ペット保険の様々なランキングを特集!ランキングからペット保険を徹底比較

ペット保険の様々なランキングを特集!ランキングからペット保険を徹底比較-サムネイル画像

近年加入者も増えつつあるペット保険ですが、どの保険会社のペット保険が人気・おすすめなのでしょうか。また安い、口コミ・評判が高いペット保険もランキング形式で知りたいですよね。そこでこの記事では様々なペット保険のランキングについて詳しく解説します。

内容をまとめると

  • ペット保険は、大事なペットの入院・手術・通院といった治療費を補償してくれる保険であり、突然高額な治療費が必要になった時のためにも加入しておくと安心
  • ペット保険は様々な保険会社が様々なプランを販売しているので、ランキングや口コミ・評判を参考にしっかり比較・検討することが大切
  • ペット保険を検討している方は、LINEで無料のチャット相談がおすすめ

ペット保険に関するランキングを特集!ペット保険を徹底比較

近年加入率や市場規模が成長し続けているペット保険(動物保険)ですが、どの保険に加入すべきか悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。


鳥類や爬虫類、小動物が加入できるペット保険は種類も少ないですが、犬や猫が加入できるペット保険は種類が多く、なかなか決めるのが難しいと思います。


そこで今回「MOFFME」では、ペット保険への加入を考えている方向けにランキング形式で、

  • 犬や猫、鳥、爬虫類のペット保険のランキング
  • 人気、口コミ・評判が良いペット保険のランキング
  • 大手保険会社によるペット保険のシェア率のランキング

を詳しく解説していきます。


ペット保険への加入を考えている方にとって必ず役に立つ情報をたくさん紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。


またMOFFMEでは、2021年版ペット保険おすすめランキングも紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

犬や猫、鳥、爬虫類、小動物のペット保険のランキング特集!

ペット保険は、様々な保険会社が様々な種類のプランを出していることもあってどの保険に加入すれば良いか悩みますよね


そこでこの項では、

  • 犬の保険の人気・口コミランキング
  • 猫の保険の人気・口コミランキング
  • 鳥の保険の人気・口コミランキング
  • 爬虫類の保険の人気・口コミランキング
  • 小動物の保険の人気・口コミランキング

についてそれぞれ解説していきます。


ペット保険への加入を考えている方はぜひご覧ください。

ランキング①:犬の保険の人気・口コミランキング

家族の一員である大事な愛犬の健康を守るために、ペット保険への加入を検討される方も多いでしょう。


しかし犬の場合、加入できるペット保険の種類が多いこともあってどの保険へ加入すべきか悩みますよね。


特に犬の場合、犬種によってかかりやすい病気や怪我から寿命まで大きく異なってきますので、ご自身の愛犬がかかりやすい病気がちゃんと補償されるのかも考えてペット保険を選ぶ必要があるでしょう。


そんな時に参考になるのがペット保険の人気ランキングや口コミ・評判だと思います。実際の加入者の声や保険料、補償内容ごとにまとめてくれているランキングは保険選びにおいて非常に役立ちますよね。


下記の記事では犬の保険の人気・口コミランキングについて紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング②:猫の保険の人気・口コミランキング

愛猫の健康を守り、家族の一員としていつまでも健やかに過ごしてもらうためにも猫のペット保険には是非とも加入しておきたいですよね。


しかし猫のペット保険も犬のペット保険と同様に様々な保険会社が様々なプランの保険を売り出していることもあって、加入する保険を決めかねることでしょう。


猫の場合は品種ごとにかかりやすい病気や寿命は大きく異なりませんが、それゆえに保険料や補償内容、口コミ・評判がペット保険を選ぶ際に重要になるかと思います。


種類が多く比較しづらい猫のペット保険ですが、人気・口コミ順のランキング形式でまとまっていると非常に分かりやすいですよね。


下記の記事で猫の保険の人気・口コミランキングについて紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング③:鳥の保険の人気・口コミランキング

鳥類向けのペット保険があることをご存知でしたか?インコや文鳥、オウム等は寿命も長いこともあり、その分病気にかかる可能性も高いでしょう。


鳥向けのペット保険を出している保険会社は少ないですが、加入年齢や継続可能年齢が制限されている保険もあり、よく吟味して加入する保険を選ぶ必要があります。


下記の記事で鳥類のペット保険について紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング④:爬虫類の保険の人気・口コミランキング

爬虫類向けのペット保険もあることをご存知でしたか?代表的な爬虫類のペットとしては亀が挙げられますが、保険の種類によってはイグアナや蛇、トカゲも加入することができます。


特に亀は非常に寿命が長いこともあり、完治しない病気にかかってしまった場合等は何十年とその病気と付き合っていかねばならないこともあるでしょう。


一回一回の治療費は安くとも、長期的に見ると相当な額にのぼることも考えられますので、ペット保険で備えておくことをおすすめします。


下記の記事では爬虫類のペット保険について紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング⑤:小動物の保険の人気・口コミランキング

うさぎやハムスター、フェレット、モルモット、チンチラ、モモンガ、ハリネズミといった小動物が加入できるペット保険も存在します。


上記のような小動物は、治療してくれる動物病院が比較的少ないこともあって治療費が高額になりがちです。大切なペットの健康を安心して守るためにも、ペット保険に加入しておく方が良いでしょう。


ただし小動物は加入できるペット保険も同様に少なく、加入年齢や補償内容、保険料等をよく比較して加入することが大切です。


ハムスターの保険うさぎの保険フェレットの保険モルモットの保険チンチラの保険モモンガの保険ハリネズミの保険、それぞれについて解説しておりますのでぜひご覧ください。

ペット保険の人気・口コミランキングをそれぞれ紹介!

ここまで様々な種類のペットの保険について解説してきましたが、では人気のペット保険はどこなのかも気になりますよね。


またペット保険の口コミ・評判も加入する際には参考にしたいですよね。


そこでこの項では、

  • 人気のペット保険のランキング
  • 口コミ・評判の良いペット保険のランキング

について解説します。

ランキング①:ペット保険の人気ランキング

人気のあるペット保険はどの保険会社の保険なのでしょうか。ペット保険への加入を考えている方はきっと気になることだと思います。


補償内容や保険料を比較してみても決めかねている、なんて場合はできるだけ人気のあるペット保険を選びたいものですよね。


下記の記事で人気のあるペット保険のランキングについて紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング②:ペット保険の口コミ・評判ランキング

口コミ・評判が良いペット保険はどの保険なのでしょうか。ペット保険への加入を考えている方にとっては、ランキングや補償内容・保険料の比較と同じくらい参考にしたいことだと思います。


下記の記事で口コミ・評判の良いペット保険のランキングについて紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。


また各保険会社のペット保険の口コミ・評判につきましては、MOFFMEのペット保険のページでも詳しく紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ペットの種類によっておすすめのペット保険は変わる?


これまで、ペット保険の様々なランキングを紹介してきました。


犬や猫、小動物といったペットの種類によってもペット保険の選び方は変わってきますが同じ犬でも犬種や大きさ、年齢によって選び方が変わってきます。


ここでは

  • トイプードル・ミニチュアダックスフンドなどの小型犬におすすめの保険は?
  • ゴールデンレトリバー・柴犬など中・大型犬におすすめの保険は?
  • 補足:保険会社によるペット保険のシェア率・売り上げのランキングも紹介!

について詳しく解説します。

トイプードル・ミニチュアダックスフンドなどの小型犬におすすめの保険は?

小型犬に使いやすい、便利なペット保険を探す時に大切なのは、

  • 小型犬がかかりやすい病気も補償
  • 先天性の病気にも対応
  • 高齢でも入りやすい
  • 続けやすい保険料か
といったことに注目してみると良いでしょう。

小型犬が気を付けたい病気や先天性疾患には以下のようなものがあります。

病名犬種
膝蓋骨脱臼(パテラ)トイプードル/チワワ/ポメラニアン/ミニチュアダックスフンド/パピヨンなど
椎間板ヘルニアミニチュアダックスフンド/パグ/ビーグル/チワワなど
僧帽弁閉鎖不全症トイプードル/シーズー/マルチーズ/キャバリアなど
レッグ・ペルテス病ウェスティ/ヨークシャーテリア/パピヨン/ペキニーズなど
他にもてんかんや水頭症などさまざまな病気があります。

こういったかかりやすい病気にも対応してくれると、万が一の時もホッとすることができるでしょう。

また、小型犬の平均寿命は大型犬よりも4歳近く長いと言われています。

そのため、高齢でも入りやすいペット保険を見つけておくと、年を取ってからでも加入しやすくなりますよ。

小型犬のペット保険をおすすめ・人気ランキング5選から徹底比較!では、より詳しくおすすめの保険を紹介しています。

小型犬のペット保険選びに悩んでいる方は、こちらも一緒に読んでみてくださいね。

ゴールデンレトリバー・柴犬など中・大型犬におすすめの保険は?

中型・大型犬にピッタリのペット保険は、

  • かかりやすい病気、先天性の病気にも対応しているか
  • 手術に関する補償が手厚いか
  • 回数制限がなく、年間で支払額が決められている
  • 保険料が抑えられている、または手頃
といった特徴のあるものですね。

中型・大型犬がかかりやすい病気、先天性の病気の一例は以下の通りです。

病名犬種
股関節形成不全ゴールデン/ラブラドール/セント・バーナード/シェパード/ボーダー・コリーなど
椎間板ヘルニアコーギー/ドーベルマン/ロットワイラー/シェパードなど
胃拡張・胃捻転症候群
ボルゾイ/ボーダー・コリー/コッカースパニエルなど
小型犬と同じように中型・大型犬にもかかりやすい病気や先天性の病気があるので、補償対象になっているかきちんと確認しましょう。

また、犬のサイズは大きくなればなるほど治療費が高くなります。

少しでも負担を抑えたりしっかり対応してほしいのであれば、高額になりがちな手術に対する補償が充実している保険を選んでみてください。

他にも、限度額内であれば回数制限なく使えるタイプなら、思った以上に費用がかかった時も安心できるのでおすすめです。

中型犬を飼っているのであれば、中型犬のペット保険をおすすめ・人気ランキングから徹底比較!も一緒に読んでみると選び方のコツが分かるでしょう。

大型犬を飼っているのでしたら、大型犬のペット保険をおすすめ・人気ランキングから徹底比較!をぜひ読んでみてくださいね。

補足:保険会社によるペット保険のシェア率・売り上げのランキングも紹介!

ここまで様々なペット保険のランキングについて紹介してきましたが、ではペット保険の大手保険会社の契約数やシェア率はどれくらいなのでしょうか。


またペット保険市場が近年成長を続けていると先ほど申し上げましたが、売上や市場規模がどれくらいなのかも気になりますよね。


成長を続けているペット保険業界ですが、今後も安定して成長を続けられるのでしょうか


シェア率が高いということはそれだけペットの飼い主から支持されているということですし、また成長を続けている保険会社の保険の方が安心して加入できる保険だと考えられますよね。


下記の記事でペット保険のシェア率や売上のランキング、市場規模の推移や今後の成長について解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

絶対に選んではいけないペット保険のワーストランキングもご紹介!

入っておくと病気やケガに対する治療費の負担を抑えられるペット保険ですが、どの保険を選んでも便利で使いやすいというわけではありません。


中には選ばない方が良い、加入をおすすめしないペット保険もあります。


例えば、

  1. 過去の病気を理由に更新を断ったり、条件付きにする
  2. かかりやすい病気が対象外になっている
  3. 高齢になっても保険料が上がり続ける
といったような保険です。

特に、かかりやすい病気が対象外になっていたり、かかった病気を理由に断られたりするのは使い勝手が非常に悪いので注意しましょう。

補償対象外にすることで更新可能になったとしても、治療中だと保険が使えなくなるため飼い主の負担が大きくなってしまいます。

また、保険料は高齢になれば一律になるタイプと、一定額上がり続けるタイプなどがあります。

犬のサイズによってはかなり大きな負担となるため、将来の保険料のことも考慮しながら選ぶようにしましょう。

もっと詳しく知りたい方は、ペット保険の選び方ワーストランキングを発表!入ってはいけない最悪の保険とは?もぜひ参考にしてみてください。

ペット保険各社の特徴をご紹介!

各ペット保険にはどんな特徴があるのかをここで簡単に見ていきましょう。

ペット保険特徴
FPC保険料の上昇回数は、小型犬なら2回、中型・大型犬なら3回しか上がらず、終身まで続けられる。
歯科治療やパテラ、椎間板ヘルニアなどかかりやすい病気も対応。
入院は入院から退院までを1入院とし、日数制限がない。
SBIいきいき少短保険の支払回数や1日の上限がなく、免責金額の有り無しを選べる。
手頃な保険料で継続しやすく、11歳11ヶ月まで加入可能。
ネットから申し込めば保険料がずっと10%OFFになる。
楽天ペット保険病気と診断されなかった時の診療、検査費も補償。
膝蓋骨脱臼やガンなどの対象外になりやすい病気にも対応。
慢性疾患など、治療が長引く場合もきちんとサポート。
保険料の1%分の楽天ポイントが貯まる。
アクサダイレクト示談交渉付きの賠償責任特約が付けられる。
1日の支払回数・金額に上限がなく、免責金額もない。
保険金利用の有無によって保険料の割引増しがある。
auペット保険通院あり・なしのタイプを選べる。
アプリから簡単に保険金の請求ができる。
ペット施設や近くの病院などを検索できるアプリが利用できる。
SBIプリズム少短どのプランを選んでも補償割合は100%で、年齢による保険料の上昇はなし。
多頭割引があり、2~3頭なら5%、4頭以上なら8%割り引かれる。
シニア専用の更新プランがある。
アイペット損保犬は12歳から保険料が一律になり、上がらない。
免責事項の追加や病気を理由に継続拒否されない。
対応病院であれば窓口精算ができる。
アニコム損保フルカバータイプ、手術・入院特化、高齢向けの保険がある。
窓口精算やスマホアプリのLINEから手軽に請求できる。
腸内フローラ測定や迷子捜索などのサービスも充実。

各会社の特徴的な部分を挙げましたが、詳しく見ていくとこの他にも便利だったり少し使いづらそうな点が各会社にあります。


気になる保険会社を見つけたら、細かい補償内容などをぜひ確かめに行ってみてくださいね。

念のためにペット保険に加入しておくのがおすすめ!

近年加入者が増えていっているペット保険ですが、それでも現在の加入率はペットを飼っている方のおよそ10%程度にしかなりません。


ペットの治療費は全額自己負担となりますので、突然の病気による手術等で数十万円といった高額な費用がいきなり請求されてしまうことも珍しくありません。しかし大切なペットには最適な治療を余裕を持って受けさせてあげたいですよね。


もしもの時、治療費の負担を少しでも軽減し飼い主やペットが治療に専念できるように、前もってペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは「どんな保険に加入すれば良いか分からない」・「入りたい保険がいくつかあるけど、どれが一番良いのか悩む」といった方のために、LINEでペット保険の無料相談を行っております。


ペット保険への加入を検討されている方はぜひ利用してみてください!

ペット保険は子犬のうちから加入しておこう!

子犬や若いうちは病気になりにくいから無理にペット保険に入る必要はない、と思う人もいるのではないでしょうか。


確かに高齢犬の方が病気のリスクは高いですが、だからといって子犬が病気にかからないわけではありません。


場合によっては子犬の時から重い病気に注意しないといけない犬種もいます。


病気だけではなく、元気に動き回る子ならケガをする可能性も考えられます。


また、ペット保険の中には待機期間などですぐには保険が使えないこともあるため、注意が必要です。


「若いから大丈夫!」と油断していると、いざという時に「もっと早く入っておけば良かった…」と後悔することになるかもしれません。


万が一の時に「入っていて良かった」と思えるように、子犬のうちに加入しておくようにしましょう。

まとめ:ペット保険ランキングとは?おすすめのペット保険を紹介

ここまで、ペット保険に関する様々なランキングについて紹介してきました。ペット保険への加入を考えている方の参考になりましたでしょうか。


今回この記事では、

  • 犬や猫、鳥、爬虫類、小動物のペット保険のランキング
  • 人気、口コミ・評判が良いペット保険のランキング
  • 大手保険会社によるペット保険のシェア率のランキング

について詳しく解説しました。


突然高額な治療費を請求された場合にも、余裕を持って大切なペットに最適な治療を受けさせてあげるためにはペット保険に加入しておくのが一番安心です。


ペット保険に加入する際には、この記事を参考にしてご自身のペットに一番合った保険を選んであげてください。


MOFFMEではあなたのペットの保険料を簡単に見積もることができますので、ペット保険を検討している方は是非一度簡単見積もりしてみて下さい。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング