猫の5つのストレス原因を徹底解説!ストレスサインや解消法とは?

猫の5つのストレス原因を徹底解説!ストレスサインや解消法とは?-サムネイル画像

猫のストレスの原因は何でしょうか。ストレスによって吐く、下痢や血尿の症状、膀胱炎や腎不全等の病気が出ることもあるので、猫の日頃の行動・イライラをチェックすることが大切です。この記事では猫のストレスについて、原因や症状、発散方法について詳しく解説します。

猫のストレス原因を徹底解説!ストレスの症状や解消法とは?

猫は自由気ままにのんびりしている可愛いイメージがありますが実はストレスを溜めやすい神経質な生き物なのです。


猫も人間と同様にストレスを抱え込むと体調不良を起こし、病気になってしまうこともあります。


今回「MOFFME」では猫がいつまでも元気でいられるように猫のストレス原因を以下の5つの項目別に徹底解説致します!

  1. 猫のストレスの原因とは?5つの要因を徹底解説!
  2. 猫のストレスサインには何がある?5つのチェックポイントを解説
  3. 猫のストレスによる病気には何がある?注意すべき病気を解説!
  4. 猫のストレスはどう発散させる?5つのストレス解消法を解説!
  5. 念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

愛しい猫ちゃんに元気で過ごしてもらうためにも猫にとってのストレス原因を把握しておきましょう!


またMOFFMEでは猫の保険についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

猫のストレスの原因とは?5つの要因を徹底解説!

猫は縄張り意識が強く、嗅覚や聴覚が優れているので人間にはストレスにならないような些細な出来ごとにもストレスを感じてしまいます。


繊細な生き物の猫は人見知りも激しいことが多く、新しい環境に戸惑ってしまう愛らしい一面もありますが猫ちゃんにとっては耐えられないストレスに感じてしまっていることもあります。


そんな猫にとって大きなストレス原因には主に5つの種類があります。

  1. 引っ越し等による環境変化
  2. 掃除機や香水等による騒音、匂い
  3. 排尿や食事等の生理現象が気持ちよく出来ない
  4. 多頭飼いでの先住猫や来客が多い等、外敵の存在
  5. 室内飼い等による運動不足

①:引っ越し等による環境変化

猫は縄張り意識が強く自分を馴染みのあるテリトリーに置くことで安心する生き物です。


引っ越しや模様替えなどで猫の生活環境に変化があった場合、猫には環境の変化がストレス原因になってしまいます。


また来客などで知らない人が部屋に訪れたりすると猫はベッドやソファーの下に逃げてしまうことが多いですが、この人見知り行動も知らない人が訪れるという環境の変化のため、ストレスになります。


猫は人間と自分を同じ生き物だと認識していると説があり、身体の大きい成人男性は比較的警戒されやすいです。


小柄な女性のほうが猫もストレスを感じずに接することができますので、身体の大きな男性などは友人の家に訪れた際、猫ちゃんがいても無理やり撫でたり構ったりしないようにしてください。

②:掃除機や香水等による騒音、匂い

猫は人間の4倍聴覚が効き、犬と比較しても約2倍の音を聞き取れる聴力をもっております。


特に高音を聞き取りやすい性質をもっており、猫ちゃんを甘やかす時に高い声を出すことを「猫撫で声」といいますが、男性より女性のほうが比較的、猫に好かれやすい理由の1つが、高音を聞き取りやすい猫の性質が関係しています。


掃除機や近隣の工事や車の音、大きな音をだしたり大音量で音楽をかけたりすると猫はストレスを感じてしまいます。


また嗅覚も優れているので香水や煙草の匂いにも敏感です。


芳香剤や香水を変えれば猫はすぐに気付き、匂いにストレスを感じる他に、環境が変化したことによりストレスを感じてしまうので注意しましょう。

③:排尿や食事等の生理現象が気持ちよく出来ない

猫が自分で身体を舐めて毛繕いしている姿を見たことはありませんか?


グルーミング(毛繕い)と呼ばれ、体温調節や毛並みを整える意味もありますが、猫の唾液には殺菌効果があり自分の身体を清潔に保つために行っているのです。


そんな綺麗好きな猫ちゃんはトイレや水飲み場、餌皿が汚れていれば排尿や食事を気持ちよくできずにストレス原因になってしまいます。


私達人間もトイレや食事の場が不衛生だと不快に感じますよね。


猫の生活に関するトイレや水飲み皿は清潔に保って、気持ちよく排泄、食事を行える環境を整えましょう。

④:多頭飼いでの先住猫や来客が多い等、外敵の存在

猫を複数飼って多頭飼いしている場合は先住猫、新米猫双方にとってお互いの存在がストレス原因になることがあります。


先住猫は自分のテリトリーに知らない新米猫が入ってくることによりストレスを感じ、新米猫は新しい環境化で警戒心が強くなりストレスを感じます。


多頭飼いで新しい新米猫がやってきた時は初めは喧嘩も多くなることがありますので飼い主のケアが必要です。


またお客様など来客が多い環境も猫にとっては自分のテリトリーに入ってくる外敵が多いと認識し、警戒心からストレス原因になってしまいます。

⑤:室内飼い等による運動不足

猫を室内で飼っているケースが多いと思いますが、室内飼いによる運動不足も猫にはストレス原因になります。


猫は身体能力が高く、走って跳んで獲物を狩る肉食動物です。


そんな活発な動きができる猫が室内飼いにより、運動をせずにゴロゴロ転がっている姿は愛くるしいものですが、エネルギーを持て余してしまい、ストレスの原因になります。


室内飼いでも運動できる環境、平行運動より垂直運動が猫には適しているので跳んだり跳ねたりできる上下運動が可能な環境キャットタワーなどで整えておきましょう。

猫のストレスサインには何がある?5つのチェックポイントを解説


猫は人間と違って嫌なことがあったり不満があっても言葉にして訴えかけることができません。


しかし猫はストレスを感じた時に発するストレスサインがありますので、飼い主は猫のストレスサインを見逃さないように注意しましょう。


ここでは猫のストレスサインを5項目に分けて解説します。

  1. ご飯を食べない、食欲不振
  2. 過剰なグルーミングや自傷行為
  3. トイレ以外での排尿・排泄、粗相
  4. 夜中に急に走り回る、真空行動
  5. 血尿や嘔吐のような体調不良、病気

①:ご飯を食べない、食欲不振

普段元気にご飯を美味しそうに食べる猫ちゃんがご飯を食べなくなったり、食欲不振になっている場合はストレスを感じているかもしれません。


ご飯を食べなくなると「どこか体調が悪いのでは?」「何か病気になってしまったのでは?」と原因を考えてしまいますがストレスが溜まっても猫は食欲不振に陥ります。


餌箱が汚れていたり、置き餌をしていてご飯が酸化して美味しくなくなっている可能性もありますが、どちらも猫にとっては満足に食事をできないことがストレスに繋がります。


猫が食欲不振になった時は猫のストレスサインかもしれないと注意し、あまりにも食事を摂らないようだと栄養失調になってしまい病気に繋がりますので一度動物病院へ連れていきましょう。

②:過剰なグルーミングや自傷行為

猫はグルーミング(毛繕い)により体温調整や身体を清潔に保ったり様々な効果があってグルーミングを行いますが、グルーミングでストレス発散も行っています。


しかし、あまりにも過剰なグルーミングは猫のストレスサインです。


過剰なグルーミングにより脱毛、肌荒れなど猫ちゃん自身を傷つける原因になりますので過剰なグルーミングを行わないように止めてください。


また尻尾や手を噛んだり自傷行為をしている際もストレスが溜まっているサインですので、猫ちゃんが自分で自分を傷つけないためにもストレスを与えないように配慮しましょう。

