鳥取県でおすすめのふるさと納税を比較!返礼品はどうやって選べばいいの?

「鳥取県でおすすめのふるさと納税について知りたい」「ふるさと納税の返礼品はどうやって選べばいいの?」このように疑問に思っている人も多いでしょう。そこで今回は、鳥取県でおすすめのふるさと納税、返礼品の選び方、ふるさと納税のお金はどこに使われるのかなどを解説します。

鳥取県でおすすめのふるさと納税はどこ?


ふるさと納税で返戻品を選ぶのを楽しみにしている方も多いと思います。欲しいものから選ぶのもいいですが、まずはどこの県を応援したいか、納税する県から選ぶ方もいますよね。


この記事をお読みの方の中には、鳥取県へのふるさと納税を検討している方が多いと思います。では、鳥取県にふるさと納税をした場合、おすすめの返戻品にはどのようなものがあるのでしょうか?


ここでは、

  • 鳥取県のふるさと納税でおすすめの返戻品
  • 後悔しない返戻品の選び方
  • 納税した寄付金は何に利用されるのか?

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、鳥取県のおすすめの返戻品や、後悔しない選び方について詳しくお分かりになるかと思います。ぜひ最後までお読みください。

鳥取県でおすすめのふるさと納税・返礼品を比較

鳥取県と言えば、砂丘やナシ、スイカなどを思い浮かべる方が多いと思います。日本最大と言われる鳥取砂丘には一度行ってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?


では、返戻品としては何がおすすめになるのでしょうか?名産として有名な梨などの果物の他、どのようなものがあるのか気になると思います。


ここでは鳥取県でおすすめのふるさと納税として、いくつかの返戻品についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

江府町(奥大山の天然水、大山Gビール飲み比べセットなど)

江府町は鳥取県日野郡に属している町です。大山の南麓に位置しているため、サントリーなどの水に関する企業が進出しているのが特徴です。


江府町のおすすめ返戻品としては、

  • 奥大山の天然水
  • 大山Gビール飲み比べセット
  • 大山豚スライスセット

などがあります。


江府町ではサントリーなどの水に関する企業が進出しているため、返戻品にも天然水があり、人気となっています。奥大山の天然水は大山とその周辺のブナの森が水源となっています。寄付金額が12,000円で550ml×24本を2箱の返戻品を受け取ることができます。


また、奥大山の天然水は定期便もあり、寄付金額が36,000円で550ml×24本×2箱を3回届けてもらえます。


水が有名な江府町では、この水を利用してビールも作られています。飲み比べセットとして、ピルスナーやヴァイツェンなど、7種類のビールを返戻品として受け取ることができます。寄付金額は25,000円です。


江府町では大山豚の返戻品もおすすめです。寄付金額25,000円で、ローススライス200g×2、肩ローススライス200g×2、バラスライス200g×2の大山豚を返戻品として受けとることができます。

日吉津村(人気の丼の素シリーズ、鳥取県産 牛タン焼肉用など)

日吉津村は鳥取県西伯群に属しています。日吉津村には王子製紙の工場があります。


おすすめの返戻品としては、

  • ネピアボックスティッシュ
  • 丼の素シリーズ
  • 鳥取県産牛タン焼き肉用

などです。


王子製紙の工場は米子工場となっていますが、敷地の大部分は日吉津村になっているため、返戻品としてネピアのティッシュがあります。寄付金額14,000円で、200組×60箱のネピアボックスティッシュが、寄付金額16,000円で鼻セレブ20箱が返戻品として送られてきます。


丼の素と言うのは「づけ丼」の素になります。3回の定期便にすれば、

  • 1回目:まぐろづけ丼の素100g×3・白いか昆布じめ丼の素100g×2
  • 2回目:天然真鯛のづけ丼の素100g×3・甘エビの昆布締め丼の素100g×2
  • 3回目:天然ぶり生ハム風70g×3・鯖の燻製130g×2

を味わうことができます。寄付金額は45,000円です。


珍しい国産の牛タンも、日吉津村の返戻品として選ぶことができます。寄付金額41,000円で、焼き肉用にスライスされた牛タン600gとタンシチューに使える角切り肉300gが返戻品として送られてきます。

境港市(二十世紀梨、無洗米 鳥取県産米コシヒカリなど)

