【MOFFME DOCTOR DOG】わんちゃんの問題行動どう対処する??

【MOFFME DOCTOR DOG】わんちゃんの問題行動どう対処する??-サムネイル画像

現役ドッグトレーナーがみなさんのご質問に答える、第4回のMOFFME DOCTOR DOGの記事では、トレーナーさんへの質問についての特集です!お寄せいただいたわんちゃんに関するお悩みをドッグトレーナーさんにご回答いただきました!犬の問題行動にお悩みの方はぜひご参考にしてくださいね。

第4回 MOFFME DOCTOR DOG!テーマはトレーナー相談総集編

 MOFFMEでは、毎週金曜日までにLINEで頂いた質問に対して、獣医師さんにご回答いただく「MOFFME DOCTOR」を実施中です!


  • わんちゃんのしつけに悩んでいる
  • 病院に行くか悩んでいる
  • 気軽に専門家に相談してみたい

という方の質問を大募集中です。

※現在、保険加入者様限定サービスとなっております。

キャンペーンで一度のみ一般の方も無料で相談を受けられます。

  

ケース①:呼んでも戻ってきません。

犬種:柴犬

年齢:2歳

体重:6.3kg

呼び戻しが出来なくて困っています。呼んだから気分次第で来る時もありますがドッグランとかに行って興奮状態の時や散歩中、胴輪がはずれてしまった時などは呼んでも戻って来きません。どうすれば良いでしょうか?
ドッグランや散歩道は色んな刺激がありますから、お家の中で出来ていたことが外ではできないってことはよくあります。そして、気分感情で来る時と来ない時があるのであれば、まず室内での練習をもう少しした方が良いと思います。
 室内でやらないときがある場合、外ではもっと難しいです。 「飼い主さんのもとへ駆けつければ、なによりもうれしいことが起きる!」と、しっかり学習すれば、どんな時でも駆け寄ってくるようになります。
それから、外での練習です。 いきなり刺激の多いドッグランでの呼び戻しは室内との環境がかなり違うので、難易度がいきなり上がります。なので刺激の少ない公園や人通りの少ない幅の広い道などで練習することをオススメします。
 「完璧にやる」という結果だけを求めないようにしましょうね。失敗したら教え直したらいいですし、呼んだ時に振り向いただけでも、しっかりほめてあげましょう‪。 
やればほめてもらえる!その喜びが育ち、次第に絆や自信に変わっていきます。 まずは室内での呼び戻しをマスターしましょう。
  • 何度も練習する
  • 褒める
  • 失敗したら教え直す

この3つを繰り返してしつけを行っていきましょう!

ケース②:シートとは違う場所でおもらししてしまう。

犬種:チワワ
年齢:1歳
体重:2.3kg

私が家にいる時はトイレの失敗はないのですが、外出するとシートとは別の場所にしてしまいます。
また、ケージを嫌うので部屋で自由にさせています。
飼い主さんが出かけてしまった不安からくるものかと思います。もし、お留守番のときパニックを起こしたり、そわそわしているようであれば、お留守番の練習を始めましょう。
まずわんちゃんが安心して過ごせる場所(扉を外したクレートなど)を用意してあげ、飼い主さんがお家にいるときから、自分の場所で落ち着いて過ごす練習をします。
徐々に数分の外出をしてみて、わんちゃんに「飼い主さんは出かけても帰ってくる。」と安心させてあげます。外出前にお散歩や運動をして、わんちゃんのストレスを発散させておくのもおすすめです。
また、シートでもするのに他のところでもする場合、シートがぬれて踏みたくない可能性があります。厚手のシートや大きいシートに変えることで解決することがあります。

わんちゃんは不安からおもらししてしまうのかも知れません。


  • 安心させてあげる
  • ストレス発散を行う
  • シートの種類を変える

などを行って、対策を行いましょう!

ケース③:吠えすぎて困ってます。

犬種:ポメラニアン

年齢:4歳

体重:3kg

人が通ったり気になる人がいると吠えて泣き止まないので来客の時や散歩の時に困っています。
非常に元気過ぎて吠えてしまうとのことですが、 結論から申し上げると、勿論可能ですが時間が掛かります。
元々ポメラニアンという犬種がよく吠えるという特徴がありますし、本人は吠えることを悪いこととわかっていません。
これをダメなことだと教え、行動を制御するには非常に手間と時間が掛かるということをご理解下さい。
行動修正はその子によって様々な方法を取るので、何が一番良いかはこの場では申し上げられないのですが、基本的には罰を与える、もしくは吠えないことがその子にとって喜びとなるように誘導する(おやつを使う)のどちらかになると思います。

犬種によってはよく吠えるわんちゃんも存在するようです。

  • 吠えた際に罰を与える
  • 吠えない場合にはごほうびをあげる

などを行い、時間をかけて行動修正を行いましょう!

まとめ

今回は、わんちゃんの問題行動に関するご相談をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。同じような問題で悩まれている方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。


 MOFFMEでは、LINEで毎週獣医師さんに質問ができるMOFFME DOCTORを実施しています。 ご利用方法は、犬種、年齢、性別、体重、ご相談内容のメッセージを送信していただくだけです。 


 基本的には全てのご相談・質問に回答しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください!


 ではまた来週! 

ランキング