犬の視力はどれくらい?色の識別能力や視力低下の際の対処法も解説!

犬の視力はどれくらい?色の識別能力や視力低下の際の対処法も解説!-サムネイル画像

犬の視力はどれくらいなのかご存知ですか?犬の視力は人間と比べて悪いというのは本当なのでしょうか。また暗闇での見え方や色の識別も気になりますよね。この記事では犬の視力について、人間と比較して良い・悪いのかや暗闇での見え方、色の識別、視野の広さを解説します。

犬の視力はどれくらい?動体視力や色の識別も人間とどう違うのか

犬は嗅覚の鋭い動物ですが、視力はどれ位良いのか?疑問に思った飼い主さんも多いことでしょう。もともと犬が人間に飼われる前のはるか昔、獲物を狩って生活していました。


そのため動体視力は良いです。しかし、犬も視力が低下すれば、いろいろと行動に支障が出てきます。


飼い主さんは愛犬の視力を把握し、眼病の早期発見・早期治療に心がけたいものですよね。


そこで今回「ほけんROOM」では、「犬の視力・動体視力や色の識別能力、気を付けるべき眼病」について

  • 犬の視力はどれ位なのか?
  • 色の識別はできているのか?
  • 視力が良い犬種とは?
  • 犬の眼病の確認方法とそのケア
以上を中心に解説していきます。

この記事を読めば、愛犬へ視力を確認する方法、犬の視力が低下した場合の対処法も良くおわかりになるはずです。是非、最後までご覧ください。

ほけんROOMでは犬の保険についても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

犬の視力は具体的にどれくらい?視力測定の方法も解説!

飼い主さんがフリスビーを投げ愛犬が口にくわえてナイス・キャッチ。そんな風にして愛犬と野外で遊ぶとき、運動神経はもちろん、その愛犬の動体視力にも感心するはずです。


はたして犬の視力はどの位なのか?気になる飼い主さんも多いはずです。


こちらでは、

  • 犬の視力はどれ位あるのか?
  • 犬が近視の理由
  • 犬の視力検査方法
について解説します。

犬の視力はどれくらい?人間と比較して良い・悪いのか

どんなに健康な子犬・成犬であっても、犬の目はピントを合わせる能力が弱いと言われています。人間でたとえれば「近視」というわけです。


犬の視力は人間の視力でいうところの0.3未満です。そのため、2~3m先の物体はハッキリと見えていないようです。


また、犬は遠視気味ともいわれており、70㎝以内と近すぎる物体もぼやけて見えてしまいます。そのため、愛犬とはアイコンタクトが通じ難いものだと考え、声をかけて指示した方が無難です。

なぜ犬は近視なのか?どうして目が悪いのか解説!

人間の水晶体の厚さは4mm程度です。一方、犬の水晶体は8mm程度と、人間より2倍ほど分厚い仕組みになっています。


物体にピントを合わせる場合、水晶体の厚さを調節しなければいけません。この水晶体が厚いなら、余計ピントを合わせるには苦労することでしょう。


それに加え、犬はピントを合わせる時に使う目の筋肉も人間より弱いです。そのため、犬の眼はどうしても近視のような状態となるのです。

犬の視力はどうやって測る?視力の検査方法を解説!

愛犬は、自分の見え方を言葉で伝えることができません。物体が正常に見えているかどうかをチェックするには、動物病院での診査が欠かせません。


動物病院では眼圧を測るための眼圧計、角膜からレンズまでを診るスリットランプ、眼底を診るための眼底鏡、網膜が光を捉えているかを診断する網膜電位図、眼の構造を把握するエコー等、様々な医療機器で判断します。


もちろん、愛犬の眼の精密な検査ができる動物病院は限られてきます。専門性の高い眼の検査・手術のできる動物病院はホームページ等で、その内容を明示しています。愛犬の眼の検査をしたい際は参考にしてみましょう。

犬は色の識別はできるのか?犬の色の見え方を解説!

犬が色を識別する能力は人間に比べてかなり低いと言えます。そもそも色を識別する細胞は網膜にある「錐状体」という部分が影響します。


人間と比較して犬の錐状体はかなり少なく、人間の1/6~1/10しか無いと言われています。


人間の場合なら赤・青・緑の3種類の色を識別できます。他にも人間は様々な色を認識可能です。一方、犬は基本的に青・緑しか認識できません。赤を見分ける細胞はほぼありません。


人間の場合に赤色として見えているものが、犬の場合はグレーに見えていることとなります。犬によって認識できない色がある点を、飼い主さんは覚えておきましょう。


最近の研究では犬は青・緑の他、黄色・紫色等もどうやら認識できるという事がわかってきました。

犬の視力で、人間と比較して優れているところとは?

犬は近視でかつ遠視の傾向もあり、色を識別する能力は人間に比べてかなり低いわけですが、犬の「視る」能力は人間よりも優れている部分が少なからずあります。


こちらでは

  • 犬の動体視力は非常に優れている
  • 犬の視野はかなり広い
  • 暗い場所でも良く見える
について解説します。

犬は動体視力に優れている!

前述したように犬は遠くの物体へピントを合わせるのが苦手です。しかし、動く物体を追う動体視力は人間よりもはるかに上です。


犬は800m以上離れた動く標的も見分けられると言われており、牧羊犬・ハウンド犬ならば1.5㎞先の人間の動きも見える場合があるそうです。


大昔に犬が狩りをしていた際、獲物または天敵の早期発見をする場合には、確かに遠くまで良く見えた方が有利です。犬は進化の過程で優れた動体視力を身につけたのです。

犬の視野は人間よりも広い!

犬の視野角度も人間より断然優れています。人間は約180度見渡せますが、犬は250度と広いです。


鋭い嗅覚と、その優れた視野角度で広範囲を見渡せるため、動く存在をすぐに察知することができ、獲物を狩ったり逃走したりする行動がとりやすくなります。


この視野の広さも、厳しい生存競争に勝ち抜くためには、やはり必要不可欠の能力だったのです。

犬は暗い場所では人間よりも優れた視力を発揮する!

犬はもともと猫と同様に夜行性の生き物でした。そのため犬は「夜目」がきき、人間より暗い場所での行動はとりやすいです。


犬の網膜の裏側に、人間には無い反射板があって、わずかな光を集めて増幅させることが可能です。


愛犬の写真を撮った際、愛犬の目が光って写っているのは、網膜の裏にある反射板が原因なのです。


夜目がきくことで天敵に襲われた際も、速やかに逃げられるよう進化の過程で会得した能力と言えます。

犬の視力は犬種によって違う?視力が良い犬種とは


犬は動体視力に優れていますが、視力が特に良い犬種は次の通りです。

  • グレイハウンド:ウサギ等の小動物を狩るため作出された狩猟犬種。俊足でスタイルが良いため、ヨーロッパでは貴族のみが飼育・所持を許された特別な犬。
  • サルーキ:狩猟犬の一犬種で、飼育犬の中で最も古い犬種と言われている。容姿の美しさ、スピード、忍耐力において広く賞賛されている。
いずれも、「サイト(視覚)ハウンド」と呼ばれ、大平原で獲物を追っていたので、動体視力の良さには定評があります。前述した1.5㎞先の人間の動きも見えるのは、これらの犬種と言われています。

犬の視力が低下した際どうする?犬の視力は回復するのか

犬が人間から飼われるようになると、獲物を探す手間も天敵から襲われるリスクも無くなりました。犬の視力が衰えたからといって、生命や身体に重大な影響を与える事態にはなり難いです。


とはいえ、犬の視力低下が激しく失明ともなれば、やはり深刻な事態と言えます。飼い主さんが早めに愛犬の眼の異常へ気付き、早期の治療が必要です。


こちらでは、

  • 愛犬の視力低下の原因とは?
  • 自宅でできる愛犬の視力低下の確認方法
  • 犬の視力が低下した場合の対処法
について解説します。

犬の視力低下の原因は?高齢やストレス、白内障等が考えられる

愛犬も当然、年を取っていきます。シニア犬ともなれば動体視力も若い時ほど機能せず、次第に衰えていきます。中には、ストレスで視力が低下するケースもあります。


愛犬の視力が低下する主な原因としては、「白内障」があげられます。愛犬の目の中に白い濁りを見つける頃には、かなり進行している場合もあります。


また、糖尿病に伴う網膜症、緑内障等で視力の低下している症例があるので、速やかに動物病院で検査することが必要です。

犬の視力低下を確認するには?視力が低下した際の症状とは

愛犬の視力の検査方法は家庭でも気軽にできます。とはいえ、視力が0.03か?0.04か?というように正確な数値は割り出せません。次の2つの方法を実践してみましょう。

室内の家具の配置を変えてみる

愛犬は部屋がいつも通りなら、多少視力は低下しても上手く歩くことができます。そのため、ちゃんと愛犬が見えているか確認するならば、次のように工夫して観察します。
  • 室内の家具の配置を変える
  • 通路に障害物を置く
いつもとは違う室内の状況で、上手く避けて歩くことができるか観察しましょう。

明るい室内や薄暗い室内で行ってみたり、どちらか片目を隠したりしながら検査ができれば、失明の程度、どちらの眼の視力低下が起きているのかわかるはずです。

眼の反応をみる

まず片目を見えないようにして、脱脂綿の一片を、もう片方の目の視野の中で上から落とします。ちゃんと見えているなら犬はその動きを目で追うはずです。

ただし、重さのある物で試しても音がしたり、風圧で気づいたりするので、視力検査には不向きです。

犬の視力が低下したらどうする?犬は視力低下に適応できるのか

愛犬の視力が低下したら、飼い主さんは次のような対応をとりましょう。


安全に配慮し寄り添う

シニア犬となり視力が自然に低下していったのなら、飼い主さんも愛犬に合わせて、いろいろと工夫することが大切です。


例えば室内の段差や障害物を減らしたり、家具の配置換えを控えたりして、愛犬がぶつかってケガをしないよう心がけます。


以前と変わらず愛犬の健康維持に努めるため、安全な散歩コースを選ぶ等、犬の生活環境を整えます。


動物病院で治療をする

愛犬の視力低下の原因が白内障であった場合は、次の2つの治療法があります。
  • 内科治療:点眼や内服薬等を使用。主に白内障の進行を遅らせることが目的。ただし、一度失われた視力を取り戻すことは不可能。
  • 外科治療:眼科の専門医で外科手術を行う。愛犬の眼底等の機能が正常である場合は手術可能。人工の眼内レンズを目に入れて治療する。
こちらでは、白内障手術の費用について事例をあげてみてみましょう。
  • 犬種:ボストン・テリア(3歳)
  • 手術:1回
  • 入院:6日

項目金額
診察500円
検査20,200円
全身麻酔10,000円
白内障手術260,000円
処置5,800円
注射3,500円
入院18,960円(6日分)
処方2,500円
合計321,460円
愛犬は再び目が見えるようになるものの、30万円を超える医療費が必要となります。愛犬のためとはいえ重い負担だと考えたら、何らかの備えを検討する必要があります。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

前述したように犬の視力は手術で回復できる可能性があります。ただし、かかる医療費は飼い主さんの全額自己負担となってしまいます。この様な事態に備え、ペット保険に加入しておくのが良い方法です。


ペット保険は、かかった医療費を補償割合(例:5割補償・7割補償・10割補償)に応じて賄うことができます。補償割合が大きくなれば、その分保険料は高くなります。


ほけんROOMでは、一括比較サービスやペット保険に関する記事を取り扱っているので、是非参考にしてみましょう。

まとめ:犬の視力はどれくらい?

犬の視力・動体視力や色の識別能力、気を付けるべき眼病について解説してきましたが、いかがでしたか。


今回は

  • どんなに健康な子犬・成犬であっても、人間でたとえれば「近視」の状態である
  • 犬が色を識別する能力は人間に比べてかなり低い
  • ただし、犬は動体視力に優れ、視野も人間より広い
  • 犬も老衰や白内障等で視力が低下する
  • 犬の視力が低下したら、飼い主さんは安全に配慮し寄り添うことが大切
でした。

犬の視力が低下しても、愛犬の眼底等の機能が正常であるなら、白内障等の手術は可能です。

とはいえ、愛犬の眼の異常を飼い主さんが早めに気付けたなら、早期治療も可能で、大掛かりな手術は不要となるでしょう。飼い主さんの日ごろのチェックが何よりも大切です。

ほけんROOMでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング