トイプードルの適正体重は?月齢体重の推移や肥満の予防法を解説!

トイプードルの適正体重は?月齢体重の推移や肥満の予防法を解説!-サムネイル画像

トイプードルの適正体重をご存知ですか?いつまで成長するのかや子犬と成犬のサイズの違いも気になるますよね。また肥満を防ぐためにも適正体重を知っておくことは大切です。この記事ではトイプードルの体重について、平均体重やオス・メスの体重差等を解説します。

トイプードルの体重は?成長に伴う体長、体重変化の目安も紹介!

トイプードルを飼っていて、不安に思うことのひとつに、成長の過程というのがあります。


「うちの子、他のトイプードルより大きすぎない?」

「うちのトイプードル、小さすぎて不安だな」


など、成長に伴う変化や体重の増減について、健康的に育っているのか不安に思われる方も多いと思います。


そこで今回「ほけんROOM」では「トイプードルの適正体重や、推移、肥満予防」について、

  • トイプードルの歴史や特徴
  • トイプードルの適正体重と成長に伴う推移
  • トイプードルが肥満になることのリスク
  • トイプードルの肥満予防のための食事について
  • トイプードルが加入できるペット保険について

以上のことを中心に、解説していきます。


この記事を読んで頂いて、ご自身が飼っておられるトイプードルの成長の目安にしていただければ幸いです。


ほけんROOMでは犬の保険についても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

そもそもトイプードルとは?歴史や性格、特徴を解説!


トイプードルは、その名の通りプードルを小型化した犬種です。


つまり、トイプードルの原種はプードルということになります。現在では、大型の原種をスタンダード・プードルと呼んでいます。


スタンダード・プードルは、16世紀ごろフランスで誕生しました。プードルはもともと使役犬で、人間とともに仕事をしながら暮らす猟犬だったのです。


その後、16世紀~18世紀頃にかけて小型犬として改良がすすみ、今のトイプードルの大きさになったと言われています。


トイプードルの性格は、賢く、運動神経抜群で好奇心旺盛な犬種です。


また、家族に対して愛情深く、他人や他犬に対しても上手に接することができるフレンドリーな子が多いのも特徴です。

トイプードルの適正体重とは?月齢体重の推移も紹介!


それでは、ここからはトイプードルの適正体重や、年齢と体重の推移についてご紹介していきましょう。


  • オスメスでも体重推移の違いはあるのか
  • トイプードルの体重の具体的な増え方とは
この二つを中心に、詳しく解説していきます。

なお、こちらでご説明する内容はあくまでも平均的な数値です。ご愛犬のトイプードルが、これに当てはまらないからおかしいというわけではありません。

あくまでも目安として参考にしてみてください。

トイプードルの適正体重は?オス・メスの体重の違いも紹介!

プードルには、実は種類があります。その種類は、大きさでわけられています。


一番大きな、原種とされているのがスタンダード・プードル、次に大きいのがミディアム・プードルです。


その次に大きいのがミニチュア・プードルで、一番小さなサイズをトイプードルと呼んでいます。


どの大きさも「プードル」には違いありませんが、トイプードルの標準の大きさは

  • 体高約26~28cm
  • 体重約3~4kg
が平均の大きさとなっています。

また、トイプードルは性別で体重の差が出る犬種ではありません。

トイプードルだけでなく、犬は避妊手術や去勢手術を行うと、ホルモンバランスが崩れて代謝が落ちてしまい、太りやすくなる傾向にありますので注意が必要です。

トイプードルの月齢体重の推移とは?体重の増え方を紹介!

トイプードルの平均体重はわかりましたが、どれくらいの月齢時に何キロくらいになるのか、体重の増え方をわかりやすくまとめてみましょう。


トイプードルは、もちろん個体差はありますが一般的に生後8か月ほどで成長がストップすると言われていますので、生後8か月前後の体型がその犬の「成犬」の体型となります。


今回は、トイプードルの成犬時の重さを3㎏と換算し、推移を下記のように表にまとめてみました。


月齢体重
生後2か月1.0㎏
生後3カ月1.5㎏
生後4か月2.0㎏
生後5か月2.6㎏
生後6か月2.8㎏
生後7か月2.9㎏
生後8か月3.0㎏

生後3カ月の体重を基準として成犬時の体重を予想するか、ブリーダーさんに聞けるようでしたら、成犬時のだいたいの大きさを聞いてみるのも良いでしょう。

トイプードルの体重の測り方は?肥満に潜むリスク・病気も解説!

トイプードルの適正体重や、体重の推移についてご説明しましたが、そもそも犬の体重ってどのように測れば良いのでしょうか?


また、近年犬の肥満が問題となっていて、愛犬にダイエットをさせている飼い主さんも多くいらっしゃいます。


そこでここでは、

  • トイプードルの体重の測り方
  • 肥満が起こす病気について
以上の2点を中心に、詳しく解説していきます。

トイプードルの体重を測るのに便利なグッズも併せてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

トイプードルの体重の測り方は?どれくらい大きいと肥満なのか

まず、トイプードルの体重の測り方ですが、まず、普通の家庭用体重計で飼い主さんご自身の体重を測ります。


次に、トイプードルを抱っこしたまま再び体重計に乗ります。抱っこした時の体重から、飼い主さんの体重を引いた重さがトイプードルの重さとなります。


もしくは、人間の新生児用の体重計があると便利です。

これなら、簡単にトイプードルの体重を測ることができます。


また、トイプードルはどれくらい大きいと肥満になるのかという点ですが、これにはチェックポイントがあります。


チェックのポイントは

  • 背骨部分を触ってみて、背骨が感じられるかどうか
  • ろっ骨を触ってみて、肋骨を感じられるかどうか
これらをチェックしてみて、骨を探さなければ触れないようでしたら、肥満です。

トイプードルの肥満に潜むリスク・病気とは?

トイプードルに限らずですが、小型犬は肥満になりやすい子がとても多いです。


肥満になってしまう原因としては、

  • 食べさせすぎ
  • 運動不足
  • 避妊・去勢手術を行ったため
などが挙げられますが、トイプードルが可愛くて、ついついご飯やおやつを与えすぎてしまう飼い主さんが多いようです。

しかし、肥満にはさまざまな病気のリスクがあります。

特に、足の細いトイプードルは、肥満によって足の関節を痛めてしまったり、膝のお皿が外れてしまう「膝蓋骨脱臼」などを起こしやすくなります。

また、トイプードルなどの小型犬に多く発症する、気管虚脱や心臓病の原因ともなりますので、注意が必要です。

トイプードルは、自分で体重管理ができません。可愛いからこそ、長生きしてほしいからこそ、飼い主さんがしっかりと体形管理をしてあげましょう。

トイプードルの肥満を予防するには?食事と運動量の管理が大切!

トイプードルを肥満にさせてしまった場合、病気のリスクが高くなったり、足腰を痛めてしまう原因となってしまうことは、先ほどご説明した通りです。


では、トイプードルを肥満にさせないための予防法には、どんなものがあるのでしょうか?


色々工夫ができますが、やはり一番効果的なのは食事と運動のバランスです。


  • トイプードルを肥満にさせないための食事管理について
  • トイプードルに運動をしっかりさせて肥満回避
以上について、ひとつずつ解説していきましょう。

肥満予防には食事管理が大切!適切なカロリー・食事量も紹介!

人も犬も、摂取した食事がエネルギーとなり、それにより生命維持ができています。


ですが、使用するエネルギーを摂取するエネルギーが上回れば、それが余剰分となり、脂肪となって蓄積されていきます。これが肥満の原因です。


肥満にならないようにするには、まずは食事の管理が重要となってきます。ドッグフードを与えている場合も、手作り食を与えている場合も、カロリーと量の調整が基本です。


愛犬に必要なカロリーは、下記にご紹介するサイトにアクセスして計算してみてください。


犬のカロリー計算(http://www.vets.ne.jp/cal/pc/dog.html)


こちらは、獣医師会が提供しているサイトで、犬に必要なカロリー計算が簡単にできる便利なページです。


避妊去勢をしている、肥満気味、痩せ気味など条件に合わせて計算ができるようになっていますので、是非試してみてください。

運動も肥満予防には効果的!散歩等で必要な運動量を紹介!

肥満予防をするには、もちろん食事の管理だけでは足りません。摂取したカロリーをしっかり適切に消費しなければ、肥満になってしまいます。


それには、散歩など毎日運動をさせることが必要です。


プードルはもともと狩猟犬でしたので、愛玩犬の中でも運動が好きな犬種ですから、散歩だけでなく週末はドッグランで思い切り走らせる等が理想的です。


また、散歩や運動をすることで身体の中の臓器が活性化し、免疫力も高まりますので病気をしにくい身体になります。


さらに、身体を動かすことで脳の働きも活発になるため、痴呆症やてんかん発作の予防にも繋がります。


運動量の目安は、特に決まっていませんが飼い主さんの時間が許す限り散歩しても問題ありません。2時間歩けるなら愛犬と一緒に散歩を楽しんでください。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

ペットは私たち人間と違って、医療機関に掛かっても保険が適用されません。


ですので、病気やけがをして動物病院でお世話になったら、その治療費は飼い主さんの実費負担となります。


生き物ですから、いつ病気や怪我をしてしまうかわかりませんし、ペットの医療費はかなり高額になることもあります。


そこで、いざという時に慌てないで済むように「ペット保険」に加入しておくことをおススメします。


ペット保険と一言で言っても、たくさんの保険会社がありますし、掛け金やプランも色々あります。


ほけんROOMでは、ペット保険の一括比較サービスや、保険会社の口コミ・評判、トイプードルの保険なども取り扱っているので、是非参考にしてみてください。

まとめ:トイプードルの適正体重は?肥満予防が大切!

今回は、トイプードルの適正体重や、肥満予防の重要性についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • トイプードルには、適正体重や目安となる推移の数値があるが、大切なのは個体差があることを知って、自分の愛犬の基準を知っておくことである
  • トイプードルが肥満になると、心臓病や気管の病気を起こすリスクが高まる
  • トイプードルの肥満を予防するには、食事の管理と運動量のバランスが重要である
  • トイプードルが突然病気や怪我をしたとき、ペット保険に加入していれば安心である
でした。

トイプードルが、元気で長生きするためには日頃の健康管理が必須です。

病気になってから治療するのではなく、まずは病気にならない丈夫な身体づくりをすることを心がけましょう。

ほけんROOMでは、他にもペットに関するお役立ち情報を多数掲載しています。ぜひごらんになってください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング