猫の鼻詰まりとは?原因や考えられる病気、対処法・治療法を解説!

猫の鼻詰まりとは?原因や考えられる病気、対処法・治療法を解説!-サムネイル画像

猫の鼻詰まりをご存知ですか?猫も鼻詰まりをすることがありますが、原因は何なのか気になりますよね。嘔吐や呼吸が荒い等の症状を伴う際は病気が原因のこともあるので注意が必要です。この記事では猫の鼻詰まりのついて、原因や考えられる病気、対処法と治療法を解説します。

猫の鼻詰まりとは?原因や対処法・治療法を解説!

我々人間が風邪をひき始めた時の症状に、鼻詰まりの症状があると思いますが、息がしづらく非常に不快な症状ですよね。


猫を飼っていらっしゃる方は経験があるかもしれませんが、猫も鼻詰まりを起こすことがあり、彼らにとっても鼻詰まりはとても不快な症状なのです。


その原因は色々考えられるのですが、別の病気が原因となっている場合もあるため、飼い主さんにとっては、単に鼻詰まりと軽視せず、しっかり対応することが大切です。


そこで今回「ほけんROOM」では、

  • 猫の鼻詰まりの症状
  • 猫の鼻詰まりの原因となる病気
  • 猫の鼻詰まりの治療法や対処法

について、それぞれ解説していきます。


大切なペットの猫のためにも、是非最後までお読みいただき、猫の健康管理に役立ててくださいね。


ほけんROOMでは猫の保険についても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

猫の鼻詰まりとは?他にはどんな症状がみられるのか

最初に猫の鼻詰まりの症状について見ていきましょう。我々人間と同じように、ただ鼻が詰まったような感じがするだけなのか、それとも、他にも何か症状があるのでしょうか?


以下で、

  • 猫の鼻詰まりのサインや兆候
  • 猫の鼻詰まりの他の症状

について、ご説明していきます。


猫の鼻詰まりの症状に関する基本的な情報となりますので、まずは、しっかり確認してみてくださいね。

猫の鼻詰まりとは?どんなサイン・兆候がみられるのか

猫の鼻詰まりが始まる際には、何か兆候のような症状があるのでしょうか。


鼻詰まりの症状のサイン・兆候としては、鼻が詰まっているのを気にして、前足でしきりに鼻のあたりをさわったりこすったりなどの仕草をすることが多いようです。


また、頭を揺すったりする仕草も見られます。


猫にとっても鼻が詰まると息がしづらくなるため、それを不快に感じて、顔や鼻のまわり、頭などを気にする仕草が多くなるのでしょう。

猫の鼻詰まりの他の症状とは?くしゃみや鼻水、咳、涙にも注意!

猫の鼻詰まりの際には、他にも関連した症状が見られます。


よく見られるのは、くしゃみや鼻水などがあり、他には鼻血などがあるようです。


また、鼻が詰まっているために息がしづらく、息をするたびに空気が出入りするような音がしたり、また、涙目になって目やにが出ることもあります。


そして、症状がひどくなるとさらに息がしづらくなるため、匂いがわからなくなって食欲が落ちてくることもあります。


こうしてみると、猫にとっても人間の鼻詰まりと同じような症状があることがわかりますね。

猫の鼻詰まりの原因として考えられる病気とは?

次に、猫の鼻詰まりの原因についてご説明していきます。


考えられる主な原因としては、

  • 風邪やアレルギー性鼻炎
  • 鼻腔狭窄
  • 重度の歯槽膿漏
  • 鼻の中の腫瘍や異物

 などが考えられます。


単に鼻詰まりといっても、それを引き起こす原因が別の病気の場合もあれば、異物がある場合など色々な原因があるようです。


以下で、それぞれ詳しくご説明していきますので、最後までお読みくださいね。

原因①:猫風邪やアレルギーによる鼻炎

猫の鼻詰まりの原因として最も一般的なのは、猫風邪と呼ばれる風邪の症状と、アレルギー反応による鼻炎、いわゆるアレルギー性鼻炎があります。


猫風邪は、猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスによって引き起こされ、鼻詰まりの症状だけでなく、口や喉の他に、角膜炎や結膜炎など目にも症状が出る感染症です。唾液などのごく少量の分泌物から感染してしまいます。


また、アレルギー性鼻炎に関しては、アレルギーの原因は様々ですが、ハウスダストや花粉などのアレルギー物質を吸ってしまうことで、鼻炎を引き起こしてしまいます。


その結果、鼻詰まりや鼻水、くしゃみ、目の炎症などが発症してしまうことになるのです。

原因②:鼻腔狭窄

鼻腔とは鼻の孔から喉までの空気の通り道のことで、鼻腔狭窄(びくうきょうさく)とは、この空気の通り道である鼻腔が狭くなっている状態をいいます。


鼻腔が狭くなる原因として、鼻の軟骨の変形や、ポリープなどができてしまうこと、炎症を起こして腫れてしまうなどが考えられます。


鼻腔狭窄を起こすことで、鼻詰まりだけでなく、鼻水やくしゃみ、鼻血、呼吸する際の音などの症状も現れます。

原因③:重度の歯槽膿漏

一見関係のなさそうな歯槽膿漏や歯周病も、鼻詰まりの原因の病気になる場合があります。歯や歯茎の病気にもかかわらず、なぜ、鼻詰まりに関係しているのでしょうか。


歯槽膿漏や歯周病などが原因で歯の根元で炎症を起こし、それが鼻炎となり、鼻詰まりを起こしてしまうからだそうです。


さらに怖いのは、これらがひどくなると、口と鼻を分ける骨が溶けてしまい、口と鼻がつながってしまうこともあるそうです。


症状としては鼻詰まりの他に、くしゃみ、鼻水、鼻血などの症状を引き起こします。

原因④:鼻腔内の腫瘍や異物

鼻腔の中に腫瘍ができてしまった場合も鼻詰まりを起こしてしまいます。上でご紹介した鼻腔狭窄のように、腫瘍ができてしまうことで、空気の通り道が狭くなってしまうからですね。


また腫瘍だけでなく、なんらかの原因で鼻の中に異物がある場合も同様です。


鼻の中に異物が入る原因としては、植物の匂いをかいだ際などに、種などを吸い込んでしまうことなどが考えられます。

猫の鼻詰まりの対処法・治療法とは?

猫の鼻詰まりの原因には、色々な病気や異物を吸い込むなど様々な原因があることがわかりましたが、いざ飼っている猫に鼻詰まりの症状が現れた時には、どのように対処すればよいのでしょうか。


猫の鼻詰まりの対処法・治療法として、以下で、

  • 飼い主さんの対処方法
  • 動物病院での投薬や手術

などについて、ご紹介していきます。


鼻詰まりの症状が出たら、飼い主さんの出来る応急処置などもご紹介しますので、確認してみてくださいね。

猫の鼻詰まりの対処法・対策は?動物病院に連れて行こう

まず、飼い主さんのできることとしては、ぬるま湯で湿らせたガーゼなどで猫の鼻の表面をふいてあげるとよいでしょう。


鼻をやさしく刺激することで、くしゃみをした時に鼻水が出ることがあります。その鼻水がさらっとした水っぽいような鼻水であれば、2-3日程度様子を見てもよいかもしれません。


ただ、鼻水の症状だけでなく、

  • 呼吸するたびに音がする、特に苦しそうな呼吸をしている
  • 食欲がなくぐったりしている

などの状態の場合は、すぐに動物病院に連れていくようにしてください。


鼻詰まりの原因には、上でご紹介したように様々な病気が隠れている場合があるため、動物病院できちんと診断・治療してもらうことが大切です。

猫の鼻詰まりの治し方は?内服薬の投与や手術が行われる!

動物病院での治療方法には、主に内服薬を投与する場合と外科的処置を行う場合があります。


これは、鼻詰まりの原因によって治療方法が異なるのですが、アレルギー性や感染症の場合は、抗生物質や炎症を抑える薬を投与します。


一方、鼻腔の中の腫瘍が原因の場合は、腫瘍の種類によって、手術、放射線治療、抗がん剤などで対応します。


また、異物が鼻腔の中にある場合にも、手術でその異物を取り除く処置を行います。


さらに、歯槽膿漏や歯周病が原因の場合には、それらの治療、歯を抜くなど口の中の治療を行います。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

猫の鼻詰まりに関する情報をご紹介してきましたが、根本的な治療は動物病院でしっかり治療してもらうことですね。


その治療法には、鼻詰まりの原因によって薬の投与と外科的な手術があることがわかりましたが、これらの治療費は全て飼い主さんの実費負担となることをご存知ですか。


人間の場合は、公的医療保険制度があるため、たとえば個人の負担は3割などとなっていますが、犬や猫の場合は、全額個人の負担となってしまうのです。そしてその治療費は、内容にもよりますが、特に手術等を行った場合、数十万円にもおよぶ場合もあります。


大切なペットの猫の健康には代えられませんが、一方で数十万円もの出費は飼い主さんにとっても経済的な負担がかなり大きいのではないでしょうか。


このようなときのために、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。


大切なペットの健康を守るだけでなく、飼い主さんの家計のためにも、ペット保険に加入しておくと安心です。


ほけんROOMは、ペット保険の一括比較サービスやペット保険に関する記事を数多くそろえていますので、まだ、猫のペット保険に加入していらっしゃらない方は、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ:猫の鼻詰まりがひどい際は解消のためにも動物病院へ!

猫の鼻詰まりに関して、症状や原因、治療方法などをご理解いただいたと思いますが、最後に主なポイントをまとめておきましょう。

  • 猫の鼻詰まりの症状は、くしゃみや鼻水、鼻血、涙目や目やに、呼吸のたびに音がする
  • 原因は、風邪やアレルギー性鼻炎鼻腔狭窄歯槽膿漏や歯周病、鼻の中の腫瘍や異物
  • 飼い主さんの対処方法は、ぬるま湯で湿らせたガーゼなどで猫の鼻の表面をふく
  • 症状が改善しない、呼吸が苦しそうな場合は、すぐに病院に連れていく
  • 病院での治療法は、風邪やアレルギー性鼻炎が原因の場合は、抗生物質、抗炎症剤などを投与、腫瘍や異物が原因の場合は、手術などの外科的処置

いかがでしょうか。


大切な猫がいつまでも健康でいてくれることが第一ですが、鼻詰まりなどの症状が見られたら軽視せずになるべく早く病院に連れていくことをおすすめします。


また、ペット保険の加入についても、この機会に是非検討なさってみてはいかがでしょうか。


最後までお読みいただきありがとうございました。


ほけんROOMでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング