猫の保険のランキングは?おすすめの保険やペット保険の選び方も解説

猫の保険のランキングは?おすすめの保険やペット保険の選び方も解説-サムネイル画像

近年ペット保険が普及しつつありますが、猫の保険はどこがおすすめか気になりますよね。人気ランキングや口コミ・評判を参考に選びたい方も多いでしょう。そこでこの記事では、猫の保険ランキングやペット保険の選び方、保険料が安い・高齢でも入れる保険について解説します。

猫の保険ランキングとは?保険料が安い、高齢でも入れる保険とは


記事モデル:ローズ


猫を飼っている皆さんにとって、猫は大切な「家族」ですよね。


猫は生き物ですので、病気をしたり怪我をすることもあります。しかし、猫は人間と違って保険がありません。つまり、治療はすべて実費ということになります。


治療が長引いたり、手術を受ける場合はかなり高額な費用がかかります。命には代えられませんが、一度に費用を捻出するのは大変です。


そんな飼い主様の助けとなるのが、動物保険です。今回「MOFFME」では、ペット保険について

  • ペット保険の概要
  • 猫のペット保険の必要性とは
  • 猫のペット保険の選び方とランキング
これらのお話を中心に、お伝えしたいと思います。

保険料の比較や高齢の猫でも入れる保険があるのか、保険のランキングなどについて解説していきます。

MOFFMEでは猫の保険に限らず、ペット保険の様々なランキングについても紹介しておりますので、そちらも是非ご覧下さい。

そもそもペット保険(動物保険)とは?どんな保険なのか


ところで、ペット保険(動物保険)とはいったいどういう保険なのでしょうか?


ここでは、

  • ペット保険の内容と加入率について
  • ペット保険の補償内容やプランについて
  • 猫がペット保険に加入するメリットは何か
  • 猫がペット保険に加入するデメリットはどんなものがあるか
以上について、それぞれ詳しく解説していきます。

ペット保険(動物保険)を扱っている保険会社はたくさんありますし、保険料やプランもそれぞれ違います。

ペット保険を検討されている方やランキングを知りたい方は、是非最後までご覧くださいね。

そもそもペット保険とは?加入率はどれくらいなのか

ペット保険(動物保険)とは、保険加入後に起きた、病気・ケガに備える為の保険で、ペット保険に加入しておけば、万が一のケガや病気の時に補償が受けられ、飼い主の負担の軽減をしてくれる保険です。


なお、加入前からの病気・ケガや予防や健康診断は原則対象にはなりません。これは人間の生命保険などと同様です。


ペット保険の保険料ですが、犬を飼っている場合と、猫を飼っている場合でも違いますし、年齢によっても変わってきます。


また、ペットを飼っている方の中でペット保険に加入している方の割合ですが、犬の場合で18.5%、猫の場合はわずか10%の加入率です。


加入率の低さの原因は、

  • 内容が不明
  • 保険料が高い
  • どれにすればいいかわからない
などの理由が挙げられます。

ペット保険の補償内容は?保険会社やプランごとに違うのか

ペット保険と一言でいっても、その補償内容はさまざまです。ペット保険を扱っている会社は日本にたくさんありますが、保険会社ごとに保険料やプランが違います。


ペット保険は、最初にご説明した通り一般的には通院、入院、手術など「治療」に必要なお金が支給されるものであり、予防には適用されません。予防接種や避妊去勢手術にかかる費用は対象外です。


また各保険会社や商品によって加入できるペットの年齢や補償される金額、補償割合など異なります。


一般的には通院入院手術の全てが補償されることが多いですが、保険料を安く抑えたい方のために通院が補償されない商品などもあります。


たくさんある商品の中から最適なペット保険を見つけるのは手間もかかるし難しいという方は、ぜひ人気ランキングを見て検討してみてはいかがでしょうか。

猫の保険に加入するメリットとは?

最初に述べた通り、ペットには医療保険制度がありません。また、動物病院は自由診療であるため、病院側から提示された治療費を支払わなければなりません。

まったく病気やけがをしないのであれば良いのですが、生き物である以上そうはいきませんよね。また、意外と猫は病気をしやすいとも言われているので、飼ってみると思っていた以上に医療費がかかることを実感するでしょう。

猫の保険に加入するメリットは、ずばり、毎月掛け金を支払っていれば、もしもの時に高額な治療費が補填してもらえるということです。

その他にもメリットはありますが、保険によってメリットが違いますので、ペット保険人気ランキングをチェックしてみてください。

猫の保険に加入するデメリットとは?

一方、猫の保険に加入するデメリットについて、どんなことがあるのかも考えてみましょう。


保険にすればメリットだらけに思えますが、実は考えねばならないリスクもあります。

例えば

  • 保険料が高いわりに、掛け捨てである
  • 使用できない内容の病気や怪我もある
  • 保険金は支給されるが制限がある場合が多い
というようなことでしょうか。

ペット保険は万が一の時にはとても役に立ちますが、猫が病気にかからず怪我もしないまま生涯を終えると、保険料だけまったく無駄になってしまいます。掛け捨てですので、保険を使用しなかったからといって返金されるわけでもありません。ペット保険はあくまでも「万一に備える」ものなのです。

猫の保険の必要性とは?どうしてペット保険が必要なのか


猫が保険に加入する際のメリットとデメリットをお伝えしましたが、これを踏まえたうえでやはり、ペット保険に加入しておいた方が良いといえる、その必要性はどのようなものなのでしょうか。


ここでは、猫の保険の必要性として

  1. 猫がかかりやすい病気について
  2. 長命になったことによるリスクについて
  3. 保険に加入していない場合の治療費について
を中心に、詳しく解説していきましょう。

猫を飼っていて、保険への加入を検討している飼い主様は是非参考にしてください。

必要性①:猫にはかかりやすい病気が沢山ある

猫は、犬に比べて病気にかかりやすい傾向があります。さらに、長期にわたって投薬をしたり、定期的に注射をしなければならないなど、治療が長期戦になることが多いです。


また、動物は話すことができませんので、調子が悪い、どこかいつもと違うといった場合、病院に連れて行っても原因がわからないことが多いのです。


そのため、今、猫の身体の中でどのようなことが起こっていて、どんな治療を必要としているのかを確認するには検査しか方法がありません。


この検査にかかる費用も、場合によっては驚くほど高額になることもあります。特に動いてはいけないMRIなどは麻酔をかけて行いますが、この検査だけでかなり高額な費用が掛かる場合があります。

必要性②:平均寿命が伸びたことで病気のリスクも増大

近年の医学の進歩は目ざましく、獣医学においても同様に進歩を遂げています。これにより、猫も以前よりももっと長生きできるようになってきましたし、治療不可能だと言われていた病気も治すことができるようになってきました。


猫が長命になるのは喜ばしいことではありますが、長生きできるということは、その分病気になる可能性も高くなります。


生きている限り、治る可能性があるのなら飼い主としては1日でも長く生きてほしいですし、できる治療はすべて行いたいもの。


ですが、現実問題として治療には多額の費用がかかることは否めません。こんなとき、やはりペット保険の必要性や、何かあったときに「加入しておけばよかった」と後悔することになります。

必要性③:治療費は手術等で高額になるが、基本的に全額自己負担

動物病院の診療費は、基本的には全額自己負担となります。

ですので、猫が病気になったり怪我をした際には、その検査にかかる費用や治療費は全て自己負担です。


最近では、猫にも人間と同様の検査や治療を行うようになってきましたので、その分費用も高額です。検査費用だけで何万円もかかることも珍しくありません。


ですが、治療費を支払うことができないからといって、目の前で苦しんでいる「家族」を見放すことはできません。


ペット保険に加入していれば、自己負担額が大幅に減るので、その分できる治療の選択肢が広がると言っていいでしょう。また、飼い主がペット保険に加入しているのがわかれば、獣医師側も安心して治療の提案ができるということもあります。

猫の保険の選び方と注意点は?人気の保険のランキングも紹介!


では、実際に猫の保険の選び方や注意点、人気ランキングについてお伝えしていきましょう。


猫が加入できるペット保険といっても、本当にさまざまな保険があり飼い主様もどれがいいのか迷ってしまいますよね。


いくつも違う保険に入るわけにもいかないですし、ペット保険のにはお試し期間もありませんので、こちらをお読みいただいたうえで、長くお付き合いできる保険会社を選んでみてください。


また、ランキングをご紹介しているページもご案内していますので参考にしてください。

猫の保険の選び方は?補償内容や保険料、窓口精算に着目しよう

まず基本的な選び方のポイントとしては

  • 補償内容
  • 保険料(掛け金)
  • 保険金が支給されるタイミング
  • ペット保険人気ランキング上位から見てみる
以上に着目して選んでみましょう。

内容をあまり見ないで、掛け金が安いというだけで加入してしまうと、補償内容が思っていたものと違っていたり、治療で保険金が必要になったけど保険金の支払い対象ではなかったということが起こり得ます。

また、保険を選ぶうえで確認しておきたいのが、保険金の支給のタイミングです。まずは治療費を自分で負担しておいて、あとから治療にかかった分が支払われるのか、会計の際に保険証を見せれば自己負担なく保険会社が直接病院に治療費を支払ってくれるのか、どちらが都合がいいのかでも選ぶ保険が変わって来ます。

猫の保険を選ぶ際の注意点とは?加入・更新年齢や告知事項に注意

次に、猫の保険を選ぶ際に注意すべき点をいくつかお伝えします。

  • 年齢によって保険料が違う場合がある
  • 更新年齢(加入できる年齢)かどうかを調べる
  • 先天性の疾患など告知事項の内容を確認
これらのことを、加入前にチェックしておきましょう。

一般的に、ペットは年を取るにつれて病気や怪我をしやすくなりますので、通常は年齢とともに保険料が上がっていきます。

また、生まれつき持っている病気(先天性の疾患)の治療には、保険は適用されない場合もあるため、告知事項はきちんと確認しておきましょう。

なお、保険会社によってはある一定の年齢以上の猫は保険に加入できないという条件を設けているところもありますので、注意が必要です。

猫の保険のランキングは?加入年齢や保険料、補償内容ごとに紹介


さて、猫の保険といっても、具体的にはどのような保険があるのでしょうか?猫が入れる保険はたくさんありますが、愛猫にぴったりな保険となると選ぶのが難しいですよね。


詳しい猫の保険のランキングにつきましては以下のページをご覧頂きたいのですが、ここでは猫のペット保険の保険料や補償内容の一例について解説致します。

保険名保険料
(月額掛け金)
補償割合補償内容
ペット保険A1,950円〜
2,930円
70%通院/入院/手術
12,500円/125,000円/100,000円
ペット保険B
910円~
3,290円
70%通院・入院・手術
最大補償額まで全て無制限
ペット保険C2,180円〜70%通院/入院/手術
12,000円/30,000円/15万円

このように、補償種類はおおむね同じでも、保険料がかなり違いますよね。この違いは補償内容です。例えば、掛け金は安いけど手術の際には全額補償はできないなど条件がありますし、加入できる年齢も保険会社によって変わります。


もう少し具体的な内容を知りたい、ペット保険のランキングを全部見たいという方は、詳しい記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。


猫が加入できるペット保険とは?必要性や選び方、補償内容を解説!

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

猫の保険に加入する際のポイントとして、いくつか選び方や注意点をご紹介してきましたが、自分ではなかなか決められない部分もあるのではないでしょうか?迷う場合はやはり口コミや評判を参考にするのが一番いい方法だと思います。


実際に、加入して保険を利用した方の意見や、体験談ほど参考になるものはありませんし、皆さんの中にも、ペットの動物病院を決める際には、ご近所の評判を聞いたり、ネットで口コミを検索してかかりつけの病院を決めるという方もおられるでしょう。


MOFFMEでは、ペット保険のランキング、一括比較や口コミ・評判を紹介していますので、そちらも是非参考にしてみてください。


ご愛猫にぴったりの保険がきっと見つかりますよ!

まとめ:猫の保険のランキングとは?ペット保険の選び方も紹介!


今回は、猫の保険ランキングや、ペット保険の選び方についても紹介しましたがいかがでしたか?


今回の記事のポイントは

  • 保険料が安く、高齢でも入れる保険はあるが条件が異なる
  • ペット保険は、ペットの万一に備えてくれるものであり、治療費が高額になった際などの助けになる
  • 猫は病気をしやすい、長生きするようになった、治療は基本自己負担である、以上のことから猫の保険の加入は必要である
  • 猫の保険を選ぶ際には、人気ランキング、保険料、支給のタイミング、更新年齢、補償内容に着目して選ぶ
  • ペット保険に加入する際には、加入者の口コミや評判を比較して検討するのがおすすめである
でした。

MOFFMEでは他にも、ペット保険に関するお役立ち記事が掲載されていますので、チェックしてみてくださいね。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング