ペット保険の口コミランキングを紹介!ペット保険の賢い選び方とは?

ペット保険の口コミランキングを紹介!ペット保険の賢い選び方とは?-サムネイル画像

ペット保険への加入を考えている方は口コミランキング等を参考にして選びたいですよね。評判の良い人気なペット保険はどの保険なのでしょうか。また選び方について気をつける点はあるでしょうか。この記事ではペット保険の口コミランキングや賢い選び方について解説します。

ペット保険の口コミランキングは?選び方や必要性も解説!

ペット保険の選び方について、頭を抱える人は多いのではないでしょうか。

いざ保険に加入しようと意気込んで探すとたくさんの会社が存在し、「どれを選んでいいのか分からない」「どの保険も同じに見える」なんて考えてしまったり。

正しく理解しないままペット保険に加入してしまい、万が一の時に保険金が下りなくてトラブルになるのは避けたいですよね。

今回「ほけんROOM」ではペット保険の選び方について
  • ペット保険について
  • ペット保険の賢い選び方
  • ペット保険の口コミランキング
  • ペット保険の口コミや評判を比較する
以上を中心に解説していきます。

この記事を読めば、数多くあるペット保険の中からどのポイントをチェックして探すのが良いか分かるようになるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

そもそもペット保険とは?必要性やメリット・デメリットも解説!


ペット保険の会社は世の中にたくさんあり、犬や猫はもちろんのこと、ハムスターやフェレットの小動物やヘビやトカゲなどの爬虫類などさまざまなペットに対する保険が存在します。

補償内容でも治療費だけでなく、慰謝料葬儀に必要な費用なども対象となります。

ここでは
  • ペット保険とはどういうものなのか
  • ペット保険に加入するメリット・デメリット
についてお話させていただきます。

ペットに対する治療やお薬代は高額なので、万が一の時のために加入しておくと安心ですね。

そもそもペット保険とは?加入率や加入の必要性も解説!

ペットには健康保険制度がないので、病院などでの治療やお薬代は基本的に全額自己負担となります。


例えば、ペットが骨折してしまった場合、手術、入院、通院が必要となりますが、その際にかかる費用は約20万円といわれています。


決して安い金額ではないですね。


ペット保険に加入していれば、数万円の自己負担で同じ治療を受けることができます。


ペット保険ではどうぶつ病院に受診した際に発生する診療費用お薬費用などをはじめ、手術費用入院費用など受診による飼い主への負担を補償で軽減してくれます。


また、他人に噛みついてしまったり、危害を加えてしまった時の慰謝料や、交通事故により車椅子生活を余儀なくされた際の車椅子作成費用など広い範囲でペットに関係する費用をカバーしてくれます。


しかしながら、日本のペット保険の加入率は10%以下と他国と比べてもかなり低いです。


毎月一定額の保険料を支払うだけでたくさんの補償を受けることができるので、万が一のためにも保険に加入する必要性は充分にあるでしょう。

ペット保険のメリット・デメリットとは?

  • メリット

高額な治療費を抑えることができる。

やはりこれが一番のメリットです。

高額になりがちなペットの治療を安い金額で受けることができます。

入院や手術などペットに充実した治療を行うことができる。

ペットの病気の際に受診を躊躇してしまうケースがあります。

一時金負担のみで治療費をまかなえるので、気兼ねなく治療を受けさせることができますね。
賠償にも対応している。

他のペットや人に噛みついたり引っかいたりしてしまう等、なんらかの賠償責任が生じた際にも保険では補償してくれるケースもあります。

  • デメリット

保険料がかかる。

ペット保険は基本的に払ったら戻ってこない”掛け捨て”の保険なので、たとえ健康のまま寿命を迎えたとしても、払い込んだ保険料は戻ってきません。

補償されないケースもある。

例えば、ペットの避妊手術去勢手術など”治療”とみなされない手術は基本的に保障の対象外となります。

人の保険と同様、加入時のペットの健康状態によっては加入を断られる可能性もあります。

ペット保険の賢い選び方とは?補償内容や保険料等に注目!

ペット保険を比較するときに押さえておきたいポイントや注意点などを事前に知っておくことで自分のペットに合わせたペット保険を選ぶことができるでしょう。


ペットによってなりやすい病気や怪我は異なります。


通院だけで完治するのか、入院や手術が必要なのかを知っておくことはとても大事です。


ここでは

  • ペット保険によって保障内容や保険料は異なる
  • ペット保険独自の特典や窓口清算の有無を確認しよう
  • 告知事項は必ずチェックするべき

以上についてお話していきます。

①:補償内容や保険料の違いに注意!

補償の内容を大きくわけると以下の2つになります。


また、保証される割合によっても保険料は大きく変わってきます。


トータルでカバーするプラン

治療における通院、入院、手術など幅広くサポートしてくれるタイプです。

手厚い補償を希望される方はこちらが良いでしょう。

全体的に保障を受けられますが、その分保険料は高くなります。

気になる部分を補償するプラン

通院のみのタイプや入院、手術のみなど、限定的に保障を受けられるタイプです。

費用を安く抑えつつ、保証したい部分を手厚くすることができます。

②:窓口精算や特約の有無にも注意!

窓口清算とは、病院での清算が一時負担金の支払いだけでよくなる清算方法です。


後日保険金を請求したりする手間がなくなる他、手持ちが少ない時でも治療を受けられるのでぜひ確認したいポイントです。


特約とは基本的な補償(治療における通院や入院)のほかに受けられる補償です。


自分で補償を選んだり、保険に最初から組み込まれているタイプもあります。


あくまでも基本補償にプラスされる補償なので、特約だけ加入することはできません。

③:高齢や持病のあるペットは告知事項にも注意!

保険に加入する際にはペットの年齢健康状態などを保険会社に申告する必要があります。


高齢の場合や持病がある場合には、保険への加入を断られるケースもあるので、注意が必要です。


保険会社から確認される事項として

  • ペットの年齢
  • ワクチンの接種状況
  • 既往歴(これまでにかかったことがある病気)
  • ペット保険の加入状況

などがあります。


事前に申告した内容と異なる場合”告知義務違反”となってしまい、保証を受けられなくなる可能性があるため注意が必要です。

ペット保険の口コミランキングとは?様々な口コミを紹介!

ペット保険を選ぶうえで、すでに加入されている人の体験談を参考にするのも重要なポイントです。   


その保険プランがなぜ人気なのかも口コミを見ると分かるのでぜひ活用してください。


ここでは実際に書かれている口コミの内容をいくつか紹介したいと思います。

  • 加入してから5年ほどになりますが、動物病院に通院することになったのでペット保険に加入していてよかったと思いました。
  • もしものときに備えた結果、ケガでの入院のときに助かりました。
  • これまでに何度か通院したことを考えると、飼い始めてすぐにペット保険に入っておいて正解だったなと思います。
  • 保険加入可能な年齢制限を契約検討時初めて知りました、今回ギリギリ10歳でした。もう少し早く知る事ができれば良いなと思いました。

ほけんROOMでは加入者の口コミ・評判を保険ごとに沢山紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

ペット保険に加入している人や過去に加入していたことがある人の評判や口コミはすごく参考になるので、保険を選ぶ時に必ず見ておいたほうが良いでしょう。


ひとつの保険会社だけを見るのではなく、多くの保険会社を比較検討しながら自分の納得のいくペット保険に加入してください。


保障される内容や月々の保険料、特約や付帯サービスなど、保険会社によって大きく異なります。


補償内容を確認したり、加入条件や保険料、免責事項などいろいろな項目をチェックしなければならないことがたくさんあって時間も労力もかかってしまいがちです。


ほけんROOMではペット保険の一括比較サービスや口コミ・評判を紹介しているので、ペット保険を選ぶ際にはぜひ活用してください。

まとめ:ペット保険の口コミランキングとは?

補償内容、保険のメリット・デメリットなど、あなたがペット保険を選ぶうえで抑えるべきおすすめポイントについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • ペット保険は高額な治療費の負担を減らしてくれる
  • ペットがなりやすい病気や怪我をカバーしてくれる補償内容を選ぶ
  • 高齢ペットや持病に加入する際には告知事項を確認する
  • 口コミ・評判を見ながら比較検討する
でした。

愛するペットがいつ病気や怪我になるかは誰にもわかりません。

家族同然だからこそ、手厚い治療を受けてもらいたいと思うのは当然だと思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事をたくさん掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング