犬も花粉症になるの?花粉症の原因や症状、治療法、予防法を解説!

犬も花粉症になるの?花粉症の原因や症状、治療法、予防法を解説!-サムネイル画像

犬も花粉症になるかご存知ですか?犬も人間と同じように花粉症にかかります。もし愛犬が花粉症になった際、原因や症状、治療法が気になりますよね。この記事では犬の花粉症について、原因から症状、治療法、予防法について詳しく解説します。

犬も花粉症になる?鼻詰まりやくしゃみ等の症状、治療法を解説!

「花粉症は、犬にはないの?」と疑問に思ったことがある飼い主さんもいるのではないでしょうか。実は犬でも花粉症になるのです。


毎年同じ季節に、頻繁にくしゃみをしたり、体を痒がるといった症状が出るのであれば、花粉症である可能性があります。その場合、動物病院で診てもらうのがいいでしょう。


今回「ほけんROOM」では

  • 犬の花粉症の原因や症状、病院での検査方法
  • 犬の花粉症の治療や予防方法
  • 犬の花粉症になりやすい種類や年齢、性別
について解説していきます。

愛犬がもし花粉症と診断されたら、どのような対策をしたらよいのか予防策も詳しくレクチャーします。

ほけんROOMでは犬の保険についても紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

犬の花粉症とは?特徴や原因、症状、検査方法を詳しく解説!

ヒトの場合、くしゃみや目の痒み、鼻水や鼻詰まりといった症状が一般的ですが、犬の花粉症はどのような特徴があるのでしょうか。


ここでは

  • 花粉症の検査方法
  • 花粉症の原因
  • 花粉症の症状
  • アレルギーの交差性
について詳しく解説していきます。

ヒトでも同様ですが、花粉症とは特定の花粉にアレルギー反応を起こす病気です。しかし犬の花粉症は、鼻水などよりも皮膚の痒みといった症状が大半といわれています。

そもそも犬も花粉症になる?花粉症の検査方法も解説!

花粉症になる犬は、アトピー性皮膚炎を罹患していることがほとんどといわれています。


皮膚が乾燥しやすくバリア機能が弱い状態のことで治癒は難しい皮膚病です。症状を見ながらうまくコントロールして一生付き合っていく病気になります。


皮膚を守る機能が弱いために、様々なアレルギーの原因となるアレルゲンによって、アレルギー反応を起こします。その中の一つとして花粉も挙げられるわけです。


そこで花粉症かどうかを調べるには、採血によるアレルギー検査で調べることができます。検査には病院によって幅がありますが最低でも20,000円以上検査のためにかかります。


愛犬の症状や症状が出る状況などを記録しておき、花粉症の疑いが濃厚であれば獣医師に相談してみましょう。場合によっては検査項目を絞って検査ができることもあります。

犬の花粉症の原因とは?どんな花粉に反応するのか

花粉症と一言でいっても様々な種類があります。


犬の場合、スギ花粉よりも散歩の時に道端などにある、いわゆる雑草の花粉に反応して、症状が出てしまうことが多いようです。


  • 【主に原因となる花粉】ブタクサ、オオバコ、イネ科植物


花粉症の症状が出ていなくても、これらの植物の生えている空き地などの脇を歩くことは控えるといいでしょう。

犬の花粉症の症状とは?鼻炎や咳、涙、嘔吐等の症状を解説!

犬の花粉症の症状として一番出やすい部位は皮膚といわれています。他の部位ならば結膜炎や外耳炎、鼻炎などを発症することもあります。


このほか目やに、涙、鼻水がいつもよりも多かったり、耳の中が臭うこともあります。アレルギー反応が激しい場合は、咳や嘔吐といったこともまれにあります。


犬の花粉症による主な症状は以下の通りです。

部位症状
顔、足先、耳、目や口の周り発疹、赤くなり痒みがある
目やに、涙が出る
鼻水が出る
臭いがする、耳の中が赤い

前項でも触れましたが、アトピー性皮膚炎であることがほとんどです。鼻水や目やにが出たり外耳炎になっていて、しきりに痒がるのであれば、花粉症である可能性が高くなります。

補足:アレルギーの交差性にも注意!食べ物に反応することも

花粉に対してできるIgE抗体が他の種類のタンパク質にも反応して、花粉に触れた時と同じようにアレルギー症状が出てしまうことを「アレルギーの交差性」といいます。 


そのため花粉症であることが判明したら、食べ物にも注意が必要になってきます。


愛犬にあげたつもりはなくても、飼い主が落としたものを誤飲することも考慮し、食物アレルギーと同様に細心の注意を払うのが得策でしょう。


犬の場合はまだ解明が進んでいませんが、アレルギーの交差性はタンパク質の分子構造が似通っているために引き起こされるといわれています。


主なアレルギーの交差性は表の通りです。

アレルゲン交差性のあるもの
たんぽぽレタスetc.
よもぎにんじん、スイカ、キウイ、りんごetc.
ブタクサバナナ、きゅうり、トマトetc.
セイヨウオオバコメロンetc.

犬の花粉症の治療法・予防法は?飼い主ができる対策を解説!

愛犬が花粉症と診断されたら、治療のために定期的に通院することは覚悟しなければなりません。


また飼い主としてどのようなことに注意をしたら、少しでも愛犬が快適な生活を送ることができるようになるのでしょうか。


ここでは

  • 犬の花粉症の治療法
  • 犬の花粉症の予防法
を詳しくお教えします。

犬の花粉症の治療法は?目薬の投与等の治療法を解説!

犬の花粉症は根本的な治療は難しい病気です。そのため症状を緩和させる対症療法が主流となります。またアレルギー反応和らげるサプリメントを処方されることもあります。


  • 内服薬…ステロイドや抗生剤の飲み薬など
  • 外用薬…痒がっている部位に塗るステロイド系の塗り薬、目薬など
  • サプリメント…腸内環境を整えるものや皮膚の炎症を和らげるものなど

アトピー性皮膚炎により花粉症を併発していることが多いため、犬によっては特定の薬にアレルギーを持っていることもないとはいえません。

万が一、服用後に様子がおかしかったり症状が緩和されていないようであれば、その状況を記録しておき、獣医さんに相談してみることをおすすめします。

またステロイドは服用が長期にわたると副作用がある強い薬なので、獣医師とよく相談してください。

犬の花粉症の予防法・対策は?花粉症の時期はこんなことに注意!

愛犬が花粉症と診断されたら次の6つのポイントに注意しましょう。


  • 花粉の多い日や時間帯の散歩は避ける
アレルゲンの花粉が特に飛ぶ季節を把握しておきましょう。また花粉が飛散するのは日の当たる午前中が多いため、早朝や午後、夜の時間帯に散歩するのも有効です。

天候では雨の降った翌日や乾燥している日、強風の時なども散歩は避けた方がいいでしょう。

  • 散歩の時は服を着用
被毛や皮膚に直接花粉が付着するのを防ぎます。室内に持ち込まないよう服の着脱は玄関先で行いましょう。

  • 草むらに近づかない
アレルゲンである雑草の生えている近くには近寄らないようにしましょう。

  • 散歩から帰宅したら玄関先で体を拭く
服を脱ぐ前に床掃除用のドライシートで愛犬の体全体を拭いてください。ドライシートは、花粉を飛散させずに体を拭くことができます。

ブラッシングも有効ですがアトピー性皮膚炎の場合、ブラッシングも刺激になるためドライシートで拭く方がいいでしょう。

  • こまめなシャンプーを心がける
皮膚に優しい低刺激のシャンプーで週に1回程度シャンプーしましょう。洗いすぎもよくありませんから、回数については獣医師に相談してください。

  • 室内に花粉を入れないようにする
愛犬だけでなく、飼い主さんの服にも花粉はつきます。玄関先でドライシートなどで花粉を取り除きましょう。また空気清浄機も有効です。

花粉症になりやすい犬種や年齢、性別はある?

花粉症になりやすい犬種は以下の通りです。

  • 【花粉症になりやすい犬種】フレンチ・ブルドッグ、パグ、ボストン・テリア、ウエストハイランド・ホワイトテリア、ヨークシャー・テリア、ワイヤーヘアード・フォックス・テリア、ミニチュア・シュナウザー、シー・ズー、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、柴犬

上記の犬種が愛犬の場合、発症していなくても花粉の飛散が少ない時間帯に散歩するなど、予防に努めることをおすすめします。

なりやすい性別や年齢は特にありません。しかしアトピー性皮膚炎を発症する生後6ヶ月以降に花粉症も併発することが多いようです。

もしもの時に備えてペット保険に加入しておくのがおすすめ!

花粉症は発症すると一生付き合っていく病気です。またアトピー性皮膚炎であることも多いため、定期的に通院して診てもらう必要があります。


このような状況になっても、ペット保険に加入していれば安心です。でも最近は多くのペット保険が混在していて選択するのも難しいと、感じていませんか。


そんな飼い主さんにおすすめなのがほけんROOMの「ペット保険の一括比較」です。


月額保険料から補償割合などが一目でわかるので、ペット保険の選択に悩んでいた飼い主さんにおすすめです。


またほけんROOMでは、ペット保険に関する記事も多数取り扱っているので、保険選びの参考に役立ててください。

まとめ:犬の花粉症とは?異変があれば動物病院に連れて行こう

ここまで犬の花粉症について解説してきました。


犬の花粉症について要約すると

  • 採血によるアレルギー検査で診断
  • 雑草類の花粉が原因であることが多い
  • 鼻炎よりも痒みの症状に悩まされることが多い
  • 花粉症を発症するのはアトピー性皮膚炎を患っている犬が大半
  • 花粉症を発症したら食べ物のアレルギーにも注意
  • 治療は症状を抑える薬による対処療法が主流
  • 花粉症になりやすい犬種は特に注意
になります。

花粉症を予防する対策として
  1. 花粉飛散の条件が揃っている時は散歩を避ける
  2. 散歩時は服を着用
  3. 草むらに近づかない
  4. 帰宅したら愛犬の体を拭く
  5. 定期的なシャンプー
  6. 室内にできるだけ花粉を入れない
この6つのポイントに注意しましょう。

このほか、ほけんROOMではペット保険に関する記事や、犬の病気に関する記事も多数取り扱っています。愛犬との生活を快適にするためにお役立てください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング