「おかねがたまる! ハンバーガー屋さん」をプレイした感想・レビュー

お子さんとゲームをしながらお金の勉強も一緒にしたい、と考えておられる方も多いのではないでしょうか。この記事では「おかねがたまる! ハンバーガー屋さん」という知育ゲームで実際に遊んでみてお金の勉強に役立つのかどうか、検証した結果を紹介します。

「おかねがたまる! ハンバーガー屋さん」をプレイした感想・レビュー


子供が小さいうちからお金の勉強させたいと考える親は多いのではないでしょうか。ゲームのように楽しく学べたら良いですよね。


「おかねがたまるハンバーガー屋さん」はとてもシンプルなルールなので小さな子どもでもプレイでき、お金の計算の仕方や、商売によってお金が増えていく感覚をつかめるところが魅力です。


そこで今回は、以下の4つの項目の内容について分かりやすく詳細に説明していきます。

  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」を購入し実際に遊んでみて思った素直な感想
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」の世間の感想や評価
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」とは何かを知るための基本情報
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」を使用している実年齢の範囲

この記事を読めば、「おかねがたまるハンバーガー屋さん」がどんなゲームで、実際に使用してみた率直な感想も知ることができます。


子どもにお金の感覚をつかませるために親はどうするべきかを知ることができ、子どもの教育に役立てることができます。


子どもと一緒に楽しくお金の教育をしたい方は是非、最後までご覧ください。

おかねがたまる! ハンバーガー屋さんで遊んで良かった点

今回は実際に「おかねがたまるハンバーガー屋さん」で遊んでみて良かったと感じた点をご紹介します。

  • 100円硬貨しか登場しないので小さな子供でも理解しやすい
  • ルールがシンプルで簡単
  • 20分という制限時間が丁度良い
  • 子どもが売買の基本的な仕組みを学べる

などの利点がありました。

良かった点①使うお金は100円だけなので小さい子でも遊べる

使用するお金は100円玉のみです。ルールはいたってシンプル。買った材料を組み合わせて商品を作って売り、利益を得るというだけ。


小さな子どもでも簡単に理解できますし、100円が10枚で1000円になるなどのお金の感覚や、物を売ってお金をもらうという商売の仕組みを学んで遊べるゲームです。


良かった点②ルーレットの結果で勝敗が決まる

商売には運も必要ということで、「おかねがたまるハンバーガー屋さん」ではルーレット次第で勝敗が決まってしまうこともあります。


どの材料から集めるかあれこれ考えながらゲームを進めても、戦略と運が半々という感じなので、大人が子供に負けることも普通にあります。


ルーレットの結果によっては材料がそろってないのに「売る」が出てパスが連続したり、何もできずモヤモヤする感じはゲームを盛り上げる一つの要素となっています。

おかねがたまる! ハンバーガー屋さんで遊んで悪かった点

「おかねがたまるハンバーガー屋さん」を実際にプレイしてみると2つの欠点がありました。

  • ルールが単純すぎてお金の勉強を目的とするには物足りないと感じる
  • ルーレットの出方によってゲームの勝ち負けが決まってしまうので、論理的な思考力が身につかない

悪かった点①単純すぎてお金の勉強にはならない

「おかねがたまるハンバーガー屋さん」はお金の計算方法や、物を売る仕組みを理解するきっかけ作りにはぴったりなゲームです。しかし、ルールが単調で100円玉しか使用しないので、ゲームとしては楽しめますが学習という観点から見ると物足りなさは否めません。


ルールはシンプル。材料を集め1つの商品を作り上げ、それを売ってお金をもらい、20分の制限時間で一番多く多くのお金を持っている人が勝ちです。


材料やメニューのバリエーションも少なく、物足りなさを感じます。


作れる商品の種類は以下の4つです。

  • ハンバーガー
  • チーズバーガー
  • ハッピーセット
  • サラダ

商品の材料になる具材の種類は以下の7つです。

  • パン(上)
  • パン(下)
  • ハンバーグ
  • チーズ
  • レタス
  • おもちゃ
  • あたりくじ

悪かった点②考える力がそんなに要らない

「おかねがたまるハンバーガー屋さん」ではルーレットで出た指示に従って遊びます。ルーレットの出方によってゲームの結果が左右されるところが難点です。


 お金がないときに「買う」が出たり、売る商品が何もないときに「売る」が出たりと、パスが続きゲームが全く進まず、テンポの悪さを感じます。


またプレイヤーの柔軟性や考えにゆだねられる部分が少ないので、思考力をつけるという点では他のゲームに劣ります。


子ども自身がどのように感じてどう行動するのか、その結果どうなるのかという過程を経験することは大切ですので、思考力をつける目的でゲームをしたい場合は他のゲームをおすすめします。

おかねがたまる! ハンバーガー屋さんの口コミ・評価を紹介

30代女性

5才の娘に良い勉強になる

ルーレットを回して材料を買って物を売るというとても簡単なルールでとても分かりやすいので、5才の娘には良い勉強になっていると感じました。100円が3枚で300円などとお金の計算方法についても学べますし、子どもなりに持っているお金や時間を考えてどうにかやりくりしている様子を見て、ゲームとしても普通に楽しめ、勉強にもなるとても良いおもちゃだと思いました。

30代女性

大人でも楽しめる

20分と時間が決まっているので、忙しい家事の途中でも参加できて親としては助かります。対象年齢が「5才~大人まで」の通り、子供と一緒に結構ムキになって楽しく取り組めました。

20代女性

単調

子どもも私も、始めの何回かはわいわいと盛り上がりお互いに楽しんでお金がたまるハンバーガー屋さんで遊ぶことができましたが、数回遊べばもう十分という感じで何回もリピートして遊ぶことは多分今度あんまりないのかな……という印象を抱きました。ルールが単調過ぎでそんなに考えて遊ぶゲームではないので、もう少し論理的に考えて取り組めるようなゲームだと良かったと思いました。

「ルールがとても簡単で理解しやすく、小さな子供でも遊べる」「子どもなりにやりくりしてお金を稼ぐ方法を考えて取り組めている」という良い評価の口コミが多く見られました。


一方、「ルールが単調すぎて数回遊べば十分」という悪い評価の口コミも多数見られました。「ルーレットの針が真ん中に止まることが多く分かりにくい」という口コミも多数ありました。

おかねがたまる! ハンバーガー屋さんの対象年齢は低め

「おかねがたまるハンバーガー屋さん」の対象年齢は5才~大人までとなっていますが、実際の対象年齢はどのくらいなのかについて解説します。


まずは「おかねがたまるハンバーガー屋さん」の基本情報をご紹介します。


値段3,280円(税抜)
販売元People
対象年齢5才以上
プレイ人数2~4人
所要時間20分
その他単四電池2本必要(別売り)

出典:People公式サイト


amazonでは1,900円で販売されていました。


このゲームのルールは以下の通りです。

  1. 100円玉を5枚ずつ持つ
  2. しゃべルーレットを順番に回して材料を集める
  3. レシピの材料がそろったら商品を完成させて、それを売ってお金をかせぐ
  4. 最後に100円玉を一番多く持っている人が勝ち

100円の大切さを楽しく学びながら理解できる初めてのボードゲームを売りに販売されていますが、

材料や商品の種類も少なく、作っては売るというシンプルなルールなので実際の対象年齢は低めです。


レビューを見てみると、実際に購入して使用しているのは5才、6才、7才が多い印象でした。


物心がついてきたくらいから小学校1・2年生の6~7才くらいの子どもが、お金の計算方法と商品の売買の仕組みを理解するきっかけになるという点においては良いゲームです。


ですが、それ以上の年齢の子どもが何回も遊ぶゲームとしてはちょっと物足りなさを感じました。

まとめ:おかねがたまる! ハンバーガー屋さんはお金の勉強には物足りない

この記事ではお金の仕組みを学べるゲーム「おかねがたまるハンバーガー屋さん」の利点や欠点について口コミも交えながら詳しく説明してきました。


この記事でお伝えしてきたことは

  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」はルールが単純で基本的のお金の計算や売買の仕組みを理解できる
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」の実際の対象年齢は低めで、5才~7才の利用が多い
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」をゲームとして使用する場合は普通に楽しめる内容
  • 「おかねがたまるハンバーガー屋さん」は一歩ふみこんだ売買の構造や考える力を養うことは難しい

でした。


「おかねがたまるハンバーガー屋さん」はゲームとして楽しめますし、5才~7才くらいの子どもが「やりくりできた」という成功体験をつむことを目的とするにはとても良いゲームです。


子どものうちからお金についてきちんと勉強することで金銭感覚を養い、物の価値を知ることができます。結果として物を大切にする気持ちが育まれます。なので、勉強に早すぎることは決してなく、なるべく早い段階から取り組むことが大切です。


オンラインでも気軽に参加できるマネーセミナーでしっかりと子どもにお金の勉強させるのも1つの選択肢です。


ほけんROOMでは、他にも興味深い保険やマネーセミナーに関する記事が数多く、また種類豊富に掲載されていますので、少しでも興味のある方は一度目を通してみることをおすすめします。

ランキング