境港市は水木しげるさんの出身地としても有名な場所で、漁港があります。


おすすめの返戻品としては、

  • 二十世紀梨
  • 無洗米・鳥取県産コシヒカリ
  • 境港前浜干物セットA

などがあります。


鳥取県と言えばですよね。境港市の返戻品では二十世紀梨を選ぶことができます。寄付金額10,000円で、5㎏(16玉)の二十世紀梨が返戻品として送られてきます。


境港市の返戻品としてお米もおすすめです。寄付金額10,000円で、8㎏の無洗米・鳥取県産コシヒカリが返戻品として送られてきます。2㎏ずつの小分けパッケージとなっているため、お米の消費の少ない家庭にもおすすめです。


境港市には漁港があるため、干物も返戻品におすすめです。境港前浜干物セットAでは、

  • 塩サバフィーレ4枚
  • エテカレイ一夜干し4尾
  • 開きのどぐろ一夜干し4尾
  • 開きアジ一夜干し4尾
  • トロハタ一夜干し4尾

が返戻品として送られてきます。寄付金額は10,000円です。

倉吉市(王秋、きぬむすめなど)

倉吉市は、鳥取県中部に位置しており、歴史ある美しい景観と落ち着いたまちなみが魅力的です。


国の重要伝統的建造物群保存地区として選定される白壁土蔵群や、1300年の歴史を持つ古湯・関金温泉など、日本の原風景を感じられます。


また、倉吉市は西日本有数の農産物、畜産の産地としても有名です。


肥沃な土壌で作られる米や野菜、二十世紀梨、スイカ、メロン、ワサビ、肉質日本一の鳥取和牛など、たくさんの上質な素材が育てられています。


王秋5kg(JA鳥取中央)【倉吉産】

王秋は縦長の形をした梨で、糖度約13度のほどよい酸味と上品な甘さが特徴です。


柔らかくジューシーな果肉はみずみずしくて食べ応え抜群。貯蔵性が高いのも嬉しいポイントです。


きぬむすめ10kg

鳥取県さんのきむぬすめは柔らかくもちもちしており甘みがあることが特徴で、4年連続最高評価の「特A」を取得したお米です。


炊きたてはもちろん、冷めても美味しいので、お弁当やおにぎりなどにもぴったりで大変魅力的です。ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。 


詳しくはこちらをご覧ください。

日南町(あびれのジャムおばさんセット、日野川の郷5㎏と天空の銀里、白谷工房 寄木の名刺入れ・ストライプなど)

日南町は、鳥取県の内陸部に位置し、面積90%を森林が占めている自然豊かで温かみの溢れる町です。


お寺や山、滝などが多くあり、観光スポットにもなっています。特産品としては、お米やトマト、ジャムなどがあります。


そんなで日南町特におすすめしたい返礼品は以下の3つになります。


あびれのジャムおばさんセット

あびれのジャムおばさんセットは、りんご酢、チョコtoあびれ、りんごジャムとソースなどがセットになった返礼品です。


日南町阿毘縁(あびれ)で栽培された、太陽をいっぱい浴びて甘く育ったりんごを使っています。りんごのソースは、ドリンクにしたり、ドレッシングにするのも良いですが、焼きうどんや焼肉、野菜炒めなどに使っても美味しい一品です。


日野川の郷5㎏と天空の銀里

日南町で育てられた日野川の郷と天空の銀里というお米のセットです。


コシヒカリ特有の粘り気、ツヤ、もちもち感が美味しいお米に育っています。甘みもあり、かみしめるたびにお米の味わいが楽しめますよ。高原独特の寒暖差と山からのお水によって育てられた美味しいお米は、おすすめの返礼品の一つです。


白谷工房 寄木の名刺入れ・ストライプ

白谷工房で作られた名刺入れは、約25枚収納可能です。民家を解体したときに出る端材を使って作られており、深い味わいと木の温かさが感じられます。


幾何学模様で作られているのも、おしゃれです。木なので、使っていくうちにどんどん自分だけの色味に変わっていくのも魅力の一つですね。


詳しくはこちらをご覧ください。

納得してふるさと納税するための返礼品の選び方


最近ではCMなどでも多く見かけるため、ふるさと納税をやってみようかなと考える方も増えてきていると思います。すでに何度か利用したことのある方も多いのではないでしょうか。


ふるさと納税を行うことで、その自治体に対して寄付をすることになります。せっかくならば納得して寄付をしたいですよね?


