子犬のストレスの原因とは?ストレスサインや解消法も詳しく解説!

子犬のストレスの原因とは?ストレスサインや解消法も詳しく解説!-サムネイル画像

子犬のストレスの原因は何でしょうか。お家に来て不安で一杯の子犬だからこそ、ストレスを与える原因やストレス行動・仕草を知って大事にしてあげたいですよね。この記事では子犬のストレスについて、原因や食欲不振や下痢・嘔吐等のストレスサイン、ストレス解消法を解説します。

子犬のストレスとは?ストレスを与える原因やサインを解説!

子犬は成犬に比べてストレスを感じやすいです。子犬にとってのストレスの原因は何か知りたいと考える人も多いと思います。


子犬の時期に多くのストレスがかかってしまうと、子犬が病気になったり、成長過程にも影響が出てくると言われています。


子犬のうちに犬にとってのストレスを知っておくことで愛犬にとっても、また、飼い主にとっても良い関係づくりが出来ます。


そこで、今回「MOFFME」では、「子犬のストレスの原因・解消法」について、

  • 子犬のストレスの原因
  • 子犬がストレスが溜まった時の行動・仕草
  • 子犬のストレス発散方法5選
  • おすすめペット保険
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、子犬のストレスの原因や解消方法について知ることが出来ます。是非、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

また、MOFFMEでは犬の保険についても詳しく紹介しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

子犬はどんなことにストレスを感じる?ストレスの原因を解説!


人間もストレスを感じるように子犬も生きている上でストレスを感じることがあります。

軽度なストレスがかかる分にはいいですが、慢性的にストレスがかかってしまうと、子犬の体調が悪くなり、食欲不振になることがあります。

ストレスは子犬だけでなく、成犬も同様にストレスの影響を受けます。

ここでは、
  • そもそもストレスとは
  • 種類別のストレスの原因を解説
  • 子犬のストレスには特に注意
についてお話していきます。

犬のストレスの原因がわかるので、確認してみて下さい。

そもそもストレスって何?ストレスとはどんなものか解説!

そもそもストレスとはどんなことかというと、身体的ストレス心理的ストレスの2つに分類されます。


身体的ストレスは、運動量が極端に少ない・多いことが挙げられます。

これは、留守番が多く遊ぶ時間がない、お散歩のし過ぎからくるストレスとされています。


心理的ストレスは、環境の変化、季節の変化などが挙げられます。

環境の変化は、引っ越しや赤ちゃんなどの家族が増えた時に感じることが多いです。また、季節の変化は体温の調整がうまく出来ずにストレスが溜まることがあります。


この2つのストレスがかかることで病気になったり、しつけにも影響があります。


ストレスの原因を知り、取り除くことで愛犬も元気に過ごせます。

犬がストレスに感じることは?ストレス原因を種類別に詳しく解説

犬にとって心理的ストレス・身体的ストレスが挙げられます。その2つのストレスを具体的に挙げていきたいと思います。


犬が感じるストレスは、

  • 気温の変化
  • 騒音
  • 運動不足
  • 空腹
  • 環境の変化
などが挙げられます。


気温の変化は、夏は暑すぎることによってストレスだけでなく脱水症状が出てくる場合があります。気温の変化に対応するときにストレスを感じやすいです。


犬にとっては、犬種にあった運動をさせることが良いと言われています。運動不足になると物を噛むことをしたり、吠えることが多くなったりしていきます。


また、子犬の場合はストレスで死んでしまう事もあります。


ストレスの要因は体の大きさや犬種によっても異なります。

  • 小型犬(パピヨン・チワワ)にとってストレスの要因は、騒音や運動のしすぎなどです。
  • 中型犬(柴犬・ボストンテリア)にとってストレスの要因は、運動量の不足などです。
  • 大型犬(ラブラドールレトリバー)にとってストレスの要因は、食事量が適量でない、運動不足などです。

子犬は特に注意!子犬がストレスに感じやすい行動を解説!

子犬は、成犬よりもストレスを感じやすいです。では、どんなことでストレスを感じるか2点ご紹介していきます。


1つ目は、しつけやトレーニングを過剰にしてしまうことです。生後6か月までは、体力が成犬に比べてあまりないので、しつけは適度に行うことが良いです。


2つ目は、触りすぎることです。触られすぎることでストレスを感じてしまうことがあります。適度に愛情を表現してあげてください。


子犬の時期のストレスによって成犬になった時にストレスを感じやすい犬になる場合もあります。また、最悪の場合、死んでしまうこともあります。


子犬の時期になるべくストレスがかからない生活を送れるようにしてあげてください。


子犬の時期に適切なコミュニケーションをとることで、成犬になってもストレスに強い犬になるように育ててあげましょう。

犬のストレスサインを解説!ストレスが溜まった際の行動とは?

犬がストレスが溜まった時にとる行動があります。その行動を飼い主が、知ることで愛犬のストレスを軽減してあげることが出来ます。


ここでは、

  • 犬のストレスによる症状
  • カーミングシグナルでストレス軽減出来る
についてお話していきます。

どの様な状態であるかで、愛犬にストレスが溜まっているかを見分けることが出来ます。

ストレスによる行動を知ることで、愛犬のストレスをチェックし、健康を保ってあげることが飼い主に求められます。

犬のストレス症状は何がある?噛む等のサインを詳しく紹介!

愛犬にいつもと違った行動があったらストレスを感じている可能性が大きいです。


強いストレスを感じているときは、いつも大好きなおもちゃで遊ばない、大好物のおやつを食べないなどといった行動をとる場合があります。


なので、普段から愛犬が好きなものを知っておく必要があります。


犬のストレスの状態は、軽度から重度のストレスで行動が変わってきます。


軽度なストレス

あくび・体をかく・軽度の食欲不振


中度なストレス

吠える・うなる・噛む


重度なストレス

皮膚炎になるほど体を舐める・下痢・嘔吐


軽度や中度のストレスでしたら、ストレスになる原因を取り除くことで解消されます。しかし、重度のストレスになると、体に異変が起きているので動物病院を受診しましょう。

カーミングシグナルを使うと愛犬のストレスを軽減できる?

カーミングシグナルとは、動物のボディランゲージのことです。


カーミングとは、落ち着かせるという意味です。シグナルは、合図という意味です。なので、カーミングシグナルとは、自分を落ち着かせる合図なのです。


犬の行動・仕草・表情には意味があります。そのことを理解することで、愛犬と良好な関係を築くことが出来ます。


顔や目をそらす

相手に対して少し怖いという思いの表れです。


あくび

緊張の表れであったり敵意がないことを表している

また、飼い主に怒られている最中にあくびをした場合、これ以上叱らないで欲しいサインでもあります。


噛んだ後に舐める

逆らうんじゃないぞという気持ちの表れです。


愛犬の行動で、色んなことがわかります。ただし、全部が当てはまるわけではないので注意が必要です。

犬のストレス解消法とは?5つのストレス発散方法を解説!

愛犬に、ストレスが溜まってしまった時のストレス解消方法を知っておくことで、愛犬も日々の生活が過ごしやすくなります。


愛犬のストレス解消方法は、

  1. スキンシップを増やす
  2. 運動量を増やす
  3. 飼育環境を変える
  4. 食事量を見直す
  5. ガム・おもちゃでストレス発散させる
です。

これらの5つのことを理解して見直してあげるだけで、ストレスも少なくなり愛犬の負担も減ります。
是非、愛犬のために実行してあげてください。

①:愛犬とのスキンシップを増やす

愛犬にスキンシップは重要なコミュニケーションの一つです。スキンシップをとってあげることで愛犬は愛情を感じストレスも軽減されます。


撫でる際は、ゆっくりと優しく触りましょう。撫でる際のポイントとして、くつろいでいる時や落ち着いている時に撫でるのがいいです。


犬が撫でられてうれしい部分は、あごの下やお腹や背中です。この場所を撫でてあげることで愛犬も非常に喜び、リラックスします。


愛犬とスキンシップをとって良好な関係を築いていきましょう。

②:散歩やドッグラン等でたくさん運動させる

愛犬を散歩させる最大のメリットが、ストレス解消が出来るという点です。


理想の散歩時間は、小型犬ですと、1日に大体30分程度です。大型犬になってくると1時間は散歩に行くのがいいです。また、運動量が必要な犬種は、1日に2回(朝・夜)で行くことでストレスを軽減することが出来ます。


また、散歩だけでなくドッグラン等で遊んであげることで運動にもなります。休日のお出かけにドッグランに出かけてみるのもいいと思います。

③:多頭飼いの場合は離す等、飼育環境を整える

飼育環境でストレスを感じている犬も少なくありません。


犬の大きさに対して犬のケージが小さかったり、お家の大きさが狭いなどでストレスを感じている場合もあります。ですので、ケージを一回り大きいものを購入するなどしてストレスがかからないようにしてあげるといいです。


また、多頭害している場合、性格が違っておとなしい子と元気な子が一緒に生活することでストレスを感じることもあります。


その様な場合は、犬同士の部屋を離すなどして対処するといいです。

④:食事量を見直す

ストレス解消方法では、愛犬の食事量を見直すことが重要になってきます。


小型犬の場合は、成犬になるまでは胃が小さい為、1回の食事でとれる食事の量が少ないので4回程に分けてあげるのがいいです。成犬になったら2~3回に分けてあげましょう。


また、大型犬の食事量はきちんと適切な量をあげも見直すことも大切ですが、フード選びも重要となってきます。急激に成長するので、成長時の体重に合わせて量や栄養素を摂取するように心がけてあげるといいです。

⑤:犬用ガムやおもちゃ等のストレス解消グッズを与える

犬にとって少しのお留守番でもストレスに繋がります。家にいる間は、愛犬とコミュニケーションとしておもちゃで遊んであげることでストレス解消に繋がってきます。


お留守番をするときは安全性の高い犬用のガムを与えてあげることでお留守番中に噛んで遊ぶことができるのでおすすめです。


犬用のストレス解消グッズは沢山販売されているので、愛犬にあったおもちゃを選んであげてください。


そうすることで愛犬のストレスも少なくなります。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

犬は重度のストレスが原因で、皮膚の炎症、下痢、嘔吐を引き起こしたりします。また、子犬の場合は死に至るケースもあります。


愛犬に心配な症状が出た時は、動物病院を受診することになります。その際の医療費の負担は、犬には健康保険などが無く、全額自己負担になります。


動物病院で診察だけでも1万円かかる場合もあります。また、薬などが出た場合は、それ以上の金額になることもあります。


ですので、万が一の時の為にペット保険に入るのをおすすめします。


ペット保険のメリット

・医療費の負担を抑えることが出来る

・愛犬にきちんとした治療を受けさせることが出来る


MOFFMEでは、ペット保険の一括比較サービスや口コミ・評判を取り扱っているので、是非そちらも参考にしてみて下さい。

まとめ:子犬のストレスの原因とは?

子犬のストレスの原因について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • しつけ・トレーニングのし過ぎがストレスの原因
  • 子犬の場合は触りするとストレスに繋がる
  • 成犬もストレスを感じることがある
  • ストレス解消方法で軽減してあげる
  • 万が一のためにペット保険の加入をする
でした。

子犬もしつけ・トレーニングのし過ぎ等でストレスを感じますが、成犬も運動不足や環境の変化でストレスを感じます。

愛犬のためにもストレスを軽減してあげることで愛犬にとって過ごしやすい毎日に繋がるでしょう。

MOFFMEでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。是非、ご覧になってください。

ランキング