免責なしで安いペット保険はどこ?免責金額や加入条件も解説!

免責なしで安いペット保険はどこ?免責金額や加入条件も解説!-サムネイル画像

加入しておくと安心なペット保険ですが、免責なしで保険料が安いのはどこの保険でしょうか。また免責金額や加入条件についても気になりますよね。そこでこの記事では免責なしで安いペット保険について、免責金額や加入条件、口コミ・評判、人気ランキングを解説します。

免責なしで安いペット保険はどこ?口コミ・評判も紹介!

ペットの「もしも」に備えて、必ず加入しておきたいのがペット保険
しかし動物保険に関する専門用語はどれも難しいため、なんとなくで選んでしまってはいないでしょうか。

「うちの子は元気だから、動物保険は必要ない」と思われている方もいるかもしれません。

しかし、ペットの周りにはさまざまな危険が潜んでいます。
ペット保険についてより知識を深めることで、ペットの身を守りつつ、家庭にも優しいペット保険が選べるようになります。


そこで、今回「MOFFME」では「ペット保険の必要性や概要」について、

  • ペット保険に入ったほうが良い理由は?
  • ペット保険の免責とは?
  • 主なペット保険の口コミ
以上のことを中心に解説していきます。

この記事でペット保険の必要性や用語を知っていけば、自分のペットによりマッチした保険選びができるようになるはずです。
ぜひ最後までご覧ください。

また、MOFFMEでは保険料が安いペット保険について詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

ペット保険の必要性とは?実際の支払い事例も紹介!

「体に悪いところはないから」という理由で、ペット保険は必要ないと考えられている方もいるかもしれません。

しかし、老化によってペットの体は日々衰えていきます。また、それに伴い病気のリスクも増加します。


まだ幼いペットについても、突然の事故に遭遇する可能性は十分にあります。

外の世界だけでなく室内においても、誤飲や転落といった小さな動物たちを襲うリスクはさまざまなものが考えられます。


小さな子からシニアの子まで、ペットたちは一生にあらゆるトラブルと隣り合わせです。


ここでは、

  • ペット保険に加入する必要性
  • ペット保険が支払われるケース

について詳しく紹介していきます。

ペット保険はどうして必要?ペット保険の必要性を詳しく解説!

人間には公的医療保険制度があります。このおかげで、病院で発生した医療費の一部を公的な機関が負担してくれます。


しかしペットにはそれがありません。彼らが怪我や病気になった際、保険に入っていなければ全額を負担しなければならなくなってしまいます。


ペット保険に加入しておくことで、医療費等の自己負担額が100%から30%程度にまで抑えられることになります。


また、ペット自身の被害だけでなく「他のペットや人に噛み付いてしまった」「他人の所有物に傷をつけてしまった」といった、加害者になってしまうケースも考えられます。

ペット保険には、そういった際に生じる損害賠償責任に対応したものも多くあります。


万が一に備えるためにも、ペット保険に加入しておくことを強くおすすめします。

ペット保険はいつ使える?実際の支払い事例を紹介!

ペット保険が使用できるケース

ペット保険は、主に以下のようなケースで使用できます。

  • ペットの事故や病気による通院・入院・手術
  • ペットが原因の損害賠償責任
  • ペットの葬儀費用

保険の支払い事例

支払い事例についてですが、ペットの年齢によっても考えられる事例は変わってきます。


犬や猫は人間と同じで、年齢を重ねるほどさまざまな病気にかかりやすくなります。そのため、年老いたペットの場合は突然の病気に対する支払いが多く生じています。


また、幼いワンちゃんやネコちゃんは好奇心が旺盛です。それゆえに異物を誤飲してしまう事故も多発しています。

加えて、活動的な点から骨折などのリスクも考えられます。


ほかにも年齢だけでなく、特定の種がかかりやすい病気も存在します。

その中には、手術だけで30万〜40万円するものも。


ペット保険に加入することで、そういった事故や病気に備えておくことが大切です。

ペット保険の免責・免責金額とは?免責なしについても解説!


免責とは、損害が発生していても保険会社が保険金を支払わなくて良い状態のこと。
この点について覚えておかないと、いざ何かあった際「支払われると思っていたお金が支払われなかった」と焦ってしまう原因にもなり得ます。

ここでは、

  • ペット保険における免責の概要
  • 免責金額の概要
  • 免責金額が用意されている理由
  • 免責なしのペット保険における良い点・悪い点

について詳しく紹介していきます。


免責や免責金額について知っていくことで、より自身のペットに合わせた保険を選ぶことができるようになるはずです。

ペット保険における免責とは?意味を詳しく解説!

免責とは、本来保険金が支払われるような状況でも、保険会社が支払い責任を免除される状態のことでした。

そういった免責は、人間用だけでなくペット保険にも存在します。


故意に起こした事故など、普通に暮らしていれば起こらないような出来事のみが該当すると思われがちですが、こういった免責は誰でも実際に起こり得ます。


どのようなケースが免責事項となるかについては、ペット保険のホームページなどで解説されていることがほとんどです。


契約書に書かれた内容は難しいものが多く、ついつい飛ばしてしまいがちです。

しかし保険の概要について知っておくことは、ペットと飼い主さんのためにも大切なこと。


ペット保険に加入する際は、そういった免責事項についてもしっかりと理解しておく必要があります。

ペット保険における免責金額とは?設定するメリットとは

ペット保険における「免責金額」とは、ペット保険の利用時、利用者側が支払う必要のある費用のこと。

これが存在するペット保険は、ペットに何かあった際利用者自身もお金を負担しなければなりません。


ペットが手術をしたとします。加入している保険の免責金額が1万円であった場合、飼い主は「保険が適用された後の診療費」プラス「免責金額(1万円)」支払わねばならない、ということになります。


保険会社はこういった免責金額を設定することで、利用者の過度な保険利用を抑えられるというメリットを得ています。

保険の利用回数が減ると、会社の支払いが安い料金で済むだけでなく、事務的な処理の件数も減少させることができます。


支払うお金や事務処理に発生するコストをなるべく減らすことで、保険会社の負担を抑えています。

免責あり・免責なしのメリット・デメリットをそれぞれ解説!

ここでは、免責なしのペット保険におけるメリット・デメリットを紹介します。


免責なし保険のメリット

免責なしのメリットは、やはり免責ありに比べて気軽に保険が利用できるという点です。


免責ありの場合、その金額も決して安い値段ではありません。

手術代や診察費が免責金額よりも安い料金であった場合、ほとんど自分で払ったも同然となってしまいます。

その点、免責なしの場合は比較的安い診療費に対しても保険料がきちんと支払われます。


病院に訪れる頻度が高い場合は、免責なしのほうが安心して通えるのではないでしょうか。


免責ありと免責なし、どちらの保険が合うかについてはペットの体調と相談しながら決めていきたい点ですね。


免責なし保険のデメリット

一見デメリットのなさそうな免責なし保険ですが、ものによっては免責ありのものよりも損となってしまう場合があります。


免責なしの保険は、免責がないことによって逆に基本の保険料が高く設定されているケースがあります。


逆に言えば、免責ありのペット保険は、免責なしのものよりも安い保険料に設定されていることが多くあります。

ほかにも、免責なしのものよりも手厚くしっかりとしたサポートが受けられる場合もあります。


大きめの手術を行って免責金額よりも遥かに高い医療費となった場合は、免責があってもその高さがあまり気にならなくなるかもしれません。


そういった際には、免責ありのメリットが強く感じられるのではないでしょうか。


とはいえ、免責なしでも安い料金を売りにしているペット保険は存在します。保険選びの際は、基本料金と免責を見比べながら検討してみてくださいね。

免責になる理由、「免責事由」には何がある?詳しく解説!

免責になる理由にはさまざまなものがあります。

ここでは一部の主な具体例を紹介します。ここに掲載のあるものでも、保険会社によっては免責事由となっていない場合もあります。

  • 自然災害の被害
  • 飼い主側の過失によって生じたペットの怪我
  • 交配、妊娠、出産、早産、帝王切開
  • 去勢、避妊、不妊治療
  • 爪切り、グルーミングによって生じる費用
  • 歯石の除去、不正咬合の治療
  • 肛門絞り、肛門腺除去
  • 書類作成の費用
  • カウンセリング費用
  • 漢方での処置
  • 食物、サプリメント、シャンプー剤での処置
  • 治療が行われない、薬剤購入のみの通院
  • リハビリテーション
  • 先天性の病気
  • ガン
  • 膝蓋骨脱臼
  • フィラリア予防
  • ワクチンの接種
  • ワクチンを接種していれば防ぐことのできた病気
  • 健康診断
  • 安楽死

免責なし・安いペット保険は?口コミ・評判、ランキングを紹介!

ここまで、ペット保険の概要や大切さについて紹介してきました。

しかしペット保険は非常に多くの数があり、どれが自分に合っているのかもわかりにくいですよね。


ペット保険はその特徴もさまざま。自分のペットに合ったものを選ばないと、普段や緊急時に損をしてしまうこともあります。


上記で解説した免責あり・免責なしといった点から、料金の安い・高いといった部分まで、徹底的に比較していくことが必要。


それぞれの保険が持つ特徴を抑え、より得するものを選びたいところです。


ここでは、

  • 口コミで評判のペット保険
  • 「免責なし」「料金が安い」など、さまざまな特色を持つペット保険

について詳しく紹介していきます。

ペット保険の口コミ・評判を紹介!各社のペット保険を徹底比較!

以下では、人気のペット保険に寄せられた口コミを比較していきます。

A保険の口コミ

大変な中でも、早々にお手続きいただきありがとうございました。

大切な家族を失うのでは、という大きな不安がある中、ずっとサポートいただきました。


B保険の口コミ

補償内容がとても充実しています。特にヘルニアに対応しているのが嬉しいです。

すでに知人にもおすすめしました。


C保険の口コミ

安い料金で加入できるものを探し、こちらのペット保険に決めました。


通院や入院、手術まで補償してくれる保険の中でも特に安いです。

加入後もほとんど値上がせず安いままなため、無理なく安心して続けられます。


D保険の口コミ

新しい家族を迎えるとともに加入しました。

加入すると、ペットの写真入りカードをもらうことができました。

外出時もずっとそばにいられる気がして、とても嬉しいです。


先日ペットが怪我をしましたが、この保険のおかげで家計に負担がかかることもありませんでした。

毎月無理なく安い金額で加入していて、本当によかったです。

免責なし・安いペット保険はどこがいい?安さランキングを紹介!

ここでは免責なしのペット保険や料金の安いペット保険を3つ挙げ、その特徴について紹介します。

A保険

月々700円のプランもある、非常にお安い料金の保険。免責なしの保険となっており、安心して加入できます。お買い物に使えるクーポンやポイントももらえるため、日々の暮らしもよりお得に。


B保険

月1,360円からと、安い値段で加入が可能。入院や通院はもちろん、手術や長期治療まで幅広く対応しています。

日ごとの限度額は無制限なため、一日で高額な費用がかかってしまっても安心です。


C保険

1つの事故につき500万円までを手厚く保証する、免責なしの保険です。

12歳11ヶ月まで新規の加入が可能。終身継続できるため、どんな子でも安心できます。


MOFFMEでは、あなたのペットに合った保険を比較・検討することができます。最安価格から保険の詳細な補償内容まで徹底比較が可能です。

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

ペット保険は、利用者から寄せられた口コミ・評判などを見ながら検討することをおすすめします。

お金が支払われる具体的なケース、万が一の際の対応など、会社の詳細な部分を知ることができますよ。


MOFFMEでは、人気ペット保険の一括比較サービスを取り扱っています。

年齢に合わせ、あなたの大切なペットに合ったプランを徹底比較。

その後は公式サイトでお見積もりも可能です。


免責なし・料金の安い保険など、さまざま利点を持つ保険からあなたのペットに最適なプランを紹介します。


怪我や病気の具体例別に見る医療費の例など、万が一に備えた大切な情報についても掲載しています。


そのほか各保険会社の口コミ・評判についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ:免責なしで安いペット保険はどこがいい?

ペット保険の必要性や免責について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ペット保険はペットや家族のためにとても大切なもの。保険ごとの特徴は免責あり・免責なしといった部分までしっかり把握し、自分にあったものを選ぶ必要があります。

今回の記事のポイントは、

  • 人間とは違い、ペットの医療費は保険に入らないと全額自己負担になる
  • ペットには幼い頃から大人になるまで、さまざまな怪我・病気のリスクがある
  • もしもに備えて、ペット保険に入ることを強く推奨する
  • 加入するペット保険の免責の有無についてはしっかり確認したほうが良い
  • ペット保険に加入する際は、口コミや評判を比較しながら検討するのがおすすめ

です。


MOFFMEでは、ペット保険に加入する際知っておきたいポイントの紹介記事などを多数掲載しています。

この記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

ランキング