をむいた生のブルーベリーを数日に1~3粒ほどあげるのがベスト
  • 15種ものアントシアニンが目にいい効果を与える可能性も
  • 豊富な抗酸化作用で体を守ってくれる
  • 血流促進や腸内環境の改善、肥満予防も
  • 加糖・加工されたブルーベリー製品はできるだけ与えないように
  • ブルーベリーの木や葉も要注意!
  • 尿路結石になったことのある子や胃腸の弱い子には与えないように
  • ブルーベリーを初めて与えるときはアレルギー反応がないかよく観察!
これから猫にブルーベリーを食べさせてあげようかなと思っている方、ブルーベリーを食べちゃったけど大丈夫かなと心配されていた方など、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

みなさんの愛猫はブルーベリーを気に入るでしょうか?

MOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ランキング