ここでは、納得してふるさと納税を行うポイントについてご紹介していきたいと思います。

自分が好きな町・応援したい町を選ぼう

自分の欲しいもの、食べたいものをまず考え、返戻品を先に選んでしまう方も多いと思います。返戻品を受け取るなら、自分が欲しいもの、食べたいものを選んだ方がお得ですよね。


しかし、もともとふるさと納税は地方の自治体などを応援する目的で始められたものです。大都市と比べると税収の少ない地方の自治体などを応援するための制度になります。


そのため、自分の好きな町応援したい町を選ぶようにしましょう。生まれ育った町でもいいですし、住んだことはなくても応援したいと感じる町を選ぶようにすることをおすすめします。

控除・還付を受けたいなら対象外でないかは確認

ふるさと納税は実質負担が2,000円、という言葉をよく耳にすると思います。


これは、寄付金額を一度払いますが、税金の控除や還付などで2,000円を超える部分が控除・還付されるためです。


そのため、税金を支払っている方でないと、控除や還付の対象とはなりません。収入の無い子共や主婦などは税金を払っていないため対象外となっています。


また、働いていても収入が103万円以下の場合は所得税などを納めていないため、対象外となってしまいます。


また、ふるさと納税を行う金額には上限が設定されていることにも注意が必要です。所得や家族構成によって変わってくるので(総務省ふるさと納税ポータルサイト)、まずは対象外ではないか、上限額がいくらまでなのかを確認するようにしましょう。

社会貢献のためのふるさと納税という選択肢も

ふるさとの納税は2,000円の負担で返戻品が貰えるからお得、という考えで利用している方は多いと思います。返戻品を選んで送られてくる返戻品を受け取るのは楽しみですし、それだけでもふるさと納税をした自治体に貢献していることになります。


中にはもっと貢献をしたいと考える方もいるかもしれません。このような場合、社会貢献のためのふるさと納税を検討してみてはいかがでしょうか?


社会貢献のためのふるさと納税としては、

  • 台風や地震などの被害を受けた自治体に寄付をする
  • 地域のプロジェクトに寄付をする
  • 返戻品を必要としている人に届ける

などがあります。


自然災害などで被害を受けた自治体への寄付も、負担金額は2,000円となるため、10,000円などの大きな寄付も負担が少なく行うことができます。


地域のプロジェクトにはこども宅食や学校への支援など多くのものがあり、寄付をする目的がかなり明確になります。


また、返戻品を自分で受け取らず、必要としている人たちに提供する、という方法もあります。子供食堂へ食材を提供したりするものです。


以上の様な、社会貢献のためのふるさと納税もあるということ覚えておいてください。

鳥取県の寄付金はどこに使われるの?

鳥取県でおすすめの返戻品などをご紹介してきましたが、ふるさと納税で寄付したお金は何に使われているのか、少し気になりますよね。


せっかく寄付したのだから、自分が良いと思うことに使って欲しいと思う方も多いのではないでしょうか?


鳥取県ではふるさと納税によって集められた寄付金は、

  • 鳥取県こども未来基金
  • 環境保全
  • 障がい者支援
  • 産業・農林水産業活性化
  • 文化・観光振興

などに利用されています。


鳥取県こども未来基金では、子供たちへふるさと納税文庫として本を贈ったり、スポーツや部活動の支援などを行っています。


鳥取県だけでなく、多くの都道府県では、寄付金の使い道を寄付を行った人が指定することもできます


昔通っていた学校などで利用してもらいたい場合は教育事業へ、子供たちへ自然を残して欲しい場合は環境保全へ、などと使い道を指定することができるのです。


さらにプロジェクトの場合は、ピンポイントで寄付をすることもできます。ふるさと納税を利用する際は、使い道を考えてみるのも面白いかもしれませんね。

まとめ:鳥取県でおすすめのふるさと納税を比較

いかがでしたか?ここでは鳥取県でおすすめのふるさと納税についてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 鳥取県でおすすめの返戻品は、天然水や梨、海産物など
  • 納得して利用するポイントとしては、応援したい町を選ぶ、還付の対象となっているかを確認する
  • 社会貢献のために利用する、という選択肢もある
  • 鳥取県だけでなく、寄付金の使い道は指定できる

になります。


以前住んでいた町を応援したい、小さいころ過ごしていた町を応援したいなどの理由から、鳥取県にふるさと納税を行いたいと考えている方もいるかと思います。返戻品選びも重要ですが、自分がどこの自治体を応援したいのかもしっかりと考えるようにしましょう。


ふるさと納税を利用する際は、その使い道も指定してみるといいかもしれません。


ほけんROOMでは保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング