50代に最適な投資信託のポートフォリオをベテランFPが解説!【老後の不安を解消】

「50代になったしそろそろ投資信託を始めたいけど、ポートフォリオって何?」、「ポートフォリオってどうやって組めばいいの?」と悩んでいる50代の投資初心者の方は多いです。そこで本記事では、50代におすすめの投資信託のポートフォリオの組み方をまとめました。

50代に最適な投資信託のポートフォリオの組み方は?老後に備えられる?


こんにちは、マネーキャリア編集部‧FP浦川です。


今回のテーマは、「50代に最適な投資信託のポートフォリオ:老後に備える」についてお話します。


50代に差しかかったみなさんの中には、

定年までそれほど期間がないが、老後資金は大丈夫だろうか?資産形成が必要と感じながらも、具体的にどのようにやっていいかわからない。

とお悩みの方も多いでしょう。


50歳を超えると、退職のこと、年金のこと、老後のこと、相続のことなどが現実味を帯びてくる年代になります。 


みなさんご存知のように、人生100年時代といわれる中、定年退職年齢の延⻑や年⾦受給開始年齢の引き上げなどの制度改⾰案が検討されてます。 


その中で、定年退職が視野に⼊り始めた50代の方の中には、「⽼後の生活費は年⾦だけでは⾜りないと思ってはいたものの、⽼後に向けた資産運⽤をしてこなかった」と後悔している50代の方も多いともいます。


そこで、今回の記事では、50代のみなさんが老後資金を形成するための「50代の投資信託ポートフォリオ」について、下記のテーマにそって説明
します。

  • 投資する目的の明確化
  • 50代に最適な投資ポートフォリオ
  • 50代の投資シミュレーション

今回の記事が、「50代からの資産形成ってどうすればいいんだろうか?」と悩んでいる⽅にとって、資産形成を始める⼀助になれば幸いです。 


ぜひ、最後までお読みください。

50代はまず投資をする目的を明確にしよう【老後資金や子供の教育費等の備える】


50代のみなさんは、会社員人生も終盤に入り、定年後の生活を真面目に考え始める時期でもあります。 


人生100年時代といわれ、定年退職年齢も延びつつありますので、「いや、わたしはまだまだ現役で働くつもりだよ」とお思いの方も多いと思います。


人の生き方は十人十色ですので、50代の方の投資に関しても人によって違ってくるのは想像に難くないと思います。


そこで、投資プランを検討するまえに、まず、ご自分のライププランやマネープランについて、次の手順で、⼀度じっくり考えて見ましょう。

  • ライフプランの作成
  • マネープランの作成
  • 必要なお⾦(投資⽬標)の明確化

➀ライフプランの作成

次のようなポイントを中心に、みなさんのライフプランを作成してみることをオススメします。 

  • 子どもの教育、独立、結婚 
  • 退職(何歳まで働くのか) 
  • 生きがい、趣味(老後の過ごし方) 
  • 老後の生活様式(子どもと同居、夫婦で生活、一人で生活など) 

人生100年時代の大きな変化の一つは、何歳までどのように働くかといった「働き方」が変わることです。 


60歳まで働いてそれ以降は悠々自適の生活をするのか、70歳まで働くのか、あるいは、生涯現役か、人それぞれの働き方があります。


今後のみなさんの働き方によって、ライフプランも変わってきますし、その結果、老後に向けた資産形成の目標(マネープラン)にも大きく影響を与えます。 


ライフプランでは、特に、何歳まで働くか、働けるかを本気で考えてみましょう。 


安⼼して⽼後を迎えるためには、そのライフプランに基づいて、50代で計画的に貯蓄や資産運用に取り組み、⽼後資⾦づくりのラストスパートをかけていくことが⼤切だと思います。  

②マネープランの作成


ライフプランができましたら、次は、そのライフプランにあったマネープランを作っていきます。 


作成したライフプランを基にして、次の項目を記入してみましょう。 


  • 今持っている資産(預貯金、投資信託、株式など)
  • 収入(給料、退職金、年金、配当など) 
  • 支出(⽣活費、ローン返済、保険費⽤、 税⾦など) 

ここでのキーポイントは、「いつまで働いて、いくらぐらいの給料を得るか」です。 


これにより、今後の資産形成の目標が大きく変わってきます。  

③必要なお⾦(投資⽬標)の明確化

ライフプランとマネープランを作ることにより、 

  • 年度ごとの収⽀→黒字の年度と赤字の年度 
  • ⽼後に残る資⾦→老後資金の不足額 

が分かるようになります。


これらをもとに、どのような⽬的(例えば、老後資金)で、いつまでに、いくら貯めないといけないのか、考えてみましょう。 


「とにかくお金をためたい」ではなくて、投資の⽬的を明確にすることにより、投資⽅針を決めやすくなり、結果的に、期待通りに資産 形成ができる可能性が⼤きくなります。

50代に最適な投資信託のポートフォリオの組み方をベテランFPが解説


50代の⼈は、どのような投資⽅針で、どのようはポートフォリオを組んで資産運⽤を行ったらいいのでしょうか?


投資には「ローリスクでハイリターン」のような都合のよい投資先はありません。


投資リスクを下げ方法は「分散投資(投資先、投資時期の分散)、⻑期運⽤」が基本ですので、これらの方法により「年齢にあったリスク」となるようにポートフォリオを組むことが大事です。


投資先としては、株式や債券などがありますが、投資経験が少ない50代の方は株式や債券に直接投資するのではなく、「投資信託」に「定期投資」することをオススメします。


投資信託に定期投資することにより、投資先の分散と投資時期の分散が可能です。


50代の投資に関しては、リスクを下げるもう一つの要素「長期投資」がカギとなり「いつまでに貯めないといけないのか」を明らかにすることが重要です。 


これにより、投資の運用期間が違ってきます。

➀投資先の分散


分散投資では、国内の株式と債券、および国外の株式と債券の4資産に分散投資するのが基本です。 


株式と株式に50%づつ投資するポートフォリオを「バランス運用」といいます。 


株式の比率を上げて債券の比率を下げるポートフォリオが「積極運用」、株式の比率を下げて債権の比率を上げるのが「安定運用」、さらに債券の比率を上げたものが「より安定運用」です。 


基本的には、

  • 20代〜30代では積極運用
  • 40代ではバランス運用、
  • 50代では安定運用、
  • 退職後は「より安定運用」

とリスクを下げて資産運用することをオススメします。


しかし、例えば70代まで働くつもりの方は、50代であっても老後まで20年程度あり、バランス運用からスタートすることも可能だと考えます。 


  • 60代で退職して老後生活に入る方は、安定運用(株式30%、債券70%) 
  • 70代まで、あるいはそれ以上働く予定の方は、バランス運用(株式50%、債券50%) 

のポートフォリオからスタートしてはいかがでしょか?

②投資時期の分散

「安く買って⾼く売る」ということができれば理想的な投資と言えますが、そうはうまくいきません。 


運用のプロでも、都合の良いタイミングで売買を行うことは困難です。 


そのため、一度に投資しないで、積⽴投資などで投資時期の分散を行い、リスクを下げて安定した運用を目指しましょう。

③長期投資

リスクを下げるために、短期に売買しないで、長期運用を目指しましょう。


60代で定年して悠々自適の老後を目指すのもいいですが、「人生100年時代」を見据えて、生涯現役のつもりで、なるべく長く仕事を続けていくのも今後の生き方の一つだと思います。 


75歳まで仕事を続ければ、50代から20年間かけて老後資産を構築すればいいので、余裕を持って資産構築することができます。

50代から投資信託を行った場合老後にどれだけのお金が貯まる?【シミュレーションで解説】


ここでは、50代から投資信託を行った資産構築について、下記のケースに分けてシミュレーションしてみます。
  1. 初期投資なし、定期積立あり
  2. 初期投資あり、定期積立なし
  3. 初期投資あり、定期積立あり
バランス運用と安定運用で複利運用することを想定し、次のように仮定します。
  • バランス運用(株式50%、債券50%) 利回り3.5%
  • 安定運用(株式30%、債券70%) 利回り2.5%

➀「初期投資なし、定期積立あり」の場合

初期投資はせずに、定期積立だけを行う場合で、60代で退職するケースと70代で退職するケースのシミュレーションです。

 

【初期投資ゼロ、定期積立60万円/月】

運用10年
(60代退職)
運用20年
(70代退職)
 利回り3.5%704万円1697万円
利回り2.5%672万円1533万円 


初期投資はしないで、定期積⽴投資だけを⾏う場合、将来受け取れる金額の計算に使用する係数を「年⾦終価係数」といいます。 


インターネットで「年金終価係数」と検索すると、⾃動で計算してくれるWEBサイトがたくさん ありますので利⽤してみてください。
計算サイトの⼀例(年金終価係数の計算サイト

②「初期投資あり、定期積立なし」の場合

初期投資を行い、定期積立はしない場合で、60代で退職するケースと70代で退職するケースです。 


【初期投資1000万円、定期積立ゼロ】 


運用期間10年
(60歳で退職) 
運用期間20年
(70代で退職)
利回り3.5% 1411万円1990万円
 利回り2.5%1280万円1639万円 

初期投資額を複利運⽤していく場合、将来受け取れる⾦額の計算に使⽤する係数を「終価係数」といいます。


計算サイトの⼀例(終価係数の計算サイト

③「現有資産あり、定期積立あり」の場合

初期投資と定期積立の両方を行う場合は、上記の「現有資産なし、定期積立あり」と「現有資産あり、定期積立なし」の合計額となります。 


【初期投資1000万円、定期積立60万円/月】 


運用期間10年
(60代で退職)
運用期間20年
 (70代で退職)
 利回り3.5% 2115万円3687万円 
利回り2.5%1952万円3172万円

④50代におすすめの投資信託のポートフォリオ


当たり前のことですが、シミュレーション結果を見ても分かるように、投資期間が長ければ長いほど、また、利回りが高ければ高いほど、複利効果の恩恵を受けて効率的に資産形成する事ができます。 


ポートフォリオ構築のポイントは、次のとおりです。 

  • なるべく長く働き、投資運用期間を長くする 
  • 今持っている資産で投資に廻せるお金があれば、初期投資を行う 
  • 定期投資を継続する 

【60代で退職する場合】 

運用期間が10年のため、安定運用(株式30%、債券70%)のポートフォリオで「初期投資+定期積立」の運用を行うのがいいと思います。 

 

【70代で退職する場合】 

運用期間が20年あるため、バランス運用(株式50%、債券50%)のポートフォリオで「初期投資+定期積立」の運用を行うのがオススメです。 


なお、みなさん各自の状況によって、可能な初期投資額や定期投資額は違ってきます。
上記で紹介しました、終価係数や年⾦終価係数を使って、ご自分のケースでシミュレーションを行ってみてください。 

⑤「貯蓄目標額」から「投資額」を求める方法

上記では、「今持っている資産+定期積立」を行うと、将来いくらになるかのシミュレションを行いました。 


逆に、「将来受け取りたい目標額」から逆算して、「今からどの程度投資をしていったらよいか」を求めることもできます。 


今回の記事では紹介にとどめますが、求め方は簡単ですので、投資の計画を検討する時にお使い頂ければ幸いです。 


【現価係数】 

将来受け取れる目標額を決めて、「初期投資額」はいくら必要かを計算するための係数です。 


例えば、安定運用で資産運用し、20年後に2000万円受け取りたい場合、初期投資額はいくら必要か、といった時に使えます。 


計算サイトの一例(原価係数の計算サイト) 


【減債基金係数】 

 定期投資を行う場合、将来の目標金額を受け取るために必要な、「毎年の定期投資額」を求めるための係数です。 


例えば、安定運用で資産運用し、20年の定期投資を行う場合、目標額2000万円を受け取るための毎月の定期投資額を求める時に使えます。 


計算サイトの一例(減債基金係数の計算サイト

50代で資産運用をする際の注意点


ここでは、老後生活が視野に入ってきている50代の方が資産運用する場合の注意する点について見ていきます。

➀運用期間を考えたポートフォリオで

みなさんの働き方、何歳まで働くかによって老後に入る時期が変わってきます。 


その結果、資産運用できる期間も変わってきますので、各自のライフプランの立て方が重要になってきます。


70代まで働く方は20年の運用期間があり、50代の人と同じ程度のリスクを取ることができますのでバランス運用でが可能ですが、60代で引退する方は残り10年ですので安定運用のポートフォリオがオススメです。

②焦らない、無理はしない

50代から資産運⽤を始める場合は、運用期間が短いために資産形成を焦ってしまい「高リスクで高リターン」に目が向いてしまいます。 


ここは焦らずに、ご自分にあったポートフォリオで投資しましょう。


あくまで、余裕資金で投資を行い、銀行定期預金+α」の利回りが付けばいいや、ぐらいの気持ちでいると、心穏やかに投資が行なえます。

③投資の準備や検討を念入りに



50代ですと、万一投資に失敗すると、期間的に取り戻すのが難しくなります。 


投資に失敗しないように、今回の記事で紹介しましたように、 

  • ライフプランの作成&マネープランの作成 
  • 必要なお⾦(投資⽬標)の明確化 
  • ライフプランにあったポートフォリオの作成 

を行い、十分に準備し検討した上で、投資を行うことをオススメします。

④金融機関からの誘いに安易にのらない

50代である程度の資産をお持ちの場合は、銀行や証券会社から勧誘が頻繁にくるのではないでしょうか。 


退職金をもらった後はなおさらで、退職金が入金された銀行からは、必ずと行っていいほど勧誘の電話が来ます。 


その勧誘に惑わされることなく、ご自分の投資方針を持って、ご自分の判断で投資するようにしましょう。

⑤老後生活に入ったらポートフォリオを見直す

老後生活に入り、年金と財産の取り崩しで生活するような時期になったら、ポートフォリオを見直しましょう。 


老後生活に入るまでは「安定運用」でいいのですが、退職して老後生活に入ったら、株式比率を下げて債券を増やした「より安定運用」に舵を切るとよいでしょう。 


老後は、資産を増やすことはあまり考えずに、なるべく資産を減らさないポートフォリオとすることをオススメします。

投資信託のメリット・デメリットについてFPが徹底解説


投資では元本割れするリスクもありますので、リスクをコントロールすることが大事です。


投資リスクを下げ方法は「分散投資、⻑期運⽤」が基本で、「投資信託」に「定期投資」するのがいいとお話しました。


投資信託とは、わたしたち投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめて、運用のプロが「株式」や「債券」などに投資・運用する金融商品で、その運用の成果が投資家に分配されるものです。


ここでは、この投資信託の、メリットとデメリットについて見ていくます。

➀メリット


投資信託のメリットは、主に次の4点があげられます。 

  • プロが運用 
  • 少額から投資が可能
  • 個人では投資しにくい国や投資先にも投資可能 
  • 分散投資、長期投資によるリスクコントロールが可能 

まず、プロが運用しますので、投資にそれほど知識がなくても、安心して投資することができます。 


次に、株式や債券に直接投資する場合はまとまったお金が必要ですが、投資信託の場合は少額から投資することができます。 極端な話では、100円から投資信託を始めることもできます。 


また、個人では、外国の株式や債券を直接購入することは、敷居が高く投資しにくいものですが、投資信託では、容易に世界各国に分散投資することができます。 


最後に、分散投資、長期運用によるリスクコントロールがやりやすい点です。

ポートフォリオに合わせた投資信託に投資することが容易なので、ご自分の許容できるリスクのポートフォリオを組むことができます。  

②デメリット


デメリットは次のとおりです。 

  • 元本割れのリスク 
  • コストがかかる 
  • タイムリーに売買できない 

投資信託は株式や債券に投資しますので、銀行の定期預金のように、元本が保証されません。


このリスクを軽減するために、分散投資や長期運用をめざします。 


次に、投資信託はプロが運用しますので、その運用管理コストがかかります。 


投資信託ごとに運用管理コストが違います。


運用管理コストは明示されていますので、なるべく運用コストの低い投資信託を選ぶのがオススメです。 


最後に、上場されている株式は、いつでもタイムリーに売買ができます。 


一方、投資信託は、タイムリーに売買することができなくて、その日の終了時の評価額で売買することになります。 


しかし、長期運用をめざすわたしたちには、あまり影響はありません。

NISAやiDeCoを50代から始めるのは遅いの?


結論から申し上げると、50代からでもNISAやiDeCoの利用をオススメします。


NISAもiDeCoも政府が推し進めている資産構築の政策で、両制度とも節税効果があり、複利効果で効率よく資産構築ができます。


iDeCoは途中でお金の引き出しができませんが、NISAに比べて節税効果が大きいので、投資資金に余裕がある方にはiDeCoを最大限に利用することをオススメしします。


iDeCoは、原則60歳までしか積立できませんので、早く始めれば早いほど、効率よく資産形成ができます。


詳細は、次のWEBページをご覧ください、

下記は、NISAとiDeCoの特徴のまとめです。

➀NISAの特徴

通常、株式や投資信託の配当金や売買益には税金がかかりますが、NISAではそれが非課税になる制度です。 


 NISAは年間120万円までで、非課税の期間は5年間です。



NISAと同じような非課税制度に「つみたてNISA」というのもあります。


つみたてNISAは定期投資するイメージで、年間40万円が上限、非課税期間は20年間です。



NISAもつみたてNISAも、いつでもお金の引き出しが可能です。

②iDeCoの特徴

iDeCoは、別名「個人型確定拠出年金」といい、公的年金を補完する目的で、自分の将来のために月々積立投資を行う個人年金です。


iDeCoの場合は、NISAと同じように配当金などに税金がかからないだけでなく、毎年の掛け金が所得控除になり、所得税の節税にもなります。 


iDeCoに投資する金額には上限があり、自営業者、会社員、主婦等によって上限金額が違います。上限額については、上記で紹介しました厚生労働省のWEBページをご覧ください。


iDeCoで積み立てた年金は、60歳以降に受け取ることになりますが、途中でお金を引き出すことはできません。

まとめ:50代はリスクを高めすぎずに投資信託で資産運用しよう!

今回は、「50代に最適な投資信託のポートフォリオ」について解説してきましたが、いかが
でしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 投資する目的の明確化
  • ライフプランに沿った投資ポートフォリオを構築
  • 投資信託の活用
  • NISAやiDeCoの活用もオススメ

ということでした。


50代のポートフォリオは、いくつまで働くかといったライフプランに直結します。


人生100年時代、50代といえども、まだまだ人生の折り返し点です。今後、どのように生きていくかを考えて、ライフプラン作りから初めてみましょう。


資産運用は、早く始めれば早いほど効率的に行なうことができますので、思い立ったが吉日です。素早く行動して余裕のある老後を過ごしましょう。


マネーキャリアでは、他にも読んでおきたい有⽤な記事を多数掲載しています。ぜひご覧にな
ってください。

ランキング