これで老後も安心!個人型確定拠出年金(iDeCo)で運用商品の選び方

2017年1月よりほぼ全ての方が加入することができるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo)。その運用商品はどのように選べばいいのか、まだ個人型確定拠出年金(iDeCo)をご存知でもない方にもわかりように運用商品の特性を紹介していきます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品についてご紹介

自分で自分の年金を設計する個人型確定拠出年金(iDeCo)はご存知でしょうか。

2017年1月より個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入条件が大幅に変わりました。

今まで加入できなかった公務員、企業年金制度があるサラリーパーソン、個人事業主、専業主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入が可能となりました。

そんな安定して積み立てすることができる個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが積み立て金額のすべてが所得税控除の対象になり、運用益についても非課税となります。


また、個人型確定拠出年金(iDeCo)専用で運用コストの安い運用商品もあります。

このようなメリットを活かして長期間の積み立てで老後の資産形成を考えてみてはいかがでしょうか。

ほぼ全ての人が加入できるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo)にどんな運用商品があるのか、どのようにして選べばいいのかを紹介いきたいと思います。


この記事の最後までご覧いただければと思います。

老後の生活や年金に不安を感じたらプロに相談

「老後の生活が不安」


「将来の生活にいくらお金がかかるのか知りたい」


そんな方には、お金に関するプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品の2つのタイプとメリット・デメリット

個人型確定拠出年金(iDeCo)には元本保証の運用商品元本割れのリスクがある運用商品が存在しています。


自分の年齢、年収、家族構成によってどのような運用商品を選ぶといいのかその参考になるように下記、2つのタイプのメリットとデメリットをわかりやすくあげていきます。

  1. 元本保証型 (定期預金、保険)
  2. 元本変動型 (投資信託)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の”元本確保型”

満期までの間に決まった金利と元本が保証されている元本確保型の運用商品となります。

定期預金などの銀行預金の運用商品ですと満期になる前に中途解約して別の運用商品に切り替えると解約金利となり、当初想定していた金利よりも低くなりますが元本は保証されています。

一方で保険会社が提供する預金の場合、中途解約すると解約手数料を取られてしまうため、受け取り利息を上回り元本割れするリスクがあります。

2018年現在の日本では金利が低いために、元本確保型の運用商品の金利もそれに比例して低くなっています。
経済変動にかかわらず、金利は低くとも元本をしっかりと守っていきたい方にはおすすめの運用商品です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の”元本変動型”

投資信託で運用することで資金が経済状況で変動する投資信託を用いているのが元本変動型の商品となります。

通常の投資信託とは何が違うかというと、個人型確定拠出年金(iDeCo)専用の運用商品があり、運用に伴う手数料が低く抑えられている運用商品があります。

ファンドマネージャーが運用するアクティブファンドから経済指標と連動して基準価格が変わるインデックスファンドまで幅広い商品の中から自分のライフスタイルに合った運用商品を選ぶことができます。

ただ、資金を投資信託で運用するために状況によっては元本割れするリスクもあります。
その一方で銀行の定期預金金利よりも高い利率で運用できる可能性もありますので、リスクはあっても高い利回りを求めたいそんな方向けの運用商品です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の元本確保型と元本変動型の両方を使うこともできる

元本が保証されているが金利が低い元本確保型、元本が保証されていないが金利が高くなることもある元本変動型の2つのタイプの運用商品を組み合わせて自分のライフスタイルにあった資産形成をすることができます。

元本確保型と元本変動型の比率、運用商品の性質によって、リスクをコントロールすることができるのも個人型確定拠出年金(iDeCo)の魅力です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品を選ぶ3つのポイント

個人型確定拠出年金(iDeCo)で運用商品を選ぶ際に何に注目をして選べばいいのかを3つのポイントにまとめて紹介していきます。

この3つのポイントをおさえれば個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品を選びやすくなるかと思うポイントをまとめていきましたので参考にしていただければと思います。




資産を安定させたい方は元本確保型の”定期預金”をおすすめ

元本確保型の定期預金は景気の大きな変動があったとしても、元本を保証してくれるので着実に資産を増やすことができる安心安定の運用商品です。

今後、インフレになった場合は物価が上がるために実質の資産は目減りしてしまうことを念頭に入れておく必要があるでしょう。

これから、個人型確定拠出年金(iDeCo)での長期間の資産運用をしない年齢の方については元本確保型の定期預金の割合を高くしている場合も多く見受けられることも多いようです。

投資信託の選定に悩む方は”バランス型”がおすすめ

元本変動型で投資信託の運用商品で何を選んでいいかわからない。
でも、何かしら運用してみたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

そんな方には国内外の債権、株式などを組み合わせて運用商品になっているバランス型の投資信託がおすすめです。

日本で約3000本もの数の投資信託の運用商品が販売されています。
もちろん、個人型確定拠出年金(iDeCo)で購入できる運用商品はそれよりもはるかに少ないですが、それでも数ある運用商品から知識がない中で選ぶのは難しいでしょう。

バランス型の投資信託ですと国内外の債権、株式などを販売しているファンド側で調整・管理しているのでまだ知識がない方でもはじめやすい運用商品となっています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)で運用して行く中で債権、株式の比率が変動していきますが、リバランス(資産の再配分)をファンド側でやっていくので手間がかからないのもメリットです。

ただ、手間がかからない分、バランス型の投資信託は信託報酬が高くなってしまいます。
次の項目で信託報酬が低い投資信託を紹介していきます。

運用コストの低さを重視する方は”信託報酬”の低い投資信託がおすすめ

国内外の株式・債権のインデックス型が信託報酬を低く抑えたい方にはおすすめの運用商品です。
国内株式、米国債権などの個別の株価指数に連動して運用している資産が変動する運用商品となります。

バランス型の場合はリバランス(資産の再配分)をファンド側で行われていますが、インデックス型の場合、リバランスをしたくなった時は運用しているあなたが自分で行わなければなりません。
信託報酬が低い分、運用の指示を出す手間が増えるのを念頭に入れましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以下の点で個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品を選ぶ際に注意してみていただければと思います。

  • 元本が保証されている元本確保型、元本が保証されていない元本変動型がある。
  • 投資をして資産運用するのか、元本をしっかり守るのかは年齢、ライフスタイルで個人個人で大きく異なる。
  • 株式、債権などを自動で調整してくれるバランス型の投資信託は導入しやすい。
  • 運用商品を選ぶ際にまずは信託報酬を見る。
くれぐれも元本変動型の運用商品につきましては景気の変動で元本割れする可能性がありますことをお忘れなきようにしてください。

自分の取れるリスクに合った運用商品を選んで将来、お金のことで心配することがないそんな老後がおくれるよう個人型確定拠出年金(iDeCo)を活用して資産形成してみてはいかがでしょうか。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • 向き不向きがある個人型確定拠出年金(iDeCo)の6つのデメリット
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは