犬の保険のランキングは?おすすめの保険やペット保険の選び方も解説

犬の保険のランキングは?おすすめの保険やペット保険の選び方も解説-サムネイル画像

近年ペット保険が普及しつつありますが、犬の保険はどこがおすすめか気になりますよね。人気ランキングや口コミ・評判を参考に選びたい方も多いでしょう。そこでこの記事では、犬の保険ランキングやペット保険の選び方、保険料が安い・高齢でも入れる保険について解説します。

犬の保険ランキングとは?保険料が安い、高齢でも入れる保険とは

ペットショップからペットを受け入れた際、ペット保険を勧めらたことはありませんか?ブリーダーやショップ店員が勧めるのは、ペットに万が一のことがあった時に精神的にも金銭的にも安心できるからです。


動物保険にはいろいろな種類があり、どれが良いのか迷っているという方は多いのではないでしょうか。


加入する際、補償の手厚さだけでなく保険料も気になりますよね。また、口コミや評判なども気になると思います。


そこで、今回「MOFFME」では、「犬の保険」について

  • ペット保険とは
  • 必要な理由
  • 人気ランキング
以上のことを中心に説明していきます。

この記事を読んで頂ければ、犬の保険に関する基礎知識から、人気ランキングまで知ることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

MOFFMEでは犬の保険に限らず、ペット保険の様々なランキングについても紹介しておりますので、そちらも是非ご覧下さい。

そもそもペット保険(動物保険)とは?どんな保険なのか

まずは、ペット保険の基礎知識を説明していきます。


ここでは、

  • ペット保険の加入率
  • ペット保険の補償内容
  • ペット保険に加入するメリット・デメリット
以上3点を中心に説明していきます。


ペット保険にまだ加入していない方やこれからペットを飼う予定がある方ははぜひ参考にしてください。

そもそもペット保険とは?加入率はどれくらいなのか

ペット保険とは、ペットがケガや病気になった時に発生した治療費を一部負担してくれるのがペット保険です。 


もちろん、私たちの健康保険と同様に保険料を支払います。ペット保険に加入していない状態で受診すると、治療費は全額支払わなければなりません


ちょっとしたケガや病気でも入院や手術があった場合、高額な場合は100万円を超えることもあります。そんな時ペット保険に加入していれば、治療費の負担を軽くすることができるのです。


最近はペット保険の知名度も高くなっており、徐々に増えてはいるものの、ペット保険の加入率は10%に満たない結果となっています。


また加入方法も、オンラインで簡単に申し込めるものもあるので加入しやすくなっています。


いつケガや病気になるかわからないので、大切なペットに万が一のことがあった時のためにもペット保険に加入しておくと安心ですね。

ペット保険の補償内容は?保険会社やプランごとに違うのか

補償内容は、提供している会社の種類やプランによって異なるのが特徴です。


プランは、「80%」や「50%」のようにカバーできる幅が表されます。


もちろん、カバーの幅が広くなるほど、納めなければならない料金が増えます。


使用する種類やプランにもよりますが、通常では通院料金、手術料金、入院料金などをカバーしてくれます。


また、利用していると通常後払いにて戻ってくる仕組みです。


なかには支払うときに、その場でプラン料金を引いてくれる会社もあるので、自分にあう会社を探しましょう。

犬の保険に加入するメリットとは?

使用するメリットは何と言っても「100%負担でなくなる」ことです。


治療費は保険を使用しないと、1回の手術でおおよそ20~100万円発生する場合があります。


もちろん、実施内容によっては20万円以下のときや、100万円以上のときもあります。


料金を考えずに最適な手当てを受けさせたいという方は、使用したほうがいいでしょう。


さらに、体調が少しでもおかしいと思ったとき、迅速に受診することができます。


というのも、体調がおかしいと感じても料金が心配になり、受診を戸惑うことがあるのです。


もちろん、通常では検査料金も全額飼い主持ちになります。


体調不良の様子から原因を探るために、さまざまな検査を行い、検査料金だけで高額になることもあるのです。


愛犬の体調不良時に迅速に受診できるのも、利用するメリットだと言えるでしょう。

犬の保険に加入するデメリットとは?

使用した最大のデメリットは、「病院を受診しなければ、納めた料金が無駄になる」ことでしょう。


保険を使用するとプランにより、毎月料金を支払う場合と、一括で料金を支払う場合があります。


保険料は、受診した、受診していないに関わらず発生するのです。


そのため、愛犬が病気や怪我、体調不良などにならないときは、納めている料金が無駄になってしまいます。


さらに、全ての病気を補償してくれるわけではないこともデメリットでしょう。


利用する保険にもよりますが、一般的に対象外として有名なのは、避妊・去勢です。


避妊や去勢も入院や通院、内服などを行いますが、全て対象外になります。


このように病気や手術内容によっては、対象外になることもデメリットでしょう。

犬の保険の必要性とは?どうしてペット保険が必要なのか

メリット・デメリットがあるなか、どうしてペット保険を使用した方がいいのでしょうか。


必要性がよく分からないという方のために、

  • 発症しやすい病気について
  • 寿命について
  • 治療費は高い

以上のことを中心に解説していきます。


これから利用するか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

必要性①:犬種ごとにかかりやすい病気が沢山ある

愛犬の発症しやすい病気をご存知ですか?


遺伝的に発症しやすい病気もあれば、生活していくうえで発症しやすい病気もあります。


そのため、受診する機会も増えるのです。


犬全般でよくある、下痢や誤飲などに一見問題にならないような症状でも受診するのがいいでしょう。


というのも、ただの下痢だと思った場合でも、犬にとっては命に関わる可能性があるからです。


自己判断せずに、資格を持つ獣医師の正しい判断を仰ぐためにも、受診する必要があります。


そこで、高額な料金が発生するからと受診を躊躇していると、後悔することになるかもしれません。


そのような事態に備えるためにも、ペット保険の使用が必要なのです。

必要性②:平均寿命が伸びたことで病気のリスクも増大

犬の平均寿命は、約10年間で0.7歳分の寿命が伸びることが分かっています。


犬の0.7歳を人間の年齢に換算すると、4~5歳分です。


近年のペットブームに伴い、ドッグフードや医療技術も進化しています。


そのため、多少の病気であれば延命することができるようになり、寿命も伸びてきたのです。


大切な愛犬と少しでも長い間一緒にいれることは幸せなことでしょう。


しかし、高齢になればなるほど病気の危険性も高まります。


その結果、受診する機会も増えてしまうのです。


受診する機会が増えるということは、出費も増えるということです。


そのため、ペット保険の必要性も増加しました。

必要性③:治療費は手術等で高額になるが、基本的に全額自己負担

犬を大きく分けると、小型犬・中型犬・大型犬に分けることができます。


3種類の平均年間治療費は以下の通りです。

平均年間治療費
小型犬90,000円
中型犬90,000円
大型犬100,000円

上記の表の平均年間治療費は、あくまで全体の平均値です。


しかし、犬種によって治療費が高くなりやすい子がいることを知っておきましょう。


高額な犬種1位:フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグは、骨に関わる病気を発症しやすいのが特徴です。

そのため、手術になることが多く、料金も高額になりやすいのです。

骨に関わる手術は、手術方法にもよりますが、1回でおおよそ15~35万円必要になることを知っておきましょう。

高額な犬種2位:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、心臓に関わる病気を発症する危険性が高いことが分かっています。

心疾患は、発症すると薬を内服します。

内服薬だけでも約2万円が発生するのです

さらに手術を行うとなると、100万円必要になることもあります。

犬の保険の選び方と注意点は?人気の保険のランキングも紹介!

愛犬のために保険を使用したほうがいいと思っているけど、どれがいいのか悩んでいるという方のために、ここでは以下のようなことを解説します。

  • 保険の選び方
  • 選び際の注意点
  • おすすめランキング
保険の使用を考慮しているけど、自分と愛犬にあったものがないという方は、ぜひ参考にしてください。

また、最後には人気ランキングの説明もしているので、どの会社がいいか悩んでいる方にも参考になると思います。

犬の保険の選び方は?補償内容や保険料、窓口精算に着目しよう

犬の保険はいろいろなものがあり、選び方が大切になります。


というのも、利用する保険によって補償や料金などに違いがでるからです。


  • 愛犬の発症しやすい病気が対象内か
  • 料金を払い続けられるか
  • 窓口精算に対応しているのか
この3つに注意して選択しましょう。

せっかく保険を使用しても、病気になったときに利用できなければ意味がありません。

そのため、発症しやすい病気がカバー対象外になっていないか確認しましょう。

利用料金は、年齢や病気の有無などにより変わってきます。

また、企業によっても変動があるので、一括で納金できるか、または毎月納金できるかを検討して選択するようにしましょう。

いろいろな保険がありますが、なかには窓口精算ができる保険もあります。

しかし、窓口精算に対応していても、病院によって利用できない場合があるので、かかりつけの場所で受診時に精算ができるか確認しておきましょう。

犬の保険を選ぶ際の注意点とは?加入・更新年齢や告知事項に注意

選ぶ際には、以下のような注意点に気を付けましょう。

  • 利用開始に制限があるか
  • 更新はいつまで可能か
  • 告知事項
  • 限度日数
加入・更新時に年齢制限があることがほとんどです。

というのも、シニア犬に近づくほど病気の危険が高まるからです。

告知事項とは、利用開始時に飼い主が保険会社に愛犬に関わる情報を提供することです。

今までに発症した病気(既往歴)や年齢、種類、体重など愛犬に関わるいろいろな情報を告知する必要があります。

告知事項で嘘をついてしまうと、補償が正しく受けられなくなるので注意しましょう。

限度日数は、利用する種類やプランによって違いがあります。

愛犬の状況にあわせて種類やプランを選択するようにしましょう。

犬の保険のランキングは?加入年齢や保険料、補償内容ごとに紹介

犬の保険は飼い主や愛犬の状態によって、おすすめなものが変わってきます。


そこで、まずは保険を状況で分けて紹介します。


低価格で利用したいという方におすすめなのが、こちらです。

  • ペット保険のFPC 
  • SBIいきいき小短のペット保険 
  • いぬとねこの保険

これらは通院や入院、手術などをカバーしてくれます。


 以下は、一生涯利用したいという方におすすめです。

  • アイペット損害保険うちの子
  • ペット&ファミリー

 一度申し込めば、一生使用することができます。


しかし、加入年齢等に制限があるので注意してください。


窓口精算を利用したい方におすすめなのが、以下のものです。

  • ペット保険ふぁみりぃ
  • ペット&ファミリー
全国に提携している場所があるため、窓口精算ができますよ。

犬の保険おすすめランキング

ここからは、おすすめランキングを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

さまざまな保険があるなか、MOFFMEでは以下のものをとくにおすすめしています。
  • ペット保険のFPC
  • SBIいきいき小短のペット保険
  • アイペット損害保険うちのこ
  • ペット&ファミリー
  • いぬとねこの保険
低価格で利用できるものから、終身利用、窓口精算ができるものまで揃っているので、状況にあったものを選んでみてください。

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

ペット保険は料金や、補償内容を考慮して使用するのがいいでしょう。


しかし、口コミや評判などを考慮して決めるのも一つの手です。


おすすめの方法は、基本的な部分はもちろん、口コミや評判も考慮して決める方法になります。


というのも、補償内容などの基本条件は似たような保険会社が多数存在するからです。


似たようなもので、使用する保険を決める際に有効なのが、口コミや評判なのです。


そこでMOFFMEでは、ペット保険の一括比較サービスに加えて、口コミ・評価も紹介しています。


そのため、使用するか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

まとめ:犬の保険のランキングとは?ペット保険の選び方も紹介!

ペット保険に関する基礎知識から、おすすめランキングまで説明してきましたが、いかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 現在のペット保険加入率は約10%
  • 医療費負担が少なくなるのがメリット
  • 病気にならなければ使用する機会がないのがデメリット
  • 犬のペット保険の人気ランキング
でした。

ペット保険を使用しないと、1回の手術で100万円以上必要になる場合があります。

もしものときに備えて使用を考慮しておくのがおすすめです。

どの保険を使用するか悩んでいるいる方は、人気ランキングを参考にしてください。

また、MOFFMEではさまざまな犬種の生涯平均治療費や、平均寿命など犬種についての解説もしているので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング