ペット保険の選び方ワーストランキングを発表!入ってはいけない最悪の保険とは?

ペット保険の選び方ワーストランキングを発表!入ってはいけない最悪の保険とは?-サムネイル画像

ペット保険の選び方のワーストランキングをご存知ですか?ペット保険は様々な保険会社が様々なプランを取り扱っていることもあってどれを選べば良いのか難しいですよね。この記事ではペット保険の選び方のワーストランキングについて詳しく解説します。

内容をまとめると

  • ペット保険は種類も多いことからパッと見で選びがちだが、それは最悪の選び方
  • 保険料や補償内容をしっかり比較・検討して加入する保険を決めるのが大切
  • ペット保険を検討している方は、LINEで無料のチャット相談がおすすめ

ペット保険はパッと見で選びかち!最悪な選び方とは?

突然ですが、皆さんはペット保険をどのように選ばれましたでしょうか?またペット保険を検討中の方はどのような点を重視して加入する保険を検討されているでしょうか?


ペット保険は様々な保険会社が様々な保険・プランを取り扱っているので、どれを選べば良いか難しいですよね。


ただ、だからといって深く検討することもなくパッと見で選んでしまうのは最悪の選び方です!


ではペット保険を選ぶ際にはどのような選び方をしてはいけないのか気になりますよね


今回「MOFFME」では、

  • そもそもペット保険とは何か
  • ペット保険の選び方のワーストランキング3選
  • ペット保険の選び方でよくある落とし穴
  • MOFFMEの、LINEでのペット保険無料相談を利用してみるのがおすすめ

について詳しく解説します。


ぜひペット保険を検討中の方は最後までご覧ください!


またMOFFMEでは「ペット保険のランキング」についても紹介しておりますので、そちらも参考にしてみてください!

入ってはいけない最悪のペット保険とは?ワーストランキングを紹介


ペット保険の選び方のワーストランキング入ってはいけない最悪のペット保険はあるのでしょうか?


パッと見で選びがちなペット保険ですが、加入を検討している方はやってはいけない最悪の選び方を知っておくと良いでしょう。


またそもそもペット保険とはどんな保険なのでしょうか


この項では、

  • そもそもペット保険とはどんな保険か
  • ペット保険の選び方のワーストランキング3選

について詳しく解説します。

どの犬種、ネコなのかによって、ぴったりな保険は変わってきますので、一概に「この保険は最悪だから入らないほうがいい!」というのはなかなか無いです。

やってはいけない選び方の解説がメインになるのでご注意くださいね。

そもそもペット保険とはどんな保険?加入の必要性も解説!

そもそもペット保険とはどんな保険なのかご存知でしょうか?


ペットには残念ながら人間と同じような公的な健康保険は存在せず、それ故に動物病院での治療は全額自己負担となってしまいます。


ペットの病気・怪我の治療の際に、治療費を補償してくれる保険がペット保険です。保険会社やプランによっても異なりますが、ペットの入院・手術・通院の3つを補償してくれます。


手術等を行った際は総額で数十万円の支払いが必要なこともあり、急にその額を負担するのはなかなか家計への負担が大きいですよね。


家族の一員である大事なペットに安心して十分な治療を受けさせてあげるためにも、ペット保険には加入しておくことをおすすめします


またペット保険の必要性につきましては、「ペット保険はいらない?」の記事でも詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

ワーストランキング①:終身補償ではない保険に加入

ペット保険の選び方のワーストランキングの1つ目は「終身補償ではない保険に加入する」ことです。


ペット保険は1年更新なので、どの保険も絶対に終身補償が可能なわけではありません。


しかし特定の病気に関しては補償対象外に設定されてしまう場合もありますが、基本的にどの保険でも更新を断られることはなく、終身まで補償してくれることがほとんどです。


ただしアクサダイレクト損保の保険は過去に終身補償を断り、また突然特定の病気を補償対象外に設定して炎上したことがあるので注意が必要です。


炎上して話題になったツイートもご紹介しますので参考にしてみてください。


またこのアクサダイレクト損保の炎上に関しては、「ペット保険の闇」という記事で内容を詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

https://twitter.com/Yukomaitaro/status/769735061981626368?s=20

ワーストランキング②:かかりやすい病気を補償しない保険に加入

ペット保険の選び方のワーストランキングの2つ目は「かかりやすい病気を補償しない保険に加入する」ということです。


これは、本当によくやってしまいがちなので注意してください。


例えば犬の場合、ダックスフンドは椎間板ヘルニア、トイプードルやチワワはパテラ(膝蓋骨脱臼)にかかりやすく、これらの病気を補償してくれない保険は入ってはいけないペット保険です。


また猫の場合も、腎尿路疾患や歯周病になりやすく、通院補償や歯科治療の補償がついていない保険に入るのはやめた方が良いでしょう。


ご自身のペットがかかりやすい病気・怪我を理解し、それらをしっかり補償してくれる保険に加入してください


もし、わからなければそれぞれLINEで解説しておりますので、ぜひMOFFMEのLINEをご利用くださいね。

ワーストランキング③:高齢時の保険料を気にせずに加入

ペット保険の選び方のワーストランキングの3つ目は「高齢時の保険料を気にせずに加入する」ということです。


以下にある保険の月額保険料の推移を載せたのでご覧ください。

保険料推移の例

保険料推移の例

ペット保険は基本的に年齢に応じて保険料が上がっていきます。年齢が若い頃は安くても、高齢になるにつれて上のグラフのように保険料が跳ね上がる保険もあるので注意が必要です。


ペット保険を検討する際は、その時点での保険料だけでなく年齢が上がっていった後の保険料も比較して選ぶようにしましょう。


後で詳しく紹介致しますが、MOFFMEのLINEでの無料のペット保険相談では保険料の推移や詳しい補償内容も解説しておりますので、保険を検討中の方はぜひ一度ご利用してみてください!

ペット保険を選ぶ際のよくある落とし穴・トラブルとは?


ここまでペット保険とはどんな保険か、選び方のワーストランキングについて解説してきました。


しかしやってはいけない最悪の選び方や入ってはいけないペット保険以外にも、加入時に気を付けておくべき落とし穴やトラブルがいくつかあります


そこでこの項では、ペット保険の落とし穴やトラブルについて、

  • 高齢になってから入る際の落とし穴
  • 補償対象外になるトラブル
  • 保険の乗り換え、待機期間のトラブル
  • 告知義務違反はリスクが大きい
  • 窓口精算に対応していない場合の落とし穴
  • 先天性疾患の落とし穴

以上の内容を詳しく解説していきます。


またペット保険のトラブル事例等につきましては、「ペット保険で多い後悔やトラブルは何?」の記事でも詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

①:高齢になってから入る際の落とし穴

まず1つ目の落とし穴として、「高齢になってから加入する際の落とし穴」が挙げられます。


ペットも若い頃は病気・怪我のリスクも低く、それ故に高齢になってからペット保険に加入して備えようと考えておられる方も多いかと思います。


しかし高齢になってからペット保険に加入する際には2つほど注意点があります。


1つ目の注意点として、保険会社やプラン毎に加入年齢には制限があり、年齢によっては加入できない・加入できる保険が1つしかないといった事態が起こり得ます。


また2つ目の注意点として、高齢であれば1つくらい持病があるかもしれませんが、ペット保険では加入以前に治療中の病気は補償されず、また病気によっては加入を断れてしまう可能性があります。


このように、高齢になってからの加入はリスクも高く、納得いく補償内容の保険には年齢制限で加入できない等のケースも考えられます。


ペット保険は健康な若い頃から前もって加入しておくことをおすすめします

②:歯石取り等が補償対象外になる落とし穴

次に2つ目の落とし穴として、「補償対象外となる落とし穴」が挙げられます。


ペット保険は保険金が支払われる対象が定められています。補償対象外の内容に関しては、保険料を支払っていたとしても保険金は支払われないので注意しましょう。


補償対象外となる病気・怪我としては、フィラリアなどのワクチンで予防可能な病気や先天性疾患があります。


また病気・怪我の発生した状況によっても補償対象外となります。代表的な事例としては、飼い主の故意による病気・怪我、地震や台風などの自然災害や戦争を原因とする怪我があります。


その他、一般的に予防を目的としてなされる去勢・避妊手術やワクチン接種、歯石取り、健康診断の費用も補償対象外となるので注意が必要です。


このようにペット保険には補償対象外となる病気・治療がいくつも存在しますので、重要事項説明書等をよく読んで、「保険金が支払われると思っていたのに支払われなかった、、」という事態が起きないように注意しましょう。

③:抜歯が補償対象外になる場合の落とし穴

次に3つ目の落とし穴として、「抜歯が補償対象外になる場合の落とし穴」が挙げられます。


ペットの抜歯が必要な場面としては、怪我や歯周病、残存乳歯による処置などが該当しますが、この中には補償対象外になる治療が含まれているので注意が必要です。


補償対象として保険金が支払われるのは、怪我や歯周病などの病気による抜歯です。一方、残存乳歯については補償対象外であるため、治療費は全額自己負担になってしまいます。


一般的にペット保険が適用されるのは「怪我や病気に対する治療」のみであり、「健康体に施す処置」については補償対象外と定められているのです。


しかし残存乳歯は、放置しておくと不正咬合や歯周病の原因になるため、保険は適用されなくても治療しておくことをおすすめします。特に小型犬に起こりやすいので、小型犬を飼っている方は注意しましょう。


ただし、保険会社によっては歯周病も補償対象外である場合もあり、歯周病による抜歯も補償されないケースがあります。一度各保険会社の規約を確認し、どの範囲の抜歯が補償されているのかを確認しておきましょう。

④:補償開始日の落とし穴

次に4つ目の落とし穴として、「補償開始日の落とし穴」が挙げられます。


ペット保険は契約してからすぐに補償開始となる訳ではありません。ペット保険には基本的に契約日から補償開始日までの間におよそ30日の待機期間があり、この間の病気・怪我は補償されません


また待機期間が存在しない保険であっても、申込日から契約日まで一定の期間が設けられることも多く、すぐに補償開始とはなりません。


ペット保険はインターネットから手軽に申し込めますが、その分上記のような補償開始日に関しては注意が必要なことを覚えておいてください。

⑤:告知義務違反はリスクが大きい

次に5つ目の落とし穴として、「告知義務違反はリスクが大きい」ことが挙げられます。


人間の医療保険と同じように、ペット保険にも加入時にはペットの年齢や健康状態を正確に告知する義務があります。加入を断られたり、保険料が高くなるのを防ぐために告知事項で虚偽を申請することを告知義務違反と言います。


告知義務違反をすると強制的に解約させられたり、保険金が支払われない等の処罰が下され、悪質な場合は詐欺罪で訴えられることもありますので絶対にしない様にしましょう。


また愛犬・愛猫の通院歴・治療歴を忘れていた等、故意ではなくとも告知義務違反をしてしまう可能性もありますので、ペット保険に加入する際は告知事項を正確に把握しておく必要があります。

⑥:窓口精算に対応していない場合の落とし穴

次に6つ目の落とし穴として、「窓口精算に対応していない場合の落とし穴」が挙げられます。


ペット保険の支払い方法には、直接請求窓口精算の2つがあります。


窓口精算は、動物病院で治療費の自己負担額を支払うだけで完結する支払い方法です。私たち人間の医療保険と同じように、保険金を請求する手間がかからないというメリットがあります。


一方直接請求では、動物病院で治療費を全額支払ったのち、申請手続きを行うことで保険金が返還されます。こちらは多くのペット保険で採用されている一般的な方法です。


しかし直接請求は、

  • 申請書類の記入や送付などの手間がかかること
  • 保険金が支払われるのは約1ヶ月後であること
  • 一時的にでも治療費を全額支払う必要があること
などのデメリットがあるため、治療費の精算を手軽に済ませたいという方には窓口精算に対応しているペット保険への加入をおすすめしています。

アニコム損保アイペット損保が窓口精算に対応しているペット保険です。窓口精算を希望する場合は、ぜひご検討ください。

⑦:白内障などの先天性疾患の落とし穴

最後に7つ目の落とし穴として、「白内障などの先天性疾患の落とし穴」が挙げられます。


先天性疾患があるペットは、残念ながらペット保険への加入を断られるケースがとても多いのです。病気になるリスクや治療費が高額になる可能性が高いためです。


しかし、中には「該当の病気は補償されない」という条件付きで加入を認められる場合もあるので、加入を諦める前に保険会社に問い合わせてみてください。


先天性疾患を持つペットの保険や補償については、以下の記事をご確認ください。

ペット保険各社のメリット・デメリットをご紹介!


ここまで、加入時に注意しておくべきことについてお伝えしてきました。


続いては、ペット保険各社のメリット・デメリットを紹介していきます。それぞれ表にまとめましたのでご覧ください。

保険会社メリットデメリット
アニコム損保窓口精算に対応している
LINEで保険金の請求手続きができる
付帯サービスが充実している
高齢時の保険料が高額
通院の補償日数が少ない
待期期間がある
アイペット損保窓口精算に対応している
年間の補償限度額が高額
待機期間がない
高齢時の保険料が高額
通院の補償日数が少ない
楽天損保補償範囲が広い
楽天ポイントが貯まる
高齢時の保険料が高額
ペッツファースト少短補償割合100%のプランがある
待機期間がない
保険料が後悔
慢性疾患は翌年以降補償されない
日本ペット少短1日あたりの限度額や限度日数が無制限
割引制度が充実している
スマホで保険料の請求手続きができる
年間の補償限度額が少ない
補償対象外の病気が多い
待期期間がある
PS保険保険料が安い
補償範囲が広い
待機期間がない
同じ病気や怪我に対する補償に回数制限ある
通院の補償日数が少ない
FPC保険料が安い
保険料の値上がりが少ない
通院の補償日数が多い
手術補償が弱い
賠償責任特約がない
アクサダイレクト損保1日あたりの限度額や限度日数が無制限発症すると翌年以降補償されない病気がある
歯科治療は補償対象外
待期期間がある

どの保険会社にも、メリットだけでなくデメリットが必ず存在します


それらをしっかりと把握した上で、ご自身やペットに合った保険を選択するようにしましょう。

犬や猫がかかりやすい病気や平均寿命とは?


先ほども述べたように、ペット保険を選ぶ際にはペットがかかりやすい病気や平均寿命を把握しておくことが大切です。


ここでは、犬・猫それぞれ人気の種類のかかりやすい病気や平均寿命をまとめているので、ペット保険を選ぶ際の参考にしてみてください。

犬がかかりやすい病気や平均寿命

最近は医療技術が進歩したこともあり、ペットの寿命も伸びています。


かかりやすい病気だけでなく寿命を知っておくことで、生涯の保険料がどのくらいかかるのかの参考にすることができます。


人気の犬種の寿命や、かかりやすい病気を表にまとめましたのでご確認ください。

犬種寿命かかりやすい病気
トイプードル15〜16歳緑内障
外耳炎
膝蓋骨脱臼(パテラ)
チワワ13〜14歳膝蓋骨脱臼(パテラ)
尿路結石症
柴犬14〜15歳白内障
アトピー性皮膚炎
フレンチブルドッグ13〜14歳
鼻腔狭窄
口蓋裂
ゴールデンレトリーバー12〜13歳股関節形成不全
胃捻転

上記の表からわかるように、犬は大型になればなるほど寿命が短くなる傾向があります。


また、犬種にかかわらずヘルニアや虫歯、がんはかかりやすい病気であるため日頃から注意が必要です。


一度かかると長期的な通院や高額な手術が必要になるケースも多く、もしもの時のことを考えるとペット保険で備えておきたいですね。

猫がかかりやすい病気や平均寿命

もちろんペット保険は、犬だけではなく猫も多く加入しています。
猫は室内飼育が一般的であるため、怪我や病気のリスクが少ないように思われますが、実はそうではないのです。

人気の猫種の寿命や、かかりやすい病気を表にまとめましたのでご確認ください。
猫種寿命かかりやすい病気
スコティッシュフォールド10~13歳骨軟骨異形成症
膝蓋骨脱臼(パテラ)
眼瞼内反症
外耳炎
アメリカンショートヘア12~13歳糖尿病
肥満による関節疾患
マンチカン11~13歳椎間板ヘルニア
毛球症
外耳炎
ロシアンブルー10~13歳糖尿病
肥満による関節疾患
尿結石
ノルウェージャンフォレストキャット11~14歳グリコーゲン貯蔵症
糖尿病
毛球症
上記以外にも、猫は腎臓疾患を発症する確率がかなり高く、一度発症すると完治することはないと言われています。また病気の進行を防ぐために継続的な治療を行うため、治療費の負担が大きくなることが予想されます。

多頭飼いの場合は、猫同士のケンカで怪我を負う可能性もあり、室内飼育であっても怪我や病気のリスクはつきまとうのです。

そのため、猫のペット保険への加入は重要であると言えるでしょう。

種類によってどのペット保険がおすすめなのか、MOFFMEで比較してみましょう。

ハムスターなどの小動物におすすめのペット保険をご紹介!


ハムスターなど小動物のためのペット保険があるのはご存知でしょうか?

犬や猫以外にも、ハムスターやうさぎ、フェレットなどを飼う方が増えてきたことから、小動物用のペット保険の需要が伸びているのです。

現在、小動物のペット保険を取り扱っているのは以下の2社です。
  • SBIプリズム少短
  • アニコム損保
犬や猫と同じように、フルカバー型や特化型、補償割合を選択することができるので、ご自身の希望に合わせた保険に加入することが可能です。

小動物のペット保険については、以下で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

心臓病に対する投薬はペット保険によって補償されない場合もある


ペットは高齢になると心臓病を発症する確率が高くなり、発症した場合には完全に治すことはできません。

病気の進行を抑え、心臓への負担を軽減させるためには、継続して薬を飲む必要があるのです。

ほとんどの保険会社では、心臓病に対する投薬は補償の対象としていますが、保険会社によっては補償されない場合もあるので注意が必要です。

心臓病にかかりやすい犬種や猫種などを飼っている方は、心臓病の投薬が補償の対象であるかを保険会社に確認しておくと安心です。

また心臓病を発症すると、翌年の更新から心臓病やそれに付随した治療については補償対象外になったり、保険の継続を断られる場合があります

心臓病の治療費はかなり高額であるため、万が一に備えて加入前に各保険会社の規約をしっかりと把握しておきましょう。

MOFFMEの無料LINE相談サービスを利用するのもおすすめ


近年加入者が増えていっているペット保険ですが、それでも現在の加入率はペットを飼っている方のおよそ10%程度にしかなりません。


ペットの治療費は全額自己負担となりますので、突然の病気による手術等で数十万円といった高額な費用がいきなり請求されてしまうことも珍しくありません。


しかし大切なペットには最適な治療を余裕を持って受けさせてあげたいですよね


もしもの時、治療費の負担を少しでも軽減し飼い主やペットが治療に専念できるように、前もってペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは「どんな保険に加入すれば良いか分からない」・「入りたい保険がいくつかあるけど、どれが一番良いのか悩む」といった方のために、LINEでペット保険の無料相談を行っております。


ペット保険への加入を検討されている方はぜひ利用してみてください!

まとめ:ペット保険の選び方のワーストランキングとは?

ここまで、ペット保険の選び方のワーストランキング入ってはいけないペット保険等について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事では、

  • ペット保険とは、ペットの入院・手術・通院を補償してくれる保険
  • ペット保険の選び方のワーストランキング①:終身補償ではない保険に加入
  • ペット保険の選び方のワーストランキング②:かかりやすい病気を補償しない保険に加入
  • ペット保険の選び方のワーストランキング③:高齢時の保険料を気にせず加入
  • ペット保険では高齢時の加入や補償対象外となる事例、補償開始日・待機期間、告知義務違反等に注意する必要がある

以上の内容を詳しく解説してきました。


ペット保険は様々な保険会社が様々な保険・プランを取り扱っているのでなかなか選びづらいですが、この記事を参考にパッと見で加入したりせず、しっかり補償内容や保険料等を検討して加入して頂けたら幸いです


MOFFMEのLINEでのペット保険の無料相談サービスもぜひご利用ください。


またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

ランキング