③:トイレ以外での排尿・排泄、粗相

普段は粗相もせずにきちんとトイレで排泄をする猫ちゃんがトイレ以外で排尿・排泄をして粗相している場合はストレスが溜まっているサインです。


トイレが汚れていたり清潔でないと猫はストレスを感じてトイレで排泄しなくなりますのでトイレは清潔に保ってください。


ストレスが溜まると猫は上手く排泄できなくなり、トイレに行ったけど排泄できずに砂だけを掻いて帰ってくる、トイレ以外で粗相をしてしまう原因になります。


トイレに行きたくない、ストレスが溜まって排泄が上手くできない状態が続くと猫ちゃんは膀胱炎など病気になってしまう原因なりますので、ストレスサインに、いち早く気づいて猫ちゃんがストレスなくトイレができるよう配慮してください。

④:夜中に急に走り回る、真空行動

夜中に急に走り回ったり、急に大きな声で鳴いたりする時はストレスが溜まっているサインです。


真空行動と呼ばれる何もない時、環境で猫が全力で走り回ったり跳び回ったりする現象は猫がストレス発散のために無理やり運動しようとしている証拠ですので気をつけてください。


また急に大きな声で鳴く時も同様にエネルギーを持て余している、ストレスを感じている証拠ですので真空行動や大きな声で急に鳴く時は、1日15分でいいので一緒に遊んで猫のストレス解消、運動不足解消を行ってください。

⑤:血尿や嘔吐のような体調不良、病気

猫はストレスを溜め込みすぎると血尿が出たり、嘔吐を頻繁に繰り返したりすることもあります。


このような体調不良はストレスが原因で何かしらの病気になっていることがあります。


ストレスにより、トイレが上手くできなくなって膀胱炎尿路結石になってたり、過剰なグルーミングにより皮膚に炎症が起きて血尿下痢になることもあります。


またストレスにより猫が胃腸炎になって嘔吐を繰り返していることもありますので、食べたものをすぐに吐く、嘔吐を頻繁に繰り返している時は病気かもしれないので一度動物病院で診察を受けることをおすすめします。

猫のストレスによる病気には何がある?注意すべき病気を解説!



猫はストレスから病気になってしまうことがありますが、具体的にどのような病気があるかご存知ですか?


病気になってしまえば猫がしんどい思いをしてしまうだけでなく、通院費や治療費もかかり家計にも負担がかかります。


ストレスを与えずに病気とは無縁の生活を続けられればいいですが、猫は思いの外ストレスを溜め込んでいることがあり、気づけば病気になっていることが多いです。


中には腎不全や肺炎など命に関わる危険性のある病気に繋がることもあります!


病気にならないことが一番ですが、特に注意すべきストレスからなる病気を解説します!

  1. 心因性脱毛
  2. 舐性皮膚炎
  3. 特発性膀胱炎
  4. 猫ウイルス性鼻気管炎

①:心因性脱毛

心因性脱毛とはストレスにより過剰にグルーミング(毛繕い)を行うことにより脱毛が起こるストレス性の病気です。


全身をくまなくグルーミングするケースや、体の一部、お腹やお尻だけをグルーミングして一部毛が抜け落ちてしまうケースがあります。


「舐める」といった行動だけでなく、執拗に同じ行動を繰り返すことは異常です。


身体を舐めすぎて結果、毛が抜け落ちてしまい心因性脱毛となってしまいます。


怪我抜け落ちた猫ちゃんを見るのは痛々しくかわいそうです。


心因性脱毛は不安やストレスからなる病気ですので飼い主は、愛猫が心因性脱毛にならないように気をつけましょう。

②:舐性皮膚炎

舐性皮膚炎心因性脱毛と同じくストレスにより過剰にグルーミング(毛繕い)を行うことが原因で起こるストレス性の病気です。


猫の舌はざらざらとしており、鮫肌のようになっています。


執拗に身体を舐め続けることにより皮膚が傷つき炎症を起こしてしまいます。


結果、舐性皮膚炎となってしまい猫ちゃんが痛い思いをすることになります。


舐性皮膚炎になった際は塗り薬抗生物質で皮膚の再生を促し、エリザベスカラーなどで炎症箇所を舐めないようにして舐性皮膚炎悪化を防止しましょう。

③:特発性膀胱炎

特発性膀胱炎は水分不足や膀胱内の異常で起きる病気ですがストレスによっても起きることが多い病気です。


特発性膀胱炎の症状は

  • トイレ以外で粗相をする
  • 血尿が出る
  • 排尿時に痛みが生じる
  • 排尿ができなくなる

オシッコを満足にできなくなる病気です。


排尿が上手くできないことで更にストレスを感じてしまい、トイレ以外の場所で排尿をすることで一度排尿した場所をトイレだと認識してしまい、ソファーやベッドでトイレをしてしまうようになることもあります。


特発性膀胱炎が酷くなれば尿路結石尿道閉塞といった症状に発展することもあり、最悪手術をしなければ命に関わる事態にもなりますので猫がストレスを感じずに過ごせるよう注意しましょう。

④:猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎とは、ヘルペスウイルスに感染することにより発熱・くしゃみ・よだれ・鼻詰まり・鼻水がでる症状です。


猫ウイルス性鼻気管炎遺伝し、他の猫にも涙や鼻水を通して感染する大変やっかいな病気です。


栄養不足や体が冷えたりストレスにより免疫力が低下した際にかかりやすく、最悪、肺炎を引き起こして命に関わる事態に繋がる恐ろしい病気です。


猫ウイルス性鼻気管炎の最大の予防方法はワクチンを摂取することにより免疫力をつけることをおすすめします。

猫のストレスはどう発散させる?5つのストレス解消法を解説!

猫がストレスを抱えることで病気に繋がってしまうことが理解できても、まったく猫にストレスをかけないことは難しいです。


現代ではお留守番を任せることも多く、猫と生活している中で、人間は気にならないが猫にとってはストレスに感じることがあまりにも多いです。


ストレスを感じさせない環境作りも大切ですが、大事なことは溜まったストレスを発散させることです。


ここでは猫のストレス発散方法を5つご紹介しますので確認しましょう!

  1. 生活環境を整える、苦手な刺激を与えない
  2. 高低差を意識して運動不足を解消させる
  3. 猫に構いすぎない、適度なスキンシップにとどめる
  4. 美味しいご飯やおやつを用意する
  5. 猫用のストレス解消グッズを与える

①:生活環境を整える、苦手な刺激を与えない

まずは猫が生活する環境を整えることが必要です。


トイレや水飲み、餌皿は清潔に保ち、猫が運動できる環境をつくっておきましょう。


引っ越しや模様替えが多いと猫が自分の縄張りが定期的に変わることでストレスを感じる原因になります。


安定した自分の居場所を用意してあげて自分の身の回りに変化がない安心感を与えてください。


猫が窓の外を見ている姿から「お外に行きたいのかな?部屋に閉じ込めてかわいそう」だと感じて、ベランダや外に連れ出してみたら猛烈に嫌がり暴れます。


猫が窓の外を眺めているのは自分のテリトリーから外の世界を確認して、変化がないことをチェックしているのです。


変化を嫌う猫には猫の居場所を常に保ちつつ、猫の嫌いな匂いや音を与えない生活を心掛けましょう。

②:高低差を意識して運動不足を解消させる

飼い主ができる一番の猫ストレス解消方法は遊んで運動させることです。


猫じゃらしやオモチャなどを使って一緒に遊んであげることで猫は大好きな飼い主と遊べることですごく喜びます。


また運動不足解消に繋がりストレス解消になりますので、横の並行運動より、縦の垂直運動を意識して遊んであげましょう。


ただ猫は長期的な運動は向いていませんので1日15分遊んで運動させれば十分ストレス解消になります。


お留守番中はキャットタワーなどを設置しておいて、ひとりでも高いところに登り降りして運動できる環境をつくっておきましょう。

③:猫に構いすぎない、適度なスキンシップにとどめる

猫が可愛くてついつい抱きしめて、構いすぎたくなりますが、抱きしめている時に猫は逃げ出したくなったり、尻尾をフリフリ揺らしていませんか?


猫はイライラしたりストレスを感じている時に尻尾を振り回す習性があり、逆にご満悦、喜んでいる時は喉をグルグル鳴らし尻尾がピンッと立ち上がります


猫は気まぐれな生き物ですが構ってほしい時は猫から近寄ってきます。


無理やり人間の都合でスキンシップをとるのではなく、猫に構いすぎずに、適度なスキンシップをとることが猫のストレス発散にも繋がります。

④:美味しいご飯やおやつを用意する

人間と同じ様に猫も美味しいご飯を食べたり、おやつを食べる時間は至福の一時です。


美味しいご飯やおやつを食べている時、猫は喉を鳴らし、尻尾を立てて喜んでいます。


ストレスを感じた、来客があった日や動物病院へ連れて行った日、頑張って嫌いなお風呂に入った日などはご褒美に美味しいおやつを与えてください。


美味しいご飯やおやつを食べることでイライラや嫌な気持ちを少しでも抑えることができ、猫のストレス解消になります。

⑤:猫用のストレス解消グッズを与える

猫用のストレス解消グッズを与えることもストレス解消におすすめです。


飼い主が一緒に遊んであげてケアしてあげることが大切ですが、お留守番の時やひとりでいる時にも猫は寂しくてストレスを感じてしまいます。


お留守番中でも遊べるオモチャ爪とぎできるオモチャ、キャットタワーを用意してストレス発散ができる環境をつくりましょう。


またマタタビ猫にとっては媚薬となりますので、最大のストレス発散となりますが効果が効きすぎて狂ったように暴れちゃうこともありますので取り扱いには気をつけてください。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!


猫のストレスに配慮して猫がストレスを溜め込まないように協力することが大切です。


しかし万が一、ストレスによって病気になった場合、治療費や通院費、手術代などは飼い主の健康保険が適用できないので莫大な請求費用がかかることもあります。


ストレス以外にも猫の寿命は人間よりはるかに短命であり、いつか病気になってしまいます。


今後、愛猫が病気になってしまった時のためにペット保険に加入しておくことをおすすめします!


MOFFMEでは、猫のペット保険一括比較サービスリアルな口コミ・評判を取り扱っていますのでペット保険選び、検討の参考にしてみましょう。

まとめ:猫のストレスの原因や症状、発散方法を徹底解説!

如何でしたか?


猫は繊細でストレスを感じやすく、ストレスにより病気になってしまうこともあります。


愛しい猫ちゃんにはいつまでも元気に過ごしてもらいたいですよね。


我々人間にできることは大きくまとめると下記の5項目です。

  • 猫のストレスを理解する
  • 猫にストレスを与えないようにする
  • 猫にストレスを溜め込まさないように解消する
  • 猫が病気になる可能性を理解する
  • 万が一のためにペット保険に加入しておく

猫は人間のようにストレスを忘れる多くの娯楽があるわけでもなく、ストレスを感じた時に解消できるような趣味があるわけでも、愚痴を言う相手がいるわけでもありません。


飼い猫にとって飼い主は親であり友人であり保護者です。


猫の健康は飼い主が守り、ストレスフリーの生活を心掛けていつまでも愛猫が健康でいられるように気を配りましょう。


飼い主の意識次第で猫の生活は変わるのです。


MOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

ランキング