本当に良いドッグフードの選び方を解説!人気ランキングや口コミも!

本当に良いドッグフードの選び方を解説!人気ランキングや口コミも!-サムネイル画像

本当に良いドッグフードはどれなのでしょうか。大事な愛犬だからこそ安全な国産や無添加、オーガニックの高級フードを毎日与えたいですよね。またおすすめランキングや口コミ・評価も参考になるでしょう。この記事では本当に良いドッグフードの選び方について詳しく解説します。

本当に良いドッグフードの選び方を解説!口コミ・評判も紹介!

ドッグフード選びで、「国産だけど気になる材料がある」「無添加だけど価格が高い」など、何にこだわって選べばいいか悩んだことはありませんか?


自分なりのこだわりを強く持っていないと、本当に良いドッグフードと自信をもって購入するのは難しいですよね。


ところで、購入している人はどこをチェックして見極めているのでしょうか。

  • 見極められる、5つのチェック項目とは
  • 購入経験者がおすすめする本当に良いドッグフードとは
  • 正しい与え方、切り替え方、食べない時の対処法とは
今回の「MOFFME」を読めば、自分なりのこだわりをもってドッグフード選びができるようになるはずです。

最後に、愛犬の異変にも慌てなく済む備えも紹介しますのでぜひ読み進めてみてください。

またMOFFMEでは犬の保険についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

本当に良いドッグフードの選び方を徹底解説!5つのポイントとは


無知であるばっかりに、本当に良いドッグフードが目の前にあっても、目に留まることなく買い逃しているケースがあるかもしれませんよね?


そこで、本当に良いドッグフードはどのポイントに重きをおいて選ぶべきか5つのチェック項目を紹介しましょう。

  • ごはんかご褒美か、与える目的から選ぶ
  • 食べさせたくない材料が入っていないかで選ぶ
  • 積極的に摂らせたい栄養素が豊富なものを選ぶ
  • 愛犬が食べやすいフードかで選ぶ
  • 与え続けられるかで選ぶ

①:総合栄養食や一般食等、与える目的別に選ぶ

与える目的を決めると、ドッグフードを大まかに絞り込むことができます。


毎食の食べさせる主食なら、総合栄養食表記のフードを選びます。


摂取すべき栄養素を厳選し、必要量が補えるよう計算して作られているので、水分をとらせるだけで不足のないフードに仕上がっています。


総合栄養食にプラスαできるフードの一般食も覚えておくと良いでしょう。


おかずとして足してあげるのもいいですし、主食に混ぜることで食欲増進に一役買ってくれます。


おやつにあげたいなら、間食表記のフードを選びます。


間食用フードは、毎食与えるフードに置き換えてはいけない点と与えた分主食を減らすなどの調節が必要な点が注意ポイントとなります。

②:着色料や保存料が無添加なものを選ぶ

人の食材でも重視されるポイント「無添加」である点にこだわると、本当に良いドッグフードが見つかります。


最近は無添加にこだわっているメーカーが多く、無添加の文字が目に付くフードが増えましたよね。


その点、以前に比べると体に良いフードが簡単に絞り込めるようになったのかなと思いきや、安心してはいけないポイントがあります。


それは、着色料や香料、保存料などの一部を除外しただけでも無添加と表記できるという点です。


文字だけを見て、すべて排除されている安心なフードと勘違いしないようにしましょう。


「完全」「100%」の表記があれば間違いありません。


無添加にこだわるのであればホームページ等でしっかり確認するのがおすすめです。

③:肉や魚等、動物性タンパク質が豊富なものを選ぶ

本当に良いドッグフードを見極めるなら、原材料の中でも主となる原料を確認してください。


例えばチキンや鹿肉、ラム肉、サーモン、その他には穀物や野菜など、ドッグフードの原料には様々な食材が使用されていますよね。


ここで、主食の原材料に何を選ぶのが最適なのかという点に頭を悩ます方がいますが、そこは二の次で構いません。


では何に注目するのかというと、動物性タンパク質どれほど配合されているかがポイントになります。


目安は40%以上です。


犬の毛や皮膚、血、内臓、骨など体の様々な部位がタンパク質でできています。


ドッグフードで補えるよう、動物性タンパク質多く配合している本当に良いものを用意してあげましょう。

④:愛犬の年齢や大きさ別に選ぶ

本当に良いものとは何かについて、愛犬の特徴を最優先に考えるのも重要なポイントとなります。


例えば年齢です。生まれて何ヶ月や10歳以上の高齢という特徴的な年齢には、適したフードが専用で作られています。


パッケージに月年齢が表記されているので、簡単に絞り込むことができるはずです。


ライフステージの中でも成犬期は特徴に欠けますが、まずは成犬期用のフードかどうかを確認して選び、あとは他のこだわりポイントで1つに絞り込むと良いでしょう。


また、愛犬の大きさもポイントとなります。


ほとんどのドッグフードが小型、中型、大型犬用に種類を展開しており、体型に見合った食べやすさや栄養素にこだわって作られています。


必ず適したものを選びましょう。

⑤:コスパも大事!値段の安いものを選ぶ

最後に本当に良いものについて、飼い主目線から考えてみましょう。


ここまで紹介してきた「選び方のポイント4つ」にこだわって選んだ本当に良いドッグフードが、思いのほか高かった場合はどうでしょう。


毎食に与えるフードなら、継続するための金銭的負担が大きくなることが目に見えていますよね。


それなら安さを最優先に!といいたいところですが、すると今まで取り上げてきた選び方から大きく外れてしまう可能性が高くなります。


そこで重要となるのがバランスです。


目的、無添加、動物性タンパク質の量、愛犬の特徴、値段の5つのバランスを考えると、愛犬にとっても飼い主にとっても本当に良いドッグフードが選べるようになるはずです。

本当に良いドッグフードを人気ランキング、口コミから徹底比較!


「選び方がわかっても探すのが大変」「1つ1つ確認していられない」なんて思ってしまいませんか?


安心してください。この答えを簡単に解決できる方法があります。


それは犬を飼っている人達の中で高く評価されている、経験者推しのドッグフードを知ることです。


ここからは、

  • おすすめ・人気上位に取り上げられるドッグフードとは
  • 口コミがいい、評判の高いドッグフードとは
2つの方向から本当に良いドッグフード探しをしていきましょう。

本当に良いドッグフードをおすすめ・人気ランキングから徹底比較

経験者がおすすめする、経験者に人気のあるドッグフードを参考にすると、一気に選択肢を少なくすることができますよね。

ランキング上位にあがっているフードを5つピックアップし、選び方で紹介してきたチェックポイントも取り上げてみてみましょう。
特徴価格
カナガン

香料、着色料不使用

グレインフリー

チキン50%以上

3960円/2㎏
ファムタイズ無添加(8つフリー)
国産原料
グルテンフリー
チキン21%以上
3,850円/1㎏
モグワン香料、着色料不使用
グレインフリー
チキン&サーモン56%
3,960円/1.8㎏
うまか無添加
国産原料
グルテンフリー
チキン24.5%以上
4,980円/1.5㎏
アカナ無添加
グルテンフリー
チキン、カレイ、羊肉60%以上
4,620円/2㎏
特徴を取り上げて比較してみると、紹介してきたポイントすべての条件をクリアしているフードはありません。

本当に良いドッグフードの最終判断は、飼い主のこだわりがポイントとなってくるでしょう。

本当に良いドッグフードを口コミ・評判から徹底比較

おすすめ、人気ランキング上位にあがるフードの口コミ評判がこちらです。


口コミ、評価
カナガン食いつきはいいのですが、ニオイがキツイです。
おやつを欲しがる回数が減りました。満足感があるようです。
ファムタイズよく食べてくれます。
高いしグレインフリーではないので、うちの子にはあげられません。
モグワン全ライフステージOKなので切り替えなくて済みます。
食欲がなく困っていた時、モグワンだけは食べてくれました。
うまかフード独特のニオイが全くありません。
うちの子は食べませんでした。
アカナ与えたら排泄物が緩くなりました。
何もトッピングせずでも、アカナのフードだけでよく食べます。

この他、

  • 体重、体調管理におすすめな「このこのごはん」
  • 動物性タンパク質高配合のおすすめウェットフード「ブッチ」
  • 涙焼けケアにおすすめな100%無添加の「Drケアワン」
なども口コミ、評判の高いフードです。


反応は様々ですが、参考にしながら選ぶと良いでしょう。

ドッグフードの正しい与え方を解説!食いつきが悪い場合は?


本当に良いドッグフードを用意したのに、愛犬の食いつきの悪さを目の当たりにすると落胆してしまいますよね。


その原因は、日ごろからの食生活何か特別な要因が関係しているかもしれません。


ここでは、以下のポイントを紹介していきます。

  • 与える量や回数に注意!正しい食事の与え方とは
  • 手作りの食事もあげたい!与え方と正しい切り替え方とは
  • 飼い主を悩ませる食いつきの悪さと対処法
  • 子犬や老犬に必要な手間とは
食事の基本を順に確認していきましょう。

ドッグフードの正しい与え方を解説!与える量や回数・頻度とは?

正しい給与量や回数、頻度を正確に守るためのポイントを紹介しておきます。


細かいグラム数やライフステージによるあげる回数については、まず覚える必要はありません。パッケージに記載されているので参考にすることができます。


では、給与量を正確に守るためのポイントを確認しておきましょう。

  • 愛犬のライフステージに合ったフードかどうか
  • 体重に対してどのくらいが適量か
  • 愛犬の標準体重

この他、おやつを与えたらごはんを減らすなど、愛犬が摂取するカロリーの調節などもごはんの正しい与え方では重要なポイントとなりそうです。


与える回数、頻度も参考までに紹介しておきます。

  • 幼犬…3回以上/日
  • 成犬…2回/日
  • 老犬…3~4回/日

フードを与える際の注意点を解説!手作りご飯や切り替え方法とは

ライフステージでのドッグフードの切り替えは、「食べない」「お腹が緩くなってしまった」など飼い主を悩ませるアクシデントが起こりがちです。


様々な理由で手作りご飯をあげることにする場合も、切り替えに頭を悩ませる飼い主が多いようですね。


そこで、ここでは切り替え焦点をあて、頭に入れておきたい切り替え時の注意点を解説します。


まずはドッグフードまたは手作りフードの切り替え方からみていきましょう。

  • 従来のフードの1割ほどを新規フード、手作りフードにする
  • 日ごとに割合を1割ずつ増やしていく
  • 焦らず、ゆっくりと期間をかけて切り替える
全くご飯を食べなくならないよう、慎重に行いましょう。

手作りご飯に切り替える場合の注意点は以下の通りです。
  • ライフステージを考え、1日に必要な栄養素を補える内容にする
  • 初回は、体調に変化がないか様子を見る
  • 試しに1度与え、数日様子を見てから本格的に切り替え始める
  • 食欲に変化があれば元のフードに戻すなど柔軟に対応する

愛犬がご飯を食べない!食いつきが悪い原因と対処法を解説!

「ご飯を食べなくなる」といったアクシデントは突然やってきます。よく取り上げられる6つの原因がこちらです。

  1. わがまま
  2. 味が嫌になった
  3. 食べにくい
  4. 食欲がない
  5. 胃腸や歯など体調の変化
  6. 強いストレスを感じている
明らかにわがままの場合は与えない期間をもうけて様子を見ましょう。

切り替えが必要なのは2と3のケースでしょう。味の違うフードを用意する、食べにくい=ライフステージにあっているか再検討しましょう。

4と5に関しては、他に気になる症状がないか観察してみてください。いつも通り元気か、排泄物の回数や状態など心配な点があればペットショップでの診察をおすすめします。

6の場合は、考えられるストレスを排除し、安心させてあげることが大切です。

補足:子犬や老犬はフードをふやかす、ウェットフードがおすすめ

子犬や老犬にとって本当に良いドッグフードは、市販のままあげるケースだけではありません。


個体差によって成長スピードや老化の状況の違いが出やすいライフステージであるため、一工夫してあげるのがおすすめです。


リーズナブルに一工夫するなら、お湯でふやかしてあげましょう。


手間暇がかかるのは避けたい、少しコストがかかってもいいなら、犬用のミルクでふやかすもしくはウェットフードを用意してしまうのもおすすめです。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!


ごはんを食べなくなる原因に、食欲がない、体調に変化があるケースを取り上げたように、ただでは済ませられない事態は急に起こるものです。


万が一のケースではペット病院に駆けつけることとなるわけですが、現実問題ここで悩まされるのが治療費です。


想像以上の請求額だった場合、実費で賄うことができるでしょうか。


もし不安があるのなら、治療費をサポートしてくれるペット保険への加入がおすすめです。


どの保険に加入していいか迷ったら、MOFFMEをぜひ活用してみてください。


ペット保険を一括で比較するサービスや口コミ、評判まで取り扱っているので、参考にしながら愛犬にピッタリな保険を見つけることができるでしょう。

まとめ:本当に良いドッグフードの選び方を詳しく解説!

本当に良いドッグフードは、以下の6つのポイントで見つけやすくなるはずです。

  • 与える目的は何か
  • 無添加であるかどうか
  • 動物性タンパク質の配合量が適量か
  • ライフステージや大きさで絞り込む
  • 継続できる安さかを見極める
  • 購入経験者がおすすめする、評判のいいフードから選ぶ
ただ、飼い主が頭を悩まして選んだフードでも、急に食べなくなることがあるかもしれません。

そのような場合は原因を探り、愛犬にとって本当に良いフードを再検討しましょう。

手作りフードもしくは新しいフードにする際は、与え方や切り替え方に注意してください。

また、万が一のケースが考えられる場合は診察が必要です。

念のためペット保険に加入しておくと、どのようなケースが起きても安心ですね。

MOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

ランキング